ヤクザを縛っていいですか?

yakuza wo shibatte iidesuka

ヤクザを縛っていいですか?
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神29
  • 萌×219
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

70

レビュー数
9
得点
231
評価数
52
平均
4.5 / 5
神率
55.8%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
Charles Comics
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784815500702

あらすじ

忠犬ヤクザ×純情ビッチ
貴方のお役に立てるなら、俺はなんでもします。

忠犬ヤクザと純情ビッチな縄師──カゲキすぎる同居性活!

縄師のルイが突然同居することになったのは、ワケありヤクザの名取。
最初こそノンケの男と暮らすなんて…と渋ったけれど
正直、名取は顔も身体もルイの性癖をド直球で刺激するタイプ
ルイが理性と性欲の間で揺れるなか、自分が縛りを担当するAVに名取が出演することになってしまい──!?

表題作ヤクザを縛っていいですか?

名取 慎,ワケありヤクザ
ルイ,縛師

その他の収録作品

  • 退院の日
  • カバー下漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数9

攻め×縄=!!!

【緊縛】と聞くとシチュは様々あるかと思いますが、
受けが縛られて身動きが取れない状態で
攻められて感じてしまう…というのが個人的イメージ。

なので、攻めが縛られて受けを攻める…??
という状況は一体どんなかんじなのか!?
あまりお見かけしない設定にもう興味津々!
さらに推し作家様の筋先生なので尚更です。

縄師のルイは人当たりがよく朗らかですが仕事に対して
こだわりがありプライドを持つ芯のある人で、
セフレを縛り上げて抱かれることに興奮する
奔放な性生活をしています。
ある日ルイの元に理想がパーフェクトに具現化
したような訳ありなヤクザ・名取が現れ、
一つ屋根の下同居生活を始めることになり…。

ヤクザということもあり名取が精神的に縛りつけられいた
境遇はなかなかにヘビーです。
身体的にもたくさん傷ついていて…
そのため自己肯定感が低く、自分の感情を抑え込むことが
癖付いてしまっていて、極端な覚悟まで決めています。
そんな名取にルイはただでさえ好意が抑えられないのに
更に強く惹かれていき…

【縛る】事を生業にしているルイが名取の存在を丸ごと
受け入れて雁字搦めだった心を【解く】。
ふたりの関係、正反対な感情表現が見事にリンクしていて
とっても素晴らしかった…

そして、真骨頂の名取緊縛エッチ。
口で服を脱がしたり、舐めたり、噛んだり、顔を埋めたり…
手が使えないからこそのもどかしさもなんのその!
巧みに攻めてしかも絶倫で…
ルイの制止も振り切りがっついていました♡

縄の痕がついている肌ってエロいですね…

エッチの時は激しめですが、普段の名取は控えめで
優しい愛情表現をするんです。
紆余曲折を経て、愛しいルイに好きも愛してるも
伝えられて、そして『お慕いしています』…!!
名取の雰囲気にぴったりで素敵すぎてその後の
ふたりの穏やかな笑顔に胸が熱くなりました…!

ふたりのしっかりとした結び付きは解けることは
ないでしょうね…♡

3

ヤクザとか緊縛とかどーでもよくなるくらいピュア恋愛かよ。

格段に絵がうまくなっている・・・!!

ヤクザとかAVとか緊縛とかっていうワードが先に目にはいってきたので
ちょっと距離をおいていたのですが、
立ち読みで絵をみたときに、これは好みだ・・・と感じて購入。

絵もキレイなんですが、内容もおもしろくってすごい好きです。

読んでいくうちに受けの一目ぼれっぽのに攻めがすごい懐ふかいなあ。。。と
思っていたのが、先に好きになったの攻めのほうじゃーん!!っていう
私的キュン展開でそれがわかってから(両片思い・両片思いやり)これは大好物のやつ・・・!

しかもヤクザものなので、最後しめるとこしめてくれるし、
気持ちがよい展開でしたね。
攻めの過去が痛々しくてうっ・・・となりましたがそれがあったからこそ
受けとの幸せな未来を願ってやみませんね。。。

「花に埋もれて」という作品をかいた人と同じ人とは思えないくらい
線がみやすくなっていて、すごい成長をされてて、すごいなあ・・・と思いました。
これからは継続して新作購入していきます!!

3

ヤクザだけど、尻尾をお尻に挟んだ大型犬…

とってもよかったです!
緊縛によるエロティックさはないのですが…というか、縄師でなくても成立しちゃう話なのですが、ストーリー自体がとても良くて感動的でした。

縄師のルイの元に預けられた、訳ありヤクザの名取。
理想の男との同居に動揺するゲイのルイだが、控えめで優しい名取にだんだんと惹かれていく。
名取は訳あって組から追われている身であり、ルイのことを以前から知っているようで…

…というのが大方のあらすじです。
名取はヤクザですが、先代亡き後は2代目の男に酷い虐待を受けています。
とにかくひどい傷で、手なんて火傷だらけで…(涙)
そのせいで自己評価が低く、自信がなさ気なところがまた、尻尾を丸めた大型犬のようで母性本能がくすぐられます。

そんな傷だらけの名取の心の拠り所が、偶然出会い、優しくしてもらったルイなのです。
ルイのために生きてきた名取が切ないけど、とても美しいと思いました。

名取を助けようとするのはルイだけでなく、別の組の組長らも協力して名取を毒親から守ろうとします。
ルイとも思いが通じ、ルイのためにけじめを付けに親の元へ向かう名取がまたボロボロになる姿が辛かったです。

毒親は逮捕され、未来へ向かって2人で歩き出すことができるのだと思うと胸が熱くなりました。
すっかりエロくなった名取とルイのHは、愛に溢れていて、もう止められないという様子が良かったです。
ただ、一応名取は縛られてますけど、もっと官能的に縛って欲しかったなぁ…
あまり緊縛は活かされていないところが残念でしたが、総じて素晴らしい作品だと思います。

中途半端でなく、一冊まるごと表題作であったところが良かったです!
とても満足できる作品でした。

2

最後に会いたかった相手!

「緊縛モノエロ」だと勝手に勘違いしていた自分に往復ビンタ!!!
切なさがハンパなかったです。

縄師のルイがお得意さんの組長に頼まれて預かる事になったヤクザの名取。
名取の生い立ちとルイの元に預けられた理由が
たまらなかったです。
切ない通り越して悲しかった。


組での生活の中で酷い扱いを受けてきて
自己評価が限りなく低く自分を好きになることが出来ない名取が
「自分なんかが」というこびり付いた感覚に涙が出ました。
ルイが泣きながらそれがキツイと言った時に
ルイが好きな自分を自身が好きになれないことを謝る姿は
たまりませんでした。(号泣)

ルイと名取が初めて出会った時の回想シーンは
萌え爆発でした。

悲しくて切なくて優しくて温かくて・・・
最高の一冊でした。

1

ワケアリな忠犬攻め×包容力のある飼い主受け

面白かったーーーッッヾ(*´∀`*)ノ
評価は神寄りです♪

【忠犬ヤクザ×縄師】のカップリングになります。
個人的に犬系の攻め(番犬・狂犬・忠犬・駄犬すべて)大ッ好きなんですが
この作品の攻めは犬系になった過程があってやるせなくシンミリします。
無意識下は身体丸めて股の間にしっぽをはさんでるような忠犬攻めなのですよ(;ω;)
そんなワンコを守るべく新たな飼い主として闘志を燃やす受けがカッコよき…!!!

攻めのバックボーンが中々の重さですが
受けの気持ちいい明るさが良い塩梅に中和してくれます。
あまあまで、えっちくて、心温まる展開もあって、大満足でした(∩´///`∩)


さてさて。
受け:ルイは縄師です。
誇りを持って仕事をして信頼感を得られない相手を無理に縛ったりしない。
明るくて人付き合いが良くて裏表のないフラットさが好印象でした。
性には奔放のようですが本命にはモダモダしちゃう純なところがとても可愛い♪

攻め:名取はワケありなヤクザです。
でもヤクザにしては穏やかで人が良さそうで淋しげに目尻を下げて笑う柔和な男。
イイ男だけどヤクザらしくなくて読み始めは少々戸惑いました。

物語は2人が同居するところから展開します。
ルイは知り合いのヤクザ組長から「1人預かって欲しい」と頼まれます。
ゲイの家に同居なんて無理だろうと断わるつもりが、やってきた男(名取)は好みドストライクw
結局なし崩しで同居が始まります。

一緒に生活をするようになりルイは名取にどんどん惹かれ
悶々としながら我慢する日々でしたがある日とうとう性的興奮を伝えてしまいーーー。

それを聞いた名取は
「ご厄介になってる身ですから」
「お役に立てるならなんでもします」
と跪き、口での奉仕を…。

それを境に挿入以外の肉体的接触をするのが日常になるけれど「恋人」ではありません。
(けれどほぼ恋人といった感じで人前でも無意識にイチャイチャしているw)
そんな折りにルイは名取がヤクザになった経緯や現在置かれている危険な状況を知ってーーーと展開します。


も~~~~!あらすじ不親切!!
あらすじに書いてないトコが惹きつける内容じゃないか~~~!!

と言いながら私なんぞの語彙では惹きつけるあらすじが書けないのですが;
名取が「ヤクザの割にヤクザっぽくない」がキーになります。

名取は元はヤクザに拾われた子供でした。
役立たずのクソガキ・生きる価値なしと折檻されながら育ち、手のひらは灰皿として使われ…。
極端に自己評価が低く、防衛のために感情を鈍らせている節も見られて切ないです。

そんな中でルイと出逢って、ルイのデッカい懐に守られて。
鈍らせてたいろんな感情を知っていくのですよ(;///;)
人を愛して、大切にして、愛する人の為に自分自身も大切にする。
変化していくのが切なキュンでめっちゃ良かったです…!
最初は尻尾丸めてる子が、いつしか素直にブンブン振るようになってたのは胸熱でした///

ルイはとにかくカッコイイに尽きる(`・ω・´)b
ちょいちょい名取を完全に犬と同化させてるのには笑いました。
ルイにとって名取は愛しい恋人であり、大切な"うちの仔"。
名取の恋人として飼い主としてめいっぱい愛情を注ぐ男前な受けでした♪

ちなみにエッチするときは名取が縛られてますが、
自由がきかない割にガンガン動いてるので名取は器用だな~と思ったり。
受け身の攻めは好みじゃないので名取の器用さは良かったですw
日常では忠犬ワンコなのに、エッチのときは暴走ワンコになるのがめちゃ萌えました////
"待て"が出来ない名取にニヤニヤが止まらない(∩´///`∩)
ルイのトロットロの表情もエッチくてとっても良かったです♡

6

情が厚い!

縄師でゲイのルイは若いながらもプロ意識に徹していて
まさに職人といったところですが
お得意様である毒島組長から頼まれたイレギュラーな案件が
ワケありのヤクザ・名取を匿って欲しいとのこと。
顔も体格もドストライクな彼との同居生活は
ムラムラを抑え込むのに難儀しますが思いのほか心地よくて…。

ルイは最初軽い男なのかなと思ったのですが
本当に好きだと思える相手に出逢えていなかっただけだったんですね。
名取さんがとても忠実な人で
いくら置いてもらってるからって口でシちゃうとかマジか!?と驚きましたが
過去のあるエピソードがあってのソレなので
なんて情の厚い男なんだ…とグッときました。
自己評価が低い名取さんに愛を教えられたのがルイで良かった。

なんといっても攻めが縛られるという斬新さ!!
名取さんに縄がめっちゃ映えるわー……セクシーだわ……。
うまく身動きとれないながらの行為ってえっちですね!!
ルイが主導権握ってしまうのも良かったですし
ルイをつい噛んでしまった名取さんのワイルドな一面も好ましかったです!
あと玄関セッ久好きだなぁ…。
ベッドまでだなんてもう一歩も我慢出来ない様子がエロい。

3

訳アリヤクザの救済

緊縛ものというだけで、読み手を選んでしまう作品なのが本当にもったいない…。
痛いSMものではなく、違う意味で心が痛む内容で、
ヤクザものが大丈夫な方は是非よんで貰いたい、とても心温まるお話です。

個人的には緊縛好きなので、この設定は大好きなんですが、
苦手な方も、訳ありヤクザの名取という男の救済物語として読んで貰いたい。
優しそうで穏やかながらもどこか寂し気な佇まいのイイ男…
バックボーンと内面があの表情に全て表現されていることがスゴイ!
読み進むほど、筋先生の描写力に唸ります。

世話になっているヤクザから縄師のルイに預けられた、訳ありヤクザの名取。
ルイはバリネコのゲイで、高身長でガチムチなイイ男の名取に一目で惹かれてしまう。

名取は控えめで優しく、相手を優先して行動する、自己主張することのないヤクザらしくない性格。
実は幼い頃に不憫な境遇でヤクザに拾われ、大事にしてくれた親代わりも数年で亡くなり、
その息子が嫉妬から名取に酷い虐待…ずっと連れまわして汚れ仕事をさせ
自己肯定感の低い、言われるがままに、何でもやる忠犬になったことが分かる。

当たり前に手の平を灰皿にされているシーンが何度かあり、この描写は心が痛みます。
こんな扱いであっても、拾って貰った命と最後までひどい扱いの息子に筋を通そうとする…
好き放題にやってきたツケで後半にお縄の息子ですが、最後まで名取に対して酷かった行為は、
ある意味ケジメをつけて縁を切る形になってスッキリかな…危なかったですが…。

縄師のルイもイイ男なんです。仕事へのプロのこだわりが随所に描かれていて、
常に相手のことを考えて縛る…それは日常行動にも反映されていて、
常日頃から相手の嫌がる行為はしない、思いやりのあるステキな人でした。
ルイの世話になっているヤクザも人情たっぷりで、余計に名取を虐待する息子の悪行が引き立つ…。

ルイは知りませんが二人は以前会っており、それから名取はルイに惚れてたことが解ります。
皮肉なことに引き合わせたのはあの息子で、灰皿にされた手の平のヤケドでした。
このシーン、犬のフリをする名取が可愛かった…ルイの優しさも沁みました。

この作品の醍醐味は名取の色んな犬描写かも…。
なんでも言うことを聞くヤクザ犬。
ルイに尽くす忠犬。ルイを守る番犬。ルイに待てをされる緊縛犬。
退院して自宅へ戻って2分でいかすガッツキ犬…これが一番好きです。
あれだけ大人しかった忠犬がサカるサカる…名取の表情が違うんですよね。
それがたまらないんですが、ルイのマテを聞かないエロ犬に泣かされるルイもいい顔でした。

もちろん、本番は上半身緊縛される名取…縄で首輪までなんて初めて見ました。
縛った相手に激しくされるプレイを好むルイもエロいんですが、
縛られてもかなり自由な名取がガッツク姿に悶えます…ガッツキ犬は噛みついて更に興奮。
名取は縛られることに興奮するわけはなく、縛るルイもSではなく噛まれて興奮する。
通常のSMではない緊縛プレイ…ありですね。

ルイに必要とされ生きる目的ができた名取には、
たくさん愛されてもっと自分を好きになって貰いたい。
身の振り方も、きちんと名取の考えを尊重して行動するルイはすばらしいです。
そして、個性的な二人のキャラだけでなく、
二人を囲むヤクザやAV現場のスタッフの描写も面白かった。

本当に濃い内容で、心の痛むシーンも多いですが、何度も繰り返し読んでしまう温かい作品でした。
評価は神よりの萌2…ほぼ神です。

※シーモア:修正は白抜きですが、シチュエーションがエロい!見応えしかないエロ描写でした。

2

縛り 縛られ 深い作品

他人を縛ることが仕事の縄師のルイ(受)と、過去に囚われて気持ちで縛られていたヤクザの名取さん(攻)が、心と体で対のように感じられて、非常に深い作品でした(^ ^)すごく面白かったです!

読む前は、一方的にルイが名取さんを好きになっていくのかなって思っていたのですが、
名取さんがNoと言わずに何でも受け入れる…というか何か訳ありだなっていうのが最初から感じられ、終盤で、実は先に特別な思いを抱いていたのが名取さんの方だって分かった時に、どんな思いでルイの元へ名取さんが行ったのかがジワジワと込み上げてきて泣きました。

名取さんはヤクザとして色々大変なのですが、それでも自分の味方でいてくれる存在がいてくれたのは、彼の人柄であり、私も名取さんが大好きです。自分を押し殺して生きているようで、そこが縛られて、もしくは自身を縛り付けているように感じました。そこを解き放ってくれたのがルイ…縄師というのが、彼らにとっては偶然だと思いますが笑、意識せずとてもお話として自然で、でも読み終わると少し掛かってる感じがして一人でニヤけました(〃ω〃)私が勝手にそう感じているだけだと思うので、あくまでも一個人の意見ですが笑。

すごく素敵な作品でした(*^▽^*)

1

情が熱いヤクザ達!

縄!縄!縄!
ここまで縄で縛られてるコミックは初めて見ました
タイトルからかなり気になっていたので発売開始後直ぐに購入しました♡

忠犬ヤクザ×縄師という設定がとても良かったです
お得意様からのお願いを断れずヤクザ(自分の理想が具現化したような好みのタイプ)を、家に居候させるという所から、まず話が始まります。
ヤクザさんが出てくる話ですから、攻めの流血があったり、攻めへの暴力表現があったりしますので苦手な方は、気をつけてくださいね。
結構顔が酷いことになってます

大人しく縛られる攻めが可愛い
いつも何処か悲しげな顔の攻めが良い
登場人物がかなり良かったです◎

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ