午前0時の失恋同好会

gozen0ji no shitsuren doukoukai

午前0時の失恋同好会
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
42
評価数
11
平均
3.9 / 5
神率
36.4%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
Charles Comics
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥712(税込)
ISBN
9784815500368

あらすじ

失恋したばかりの正考(まさたか)は深夜のファミレスで大粒の涙を流しながら、一人やけ食いをしていた。そこで自分とまったく同じ状況の浩太(こうた)と出会う。こんな偶然があるなんて…!と、お互いに運命を感じた二人は、あれよあれよと言う間にお付き合いをすることに。しかし、いざセックスという場面で重大な問題がでてきてしまい――!?

表題作午前0時の失恋同好会

浩太 大学生 20歳
正考 リーマン 30歳

同時収録作品恋人依存症Aの幸福

明憲
敦人

同時収録作品砂漠を踏む赤い靴

明憲
敦人

同時収録作品青春、だから僕らは血を流す。

佐倉
阿久津亮介

同時収録作品正義の味方の恋愛事情

大地 
健太郎

同時収録作品いっしょにいこうよ山頂へ

篠原 リーマン 23歳
大森 部長 38歳

その他の収録作品

  • 描き下ろし

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

先生の仰る通り「パフェみたいな作品集」全部美味しい、全部好き。

ミナモトカズキ先生初 BLレーベルからのコミックスです!!

『午前0時の失恋同好会』
失恋したネコ同士の正孝さんと浩太くん。
正孝さんは真面目そうなリーマン、浩太くんはやんちゃそうな学生です。
年下の浩太くんの為にタチっぽく振る舞おうとする正孝さんが、格好良くて可愛いです……
2人のその後が気になります……(* ॑ ॑* ) ⁾⁾

『恋人依存症Aの幸福』『砂漠を踏む赤い靴』
「依存させたい……」明憲さんの気持ち、何だか分かる……となってしまいました。
敦人くんが健気で可愛くて、泣き顔も最高でした。
何度読んでも、心にグッとくる作品です。

『青春、だから僕らは血を流す。』
ダークな作品です。
同時収録の他の作品がピュアで可愛い作品ばかりですので、異質感があります。
歪んだ感じが、僕は好きです。

『正義の味方の恋愛事情』
ピチピチヒーロースーツにもっこりが最高です!!
描き下ろしのチャック付きスーツに笑ってしまいました……
この作品のお陰で、ヒーロースーツに目覚めそうです……

『いっしょにいこうよ山頂へ』
ニジマスを掲げている大森課長、熊さんみたいで可愛いです(*´꒳`*)
好きが暴走する篠原くんも、若さがあって、とても良い◎
山小屋セックスにはロマンがありますね!!

1

泣きと笑いとキュンがてんこ盛り

表題作と他にもお話がいくつもあり、笑いあり涙ありの楽しさキュンがてんこ盛りです(^^)v

"午前0時の失恋同好会"は、帯にも惹かれましたが、ネコ×ネコ…どうなるんだろうと興味津々。互いに失恋した2人がネコ同士と知らずに意気投合し、いざHしようとしたらネコ同士だって気がついて、どうするかってお話です。ネコ同士でも好き同士だから、そこはタチ役なしで玩具なども用いて"2人で"気持ちよくなりつつ、精神的に深く愛し合う…タチネコうんぬんではなく気持ちで繋がる2人にキュンキュンしました(^^)
さらに2人の関係は一歩深くなります。気持ちなだけで、自分の性癖?立ち位置?は変えられるのかなぁと疑問でしたが、そこは正直に"変えられない"人と、"出来るかも"の人がいて、年上リーマンの正考(受)が、浩太(攻)の誕生日祝いに自分がタチになって抱いてやろうとしましたが、無理で、逆に浩太が、自分を思う気持ちを態度で示してくれた正考にグッときて、正考を抱きたいって思って抱きます(^^)"気の持ちようで"なんて容易く言えることではないと思いますが、誰かを思う気持ちが、自分の気が付かぬ感情を呼び起こしたり、愛おしいと思う気持ちが"寄り添いたい"感情を強くさせて"より深く繋がりたい"と思わせてくれたりするのかなって感じました(^^)

他にも短編集が盛りだくさんですが、かなりお気に入りなのが"恋人依存症Aの幸福"と続編の"砂漠を踏む赤い靴"です(^^)/
自身に自信がないから、相手を依存させる事で安心する拗れた執着愛…ドロドロ拗れが最高でした(//∇//)"恋人依存症〜"ではその執着心が全面的に現れ、敦人(受)を精神的にも肉体的にも支配する明憲(攻)にゾクゾクしました!ちなみにAを私はずっと敦人(あつと)だと思っていましたが、最後に明かされる攻めの名前…明憲…あきのり…そう、彼もAなんです…ラストに呼ばれる名前に、ゾクっとしました。続編では一転、その執着心からくる"相手を自分に依存させる事"がアダとなり、すれ違ってしまいますが、明憲が素直に思いを伝えて、2人は仲直りし、より深く結ばれます(^^)
好きだから好かれたい気持ちは、恋する人なら誰でもあると思います。相手に対しての自分は、釣り合っているのか、こんな自分で良いのか、そんな不安も、自信がなければ湧き出てくると思います。特別な存在で、絶対に手放したくなくて、だから依存させる事で、逃げられないようにする…大袈裟な言い方かもしれませんが、相手への甘えや過度な独占欲からくるものは愛情を大きく飛び越えて単なる依存になったり、駆け引きにも似ていて、一方のみの満足でしか無くなるようで、恐ろしくも感じました。だから続編で明憲が素直に自分の気持ちを話せたことがすっごく素敵で、話せたこと自体が"愛"だなってグッときました(^^)泣いた…泣きました(/ _ ; )明憲、さらけ出せたアナタ超良いオトコよ!!私はどちらかと言うと独占欲強めで拗れた明憲に似てる気がするので、彼の気持ちがよく分かりました笑!!

"いっしょにいこうよ山頂へ"も好き(^^)好きだから、相手に合わせたくて、趣味じゃない登山に職場の上司と出かけるお話です。何をするかではなく、誰といるか…私が大事に思っていることが丁寧に描かれていてすごく共感できました(^^)

ミナモトカズキ先生のBLデビュー作品で先生のフェチ全開のヒーロースーツ作品である"正義の味方の恋愛事情"や、暴力系Hが拝める"青春、だから僕らは血を流す。"も面白いです!

ぜひぜひ読んでいただきです\( ˆoˆ )/

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ