とろける寵愛セルロイド

torokeru chouai celluloid

とろける寵愛セルロイド
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神33
  • 萌×215
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
242
評価数
55
平均
4.4 / 5
神率
60%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
レーベル
G-Lish Comics
発売日
価格
¥666(税抜)  ¥720(税込)
ISBN
9784866691206

あらすじ

職場でセルロイドと揶揄されるほどに無表情の能面男子・白波冬吾は、今日も今日とて一人淡々と日々の自己反省を繰り返していた。
そんなある夜の仕事帰り、公園で水浴びをする変質者を見かけ、つい声をかけてしまったところ異国の王子様・サーナと出会う。
冬吾の独特な雰囲気を気に入った!と強引に滞在中のホテルへ連れ込み酒を飲み交わしていた最中、
だんだん色っぽく人間らしい姿をみせる冬吾にサーナは「私がお前を暴いてやろう」と持ちかけ―…。

表題作とろける寵愛セルロイド

サーナ王子(28歳・アラブの石油王)
白波 冬吾(人形と言われるくらい無表情なSE)

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下 四コマ漫画 オマケ①②

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

とろけてほどけて

アラブの王族の末席ながらも石油王のサーナと
感情表現が苦手で理解されづらいトーゴ。

表情が硬いことからタイトルにもある『セルロイド』と
職場では揶揄され、その淡々とした立ち居振る舞いも
災いし結婚式当日に婚約者に逃げられるという
苦い経験をしているトーゴですが…

序盤の衝撃はサーナとの出会いとトーゴの豹変ぶり。
サーナのぶっ飛んだ行動に驚かされ、
あのトーゴがあんなになっちゃうなんて…!?
と、魅せ方がお上手で引き込まれます。
しかも身体だけではなく心も曝けだす姿に胸が熱く、
苦しくなりました…

そしてただ者ではないオーラ出まくりの王子様、
サーナの朗らかでいて男前な性格…
とても思慮深く優しくて、しかもおちゃめで。
素敵すぎて褐色攻めの萌えメーターの針が振り切れるかと
思うほど。
(褐色受けは『大好物」ですが、褐色攻めは
『好き』くらいの好みの個人的な差があるので)
性癖が上書き更新されるほどのどタイプでした(照)

トーゴがサーナの大きな愛に包まれてだんだん
熱を帯びていく感情とほどけていく表情の変化が
素晴らしすぎてじたばたしながら読みました。
空港でのシーンで涙腺が崩壊し、
描き下ろしでのトーゴの態度に萌えるは笑っちゃうはで
後半忙しかったです。

サーナがトーゴを愛でる可愛がりぶりがいちいち
かわいくて、いちいち悶えてしまいました。
ふたりとも愛すべきキャラですし、
サーナのお供の人もいい味だしていました。

1

愛された証のカラダの ”痕” がなまめかしい!

アラブの王族と日本人リーマンとの身分差愛。
電子単話の試読みでチラッと見れると思うんですが、色白美人のカラダに残された ”愛された痕” がすっごくなまめかしいんです!
褐色肌と、愛された白いカラダが並んでる絵面も艶っぽくて好き♪


SEのトーゴは能力はあるのに、感情表現が下手で口数も少ないから、”セルロイド=お人形さん” と渾名され、同僚とコミュニケーションが取れず、仕事もうまくいかない。
しかも結婚式当日に花嫁に逃げられてしまう。

ある時、トーゴは公園の噴水で ”スケキヨ” をしてる人間を発見!
それがアラブの王族・サーナで、噴水に引きずりこまれたトーゴはサーナが滞在する高級ホテルで歓待を受ける。

トーゴは酒にめちゃくちゃ弱くて、花嫁に逃げられたことや仕事のグチをサーナに酔って話してしまう。(この辺から記憶が無く…)
翌朝、トーゴは全裸でサーナの腕の中で目を覚ますと、トーゴのカラダには無数の ”愛された痕” が!これがとってもなまめかしい!!!

でもトーゴは何も覚えていなくて、サーナの下でグッチョグッチョにされながらオネダリしているスゴい映像を見せられる!
(きっと覚えてないから自分で撮ってと言ったそうです)

愛を語り「俺のものになれ!」ってアラブの王族と、「お付き合いもセックスも致しかねます」って日本人リーマンとのおかしな関係のはじまりです。

トーゴは最初は拉致されたものの、グチを聞いてもらったりしてるうちに、サーナの元に帰るようになって、お付き合いはしてないのに一緒にいるのが自然になる。
同僚とも少しずつコミュニケーションが取れるようになって、トーゴは良い方向に変わっていく。それも全てサーナのおかげ。

最初は意地悪の塊みたいに思えた同僚達も、実はおちゃめな人達で、トーゴが心を開くのを待っていて、トーゴの変化を喜び、仲間として受け入れてるところがハートウォーミング。

そしてサーナへの気持ちを自覚して、トーゴがサーナの愛を(カラダでも)受入れようとした、まさにその時、サーナの婚約者が現れて…

アラブの王道スパイス、”身分差による引き裂かれ愛” です!

でも、トーゴが良い感じに天然で、「身分差がー」とか「王族の義務がー」って身を引くわけでなく、婚約者ととんでもないバトルを繰り広げる意外な一面もあったり、王道なストーリー展開じゃないところがコミカルでおもしろい!

身分差愛にありがちな障壁も大きくなく、サラーッとハッピーエンドになります。
コレはコレで新鮮で楽しい。

で、「セックスは致しかねます」とずっと拒否っていたトーゴに、やっと受け入れてもらえたサーナ!
今まで、トーゴの悩みを明るく聞いて癒してあげていたその裏で、ずーっと抑えてきた欲望を爆発させます!
サーナの愛をカラダで受け止めるのが辛いトーゴは、サーナのカラダに ”耐えた痕” を残します!

最初は白いカラダに残された ”キスの痕”、最後は褐色肌に残された ”爪痕”、どっちもなまめかしくて、とっても素敵な絵を拝ませてもらいました~♪

描き下ろしは、初めてのラブホでのおねだり系エロス。
後半のエロスはほんと激しい^^


Jパブリッシングの前作『あまえるケダモノ』同様に、グッチョングッチョンエロスが楽しめますが、電子は豪快な白抜きになってしまうと思うので、どちらも紙本購入をオススメします。

10

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ