オマエは羊。 Qpa edition

omae wa hitsuji Qpa edition

你是一只羊

オマエは羊。 Qpa edition
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神15
  • 萌×223
  • 萌8
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
196
評価数
51
平均
3.9 / 5
神率
29.4%
著者
高崎ぼすこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784801964181

あらすじ

不幸体質の大学生・佑也は、アパートの火事で何もかも失ってしまい、
友人の家に居候させてもらうことに。
しかしその友人の兄で家主の司は、大学の准教授に加え、所属ゼミの指導員と判明。
驚きつつも、念願のゼミに参加するチャンスに恵まれ、ゼミを取るか生活のためにバイトをするか
苦渋の決断を迫られ頭を抱えていると、司からわりのいい仕事があると提案される。
が、それは「司と一緒に寝ること」が条件の夜バイトで――!?

俺様プチSっ気准教授×不運で健気な苦学生くんのよるのおしごと〟契約!

あまキュンエロの女王、高崎ぼすこ
羊の皮を脱いだ★えろとろver.

表題作オマエは羊。 Qpa edition

正木 司(経営学部准教授、友人の兄)
佐原 佑也(大学生)

その他の収録作品

  • おねだりする羊
  • [描き下ろし]To strip the wolf of his sheep skin(狼が羊の皮を脱いで正体をあらわす)
  • あとがき
  • 4コマ漫画2P
  • 電子限定おまけマンガ 1P

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

もにょる点が多かったCIEL版を徹底的に直されている作者の凄さ。

CIEL版からかなり変わっているというのは前情報で得ていたのですが、これねーエロが増量されているだけじゃないですよ。
CIEL版のキャラのセリフとか考え方の端々に出ていたもにょってしまう部分をかなり徹底的に直されているなという印象です。
両版を読み比べると感動するレベル!
自身の描いたものをこんなに変えられるものなのです?!
ぼすこさん凄いんじゃないかしら?!と尊敬しながら読みました。

例えば、旧版の攻めは何かを貶しながら喋りがちなんですよ。
「大変なときのわりにはよくやった」とか、「竹中ゼミにいたら他の奴らみたいな普通のバイトは無理だ」とか言っちゃうタイプなの。
前者はただ「よくやったね。上出来だったよ。」でいいし、後者は他のゼミの子達に対して失礼な物言いをしていることに気付け!って感じなんですが、そういうのが結構神経質なぐらいに新版では直されてるなと。
一方の受けは、古き悪しき時代の少女漫画のヒロイン像みたいな思考回路だったのが、いまどきの子らしいフラットな考え方をするキャラに直されているのがいい感じ。
こっち読んじゃうと、旧版はもうダメですね。。気になる部分が余計に気になっちゃう。

で、もう一回改めて書いておくんだけど。
私は読み比べたからこんなことが言えてるわけで、自分で描いたものを自分でここまで描き直せるってやっぱり凄すぎる気がする。
私、ぼすこさんのレビューを書くたびに、この作家様はエロだけじゃないよ!って言い過ぎてて若干ウザいレビュアーになってる気がするけど、今作もやっぱり「Qpa edition=エロくなった。だけじゃないよ!!」ってことを一番に叫んでおきます。

旧版のカバー下にあったオマケ漫画まで描き直したバージョンで再収録されているという徹底っぷりにただただ感心しまくりの新装版でした!
買わなくていいかなってずっとスルーしててごめんなさい。買ってよかった◎
ぼのフェスありがとうでした!

下記2編はQpa editionのみに収録。
「おねだりする羊」11ページ
「To strip the wolf of his sheep skin(狼が羊の皮を脱いで正体をあらわす)」7ページ
これでもか!ってくらいに全編エロエロの後日談でした♡
弟くんにバレちゃったかーw
じゃあこれからはきっと気を利かせてくれるだろうから、さらに思いっきりエッチできるね!(違う)

【電子】レンタ版:修正○、カバー下○(コンテンツなし)、裏表紙○、電子限定特典(1p)付き

2

Qpaバージョン最高!

KADOKAWAから出版された『オマエは羊。』のQpaバージョンです。
ストーリーや登場人物など、大方同じです。
キャラクターの設定が少し変わっているような気がします。
攻めの大学准教授・司はSっ気たっぷりに、受けの大学生・佐原は少しコミカルで男っぽくなっています。
あとは、H部分が大幅に加筆されています。
高崎先生の、君ら本当はもっとやってんだろ〜?という思いが形になったようです(笑)。
書き下ろしも増えているし、四コマも微妙に変わっています。

私はKADOKAWAのものより好きでした。
可愛いらしく清らかセックスの方がいいか、エロエロセックスの方がいいか…どちらも読んでみるのも手ですね!

1

増ページ&番外編追加で、エロかわいいぼすこ節が炸裂!

KADOKAWAから竹書房に版権が移っての再販。

どのページを開いても間違い探しができそうなくらい加筆修正がハンパない!
コマの半分くらいには何かしらの修正が入ってるんじゃないかな?
番外編が二編もプラスされてるし、エロいシーンは増ページになっているので、旧版を持っていても、新版買って損はないです♪
ただ旧版のかわいい系ストーリーをお好きな方は、オトナに変わった部分に違和感があるかもしれません。


火事で住む所がなくなった大学生・佑也が、友人の家に転がり込むと、そこには友人の兄・司が家主として君臨していて肩身が狭い。
しかも司はゼミの准教授で、佑也は司の言いなりになるしかない。
昼間は研究のお手伝い、夜は佑也が側にいると良く眠れるからって、不眠症の司の添い寝をさせられてます^^

司は俺様なんだけど、知的男前の強気って素敵に見えちゃうんですよ~♥
それに佑也をこき使うのは横暴に見えるけど、居候として気兼ねしないように役割を与えてるって、ちゃんと佑也のことを考えてくれてる心意気にグッときます!
一見わかりにくい優しさがあるのもイイ男の条件デス!

そんな司に佑也はほだされていって…

強気な暴君に純情くんが翻弄されちゃうラブコメ。
でも暴君は翻弄しつつも守っているのにキュンとします♪


冒頭にも書きましたが、加筆修正がほんとすごいんです!!!!!

台詞やモノローグは、絵や流れでわかる部分はカットしてわかりやすく整理したので、全体的にスッキリ読みやすくなってます。

新版の1話に旧版の扉絵が付いてないのは残念だけど、2話以降は旧版と同じ扉絵なのに、顔が描き直されてます。
中のマンガも表情や瞳が半分くらい修正入れてると思います。

旧版は司の瞳はスッキリした黒目、佑也の瞳はクリッとキラッとしてるのが、新版で描きなおされた瞳はアッサリした白目に変わってます。
これがいま現在のぼすこ先生の人物画なんだなって変遷がすごくよくわかる。

旧版の司はキリッとした感じだけど、新版では口角をあげてちょっと意地悪に、佑也の反応をいちいち楽しんでいるのが伝わってくる。
佑也もクリクリ瞳から白目になって、旧版よりスッと大人びた印象があります。

これは完全に好みの問題だけど、私は旧版の描きこまれた瞳の方が好きだな。
司のキリッとした感じと、佑也のかわいい感じは旧版の絵の方が合っているように感じました。
同時発売の『とろけるくちびる』は違和感なく読んでいるので、旧版と比べない限りは気にせず読めると思いますが…


エロいシーンは増ページされています♥

司が佑也かわいさに思わずキスしちゃうシーン、旧版だと「なんでキス?」って佑也がグルグルしはじめますが、新版だとカラダが反応しちゃって、司に抜いてもらい、それでも収まらなくてトイレで…
佑也がめっちゃエロくなってる!

二人が初めてつながりそう(弟が帰ってきたので中断)なシーンは、司による佑也のカラダ(穴)を慣らすシーンが増ページ追加♪

やっと二人が繋がるシーンは、佑也が司に横向きで攻められるシーンが2ページに渡って追加され、イってるコマは全面描き直しで官能度が大幅アップしてます!吐息の熱っぽさが色っぽ~い♥


旧版の描き下ろし「その後の二人。」は新版では5.5話として収録されています。
擬音で隠されていた部分は薄っすらトーンになって新版の方が修正が甘い気がします。

そして番外編は二編も追加!

「おねだりする羊」
司は軽い気持ちで佑也にちょっかいを出すと、我慢できなくなった佑也に誘い受けされて、司は思いっきりがっつき…
とてもエロ激しい♥

「To strip the wolf of his sheep skin(狼が羊の皮を脱いで正体をあらわす)」
同居してる弟くんが居ないと、二人はタガが外れてしまったようにエッチしまくり…
イきそうな佑也がやめてとお願いしても司は攻めるのをやめず、佑也はグッチョグチョにされてます!
佑也は「友達に知られたら恥ずかしくて死ぬ…」と言っていますが、その頃外では…w


ぼすこ先生といったら ”エロ” に期待しちゃいますよね?
新版ではエロオトナシーンが増ページ&番外編が追加され、思いっきり私達の期待に応えてくれてます♪
エロ度が大幅にアップして、いまイメージするぼすこ節が炸裂してます!


絵柄の変化とエロ度アップで、ストーリーの印象は違っていますが、ぼすこ先生の作家としての変化を探すのが私は楽しかったです。

5

そして、アナタは鬼畜。ビックリの大幅エロ度UPの全面加筆‼︎

私は KADOKAWA バージョンの方が、結構好きで。とっても可愛いんですよね。何だったら表紙も前の方が好き。今回は、まず表紙からエロ度増してますよねぇ。新しく描き下ろしがあるようなので、つい買ってしまいました。そして早くも1ページ目にして気づく。こ、これは⁈ 全面加筆修正されていらっしゃる⁈ ぼすこ先生の最近のタッチということなのでしょう。柔らかかった線が強くなっているというか。
一番最初に気づいたのは、1ページ目、3コマ目の正木のドアップ。口の中が黒く塗られ、怪訝そうだった眼差しは、明らかに剣のある目付きに変わり、顔全体に濃いトーンが貼られ…、鬼畜に豹変しております⁈ えええー⁈っていう。細々としたセリフも地味に変更されていて、何だか説明的になっており。うーん、別に前のままでも伝わっていたよ? と思わないでもないセリフまで、修正・変更されていて。ちょっとクドくなっていると思いました。
正木准教授は、確かにオレ様だったけど、ここまで鬼畜では無かったよね?っていう。(だから私は好きだったんだけどなぁ。)ぼすこ先生は、最初っから綺麗な絵を描かれている方なのですが、4年前のこの絵が、自分的には良く思ってらっしゃらない様でした。私は好きですよ‼︎
そして、Qpa edition ならではのエチ増量。最初のキスの際、つい、エッチなキスをしてしまう正木。
二人はドギマギして寝ちゃうというものでしたが、新作では、調子に乗った正木が佑也のアレを触りだし、ビックリした佑也は、正木を跳ね除けて、トイレに駆け込み、オナニーしてしまうという。
正木はもぅ、のっけからノリノリで盛って来ます。えええー‼︎‼︎
エドの「ダダ漏れすぎ!タガはずれすぎ!いい年して浮かれすぎ!」というセリフもさもありなん‼︎ということになってます。元々あったエチシーンもそりゃもう、大変なことになっております‼︎正木准教授、絶倫攻めです…。ううう、佑也がド淫乱な子になってしまう…。
前回も、弟の恵吾にバレないのか、疑問だったんですが、はい。描き下ろしでバレていることも明らかに。恵吾が家にいる時は、恥ずかしいからと拒んでいる佑也ですが、マメに発散させて貰えない正木准教授は、その分激しく暴走しており、抱き潰さんばかり。

総じて、ビックリなエロにチカチカして気が散ってしまうので、物語が入ってこないかも。とっても好きなタイプのお話しなので、残念です。気楽にエロを楽しむのには良いです。
修正はトーン薄め、とかなので、とってもエロいです。旧作に描かれなかった体位とか、性技あり。
お道具とかは無いです。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ