帰ろう。俺たちのエデンに――

エデンの初恋

Eden no hatsukoi

エデンの初恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神23
  • 萌×28
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

64

レビュー数
7
得点
165
評価数
41
平均
4.1 / 5
神率
56.1%
著者
朝丘戻 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
カズアキ 
媒体
BL小説
出版社
フロンティアワークス
レーベル
ダリア文庫
発売日
価格
¥740(税抜)  ¥800(税込)
ISBN
9784866571973

あらすじ

レンタルショップ『エデン』でバイトをする大学生の要は、美少年AVを借りにくる会社員・柏樹が気になっていた。ゲイであることを隠し、モブとして生きている要。ある日、柏樹が性指向に悩んでいると知り、勇気をだして偽者の恋人に立候補する。彼の性指向解明のため、キスをして、手を握り、一緒に眠る……彼の誠実さと優しさに触れ恋に落ちていく要だが、この関係には終わりが決まっていて――。

表題作エデンの初恋

柏樹透(かしわぎとおる)会社員
佐東要(さとうよう)大学生〜会社員

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

意外に獣な透さん、

毎回泣かされてしまう朝丘先生の作品ですが、今回もまたドキドキきゅんきゅんさせていただきながら、ほろりと涙してしまいました。

健気だけど男らしい受け要と真面目で優しいけどかなりエッチな攻め透。
お互いがお互いを思いやるがゆえに起こる勘違いと思い込み。相手を思ってついたちょっとした嘘から焦ったくもすれ違う2人。
だからこそ、2人にある限られた時間、その中にあるありふれた日常をとても大切に過ごす2人。
お互いの気持ちはもう決まっているのに、もう一歩というところでお互いの幸せを想うがゆえに引いてしまう2人。
それが大きな勘違いとも知らずに2年もの時間を過ごしてしまいます。

このお話は、主人公2人だけの話ではなく、要のバイト先の親友イサムとの友情や両親との葛藤いろいろな要素を含めた「たくさん悩みながら生きていく…」という大きな意味が隠れたストーリーです。
そもそも要がこんな考え方になってしまった理由がわかるのが要が脇役として登場する「夜明けの嘘と青とブランコ」を読んでいただくことをお勧めしますが、この作品だけでも充分楽しめると思います。
後半いろんなことがわかったり話が展開して
2人が距離がぐっと近づいていきます、ら
長い年月をかけ、幸せにたどり着き
甘々な2人の生活を覗き見たときは
ちょっと恥ずかしいような、幸せな気持ちになります。
この2人、真面目で真剣で本当にお互いを愛しているんだけど、2人共がかなりエロくて先生の作品にしてはエッチシーンが濃い感じです。
すごく真面目な印象の透さんが意外と獣だったり、可愛い要も長年こじらせた想いにかなり貪欲でドキドキさせられます。
だからこそ、先生の目指していた幸せなsexがそこにあると強く感じられた作品でした。

5

逆転ハッピーエンド

シリアスものだと思っていましたが、最終的に友人含めみんなが幸せに辿り着く物語。

読み手にも重くない!
読みだすと止まらない!
通常のBL文庫より文量があり、読み応え満載!
後悔させない内容!
是非とも、続編を読みたいです。

3

性指向に悩む20代会社員 × 大学生のゲイ の恋の始まりから成就まで

レンタルショップのアルバイト要(ヨウ)は、ゲイ向けAVを借りていくいかにも真面目そうな客が気になって仕方がない。それも住んでるアパートの真上の部屋で借りていくAVの音が聞こえてしまうなんて…。

ハガキが誤配されたことから訪ねて行って透の期間限定の偽物の恋人として付き合うことになるのですが、ほんとは恋人のフリなんかじゃなくて好きなんだって気持ちが痛々しくて早く気が付いてあげてよって思いながら読んでいました。

二人を知る要の友人も両片思いのすれ違いなんじゃないのかなというのがわかって要の背中を押すけれどちっとも進展しないんです。
客と店員として知り合って2年、性指向を確認するための偽の恋人として1月未満、離れて2年。
お互いが好きなのに「好きだ」と言った途端に関係が壊れてしまうことを恐れ口に出せず秘めたまま両方とも苦しんでいるのが辛かったです。

よーやく思いが通じあって、お互い好きだったんだってわかってのラブラブエッチ。
お互いを思い合ったしあわせなひと時の描写がとても素敵でした。

性格も体も好みで大好き同士の二人が出会ってから結ばれるまでの二人の苦悩や小さな喜びの一つ一つに悲しんだり喜んだり物語に浸りきって読めました。

この二人がお互いに自分の方が幸せにしてもらっていると相手に感謝し、それをたびたび口にするところが素敵だなと思いました。
相手を敬い大切にする気持ちが伝わって読んでいて幸せを分けてもらえたような気がします。
そんな生き方をしたいと思わせる二人です。

結ばれた後のラブラブな二人の様子がじっくり描かれていてよかったです。
私にとってこの部分があるのとないのとでは大違い。
ハッピーエンドの後のイチャイチャがあるとすっごく嬉しくなります。

特典ペーパーの風邪の要を看病する優しい透と、
温泉への初旅行の幸せそうな二人のいちゃいちゃが読める冊子付きが手に入るうちの購入を強くお勧めします。

3

大好き!

『夜明けの嘘と青とブランコ』のスピンオフではないのですが、少しだけ関連もあり、話の雰囲気も似ています。
私は上記作品がとても好きなので、その作品と雰囲気が近い、こちらの作品もやはり神評価です!

あらすじは、上を読んでください。
自分を世の中のモブだと思っているという消極的さ。でも一度決めた事を貫く意志の強さ。甘いお菓子のような可愛さを持ち合わせた要がホントツボでした。
変に真面目で、でも変態ちっくで優しい年上の透も、別の意味で可愛かった。

お互いが探り合いをしないで、自分たちの決めたことを貫くから、拗れる。でも、それに引き込まれます。いつ本音をぶつけ合うのか、気になって読む手を止められませんでした。
いやらしいことはするけど、順序があって、それすらも愛おしく感じます。もう何もかも可愛く、幸せな作品です。

たくさんの方に読んで頂きたいので、あえてネタバレせずに書きました。

1

健気な受けさんに萌える

作家買い。

朝丘さんの作品は、ぽわぽわしていて性的にまっさらさん、に見えて、実は一本筋の通った受けさん、って定番な気がしますが、新刊もそのイメージを損なうことのない(性格的に)男前な受けさんのお話でした。

ネタバレ含んでいます。ご注意を。








主人公は大学生の要。
中学生の時にゲイであるという自身の性癖を自覚するが、同じ中学の先輩が「ゲイである」ことからいじめを受けたのを見て、ゲイであるという事を周囲の人に悟られないよう生きてきた。

が、現在のバイト先であるビデオショップ「エデン」のバイト仲間のイサムは自由奔放に生きているバイ。彼の生き方に感銘を受けた要は、イサムにだけは素の自分をさらけ出すことが出来る。

そんな要だけれど、最近気になる男性が。

それは、週末になると「エデン」にやってきて、美少年AVを借りに来る客・柏樹さんだ。

イケメンの、爽やかなビジュアルを持つ柏樹さんの性癖も気になるが、実は柏樹さんは要と同じアパートに住む住人。そして、借りてきたAVを、窓を開けっぱなしにしてみるために外に音が漏れている。不思議だけれど、素敵な柏樹さんに淡い恋心を抱いている要だけれど、ある日、要のポストに間違えて入っていた柏樹さんあての手紙を介して、思い切って柏樹さんの部屋を訪れる要だが…。

というお話。

結婚はしたいけれど、自分はゲイあるいはバイではないかと疑っている。
そんな状態で女性と結婚するのは気が引けて、自身の性癖を確認するためにゲイ物のAVを借りていた。

と釈明する柏樹さん。

これはチャンス到来ではなかろうかと、「自分の身体を好きにしていい」と持ち掛ける要だけれど―。

柏樹さんの告白を、

付き合っている女性がいるが、このまま結婚してもいいのだろうか。

と受け取った要。
そのため、自分の恋心は柏樹さんにとって負担になるだろうと蓋をする。

柏樹さんは、職場の人事で1か月後に地元に戻ることが決まっている。限られた「1か月」という期間だけ恋人になってもらえないか、と柏樹さんに持ち掛けられた要が「自分の身体を好きにしていい」と提案したために、期間限定の恋人に。

身体から入る二人。そのためにエロ度はかなり高いです。

キスをする。
一緒にお風呂に入る。
乳首を吸う。

等々、柏樹さんが提案する「ミッション」をクリアしていく。なので、一見、柏樹さんは要の身体目当てにも見える。見えるけれど、柏樹さんの言動一つ一つに要に対する愛情と優しさが溢れている。なのに、肝心の要は、それに気づくことが出来ない。初めに、柏樹さんに恋人がいる、と思い込んでしまったから。

読者には、柏樹さんの好きな人は要なのだろうという事は透けて見えている。なので、なんとももどかしいすれ違う彼らの恋にやきもきします。

そんな要の恋を応援するのが友人のイサム。
要にとっては初めて自分をさらけ出すことが出来た相手ではありますが、イサムのほうも、そのままの自分を受け入れてくれた要を大切に思っている。めちゃめちゃ仲良しですが、彼らの間に恋愛感情が芽生えることはないので安心して読むことが出来ました。

身体から入る関係なのに、少しずつ、そして純愛でもって進む展開にめっちゃ萌えました。相反するような展開でありながらそれが少しも矛盾していない。これが朝丘マジックか。

色々な障害が彼らを阻みますが、それでも最後に想いを通じ合わせた彼らに萌えが滾って仕方なかったです。

要はかなり純真な子ですが、そんな要から「ち〇こ」とか「おっ〇い」とかいう言葉が頻繁に出てくるので、そのギャップに若干ついていけないところもありましたが、でも、あまりエロくない。彼らの間に、常に深い愛情が流れているから、かもしれません。

柏樹さん×要の二人にも激萌えしましたが、イサムと彼に恋する元ストーカーさんや、イサムのゲイ仲間の葛西さんといった魅力あふれる脇役さんたちも素敵でした。ぜひとも彼らのスピンオフ作品を読んでみたいです。

ちなみに、要がゲイという性癖を隠すようになったきっかけの「中学時代の先輩」ですが。

なんかどこかで読んだような展開だなあ、と思っていたら、あとがきで朝丘さんが『夜明けの嘘と青とブランコ』の眞山くんで、と書かれていて、思わず声が出ました。彼のお話だったんですね。スピンオフという感じではありますが、『夜明けの~』を読んでいなくても全然問題なし。でもキーワードになる言葉が繋がっているので、読んでいると面白いかもです。

タイトルにも使われている「エデン」。
この言葉が非常に効果的に使われているのも良かった。

いつもの朝丘作品よりも若干エロ度が高いので、エロ苦手な方は注意が必要かもです。
が、終始二人の相手を想う愛情にあふれていて、非常に良かった。特に要の健気さがめっちゃツボに入りました。

優しく、温かい。けれどどこか切ない。
そんな素敵なお話でした。

9

二人の長い恋路

朝丘先生初めましてでした。「胸が痛くてたまらんのでは」と避けていたのですが、こんな風なお話を書かれるんだ!と分かって嬉しいです。まあなんて長い二人の恋路。読み応えたっぷり「4編に分かれている本編380Pほど+あとがき+カズアキ先生のあとがき」でした。リアルな大学生や会社員のもだもだ話がお好きな方なら間違いなしだと思います。あちこちに胸がきゅーとあま痛くなる言葉があったので萌2.

レンタルショップ「エデン」でバイトする要。良く来るお客さんのイケメン会社員にひっそりトキメいています。彼はいつもゲイ向けAVを借りていくので、自身がゲイである要は妄想などをついしてしまう毎日。というのもイケメン会社員は要のアパートの真上の部屋に住んでいるから。ある日、要のポストに間違ってイケメン宛のものが届いていたことから、勇気を振り絞って彼の部屋を訪れ・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
イサム(要のバイト友達、性的にオープン、この子めちゃいい子)、前山さん(イサムのおっかけ?)ぐらいかな。

**以下内容に触れる感想

攻め受けに関していうと、実はどっちもイラっとしてダメなんですw 気が短いもので、「ああーーーー当たって砕けろという発想はないのか、あんたたち!!!」とつい思ってしまって(笑)
とにかく、二人でめっちゃすれ違って、あまりにもすれ違っていて、かすりもしない。要は健気というか自己肯定感が低すぎて可能性があるなんてこれっぱかしも思ってない!
ゆっくり二人を見守る覚悟がないと、このお話のゆっくり丁寧さがつらいと思う方もいるかもと思いました。私は途中辛くなりかけたのですが、やっぱり色々あったキュン言葉に転がされ、無事読了できました♡一番残ったのは「あしたがきてほしいけど、きてほしくないな」と二人寄り添って眠るシーン。色々思うことあって辛いけど、一番ぐっと来たシーンでした。

せつないばっかりじゃなくて、ラブ話も割合あるんじゃないかと思います。恋人ごっこのはずじゃなかったっけと思うのに、歳の功?透がだんだんやりたいようにやりはじめ、要を開発★していくところは「おぬし、やるのー」という心地ですので、純粋ちゃん開拓話がお好きな方もいいかもと思いました。

記念すべき朝丘先生1冊目でした。これの関連作だという夜明けの嘘と青とブランコも読んでみよう。

5

丁寧な恋物語

分厚さから見てわかるように、お正月休みにぴったりなボリュームでした。
主人公・要がモブとして生きてきた切っ掛けとなった人物のお話「夜明けの嘘と青とブランコ」はまだ読んでいないので読みたいなと思いました。(絡んではこないので読んでなくても問題なくこちらの作品読めます)


出会いからとても丁寧に細かく心情なども綴られてます。
その時々の悩みなどがリアルに感じられ、切なく可愛くもどかしさもありながら、幸せな気持ちで読了しました。
少し変化球な両片思いものかなと。

彼らの物語はまだ始まったばかり。
同時収録で一年後が描かれていますが、まだまだ可愛いラブラブなバカっぷる具合が愛おしいです。

この作品に出てきた要の友人イサムのお話がスピンオフで執筆されてるそうなので、また楽しみです。


2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ