大人気ファンタジーBL「月神の愛でる花」シリーズと同じ世界で巻き起こる、将軍様の嫁取りファンタジーBL!

将軍様は婚活中

shougunsama wa konkatsuchu

将軍様は婚活中
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×216
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
97
評価数
26
平均
3.8 / 5
神率
15.4%
著者
朝霞月子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
兼守美行 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
リンクスロマンス
発売日
価格
¥870(税抜)  
ISBN
9784344843301

あらすじ

代々長女が家長となることが習わしの母系国家・クシアラータ国。一妻多夫制を布くクシアラータでは早くに結婚をする男性が多い中で、異国出身ながら数多くの武勲を立て三宝剣と名高いヒュルケン将軍は二十七歳になった今も独身でい続けていた。女性が苦手で、出来れば結婚はしたくないと考えていたヒュルケンだったが、ついに周囲の画策で、ヒュルケンに嫁を取らせようという作戦が開始されてしまう……! 女性たちから逃げていた最中、ヒュルケンは偶然自分より十歳も年下のフィリオという貴族の少年に出会った。偶然が重なり、初対面で押し倒し泣かれてしまうという最悪の出会いを果たした二人だったが、誤解が解けた後、合間を見ては共に食事をしたりと徐々に仲を深めていた。硬派寡黙な将軍と、元気で人好きのする少年、凸凹な二人の想いが行き着く先は――?

表題作将軍様は婚活中

ウェルナード・ヒュルケン、クシアラータの将軍27
フィリオ・キト、ルキニ侯爵の次男で第四子17

その他の収録作品

  • 将軍様は憤慨中
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

犬 最高★

表紙買い。表紙の印象通りの斜め上盲目溺愛っぷりでめっちゃ好きです、この将軍様。もう1冊手元にあって、まだ読んでいないそちらと合わせて考えた方がと思ったので一旦萌2にします。執着忠犬軍神様がひたすら天使に恋焦がれ懐くお話ですw 面白いだろうなあと思っていたけど、予想通り。そして兼守先生の挿絵で威力100万倍。朝霞先生、兼守先生、最高(笑)。二段組で本編190Pほど+本編途中にあたる爆笑小編+あとがきです。

お話は月神シリーズと同じ世界らしいですが関連が今一つ不明、すいません。舞台は母系継承を主とするクシアラータ国。そこには三宝剣と呼ばれる3人の有名な剣士がいて、10年前に異国からやってきた将軍様がその一人。剣技に優れ無口で朴訥、色っぽい噂は皆無。男らしい顔立ちに深い藍色の髪に青い瞳で、クシアラータの肉食系女子の憧れの的なのですが、最近ようやく結婚するらしいという噂が・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
エメ(将軍様の犬?しゃべらないが人語は解している)、三宝剣の残りの二人である第三王子インベルグと聖王親衛隊長のナイアス、アグネタ(フィリオの2番目の姉24歳)、サイデリート(第三王子の乳兄弟)等。まあそこそこいます。

**以下は将軍様とフィリオの大好きな部分について

将軍様は、最後の方まで執着丸出し犬?で、口数が少ないこともあって、面白過ぎる。色事もそうだけど全般的に世間知らずで、インベルグ王子に言われたことをそのまま信じ込んでしまうから大変w「結婚したら柔肌を舐めれるぞ」「なめていいのか?」「喜ぶぞ」「あの子と結婚したい、どうすればできる?」てな具合でして、もうおかしいおかしい、笑い転げるしかない!あ、変態臭はまだ無いです。朝霞先生だから、次の本も変態臭は無いんじゃないかと思ってますが、どうだろうか。

フィリオは天使すぎて超箱入り息子だったらしく、後半父親と将軍が「ちっこくしてポケットに入れて持ち歩きたい」と言っているぐらい愛らしく癒し度満点の模様。単に愛らしいだけではなく、猛獣使いよろしく将軍様に向かって「ダメ」ときちんと叱るという、萌えのど真ん中をつく子でして。可愛すぎる。

攻め受けが超絶好きなタイプの上に、周りのサブキャラがみんなおかしくて、ああ楽しい世界でした。
どうしても我慢できずに、他本を後回しにして読んでしまったので、もう一冊はもう少し我慢・・・する予定。うおー楽しみすぎる。

11

あなたにしか懐きません

美しい表紙絵に惹かれて予備知識なしに購入。
これは良い買い物でした!
美しいイラストを描いてくださった兼守画伯に感謝します。

母系国家クシアラータの将軍は、隣国シスから婿入りした王太子と共に入国したウェルナードが勤めています。クシアラータは移民に寛容な国ですが、入国から10年以内に国内で結婚をしないといけない決まりがあるんですね。ウェルナードはもうすぐこの期限が来てしまうのに、浮いた噂のひとつもなし。言い寄る女性は数あれど、ガツガツこられるのが苦手で鬱陶しがるばかり。王家は優秀な将軍を失うのはマズイと、何とか彼に結婚をさせようとしています。方や、儀礼庁官ルキニ公爵の息子のフィリオは父の元で儀礼庁で働いているのですが、ひょんなことからウェルナードと知り合い彼に徹底的に懐かれます。盲目的と言って良いほどのウェルナードが示す親愛の情にフィリオも応えていくのですが……

ウェルナードとフィリオの人物設定がたまらなかったんですよね。
ウェルナード!正にドーベルマン・ピンシャーなんですよ。他人には素っ気ないんだけれど、飼い主に対してはデロデロになっちゃうあたりが。
対するフィリオは見た目も性格も癒やし系。2年前までは歌唱隊でソロをするほどの美声の持ち主で、ファンも多かった様なのに、自分ではそれに気づいていないおっとりさん。でも、女性が家長となるクシアラータの男として、気配りをし家を廻すスキルはちゃんと身につけているという。
あの、あれですよ。ユニコーンと乙女!
もう、萌えた萌えた!

クシアラータの世界観も滅茶苦茶面白かったんです。
母系社会というだけでなく、一妻多夫制だし、同姓婚も最近では珍しいけれど認められているんです。
出てくる女性の『肉食』ぶりや、同じ妻を持つ夫同士の仲良しぶりが、とーってもいい感じなんですよ。
何て言ったら良いんでしょう?
婚姻に大らかとでも言うか……

『仮婚』という制度も面白かったんです。
肉体関係なしで、お試しの同棲をするというものなんですけれど。
要するに、今までの各々暮らしてきた文化の違いを認識して、今後も一緒に暮らしていけるのかを試すんですね。これ、賢いわぁ……「こんなはずじゃなかった」っていうのをある程度減らせますもんね。

クシアラータって理想郷かもしれない。

そんな風ですから、フィリオとウェルナードの関係も、慎ましく可愛らしいフィリオが(本人はそういう意図がないようですが)主導権を握ります。
フィリオにベタ惚れのウェルナードには、全く異存はないでしょうけれども。
ほんわか可愛らしい恋を育てる2人の周りで、思惑を持った人達が(ウェルナードの『軍用犬』という特殊な性格もあって)ドタバタ劇を繰り広げるという、かなり笑えて、最後にはほっこりするという、実に楽しいお話でした。

7

クシアラータの英雄の恋物語

今回は国の三宝剣の1人とされる将軍と
元聖歌隊の愛し子と呼ばれた青年のお話です。

攻様の長年の思いを成就するまでと
2人の成婚の儀までの序章編を収録。

母系継承を主とするクシアラータ国は
代々家を継ぐのは女と決まっており
一妻多夫制の習慣が色濃く残っています。

上流階級の夫人たちは
3人まで夫を持つことができ
優秀な男の子を求める女たちは
機会がある毎に秋波を送っています。

そんなクシアラータで
多くの武勲を立てた国の英雄であり
三宝剣の1人と謳われる将軍が
今回の攻様になります♪

攻様はキリリと男らしい顔立ちで
剣技には優れる鍛えられた身体をもち
女たちのため息と欲望の的でした。

しかし攻様は
もともと隣国シスから王子が
時期国王の夫として婿入りした際に
結婚式に帯同していた1人で
クシアラータ国民ではなく

女たちの秋波にもなびくよりも
むしろ無遠慮に迫る彼女達に
かなり辟易していました。

ところがクシアラータの法律では
異国民が滞在できる期間は10年間のみ
以降は問答無用で国外退去となる為

自国民との婚姻で攻様を留めようと
国王は同じく三宝剣の1人である
第三王子が作を練るのです。

そんなある日、
攻様は女達から隠れて逃げこんだ
城内に点在する庭園の一角で
思いがけない出会いを果します。

攻様が出会ったのが
代々評議員を務める家の子息で
儀礼庁長官を務める侯爵の次男
である受様その人でした。

受様は長く聖王歌唱隊に属していて
除隊後は屋敷の切盛りをしていましたが
姉の結婚で彼女の夫が家令として
働くようになったため

侯爵は受様を自らの侍従待遇で
城に伴っていたのです。

その日受様は
強風で飛ばされた書類を追って
庭園に迷い込み、

隠れるうちに寝こけていた攻様に
不用意に接近したために
武人である攻様に伸し掛かられて
捕獲されるという目に合うのです。

そこから2人は昼食を共にする
ほのぼのとした交流を始まるのですが

攻様の片想いを知った第三王子は
嬉々として攻様を結婚のお試しである。
仮婚へとせめたてます。

しかし、第三王子が
攻様の相手を受様の二番目の姉だと
勘違いした事から事態は
迷走状態に突入していきます(笑)

攻様の婚活の成果は如何に!?

同人誌で発行されたシリーズに
加筆修正してのノベライズになります。

朝霞さんの既刊「月神の愛でる花」と
世界観を同じくするラブコメディです。

私は同人誌で新刊購入していて
イベントのたびに続きを待っていたので
まさかの商業化でびっくりでした。

今のところ月神メンバーとの絡みはなく
クシアラータ国内が舞台なので単巻でも
問題なく読めます。

本編の主軸は
攻様が恋した受様を嫁にする
婚活が主軸なのですが

そもそもは異国民である攻様の
シクアータ滞在期間が法定期限を過ぎる事に
端を発しているために

攻様を自国に留めるために
攻様の結婚を薦める国王の画策の他に

攻様を排除して
攻様になり替わろうとする貴族達の
不穏な動きも並行していて

それぞれの思惑と言動が
攻様と攻様の友人たちと国王一家と
受様と受様の家族を巻き込んで展開するので
ラブ関係は楽しいコメディですが

攻様の結婚がみえてくると
暗躍一派の活動に火がついて
怒涛のシリアス展開に突入

攻様が暗躍していた一派を追い詰める
「腕事件」は主要キャラの性格と立ち位置が
見事に表現されていて圧巻です。

受様だけが大事な攻様の言動が
受様を困らせる様子が
ものすっごくMYツボなです♡

表舞台では寡黙で朴訥される攻様ですが
実はあまり考えを口にしないだけで
頑固で一途で妥協せず突き進み

その上、育ちと軍生活が長いために
ちょっと世間知らずで常識がない(笑)

受様のことも「自分の嫁」と思って
周りを牽制したりするのですが
受様にはその思いは伝わらず

腹黒悪役キャラな第三王子は
世情に疎い攻様によく策を授けますが
それは王子に都合よく動かすための
アドバイスだったり

と攻様の言動の軸は
ブレることなく受様ラブなのですが
受様にとっては恥ずかしかったり
はた迷惑な行動だったりで

受様がアタフタしたり
小柄な受様が攻様をビシッと怒ったり
するシーンがすごく好きです♡

本作は
2人の結婚が決まったところまでなので
しっぽりシーンは全くありません。

普通なら「待て!次巻!!」ですが
今回は次巻も同時発売なので
一気読みも可能です。

単巻でも読めますけど
同時発売の「将軍様は新婚中」も
同時に読まれる事をお勧めします♡

3

肉食系女子のせいで女性が苦手になった将軍様の婚活





「将軍様は婚活中」「将軍様は新婚様」と同時刊行の1作目。
「婚活中」は二人の出会いと仮婚という婚家との相性をみる制度での10日間の話です。
一言で言うとすごく面白かったです。
色っぽいことは全然ないのですがテンポがあってページをめくる手が止まらなかった。

<あらすじ>
母系国家のクシアラータ国。
家督は女性が継ぎ、一妻多夫制をとっている珍しい国です。
この国の次期国王に婿入りしてきた友好国の王子とともにクシアラータ国に来たウェルナート・ヒュルケン(攻め)は婚儀直後に起こった戦争により帰国するタイミングをなくし、そのままクシアラータ国で軍功をあげ、現在3宝剣と呼ばれる将軍にまで上り詰めました。
この国では他国民は10年間の滞在が認められており、それまでに自国民と婚姻することで国籍が与えられるのですが、ヒュルケン将軍は浮いた話一つなく期限の10年が来ようとしています。
母系社会であるこの国では、女性は皆肉食で3人まで夫を持てることもあり、ヒュルケン将軍は女性にとって恰好の獲物でいつも追い掛け回されており、すっかり女性が苦手になっていました。
国家としては将軍が国外強制退去処分になってしまうのは絶対避けたい事態。
なんとしてでも自国民の誰かと結婚させるという密命をうけたヒュルケン将軍と並ぶ3宝剣の一人・第3王子のインベルグは血眼になって相手を探すことになります。
そこで目につけたのは、珍しくヒュルケン将軍が相好を崩した相手アグネタ・キト。期限も迫っているし早速仮婚させてしまおうと超特急で国王に許可をとるのですが、実はヒュルケン将軍が可愛いといったのはその時いっしょにいた弟・フィリオ・キト(受け)の方でした。


二人の初めの出会いに関しては、不審者だと勘違いして押し倒してしまうというちょっと最悪な出会いだったのですが、すぐに将軍は態度を改め、自分のことはベルと愛称で呼んでほしいといい、初っ端からわんこ全開でした。
何故そんなに速攻懐いてしまったのかと思ったのですが、その種明かしは一番最後になります。
フィリオに会うと全力で抱きついてきては膝枕をしてもらったり抱え込んだりしているので、大型わんこに懐かれた可愛い少年の話といった感じで終始話がすすみます。
結婚すれば毎日一緒にいられると聞き、結婚に乗り気になるなど常識がだいぶ欠如している感じが面白いです。
初めは姉と間違えられて仮婚が進むのですが、父親の機転でフィリオも同行することになり、早々に間違いに気づきます。
この勘違いも、言葉の足りない将軍と勝手にいろいろ気をまわす第3王子の組み合わせによって発生したもので、それに国家が絡み余計に騒ぎを大きくしてしまった感じでした。

私は優秀なのに、受けが大好きすぎて受けが絡むとリミッターがぶっちぎれて周りに多大な迷惑をかける攻めが大好きで、読んでいるととても楽しいのですが、今作も面白かったです。
そしてフィリオは器量も気立てもよく癒し効果抜群の優しい少年ですが、毅然とした態度をとることもきちんとできるところが好感がもてました。
間違ったことをした時はたとえ将軍が捨てられた仔犬のような顔をしても、全身で嫌だと言っていても、ほだされることなくきちんと指摘できる真面目さは貴重です。仮婚が終わるころには将軍の操縦法を会得していたのでこれから将軍はもっと国のために働くことでしょう。

ただ、仮婚中は婚前交渉は禁止されているのもあって、絡みはなしでキス止まりです。
色っぽい雰囲気になることは全くなく、ただただ大型犬が少年の傍にいるだけで満足、というのがずっと続くので、この二人はちゃんと恋愛になるのかなと思わないでもなかったですが、事件もあり将軍の本気も見れてフィリオの気持ちもちゃんと追いついたみたいで良かったです。
これからすんなりと話が進むのでしょうか。
次巻がたのしみです。

0

冒頭30分を見損ねた2時間ドラマ

初めて読む作家さんです。
表紙買いでした。

あらすじや冒頭を試し読みしてから購入したんですが、これはもとは同人誌だったんですね。なるほど、と納得してしました。それくらい、ちゃんと読み飛ばさずに読んでいるつもりなのに、冒頭30分を見損ねた2時間ドラマのような、わけのわからなさ・・・・・・ファンタジーというのはわかります。架空の異国とは思っていましたが、幻獣が唐突に出てきて目が点。ついでに、女性上位の設定は把握していましたが、同性婚もありなんですか? シリーズもののスピンオフ? 自分が読んでいない本の設定や登場人物を踏まえて、ストーリーが進んでいるような? しかも内容がぬるい。婚活なんですか、これ? この世界では、これが婚活? 無骨な軍人が寡黙なのは好みですが、この攻めはコミュ症では? 受け以上の不思議さんでは?

ともかく謎が謎を呼ぶだけで、ベロチューだけで終わってしまって不完全燃焼です。ありがとうございました。続編もあるようですが、もう結構です。読みたいとは思えませんでした。自分には合わない作家さんだとわかったことが収穫でした。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ