俺が君を変えてあげる

カメラの向こうでメスになる

camera no mukou de mesu ni naru

カメラの向こうでメスになる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌7
  • 中立5
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
3
得点
34
評価数
17
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
アカギギショウ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス moment
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784801963412

あらすじ

女装専門の人気AV監督の杏一は、新作AVの男優探しに難航していた。
そんなとき、恋人にフラれ街中でひとり泣いている青年・ナオと出会う。
今までの女装男優たちとはひと味違う、ダイヤの原石のようなナオに『俺のAVに絶対出す!』と内心興奮する。

本当の目的を隠したまま、ナオに近付き、巧みな話術で初めての女装へと導く。
戸惑いながらも女物の服を身にまとったナオは、非日常的な状況と「綺麗だよ」と繰り返す杏一に煽られ、意に反して股間を勃たせてしまう――…。

なにも知らないウブなナオが徐々に女装に目覚めていく姿を目の当たりにし、杏一の中に“ある感情”が芽生えていく――…。

描き下ろしマンガ8ページ収録

表題作カメラの向こうでメスになる

常葉 杏一(女装専門のAV監督)
ナオ(大学生)

その他の収録作品

  • カメラのこちらもメスになる
  • あとがき
  • カバー下 四コマ漫画/イラスト

レビュー投稿数3

「女装好き」のための1冊

女装は苦手なのですが、表紙に惹かれて購入してしまいました。
門外漢なのにすみません。
だってそそられたんですもん、おしゃれな表紙に。

「男として見られない」と言って、彼女だと思っていた相手にフラれたナオ。
落ち込んでいたナオに声をかけてきたのは、AV監督の杏一で…。

杏一の目的は「女装素人」作品の出演者をスカウトすることでした。
目的を隠して、言葉巧みにナオを誘導していくものの、早い段階で落ちてます。

「女の子よりも可愛い」はずのナオの女装ですが、わたしには女装にしか見えず。
女装子の醍醐味が分からないだけに、男性味のある女装姿に戸惑い、それでハマるナオにさらに戸惑い、外出までする度胸に戸惑い、物語の進行とともに、戸惑いばかりが増えていく…。

もしかしたら女装子好きの方の目線だと、女性らしい服装と男性の体つきのアンバランスさが魅力なのかもしれない。
女性用下着のような下着をつけて恥じらう姿に、萌えがあるのかもしれない。
わたしもその目線で萌えてみよう、と頑張ったものの、そもそも流されやすい受けが苦手でした、自分。だめじゃん、と。

わたしのような方は多分、この作品には手を出さないのかもしれませんが、そんなわたしのような人間でも萌える部分はありました。
杏一がときめくのが良かったです。
恥ずかしがるナオの新鮮さにときめき、反応し、欲情し、好きになっちゃう。
でも仕事に穴は開けられないという、ナオへの想いとデッドラインとの板挟みにじたばたしちゃうのも良かった。

でも常にもじもじ流され女装子がいるという現実。
それはそうです、そういう作品ですからね。

というわけで、杏一に全集中したら、女装苦手でも萌えます。
作画が綺麗だし、ナオの女装よりも描き下ろしの杏一の女装の方が美しいので、その姿は女装萌えしない方でも「おお」と思うかも。
でも好みの垣根を超えて、726円を注ぎ込むかは自己責任でお願いします。

0

ネタがいっぱい

毎回テーマがあったんでしょうか?
全体としてはお話とかキャラがあっちに行ったりこっちに行ったりしている印象。

最初は、かわいい子をナンパして作品に出させようとしていたのだが、だんだん個人的に気に入り、という展開。

しかしこの監督は、受けを大事にしたいのか、仕事を大事にしたいのか、よくわかりませんね。少なくとも社会人としてはダメな人みたい。
まあ、二人が幸せになり、色んなプレイを楽しむというのを何も考えず読むのであればいいかなあ。

0

Danger BL!!!

正直、表紙で気になって気になって…
しかしこういう場合は経験上ハズレが多いと今までも痛い目にあってきたのに……
人とは学習しないものなのだと、確信させられた作品でした。

恋人(だと勝手に思っていた^^;)に振られ街中で泣いていた青年・ナオが、女装専門の人気AV監督・杏一に巧みな話術で近付き女装へと導き……という始まりなんだが…読んでいて恋人だと思っていた女友達にも男として見られない様な、それだけでもちょっとおネエ寄りだと分かるし 杏一にのせられて女装へ興味を持ち、初めて男の自分に向けられる視線や言葉で陶酔していく気持ちは分からなくもない。

自分が分からないのはAV監督の杏一だ。

女装子のAVを撮っている訳だからゲイ的要素もあるだろう。だが男として仕事に私情を交え、無断で連絡を絶つなどと…ソレはないだろう!!!
この辺りのストーリー構成には男の(ましてや好きな)仕事に対する甘さに(女の考え)を感じさせる。
ココで誤解をして欲しくないのは(女の考え)と書いたのは別に女性が全て仕事に対して甘い考えを持っていると思っている訳ではないということ。
自分が言っているのはこの作者に限って!という事だ。
ナオのみが女装するのは一向に構わない。
むしろ段々それでも積極的に綺麗になっていこうとする姿は健気だし、性別を超えての努力は見ていて清々しい。

しかし!しかしだ!!
ここでも引っ掛かってしまうのが描き下ろしの杏一だ。
「人にこの姿見せたの初めてで」とシレッと女装趣味があった事をカムアウトしてるしっ!

自分的にはBLはオールOKだし、女装もOKだ。
…だが女装子同士はいただけないㅠ_ㅠ
幾ら男同士だと思っていても画面上で女同士が絡んでいるのには この一冊がすっ飛ぶくらいの嫌悪感しか残らない。
描き下ろし内容がコレだと分かっていたら絶対に手を出さなかった作品だ。

表紙がイイだけに……残念っ(><)

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う