タフEXTRA(1) Unlucky man

tough extra

タフEXTRA(1) Unlucky man
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神22
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

51

レビュー数
4
得点
143
評価数
32
平均
4.5 / 5
神率
68.8%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイノベルズ
シリーズ
タフ
発売日
価格
¥970(税抜)  ¥1,048(税込)
ISBN
9784799738719

あらすじ

好奇心と無鉄砲は人一倍の天然トラブルメイカー、平間シンゴ。凶暴かつ横暴、プラス傲慢だが、シンゴに振り回される渋谷中央署の刑事、神蔵響。様々な事件を乗り越え、恋人になった二人のスペシャルなイベントが盛りだくさん!『B.D.大作戦』響の誕生日、シンゴが彼を喜ばせたいとミッションを開始!?『アンラッキー刑事』8年間の絶縁を越えて再会した頃の響の想いは…?その他、高校時代のエピソードや甘々手錠エッチも収録!「今日は……その……えっと……その……おまえの……好きにしていいから」

表題作タフEXTRA(1) Unlucky man

神蔵響、渋谷中央署の刑事、28歳
平間シンゴ、フリーグラフィックデザイナー、27歳

その他の収録作品

  • B・D狂走曲
  • アンラッキー刑事
  • 春畑俊の「誓い」
  • プリンセスモンキー争奪戦
  • 甘い拘束
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

いろんなテイストの番外編でした。

 表紙を見て、出来上がった恋人同士になった2人の甘々いちゃいちゃを期待してたのですが、ちょっと違いました。
恋人になった後日談は最初の「BD大作戦」と最後の「甘い拘束」。

 その内の「BD大作戦」は、当日の朝になって響の誕生日であることを思い出したシンゴの、空回り気味の奮闘振りがたいへん微笑ましい。
ていうか、ところどころ昭和チックと言いましょうか、ドリフのコントみたいと申しましょうか…。
そんな表現がなんだか笑えました。
私の脳内イメージでは、この2人にそんなの1ミリもなかったのに。
シンゴの、頭上から金だらいが落ちてきたような衝撃っていう表現に、まんまキレイに想像してしまい、シンゴってばいつくだよって思っちゃいました。
 響も、シンゴがたどり着いたプレゼントに、脳内でくす玉が割れてファンファーレが鳴り響くとか、どんだけー。
大人でかっこいいと思っていた響が、どんどん年相応の男の子に見えてきて。
シンゴの恋人っていう関係になれた響は、こんなにも普通でかわいいヤツだったのねーって納得でした。

 「アンラッキー刑事」
まだギスギスした関係の二人が、警察署内で事件に見舞われるお話。
事件の相手である女子高生とその彼氏、それぞれに向けて語る響の言葉が重い。
相手に向けてるようでいて、そのまま若き日の自分に向けて話しているようで。
なんとも切なかったです。
そして、その悔恨の思いをくみとって自分から少し歩み寄ってくれたシンゴにありがとうでした。


 いろんな時系列のお話が入っていて、前作まででハッピーエンドを迎えた2人のいろんな番外編が楽しめる1冊でした。

1

EXTRA(2) も楽しみです

お久しぶりの響とシンゴが読めて嬉しかった。しかも、恋人になってからのシンゴは周りの女の子に嫉妬したりして響の事が大好きなのも分かるし。全然心配要らないのに!春君も神蔵組のお姉様方に報告したのに炎上してお気の毒で笑えました。過去も恋人になってからも、シンゴが響にどれだけ大事にされているのか、シンゴが響をどれだけ振り回しているのかが読んでて面白かった。高校生の頃にシンゴに煽られた響が、どんだけ理性を総動員していたのかと。恋人になれて良かった。シンゴも初恋が実って良かった。と言ってあげたい。

3

番外編集

タイトル通り、タフの番外編集です!

もうシンゴ、可愛いすぎますっ!
特に響目線だと更に可愛さ増しましですっ!

誕生日祝おうと一生懸命さが空ぶっちゃうのも、どれも響を思えばこそな行動が本当に可愛いです。
可愛いしか出てこないですが、こんなにシンゴに愛されてる響は幸せ者!
そして、シンゴも響に愛されてるのが更にわかるお話ばかりでした。
そして、4巻?あたりから思ってはいたのですが、シンゴ結構な泣き虫ですよね~。
そんなところも可愛いですが・・・。

5巻の続きから、高校生時代や少し前のお話の裏話など、まだ意思疎通できてない時のお話もありますが、基本甘くて楽しめるお話ばかりでした!
来月には番外編集の第二弾も出るので更にさらに楽しみです!

7

『タフ』シリーズの番外編

個人的神作品の『タフ』の続編が出ると聞いて、発売を心待ちにしていました。

タイトルは『タフEXTRA(1) Unlucky man』と(1)の表記がありますが、『タフ』シリーズの6巻目にあたります。順番としては『タフ1 Troublemaker』→『タフ2 Valentine Kids』→『タフ3 Borderline』→『タフ4 Light My Fire』→『タフ5 Hot Target』の続編です。未読の方は順番に読まないと理解できないと思いますのでご注意を。

『タフ』シリーズの響×シンゴの恋、というところは5巻で完結した感があります。『タフEXTRA(1) Unlucky man』は、いうなれば『タフ』シリーズの番外編、といったところ。番外編の1巻、という意味で(1)の表記があるのかな?

内容は『TOUGH!(6) アンラッキー刑事(デカ)』の新装版ということで、おそらくそちらとほぼ同じものかと思われます。

収録内容としては、

①「B・D狂走曲」( 『タフ5巻』の「Act.7 ホットターゲット」の後のお話)
②「アンラッキー刑事」(『タフ2巻』「Act.3 ダブルトラブル」の中のエピソード)
③「春畑俊の『誓い』」(『タフ2巻』の「Act.3 ダブルトラブル」の裏話)
④「プリンセスモンキー争奪戦」 (高校時代の響とシンゴのお話)
⑤「甘い拘束」(『タフ5巻』「Act.7 ホットターゲット」の後のエピソード)

の5話(+あとがき)。

特に良かったのは、「B・D狂走曲」。
仕事に追われ、響の誕生日をすっかり忘れていたシンゴは…。
というお話なのですが、とにかく甘い!
響に渡す誕プレを何にするか悩みに悩んだシンゴがプレゼントしたものは。

うん。
それが一番響に喜んでもらえると思うな☆
普段ツン要素が多く、響に甘えることが少ないシンゴの「プレゼント」がとにかく可愛い。

最後に収録されている「甘い拘束」は旧版には収録されていないようなのでちょこっと内容を。

足の小指をぶつけてしまったシンゴ。
同じ箇所を2回続けてぶつけてしまった彼のドジっ子ぶりに呆れつつも手当てをして、そして家でじっとしているように、と言い渡す響。
ところが仕事上のトラブルで呼び出されてしまったシンゴは…。

言いつけを守らず出かけたシンゴにお仕置きをする響きですが、

クッソエロいです。

刑事さーん、手錠をそういう風につかってはいけないと思います!
と思いつつ、甘々で、可愛らしい恋人たちにニヨニヨしっぱなしでした。

他にも過去編の補足あり、エピソードあり、と盛りだくさん。響×シンゴがまだ和解しておらず恋人になる前のストーリーも含まれているので、とにかくバラエティ豊かな1冊です。

『タフ』シリーズファンの腐姐さまには超お勧めな作品でした。

それと、今巻もぼすこさんの描かれた挿絵は神だった…。とにかく美しいです。

来月(2018年7月)にはもう1冊出版されるのでそちらも今から楽しみで仕方ないです。

14

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ