「あおに鳴く・続」アニメイト限定小冊子

ao ni naku zoku

「あおに鳴く・続」アニメイト限定小冊子
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
26
評価数
6
平均
4.3 / 5
神率
50%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小冊子
出版社
一迅社
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
あおに鳴く・続
ページ数
16ページ

あらすじ

アニメイト限定セット小冊子

内容:カレンダーの7月7日に☆印が。その日は司郎の誕生日だと知り…。

表題作「あおに鳴く・続」アニメイト限定小冊子

嘉山司郎、高校生
菊(与田鴻)、タイムスリップして来た青年

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

愛情を感じる甘い内容が切ない(;///;)

アニメイト限定セット小冊子。
約200円ほどの有償特典になります。


私は我慢出来なくて本編読む前にこちらを見ちゃいました。
甘々な2人を見てキュンキュン止まらん~~~!状態(∩´///`∩)
だったけれど!
コミックス読んだ後に再読すると切ない気持ちが増しました(;ω;)

ううう評価迷う。
ああでも内容はすごく萌えたから神寄り萌え×2かな。



(以下ネタバレ注意)


7月7日に☆印がついてるのを菊さんが見つけます。
その日は司朗の誕生日で、生前祖父が書いたものでした。

司朗の誕生日と知って菊さんは自分に出来ることを考えるけれど、
司朗のおねだりはただ一つw
色恋ごとに積極的な司朗に恥ずかしさを見せる菊さんがめちゃくちゃ可愛い!

この時点でまだ記憶が戻る前の"菊さん"だったので、
菊さんの誕生日はタイムスリップしてきた4月7日にしようか~という話しをしています。

そんなこんなな夏を過ごし、冬。
記憶を取り戻したあとの鴻さんに誕生日を尋ねると、4月7日と答えます。
「いまはもう、明日があるだけで…(幸せ)」だと。
それを聞いた司朗は「毎日をお祝いしましょう」って!(;///;)

毎日が誕生日。
毎日がおめでとうの日。
「鴻さんが安心するなら」という司朗の愛。
そして司朗の愛をギュッと抱き返す鴻さんの愛。

司朗を甘やかす鴻さんの言葉に最初はキュンキュンしたけれど、
コミックスのラストを知るとただ切なくて痛い。
なんでこんな幸せな時間を続けなかったんだろうか。

また毎日「おめでとう」と言える日がくることを祈るのみです。

5

特別な日でもそうじゃない日でも

カレンダーに、司朗の誕生日というしるしが付いていたお話ですが
司朗はみんなにしっかり愛されてるんだなと安心出来ます。
本編で「不幸じゃない」と言ったのは強がりでもなんでもなく
気にかけてくれる人が周りにいて
なにより菊さんがいてくれるから。
そりゃね、色事に積極的にならないわけがないっていうね!
むしろ最優先したいところなのがDKですけども。
もちろんそれだけじゃないから菊さんも司朗が大好きなわけで
ささいな気遣いも愛情も漏れなく受け止めたいことでしょう。
生まれた意味を、生きて行く理由をきっと誰もが知りたいはずですが
二人がそれぞれの理由であってほしいと願ってしまいます。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ