恋獄のミレニアム

rengoku no millennium

恋獄のミレニアム
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神20
  • 萌×210
  • 萌3
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
4
得点
152
評価数
38
平均
4.1 / 5
神率
52.6%
著者
灰崎めじろ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ジュネット
レーベル
ジュネットコミックス ピアスシリーズ
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784909460288

あらすじ

灰崎めじろ、入魂の魔界BLファンタジー!!

神父が悪魔を捕獲…いじわる神父とやさしい悪魔の監禁生活。
さらに凶悪すぎる神父×純情すぎる悪魔×悪魔のような天使…
3人の官能トライアングルで、繰り広げられるエロバトル!!
この1冊から天使と悪魔の闇サーガが始まる。地上の支配者は天使か?悪魔か?

天使の命令で神父ウィリアムは、300番目の悪魔の息子シンを天使特製の首輪で捕獲。
天使の犬と呼ばれたエクソシストがあまりにも人間らしい悪魔を飼育調教。
監禁生活で、神父と悪魔はお互いに惹かれるようになるが…
強大な力を持つ天使が現れて2人を引き裂いていく!?
魔界編の底辺悪魔×悪魔王子格差カップリングも必読!!

表題作恋獄のミレニアム

ウィリアム・ヴィッカーズ 神父かつ最強エクソシスト
シン・悪魔・魔王の300番目の息子

同時収録作品恋獄の太陽

エクトル・代々医者一族でベートのお抱え医師
ベート・魔王の二番目の息子・病に倒れてしまう

その他の収録作品

  • 恋獄の支配者 第4.5話(描き下ろし)
  • カバー下・悪魔の羞恥心に関する悩ましい考察&あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

声を大にしておすすめしたい

汁系エロが好きではないので灰崎さんは正直言うと好みから外れる作家さんですが、この作品は神評価です。
なんせキャラがいい。
そしてエロも濃いけど、愛もめっちゃ濃くて深かった。
これゆえ神。
書きたいこといっぱいあったけど、文字数オーバーしたので削りに削っていまだこの長さ。

【恋獄の支配者】
やさぐれ腹黒エクソシスト神父×ぴゅあっぴゅあな悪魔との攻防戦

人間の魂を盗みにやってくるも、あっけなく凄腕エクソシスト・ウィリアムス(攻め)につかまって首輪をつけられてしまった悪魔・シン。
シンは魔王の息子だけど300番目なもんで、みそっかす扱いされつつも親の為に一生懸命頑張ってる良い子。
そして盗んできた魂が永遠に苦しむということを初めて知ってショック受けちゃうような無知なピュアっ子でもあります。

攻めは特殊能力持ちゆえ、幼児の頃に母から天使直属の天使教団に売られてしまったというこれまた不憫っ子。
この天使教団は毒の巣窟でヤられたらやり返す!と闘争本能ばかりが育ってしまった結果、すっかりやさぐれ神父に。

首輪の魔力を解いて逃げたい悪魔シンとのエロエロ攻防ですが、シンがなんせお人好しでぴゅあ〜☆過ぎるんで、勝ち目は全くない(笑)

シンが、ほんとーーーにかわいいから是非読んでほしい。
悪魔なのに誰よりも純真無垢で奇跡の塊なの!!おまけにいい身体してやがる!!
萌え転がったところをあれこれ書きたいけど、文字数オーバーするので割愛…

やがてどんな手を使ってもシンを逃したくないと思うようになったウィルの前に天使がやってきて、性奴隷としてシンを天に連れて帰ると言いだし………。
敵対関係だった二人が一緒に過ごすうちに、自分を犠牲にしてまで相手を救おうと変化するところが最高。

そして何とか天使から逃げることができたけど、人間であるウィルを魔界へ連れていくことはできません。
お前の寿命が尽きるまで地上で過ごし、いざというときには貴様の魂だけ連れて魔界へ逃げることにしようというシン。

ここから最後の2Pがすごーーーくいいんですよ。
これがあるから神評価。

ひっそりと隠れつつも仲睦まじい恋人たちの一生が描かれています。
そして長い年月の末、いよいよウィルの最後が近い……という際の二人のやりとりが描かれているんですが、静かで、幸せな二人の様子にちょっと泣けてしまいました。

ウィルの寿命まで逃げおおせたことは、後々の苦難へ導くための天使の罠らしいんですが、その不穏さはここでは一切感じられません。
次はどんな苦難が待ち受けているのかは不明ですが、あくまでハッピーエンドとしてここで読み終わるのもアリだと思いますし、この一冊だけでも充分楽しめます。

ピュアなシンが天使に犯されちゃうとか希望していないので、くれぐれもそういう展開にはなりませんように。

【恋獄の太陽】
萌えポイント:逆体格差&主従関係からの下克上。

ベートは魔王の息子で王位継承権・一位ということでナチュラル俺様かつ美丈夫で太陽のような存在。
ところが不治の感染症にかかった犬に噛まれ、ベッドでほぼ寝たきりに……。
そこで代々医者一族で病に耐性があるエクトルが世話役に任命されます。
今までこっそりと柱の影から見つめていた憧れのベートの側で、献身的にお世話をするエクトル。

しかし失意の余り心も弱っていくベートは、それでも変わらぬ忠誠心を誓うエクトルに対し「ならば俺を慰めろ」と要求を突きつけます。
いくら病に耐性があるとは言え、病の身に抱かれるのは無理だろう…と。

憧れのベート様に抱かれるチャンスなので、エクセルはベート様のを必死で勃たせようとするもベート様、病のせいでまさかのED……。
そこで中を刺激して中に巣食う闇を排出するんだ!と、エクセルは容赦無くお尻を攻め始めるんです!

抱くつもりだったのに、抱かれることを許す俺様男前受けに死ぬほど萌えた。
そしてエクトルは小柄&地味っ子なんだけど、巨チンなの。なにそれ、萌える。

で、ただのエロ展開で終わらないところがいい。
やがてエクトルは病を治す唯一の方法を発見するんだけど、それは自分の身体を犠牲にするため命の保証はないし、ベートが完治しちゃったらお世話係の自分は不要……。
さてどうするか……というところも見どころの一つ。

あれこれの末、めでたく夫婦になるも未だ信じられず「許されるんでしょうか?」というエクトルに対して、ベートがベソッとしちゃうんだけど、これが死ぬほどかわいいの!!!
普段は俺様のくせしてかわいすぎるだろ、こいつ……!とベート様にひたすら萌えます。

描き下ろしは【恋獄の支配者】の4.5話でこれまたデレがかわいい二人でした。

エロは汁多くて濃すぎる……とやっぱり思わずにはいられないんだけど(でも既刊よりは汁控えめな気がする)キャラが最高すぎた。
もう一度言います、キャラ最高。

14

萌えと感動が止まらない!濃密なラブファンタジー

キャラよしストーリーよしエロよし、三拍子揃った傑作!
萌え転がり、涙しました。
灰崎先生の汁だくエロは好みの分かれるところかも知れませんが、一度ハマるとこの濃厚さも病みつきになります。
(でも、昔の作品に比べるとそこまで汁汁してなかった気もしますね)


・恋獄の支配者(地上編)
地上征服を目論む悪魔のひとりとして、人間の魂を魔界に持ち帰るため地上に降りてきた悪魔シンは、神父のウィリアム(以下ウィル)に捕らわれて首に天使が編んだ首輪をつけられてしまいます。
天使の力を携えたウィルの力はとても強力なため、シンはその呪縛から抜け出すことが出来ません。
街はずれの教会で暮らすウィルは、シンを軟禁することになります。

シンは魔王の300番目の息子で、父を敬う気持ちや魔界への忠誠心が強いのですが、実はその内面は悪魔とは思えぬほどに真面目で善良で健気でピュア。
悪魔のコスチュームとして「すげー服だな、露出狂かよ」と言われるほどに露出度の高い服を身につけ、悪魔らしく経験豊富かと思わせるも、実は童貞処女。

この攻めのウィルは、幼少期に母親に天使教団に売られ、ひどい陰湿さや欲望にまみれた世界で生きてきた過去があります。
そんな彼はかなりのSで、シンに執着し、強くときに優しくシンを攻めていくのです。

この執着S攻めにはゾクゾクしてしまった…
シンに比べるとウィルのほうがよっぽど悪魔っぽい強引な性格をしてるんだけど、ちゃんと相手のM性を見極めて適切に調教していくタイプのSだから、めちゃくちゃカッコいい。

本質が悪魔らしくないのに悪魔らしくあろうとするシンが、いろいろとズレた行動をとってしまうところがとにかく可愛い!
無理してワルっぽく振る舞おうとしても元来の善良さに負けてしまうシン。
もうやばいくらいに可愛すぎるよーっ!
この可愛さをお伝えしたいんだけど、動きや表情込みの可愛さだから、ぜひ見ていただきたいです。
(シン、魔界ではどんな風に過ごしていたんだろう…頑張って悪魔っぽくしてたのかなぁ…)とか想像するだけで萌えちゃう。

肉体的にもピュアに生きてきたシンは、感じやすくすぐにトロトロに…
エロは灰崎先生らしく、エロっとろ〜♡
雄雄しい肉体と可愛くとろけた顔の対比がよいのです。

壮絶な過去と天使の呪縛に囚われていたウィルを浄化させていく、天使の心を持った悪魔シンとの素敵なラブストーリーでした。
これは読者の心も浄化させてくれる物語だと思います。
地上編のラストは、愛の深さと種の違いによる切なさにぐっと胸が詰まり、自然に涙が溢れました。
本当に読めて幸せです。

でもやはり悲しい…続編があるとのことでホッとしました。
また2人に出会える日が待ち遠しいです!


・恋獄の太陽(魔界編)
魔王第二の息子で次期魔王の呼び声高いベートは、陰謀により不治の感染症にかかったため、隔離され寝たきりになってしまいます。
そして、その病に感染せず発作の処置が出来る医者のエクトルが側付きを命じられることに。
エクトルは幼少時より、強く気高く美しいベートに憧れ、恋焦がれていて…

不治の病に冒され徐々に気持ちが弱ってくるベートは、エクトルの想いを知り、性的な関係を結ぼうとするも、病のため勃ちません。
エクトルは治療と称し、ベートを抱き、内側から攻めていきます。
それに応え、激しく乱れるベート。
そしてしばしそんな甘い関係も続く中、エクトルが治療法を発見し…

敬愛するベートのことを治したいが、この蜜月が終わりを迎えるのではないか?という恐怖と葛藤。
でも、エクトルはベートの輝きを取り戻すため、治療を施すことを選択するのです。

しかしその治療法とは、自らに「闇の病」を誘い込みベートの体から自分へと病を移すものでした…

自分を犠牲にしてでも、太陽のように輝くベートに魔界の王に君臨して欲しい…と願うエクトルの深い想い。
またもや勝手に涙が…

気高いベートがエッチのときだけとろけちゃう姿も、健気で従順なエクトルがエッチのときだけ強引に責めていくのも、普段の力関係があるからこそ、たまらなく萌えました。
下克上エッチ、いいですよね…

涙する場面はありますが、基本的にハピエンで美しいラストが待っています。
総じてキャラが素晴らしい作品でした。
ぜひにぜひに続編を早く読みたい!

あまりに素晴らしく濃密な作品だったため、あれやこれやと長文になってしまい失礼しました。
でもホントおすすめですよーー!

2

エロいだけではない!

エロのめじろ先生と底抜けにエロが読みたい時にめじろ先生が浮かぶのですが、作家買いで、日常に疲れてるときにシリーズものを読む元気がない時にこそ底抜けにエロの需要を感じていつもお迎えさせて頂いております笑
しかし、今回もエロいです!エロいですが、切ない!健気で自己犠牲こんなキュンキュン来るとは思ってませんでした!エロ目的ではなく読ませる系のBLをお好みの方も是非お手にとっていただきたい。神クラスと思っています!

1

エロ満載万歳!


九割方、作品はキャラ萌えで購入するのですが、めじろ先生の作品だけはお話が気になって購入してしまいます。
あまあまデレデレで下半身がホットになるほどエロくて、なんかいろんな所で振り切れてて、読み進めるので精一杯になってしまうんですよねえ!
絵もお話も、先生にしか描けない内容だと思います。

今回は次元が同じの2カップルのお話でした。
先生のあとがきによると表題作の人間×悪魔カップルのお話はまだまだ続くということで、確かに、しっかりと完結してはいるのですが続編も作れなくないぜ、感が出ていたと思います。

でも正直私は悪魔×悪魔カップルの方が楽しめてしまった感はあります。
受け攻めのお顔とネタが非常に好みでした。
攻め君は褐色そばかすでとても可愛いらしい子犬系男子なのですが、かなり上位の受け悪魔様をお慰めになる際はその長くて形のいい陰茎で遠慮も忘れて欲望のままに腰を振りまくるんです。ギャップ萌えというのでしょうか、従順でうつむきがちな性格の中でふとした時に顔を出す強かさが魅力的な子だったと思います。

試し読みした時にこちらのカップルのお話が先に表示されたのでこちらがメインと勘違いしてしまいましたが、そうではなかったようでちょっとだけ残念でした。ちょっとだけですが(笑)

愛のあるエロスをお求めの方にはおすすめできる作品だと思います!

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ