好きより大事で曖昧な関係

俺を見て。

ore wo mite

俺を見て。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×26
  • 萌6
  • 中立5
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
67
評価数
22
平均
3.3 / 5
神率
18.2%
著者
百瀬あん 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
レーベル
G-Lish Comics
発売日
価格
¥763(税抜)  
ISBN
9784866691459

あらすじ

子供の頃からずっと、幼馴染の朔に恋心を抱いていた京介。もう何年も朔ばかり見ているけれど、男に好かれるなんて迷惑なだけだとその気持ちをひた隠しにしていた。しかしある日、玄関先で見知らぬ男とキスをしている朔の姿を見てしまい、今まで押さえつけていた気持ちが一気に溢れてしまう。他の男に譲るぐらいならもう我慢しない、俺を好きになってほしい。そう朔に告げる京介だったがーー!?
同時収録:相楽くんの恋患い

表題作俺を見て。

阿達 京介、朔の幼馴染・高校3年生→大学生
三好 朔、京介の幼馴染・大学生→院生

同時収録作品相楽くんの恋患い

相楽 孝生、高校生・モデル
乃木 琉人、高校生・陸上部

その他の収録作品

  • 描き下ろし

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

岩とスポンジみたいな…

電子単話もコミックス版も受けの一人表紙なのが印象的です。

帯の紹介だと、年下ワンコ×年上トラウマ持ちって感じですが、攻めは忠犬っていうよりも岩のようにかたい信念を貫き通す男で、逆に受けはスポンジみたいにつかみどころが無いというか流されやすい男です。

表題作のほか、高校生のキュンストーリーが収録されています。


●「俺を見て。」
高校生の京介は、3歳年上の幼馴染・朔のことを子供の頃から想っている。
でも朔には不特定多数の男がいるようで、家の前でイチャついてるし、近所でも評判のビッチ。

ある時、朔の首筋と背中にキスマークを見つけた京介は、他の男に譲りたくなくて、「好きだ」と告白すると、朔は明るく「俺も好きだった」と、両想いのテイで受け入れたはずなんですが、、、

いざエッチ、京介にしたらずーっと好きだった男と初めてのカラダの触れあいで、そりゃ心をこめて「好きだ」って言うでしょ!
でも、朔は京介の「好きだ」って言葉に、過去のトラウマが呼び起こされて、京介を拒否ってしまう…

私的には、初めての「好きだ」も、エッチしようって時の「好きだ」も、京介の真剣度は変わらないように思えるのだけど、なぜ一度目は軽く受け入れたのに、二度目はトラウマがぶり返すんだろう???
この流れはヨクワカラナイ…

それ以降、2年間も二人は音信不通に。
でも京介が朔と同じ大学に入ると、朔は何もなかったみたいに接してくる。
京介は朔のことを好きでいるのをやめられないのに、朔の考えていることがわからなくて…


小さい頃、朔は訳あって女の子になろうとしていて、京介は朔を女の子と思っていた。
でも京介は ”女の子だから” 好きになったんじゃなくて、”朔だから” 好きになって、朔がつい「俺」と言っても、朔は朔だから全然気にしない。
京介の朔を好きって気持ちは最後までまったくブレも揺らぎもない、岩のよういかたいです!

たいして朔は、母に女の子扱いされて男である自分を表に出せずにいた。
母は自分を見ていないし、同級生には気持ち悪がられる…
でも京介だけは、ありのままの自分を受入れてくれる。
もう心の拠りどころはずーっと京介でいーじゃん!って感じなんですが、、、

朔は、塾講師から「女でなきゃ愛されないなんておかしい」と一番言って欲しい言葉を言ってもらえて、自分が愛されていると信じたのに、女と二股かけられて捨てられ、不特定多数の男と…

朔は朔なりに京介のことを大事だと思っているのも、京介にまで裏切られたら耐えられないから踏み出すのが怖いのもわかるんですよ?
甘言に騙されちゃうのも仕方ない、でも、朔の京介とのスタンスの取り方に一貫性が無くて、朔に感情移入がぜんぜんできない。
最初のかるーい告白受入れが無ければ、朔は京介が大事だから怖いからって理解できるんですけどね…

京介の一途を通り越した信念のかたさは新鮮でしたが、朔のキャラやトラウマはテンプレを組み合わせたような印象です。


●「相楽くんの恋患い」
本当の自分を見せられなくなってる高校生モデル・相楽と、ぶっきらぼうだけど裏表がない同級生・乃木のお話。
二人が仲良くなっていくのはほのぼのとかわいく、乃木は相楽が何も言ってないのに痛みに気付いてあげるのはジーンとして、ぶっきらぼうな乃木が照れちゃうのはかわいくて、高校生らしいキュンさのあるお話です。
相楽もキューンとしてるけど、ぶっきらぼう君の照れた顔って破壊力があります!


表題作はついてけなかったけど、同時収録はほっこり萌えられるかわいいお話でした。

4

一途な年下ワンコ

初読み作家さん♪絵が綺麗で読みやすかったです。
分厚い1冊で中々のボリュームがあり、2作品収録・描き下ろしは2P・カバー下なしです。

最初は単行本化の予定は無かったそうで…。
電子連載の場合、紙書籍になった時に残念になってしまう作品を見かけるのですが(コマ割りが小さくゴチャゴチャしてたり、本の綴じてある部分に吹き出しがかかってて読みにくかったり等)、そういったことがなくスルリと読めたのは良かったなと思いました。


◆俺を見て。

年上の幼馴染み・朔(受け)に小さな頃からずっと片思いをしている京介(攻め)。
想いは隠したまま小中高と追いかけています。
そんなある日、朔がゲイで色んな男と寝ていることを知り…。
それならばと思い切って告白し晴れて「恋人」としてお付き合いがはじまりました。
しかし良い雰囲気になったとき突然拒否されてしまってーーーと展開します。


帯&あらすじを見て買う一択じゃないか…!と滾りました。
『幼馴染み・10年越し・拗らせ』個人的にド性癖の萌えワードです。

なので期待が大きすぎてしまったかなぁ。
惜しいところが気になって読み返すときは目が滑る…;

帯には忠犬大学生と書かれてるけど、私が想像してた忠犬とは違ってたかな。
年下寡黙ワンコではあるけど忠犬というと…うううーん?
あ、でも ズカズカ入っていくタイプでなく迷惑にならない範囲を守ってる点は良かった!
拒否されたあとも無理矢理問いただすのではなく遠くから見守ってるような感じ。
焦れったくてもどかしくてちょっぴり切なかったです。
(あ、これが忠犬なのか…?)

でも一気に2年もの月日が飛び越えてしまうので
読んでる側としては焦れったい期間が短くて切なさが物足りなかった…。
すれ違いの切なさの余韻があまり感じられなかったので惜しいの一言。

酔った勢いで拒否されたあとの2年分の想いを吐露する場面が萌えMAXでした。
傷ついてる年下ワンコ攻めにきゅーんとくる(;ω;)
一途な年下ワンコってほんッッと可愛い。。。

トラウマ持ちの年上受けは個人的に面倒くさい人という感想が先立ってしまう;
単に性癖にハマらないだけです…スミマセン;

あと攻めの真剣さに対して受けはノリが軽すぎない????
過去回想の屑元彼相手にしてた時の方が"恋してる感"が出てたんだよなぁ…。
攻めへの恋心にもう少し重さがあればもっとキュンと出来た気がして残念です。

◆相楽くんの恋患い

モデルをしている高校生・相楽。実は昔はバスケ部で頑張ってたのですが膝を壊した過去があります。
それを知らない乃木は相楽にズケズケとキツイ言葉を投げかけてきてーーーと始まります。

乃木は良くも悪くも裏表がないというか、思ったことを口にしちゃうタイプかな?
よく知りもしない相手に失礼だなーと思ったけれどキチンと謝れる子で良かったです。
クリクリしたまん丸なツリ目がとっても可愛かった!

話したことをキッカケに2人は友達になるのですが、
純粋な友人から徐々に恋を患っていく過程が楽しめて良かったです(﹡´◡`﹡ )

4

むしろ相楽くんがいい

中編2つ。

表題作は幼馴染もの。
お互い想い合っているが言い出せず高校生になる。一方はビッチで、ある時他人に触らせたくないと衝動的に告白するが、受けはいったん告白返しでハッピーになるも、その後臆病になって拒否。
この後半の展開がちょっと意味がわかんなかった。

もう1つの相楽くん〜の方は、青春もの。
バスケが上手いのに、ケガで辞めざるを得なかった相楽くん。でも明るく気丈に振る舞っている。
相楽に憧れていた、乃木。ずっと注目していただけに、バスケを辞めたことを残念に思うけど、ケガにも気づく。
本気でぶつかり合い、お互いの懐に入っていく。高校生同士の親友とも恋人ともつかない感じが出てて、こちらはよかったです。
ので、星を1つあげました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ