君の隣で揺られて

kimi no tonari de yurarete

君の隣で揺られて
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神30
  • 萌×258
  • 萌15
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

208

レビュー数
15
得点
428
評価数
105
平均
4.1 / 5
神率
28.6%
著者
にやま 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
価格
¥639(税抜)  
ISBN
9784199607851

あらすじ

開発部で働く丹羽。ある日、好みのタイプの儚げ美人・椎名が本社から総務に異動してきた。人目を避けるように早朝にバス通勤をしている椎名が放っておけなくて、雨の日に車で送り届けることに。どうやら彼は、通勤中のアクシデントにより、乗り物に乗ると体調を崩して、人込みも苦手になってしまったらしい。椎名の症状を知り、「俺が助けます」と早朝のバス通勤に付き合うようになるけれど、実は丹羽も、ワケアリな事情を抱えていて…!?

表題作君の隣で揺られて

丹羽 順平(27歳・開発部リーマン)
椎名(32歳・総務部リーマン・パニック障害)

同時収録作品狐にくちづけ

相田 良太(転入生)
白神 聖(高校生)

その他の収録作品

  • 番外編 君の隣で揺られて
  • あとがき
  • カバー下 狐にくちづけ番外編マンガ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数15

切なさと、シリアスさと、コミカルのバランスが絶妙

作家買い。

にやまさんというと、キャラの年齢が高かったり、濡れ場が濃厚だったりしてアダルティーな作風を描かれる作家さま、のイメージでしたが、今作品は、なんていうのかな。

アオハル。

そんな言葉がしっくりくる、甘酸っぱく、可愛らしく、そしてほんのり切なく、胸にキュキューンとくる、そんな作品でした。

表紙もまた良し。
見てるだけで胸が切なくなってくるようなイラスト。
でもそこはにやま作品なので。コミカルさもきちんとあって、笑いと萌えのバランスが絶妙なのです。

という事でレビューを。




表題作『君の隣で揺らされて』
主人公はリーマンの丹羽。
明るく朗らかな先輩とともに働いていますが、他部署の社員に嫌がらせもされている。

理由は、丹羽がゲイだからだ。

気持ち悪い、職場で男漁りするな、と陰口をたたかれる日々ですが、彼はそんなことに屈しない。持ち前の明るさとガッツでやり過ごしている。

そんなある日、本社から一人の社員が移動してきます。儚げなビジュアルを持つその社員・椎名に心惹かれる丹羽ですが、椎名はパニック障害を患っていて…。

というお話。

丹羽にしろ椎名にしろ、内に抱えるモノはかなりシリアスです。

ゲイばれして職場で若干ハブかれ気味な丹羽。
パニック障害を患い、痴漢と間違われたことで本社にいづらくなった椎名。

でも、シリアス一辺倒に傾いた作品ではありません。丹羽が明るく朗らかな性格であることや、にやまさんらしいギャグが要所要所で盛り込まれているから。

そのバランスがとにかく絶妙。

彼らが抱える「モノ」を軽視することなく、貶めることなく、でも、シリアス過ぎない。

少しずつ距離を縮めていく彼らに、エールを送りたくなる。そんな素敵なストーリーでした。

終盤にもう1CPのお話が収録されています。タイトルは『狐にくちづけ』。

DKが主人公のお話。
転校生の相田くんは、神社でキラキラな髪を持つ男の子を見かけます。

その男の子は実は相田くんの同級生の白神くん。

白神くんは生まれつき色素が薄く、そしてゲイであることから周囲に受け入れてもらえず孤立気味。

そんな白神くんを放っておけない気持ちになった相田くんは少しずつ仲良くなっていくけれど…。

髪の色素が薄く、おいなりさんが大好物。
そんな白神くんと、「狐」を上手に絡めていて、凄く短いお話なのですが読みごたえがありました。

2CPのお話が収録されていますが、にやまさんらしくない、というとちょっと語弊があるかな?エロ度は全然高くないんです。

エロはないのに、でも、そこはかとなくエロい。
なんでだろう。
二人の間に漂う恋心とか、愛情が透けて見えているからかも。

2作品とも「ゲイである」という葛藤を抱え、そんな切ない想いもきっちり描かれていて、笑いあり、萌えあり、そして切なさ有り。非常にバランスのいい作品でした。

そして、カバー下もお忘れなく。

『狐にくちづけ』の二人のその後のお話が描かれています。

白神くんのお母さん、GJです。
可愛いです。最高です。

にやまさんと言えばエロ度高めのギャグ寄りなお話、のイメージをいい意味で裏切る、非常に爽やかで、可愛らしい作品でした。

9

お稲荷さんで、いなり寿司

表題作は、とても暖かな気持ちになれる良い作品でした。
カバーイラストの、優しい感じそのままです。
ゲイばれやパニック障害など、重めの題材を真正面からしっかり扱いながらも、明るい甘さもあって、何よりキャラクターの造形が、絵も含めてとても良いです。
すごくいい作品なんですが、意外と神評価が少ないのは、全体にそつなく良すぎて、「神!」って勢いがつききれない感じなのかな。
私も神と萌2で迷ったけど、同録作の高校生がかわいかったのと、特に、カバー下の高校生のお母さんがかわいかったので、おまけして神で。

1

買って良かったです

にやまさんの作品は、私にとって刺激が強いので購入を迷いましたが、買って良かったです。
派手さはないけど、心に残るお話でした。
攻が爽やか男前で、受は綺麗だけど地味。
二人が恋人同士になるまでが、丁寧に描かれています。
意地悪してくる同僚が出てくるのですが、彼にも同情できるところがあるので、救済されるスピンオフが読みたいです。
同時収録のきつねのお話も、学生らしくて可愛かったです。
今後も、このような穏やかな作品を描いていただけると嬉しいです。

1

優しい攻めの2本立て

期待した以上に最高でした。にやまさんの作品の中でもかなり好き!!

表題作はパニック障害とか職場でのアウティングとか、結構繊細なテーマを扱ってるので、少しドキドキしながら読みましたが、自分は不快になることはありませんでした。
丹羽(表紙右)の性格が良すぎて、完璧超人なので、どこか嫌なところがあった方が人間味があるぐらい。
攻めも受けも照れる作品大好き!

同時収録の「狐にくちづけ」
こちらもまた可愛い作品かつ主要キャラの性格がいい。安心して読めます。
にやま先生が高校生を描くとこうなるのか〜っていうピュア〜な気持ちになりました。

※電子書籍 カバー裏漫画有 白神のお母さんがいいキャラ

1

テーマは重いけど、ほのぼのっとまとめた癒しストーリー。

リーマンものの表題作と、高校生ものの短編が収録されています。

にやま作品は ”肉体派”、受けもガッシリしていて、男同士の肉弾戦を楽しめるイメージがありましたが、今作は表題作も同時収録も受けが ”華奢な美形” なのが新鮮でした!(※エロも薄めなのがさらに意外!)
きれいなお兄さんが好きな私としては好みです♪


●「君の隣で揺られて」
とある田舎で働く丹羽は、異動してきた椎名の儚げな美しさに見惚れてます。
丹羽はアウティングによるゲイバレで、「更衣室を一緒に使いたくない」って偏見があるから、早めに出勤しています。

椎名も会社バスを使わずに路線バスで早朝出勤して、しかも帰りも遅く、不安そうな表情をしているのが丹羽には気がかり。

そんな時、急な雨が降ってきたので、丹羽が車で椎名を送ると、椎名はパニック障害の発作を起こしかけて…


椎名は痴漢冤罪で変な噂が広まって居づらくなって田舎に異動してきた。
そして、それが原因のパニック障害になってしまった。

混んだ電車に長時間閉じ込められるのは私も苦手です。
しかも苦手を意識すると、そうゆう状況になったらどうしようって不安の悪循環に陥ってしまうから、椎名がパニック障害を起こしてしまうのが怖い、その時に助けてもらえなかったらって、いつも不安に思っていることに共感させられます。

それを知った丹羽は車通勤をやめて、椎名の出勤退社に合わせてバスの隣に座るようになります。
椎名はなぜ毎日一緒なんだと不思議に思いつつも、ほんわかした丹羽が側にいてくれると安心できるようになって…


ゲイじゃない椎名が丹羽に恋愛的になびいちゃうのも、パニック障害が快方に向かうのも、ちょっとそこは簡単な感じがしましたが、私としてはパニック障害を掘り下げられると自分の不安も刺激されそうなので、そこはサラッとしていたのがありがたかったです。

丹羽は年下ワンコ属性で、丹羽の明るさがストーリー全体を明るくしてくれています。


●「狐にくちづけ」
田舎に転校してきた良太は、稲荷神社で白に近い金髪の男子・聖を見かける。
聖は同じクラスだったけれど、生まれつき色素が薄いことで周りから浮いている。

そして良太がまた稲荷神社に行くと、片方が欠けた狛狐の台座に聖が座っていて、それはまるで狛狐が聖に化けているんじゃないかと思った。

そうして二人は学校では距離を取りつつ、神社で会うようになる。

良太が聖のことを「狛狐だと思った」と冗談を言うと、聖は「バレたから戻らないといけない」と言い出して…


色素が薄いからこそ、髪が夕日に照らされたり、頬が赤く染まるのは綺麗で、神秘的なミステリアスさに引きこまれていきます。

聖の言葉には ”願い” がこめられていて、純真な良太がそれに応える。
その行動にも、その後のオチにも、キュンがいっぱい詰まっていました!
短い話なのに、雰囲気もキュンもすっごく良かったです♪


ゲイバレ、パニック障害、見た目が異質でハブられる孤独…
重くなりがちなテーマを扱っていますが、問題自体はあまり掘り下げずに、ほのぼのっとまとめてるので、癒しを感じられる一冊です。

8

優しさにホレボレ…!

丹羽があまりにも人間として出来過ぎていて
優しくしてもらえる椎名さんが羨ましくなってしまいましたよ!
椎名さんのパニック障害を受け入れて力になりたいと宣言し
有言実行とかいいヤツ過ぎるー!!
丹羽は椎名さんの事が好みだったからかもしれないけど
それだけであんなには優しく出来ないと思うんですよね。
佐川に嫌な言い方されても自分のことでは怒らず
椎名さんに関してだけ感情的になるなんてグッときました。
その佐川も実は…っていうのが憎めないけどやっぱり憎たらしい←

お互いを思いやって、側にいてくれる安心とときめきのバランスが
最高に素晴らしいカップルなんですが
椎名さんが内気なタイプなので個人的には丹羽の上司の本田さんみたいな感じが良かった…。
いえ、椎名さんが椎名さんでなければ、
きっと丹羽は恋をしなかったでしょうね。
ただ単に好みの問題です、ごめんなさい。
丹羽は攻めとして満点!!!!!!
Hの手際がいいのはちょっと妬けるけどww

同時収録の読み切り『狐にくちづけ』は
転校生の相田が高校生にしては大人っぽくて驚きましたが
白神の美しさに思わず息をのみました!!!
まさにクールビューティ……あれは一目惚れしちゃうわ……。
カバー裏の白神家訪問も可愛くて
相田のたらしスキルはどうやって磨かれたものなんだろうか…高校生なのに…ww

にやまさんの作品の攻めはみんな優しくて大好きです!!!
神寄りの萌×2です。

4

いいヤツ!攻め

大好きなにやま先生作品。
コミックス発売を楽しみにしていました!
にやま先生といえば、中年受け、肉体をしっかり描く絵柄でストーリーがありつつエロもしっかり…なBL界の貴重な作家さんですが(どこまでも推しますw)、今作は表紙のイメージそのままに優しい2人の癒されBLでした(*´ω`*)
こちらも大好きです。

ゲイのわんこ攻め(丹羽)×赴任して来たトラウマ持ち受け(椎名)のお話です。
丹羽は椎名を一目見た時から綺麗な人だと好意を持ちますが、椎名はいつも不安げで…
パニック障害をもってる椎名を助けてあげたい気持ちで近づく丹羽ですが…なお話。

この丹羽が、下心があるとはいえめっちゃいいやつ!いいワンコ!
職場でゲイであることをからかわれたり、生きにくいと感じることもあろうにハツラツとしてていいヤツなんです。
メインの二人が人としてまっとうで素直な二人なので、持病やゲイというテーマがあっても変にこじらせず読みやすかったです(*・ω・)
あとがきでもかかれていましたが、
くっつきそうでくっつかない二人も初々しくじれったく愛しいです〜〜

書き下ろしのほか一編は高校生モノ。
こちらもさわやかで新鮮な感じです。
カバー裏の書き下ろしもこちらのカプです^^お見逃しのないように…

4

切ないのに芯の強さに癒された

ゲイと一緒に更衣室使いたくないと言われた丹羽が、早朝出勤してみんなが来る前に更衣室で着替えを済ますの切なすぎた。。。
でも、優しくて明るい上司の本田さんが居たので全然重くはなかったですね。
何より本人の心が強かったので!!

そんな早朝出勤してる丹羽が毎朝バス亭でバスを待ってる椎名が気になるけど、
パニック障害の発作を人がいる電車やバスで起こったら嫌だから人が少ない早朝に乗ってると知り
翌日からサラリとバス出勤する丹羽がカッコよかったけど強引さに「おぉ・・・やるなぁ」とびっくりも(笑)
さすが営業の佐川の嫌がらせをスルー出来る強靭なハートの持ち主でした!

椎名のゲロも自分の鞄で受け止めちゃう程の根っからの優しい丹羽には終始癒されましたね~!
冒頭から気になってた佐川の嫌がらせ原因が意外と可愛かったのが一番ホッコリしましたけど(笑)


同時収録の男子高生の恋も初々しくて可愛かったです!!!!

2

なんて温かい作品

にやま先生の今までの作風とは違うと前評価で耳にし二の足を踏んでましたが、
重くなりがちなテーマを優しくほのぼのと描いており癒されました。

実際エロは少ないんですが、二人の間に漂う空気が何ともエロくて…
手や指、眼や顔のちょっとした動きにドキドキしてにやけました。

先生にしては珍しい儚げな美形の受けがこの作品によく合います。
パニック障害と様々な誤解から都会生活がしんどくなり、田舎に異動し不安の中での生活…
自分のことだけで精一杯だった椎名が丹羽と出会い、
気持ちを通じ合わせていく中でどんどん明るく元気になっていくようすに癒されました。

丹羽の器の大きな男前っぷりには惚れるしかない!!!
椎名の側にいる事が幸せで可愛くてしかたない、
椎名の力になりたいという丹羽の溺愛っぷりが堪らない!
二人が並んで座席に座っている様子がお似合いで、
本当にステキな題名だなぁとほのぼのした気持ちになりました。

Hシーンの椎名、いいですね~!お尻が小さくてカワイイ…。
二人の初Hシーンが見れなかったのは本当に残念…
あまあまのイチャイチャをもっと見たい!!!
一冊まるまる表題作で見たかったです。それくらい良かった!

2

非の打ち所がない優しいひと

もう、萌えて萌えて「キャ〜っ」って言いたいような読後感。
「神」寄りの「萌x2」なんですが!
でも、なんでこんなに萌えるかっていうと、多分…

ちるちるに集っている皆様のうちの年少組っていうのは10代だと思う。で、もしかしたらマンガとかの事始めがBLだ、なんていう世代がいるような気がする。
一方私のような年かさ(50代)の人間は、好むと好まざるとに拘らずまずは「少女マンガ」から、的な時代性があったわけで。
とすると、いわゆる少女マンガの文脈というのが染み付いているわけで。
何が言いたいかというと、本作「君の隣で揺られて」は少女マンガの文脈で描かれてると思うわけです。
なんかちょっと弱ってる子がいて。
助けてくれる王子様みたいな男性がいて。
王子は優しくて絶対嫌な事はしないし、絶対待ってくれる。
ゆっくりゆっくり心が近づいて。
手を握るところから始まって。
順序を守って、優しくて甘いキス。
そのあとも急がず。

…みたいなね。
女性から見てのイヤな要素が排除されてる。だからこそ完全に萌える。
私は、リアルゲイ寄りのいきなりの肉弾戦やらガチムチやらなんでも来い!なんだけど、こういう甘い女性の夢的展開にやっぱり弱いんです。
パニック障害を患って不安を抱えてる椎名にとことん優しい丹羽は、非の打ち所がない。
椎名は戸惑いながらも、丹羽の優しさに安心してその先を許すわけです。
丹羽は絶対豹変などせず、変わらぬ忠誠心というか敬意を持ってくれていて、椎名に無理強いなどしない。
夢展開。安心萌え。だけど萌え。だからこそ萌え。

「狐にくちづけ」
これも可愛いお話〜。
仲間はずれの子と転入生の、近づいていく距離。
お稲荷さん、神社といった和ファンタジーと絡めての、初々しい恋心。
このお話はカバー下に続きがありまして、転入生くんが引き続き積極的に関わっていく様子がいいですね。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ