スカーレット・ナイン

scarlet nine

スカーレット・ナイン
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×26
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

85

レビュー数
1
得点
24
評価数
6
平均
4 / 5
神率
0%
著者
水壬楓子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
亜樹良のりかず 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
リンクスロマンス
発売日
価格
¥870(税抜)  ¥940(税込)
ISBN
9784344842502

あらすじ

永世中立国であるスペンサー王国の王室警護官として働く緋流は、ある日、同じ警護官であるキースの教育係を命じられるが…。

表題作スカーレット・ナイン

キース・クレイヴ、補佐官で緋流の相棒 狙撃手、28
緋流、スカーレット・ナイン補佐官で護衛官、28

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

軍服萌えにはたまらないです

「王室護衛官を拝命しました」と世界観を同じくする作品になります。
とは言え、「王室~」の方は400年前が舞台ですので、今作だけで問題無く読めます。

で、こちら、架空の国である永世中立国「スペンサー王国」の王室護衛隊、通称「スカーレット」を題材とした、仕事に恋に陰謀にと言ったお話になります。
主人公がスカーレット内で18名しか存在しない補佐官で、超エリートなんですよね。
そんな受けの相棒で、新たに補佐官になったのが狙撃手である攻めで。

これ、あくまで私の印象なんですけど、英国王室(オランダ王室?)を彷彿させるロイヤルファミリーの日常を垣間見れるのも楽しいなら、そんな彼等の警護を一手に引き受け、あれやこれやと奮闘するスカーレットの活躍も面白い。
また、主人公がかなりのクールビューティーなんですよ。
で、出会った当初からふざけた態度で口説いてくる攻めを、鋭い舌鋒で切り捨てまくったりする。
えーと、飄々とした態度でチョッカイをかける攻めに、バッサリと切り捨てる受けみたいなやりとりが、個人的ツボなのです。
こういう、遠慮の無いやりとりが楽しすぎるなー!と。

それにしても、創設時は9人しか居なかったスカーレット。
こんなに立派で大所帯(250名程度?)になったんですねぇ。
なんか感慨深いですよ。
400年後の現代でも、彼等から確かに受け継がれたものがあるのも、また感慨深いなぁ。

内容ですが、狙撃手で新たに補佐官となったキース×仕事のデキるクールな補佐官・緋流による、現代版宮廷もので陰謀ものになります。

国民から絶大な人気を得る王室護衛隊のトップ9名・通称スカーレット・ナイン。
そのスカーレット・ナインの補佐官を務め、美貌と実力を兼ね備えるのが緋流になるんですね。
そんな彼の新たなバディとなったキース。
仕事に対して人一倍厳しい緋流は、砕けた態度のキースに苛立ちを覚えるも、徐々に彼のペースに巻き込まれてゆきます。
そんな折、王家にとって二百年の伝統を持つ一大社交イベント・ロイヤルカップで、爆弾騒ぎが起こりー・・・と言うものです。

まずこちら、設定がかなり作り込まれているんですよね。
スカーレット(王室護衛隊)と言う組織しかり、スペンサー王国と言う架空の国の諸事情しかり、また主人公である緋流の背景しかり。
面白いんですけど、理解するのにちょい苦労するのと、やや詰め込み過ぎで慌ただしく感じる部分もあると言うか。

とは言え、その分萌え処も大量なんですよ。
スカーレットは軍隊になるんですよね。
この、仲間うちでの気安い会話みたいのが楽しいなら、彼等の軍服がめっちゃ格好よかったりもする。
何てったって、赤いマントですよ。
軍服萌えには堪らないですよ。

また、主役二人の関係性がですね、融通の効かないクールビューティーに、そんな彼を軽い調子で口説く攻めと、個人的にツボだったりして。
で、性欲発散の為に後腐れ無い男と一夜の関係のみを持ってきた緋流は、キースと身体のみの関係と言う約束で寝るようになるー。

実は緋流が育った境遇と言うのはとても痛々しいもので、これまで一夜のみの男に抱かれて来たのも、その心の傷に関係してるんですね。
そんな緋流を優しく抱き、髪を撫でて甘やかすキース・・・。
少しずつ少しずつ緋流がキースを受け入れと、二人の関係が変化して行く様が丁寧に綴られ、なんとも萌えさせてくれて。

と、ここに、爆発事件や緋流が監禁されと続きます。
えーと、この事件の真相がとても面白いんですよ。
いや、人の執念って空恐ろしいなぁと、背筋がゾッと来ちゃったりして。
こういう、陰謀ものの料理にかけては、とても巧みな作家さんなんですよね。

と、すごく面白い作品なのです。
ただ、これは個人的な好みの問題なんですけど、中盤以降の緋流がですね、ちょい女々しいと言うか、あまりにグダグダ悩んでて、何かうっとうしい。
最初がすごくクールで格好よかっただけに、そこだけ少し残念に感じちゃって。

と、ちょっぴり残念な部分はあれど、個人的な萌えツボ満載でとても面白い作品でした。

11

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ