一生 溺愛セックス宣言。

君のヤキモチ食べてみたい

kimi no yakimochi tabete mitai

君のヤキモチ食べてみたい
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×211
  • 萌14
  • 中立8
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
8
得点
144
評価数
45
平均
3.4 / 5
神率
22.2%
著者
中村まきの 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス moment
発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784801963405

あらすじ

芸歴は15年以上、モデルや俳優として活躍する童顔芸能人・南 春瑠斗(30)のヒミツの恋人――それはフツーの大学生・木村悠真(21)。

塩顔イケメンゆえか無表情な悠真の“普段はクール、セックスだけは野獣"なギャップに春瑠斗は夢中になる。だが、一度も「好き」と言われていないことに不安を募らせた春瑠斗は、カレシの愛を引き出すために軽い気持ちで共演俳優と…! ?

クールに決めたい獣性大学生×嫉妬されたいアラサー人気俳優――年の差&身分差バカップルのヤキモチ★戦争! !

表題作君のヤキモチ食べてみたい

木村 悠真(大学生)
南 春瑠斗(30歳・俳優、モデル)

その他の収録作品

  • ちょっと大人になった君(描き下ろし)
  • あとがき
  • 電子限定 1P オマケ漫画
  • カバー下 4コマ漫画①②

レビュー投稿数8

可愛いヤキモチ

人気俳優と大学生のお話です。
すでにお付き合いしている二人が、ヤキモチを焼かせようとしたり、ヤキモチを焼いたり……と、終わってみれば終始イチャイチャ。
とっても甘い二人でした♡

大学生・悠真の見た目がかっこよすぎて、普通の人には見えなかったかなあ。
春瑠斗は年上の割にフニャフニャで可愛かったです。

かっこつけて大人ぶってるけど、本当は甘えんぼのヤキモチ焼きという悠真のギャップが見どころですね。
泣いちゃうところはキュンとしました。

脇役の菊田と灯吾が存在感あり。
この二人どうにかならないかなぁー、なんて。

0

エロ多め

一般人と芸能人て身分差に分類されるんだ…って帯のそこにばかり気がとられたわ(笑) ま、歳の差カップルです。 この2人もコミュ不足のイジイジカップルですね。 言葉にすればすぐに解決するものの、自分の考えだけでグルグルして落ち込んで不安になって。 だけどちゃんと将来のことまで考えてくれてて、浮気なんてするはずないよ。 まぁその分イイ男なので周りはほっとかないかもね。 嫉妬は増えるわ。 だけどそれはお互い様だからいんじゃないかな? お似合いです。 

1

カッコいい攻めと綺麗な受けのあれこれ。若い子向け?

試し読みで面白そう、と思って購入したのですが、1冊全部読んでみたらちょっと思ってたのと違った…
物語に対してエッチが過剰なんじゃないのかな。
その上この作品のエッチには官能が無くて、なんだまたヤってる、みたいになってしまう。
アンアンがエロい!と思う人には面白くてエロいんだと思うけど。
立場の違いからの誤解とか気持ちのすれ違いとか、1冊の尺の長さでじっくり描けるのにいつもセックスで解決、みたいな展開で残念。
絵柄はとてもいいと思います。
BLに最適ってカンジ。
攻めは年下だけどカッコよくて、でも年下ゆえの見栄というかハッタリの感じ、大人になりたくて焦ってる感じがよく出てる。
受けは「童顔の芸能人」というのは伝わった。アラサーには全く見えない華やかさがある。だけど、性格の方まで実年齢より幼く描くのは如何なものか。
顔は年齢不詳な若さと美しさ、でも心はやはりオトナの思慮、というものがもっと感じられればよかったと思う。
終盤に2人に別れの危機があって話し合う際に、受けの年相応の落ち着きが見えたところは良かったけれど…反対にクールを装ってた攻めが泣き出したのには驚きました…悪い意味で。
あら、ガキじゃん、なんて思ってしまった。
受けの眉毛ハの字になって顔を赤くして、という表現方法も苦手で、そんなこんなで中立寄りの「萌」で。

0

さらりと読める作品

キレイな絵の漫画でした
けど、キレイすぎて年齢不詳感が半端ない
芸能人なんで、特になんですかね
そこが、キレイなのにちょっと物足りなかったかな

お話は、年下さんがいろいろ葛藤しながら包容力とか安心感とかみせたいのに、ちょっとうまくいかなかったり、受けが変なところで年上ぶっちゃってすれ違ってみたり
よくある展開といえば、よくあるさらりと読める作品でした

受けは芸能人で確かに可愛いらしいけど、なんとなくあざといというか、ちょっと女々しかったかな

0

むー

狼閣下好きだったので作者買い。

年下の長身イケメン悠真と、芸能人(俳優)で30歳ながら童顔の春瑠斗のカップル。
春瑠斗の方が女性っぽいのがちょっとのれない理由かも。

結局お互い想っていることをなかなか言い出せずすれ違うこともあるが、基本あまあまカップルものです。
悠真は、わがままを言うとかっこわるいという理由で、あまり話さない。一方春瑠斗はややうじうじしているかな?
少し波風もたちますが、基本はお互い溺愛なので心配せず読めます。

悠真が、きちんと自立するまで同棲しない、と言ったのはよかった。

2

可愛いけどエロい

悠真くんは行動で春瑠斗くんは言葉で気持ちを伝えるので、言葉足らずな所為で問題も発生するけど、トラブル中でもこの2人なら絶対にハッピーエンドで終われるなと自信をもって読めました。

シリアス系の物語より安心できるラブラブなBLが好きなので、この本はツボにはまりました!

所々で恋愛初心者かと言いたくなるような甘酸っぱいやり取りがあるのに、えっちシーンは多めでエロい。毎回春瑠斗くんがめろめろになってて可愛いかった♡オススメの一冊です!

3

ヤキモチとは・・

表紙買いをして読んでみて、タイトルのヤキモチとは・・・?といった印象でした。
ストーリー的にも悪いということはないのですが、ヤキモチにしては温いイメージでした。

ただ、えっちシーンは一話に一つといった感じで、割と多かったです。
カーセッや、テレフォンセなどでエロシーンは読みごたえがありますのでお好きな人は読んでみてください。
受けの春瑠斗くんの蕩け顔や、えっちい顔は見ものでした!
そして書下ろしのちょっと大人になった二人の悠真の方が私は好きです!(特に髪型が

1

んー!甘いのはいいけど、色々ぬるい‼︎

ヤキモチ、つまり嫉妬。溺愛執着攻めが好物の私としましては‼︎ 相当期待したのですが。悠真程度の嫉妬なんて、全然ぬるいよ‼︎ こらっ‼︎ と、叱ってやりたい。もっと独占欲丸出しにして頂きたい‼︎年上の春瑠斗が、遠慮がちに気持ちを確かめたくて、ただ、好きって言って欲しくて。ワザとでは無いんだけど、結果、煽るような感じになってはいるんだけど。それはそれでぬるい。当て馬もぬるい、と言うか、当て馬になり損なう…。相澤は何をしに出てきたんだろう?もはや謎である。「あんま引っかき回すなよ!」と先輩の菊田に注意されるまでも無く、フェードアウト。
帯に『一生溺愛セックス宣言』とある程にも、致してない様な…気もします。ただ、30歳で芸歴15年という春瑠斗が、その年齢に見えない超童顔という設定で、常にエロ可愛くトロ顔なのは萌えです。大学生の悠真は若いだけにテク無しで常にがっついてるので、エロ度自体は春瑠斗の顔に集約されちゃうかも。悠真にはもっと愛撫というものを身に付けて頂きたい!あはは。
このぬるさが甘々ってことなのかもね♡

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う