月の街、花の都(1)

tsuki no machi, hana no miyako

月の街、花の都(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×25
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
6
得点
81
評価数
24
平均
3.6 / 5
神率
37.5%
著者
千葉リョウコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
秋田書店
レーベル
プリンセス・コミックスDX カチCOMI
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥690(税込)
ISBN
9784253155380

あらすじ

廃墟の街「月光街」に流れ着き、身体を売って生計を立てる一葉。彼は少年自警団のリーダー・ケイに保護されていた。少年たちは不可解な行動をとる一葉を訝しむが、ケイは状況を静観する。一葉の目的とは? そして秘められたケイの正体とは…? 明日なき少年たちの、デストラクション・ラブ・アフェア!!

表題作月の街、花の都(1)

ケイ,東雲享吾(月光街の自警団リーダー)
一葉(22歳・一月前に月光街にやってきた男娼)

同時収録作品月の街、花の都(1)

東雲 宗玄(義父・大企業グループ総裁)
東雲 享吾(両親を事故で亡くした養子・跡取り)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数6

シリアスで痛い展開だけれど。

作家買い。

最近千葉さんはシリアスな作品を描かれるようになったなあ…、と思っていましたが、この作品はまさにドシリアス。好みが完全に分かれる作品かと思います。

子どもへのレイプ、生きるためにウリをする、殺人、暴力。
そういった痛い描写がこれでもかと続く作品なので、そういった展開が苦手な方は注意が必要かもです。





廃墟の街と化した月光街。
そのなかにある「イーストブロック」が舞台のお話です。

身寄りがなかったり、親に売られたりした子どもたちが住む月光街は治安が非常に悪い無法地帯。そんな中においてイーストブロックは唯一治安を守っている。

それは、「ケイ」がリーダーとなり街づくりをしているから。そんなケイを慕い、若者たちが住みやすい街を作っている。

そこにふらりとやってきたのは一葉。
記憶もなく、持ち金もなく、そんな一葉をケイは受け入れ、ともに住んでいる。

ケイを慕う若者の中には一葉を信用しない仲間もいる中、ケイは一葉を大切にしている。そして、この二人には体の関係もある。一葉はお金を得るためにウリをしているが、ケイは止めてほしいと願っている。でも、一葉は止める気はない。

ケイと一葉はセックスはしていても恋人ではないのだ。

そんな彼らだけれど、最近不穏な出来事が多発している。そうこうしている間に、イーストブロックがならず者たちに襲われる事件が起こり―。


普段、ネタバレ上等でレビューを書いていますが、この作品はネタバレなしで読んでほしい。

ケイ。
そして一葉。
彼らの正体と、そして彼らが背負うもの。それはいったい何なのか。

ミステリーの様相もあり、サスペンスでもあり、でも、きっちりBLでもある。

子どもたちが大人の汚い欲望のはけ口になっている作品です。
かなり胸糞で、子どもたちが可哀想で涙が出ました。

みんながみんな、自分の大切なものを守るために奮闘している。

が、そんな暗闇の中で、彼らが見つけた希望の光に胸を打たれます。

千葉さんて昔から綺麗な絵柄を描かれる作家さまでしたが、最近特に美しさに磨きがかかっている。ケイも一葉も、とにかくカッコいいし、美しい。

そんな美麗なイラストで紡がれる彼らの描写がとにかくリアルです。

死んだ目をしている一葉。
孤独と絶望に押しつぶされそうなケイの幼少時代。
小さな弟を守るために一人で戦おうとしているお兄ちゃん。
そして、ケイの仲間たち。

表情やしぐさの描き方が秀逸で、それだけに彼らの過酷な環境が、読者に重みをもって迫ってくる。

優しくて、甘々な作品を好まれる方には正直お勧めできない作品です。

が、弱者が切り捨てられる風潮は現代の日本にも間違いなく存在していて、そういった闇を描き切った素晴らしい作品でもあると思うのです。

ケイも、一葉も、そしてイーストブロックの自警団のゴウとイサミも。
みんな、自分でできる最大限のことをして大切なものを守ろうとする強さがあって素敵でした。

早く続きが読みたいです。

5

仄暗く、深みのあるストーリーに、惹かれる。

実は千葉リョウコ先生初のナンバリング作品です。
ストーリーの濃厚さ、世界観の仄暗さが、本当に好きです。
明るいラブコメは勿論、深くて重みのある作品が大好物な方には、きっと刺さると思います。
(子供をレイプする描写がある為、苦手な方は多いかもしれません……)
カチCOMIレーベルらしさのある作品だと思います。

ケイさんと一葉の関係は、偽りだったのか……
最終場面は続きが気になる幕引きとなっています。

ゴウちゃんとイサミくんにも注目したいですね……
「…俺のこと ほったらかしにしないで…」
ケイさんがいなくなってからの場面で見せたイサミくんの姿が、印象的です。
ゴウちゃんがいないと駄目で彼に甘えるイサミくんと、そのようなイサミくんを「はいはい」と窘めるゴウちゃんの関係性が、好きです。
(2人の関係性は現段階では「共依存」だそうです)

0

理不尽な支配への抗するために

今回は月光街で唯一の自警団のリーダーと
月光街にやって来た記憶喪失の男娼のお話です。

ある理由から月光街にやってきた攻様が
受様との関わりで花都に戻るまで。

古いビルが立ち並ぶ月光街は4つのブロックが
それぞれ独立したコミニティを作る街です。

生きていくのに必死でまともな商売よりも
売春や麻薬、人身売買、窃盗、暴力、殺人に
手を染めるものが多い無法地帯です。

攻様は4年前に居場所を求めて
イーストブロックに流れてきた1人でしたが
イーストブロックに自警団をつくり
今では若者達のリーダーとなっていました。

そんなイーストブロックに
記憶も金のないという受様がやってきます。

効率よく生きたいと言う受様は
あくせく働くより稼げるからと
攻様に世話された部屋に住み
男娼として働きだします。

攻様は受様を気に入っていて
ベッドを共にする仲になりますが
受様を警戒する仲間もいます。

そんなある日、
貯水タンクに着色料が入れられる
という事件が起こります。

水質に問題がない着色料が使われ
一見すると質の悪いいたずらのようですが
その前には食料盗難や停電騒ぎも起こっていて
今後エスカレートしていくかもしれず
犯人探しをする事になります。

その上、ノースブロックから
攻様が助けた子供達を狙う男達が
来襲するのです。

攻様の活躍で子供達は難を逃れますが
相手は武装もせず、連携もとれておらず
本気だったようには見えません。

しかし、攻様にはこの衝撃の目的が
はっきりと見えていました。

そして向かった受様の部屋で
攻様に抱きつかれた受様は
攻様に「一緒に帰ろう」と言うのです。

実は受様は攻様を連れ戻すために
攻様の義父が送り込んできた
諜報員だったのです!!

果たして攻様が選ぶ道とは!?

千葉先生の新作は初レーベル&初長編、
ハード&ダークな世界を舞台とした
シリアスな物語となります。

電子書籍はあまり読みつけない上
私的にカチCOMIはハードイメージで
買い予定ではなかったのですが

縁あって先般都内で開催された
ドローイング&サイン会に参加できまして
手にした1冊になります。

攻様は両親の事故死によって
篤志家として名を馳せる大企業の総帥に
引き取られますが
その男は攻様の母親への執心から
当時9才だった攻様を組み敷くのです。

攻様は彼の後継者として
一般教養から帝王学、護身術から
格闘技まで様々なモノを学ばされます。

しかしある時
義父が月光街の再開発を予定し
その街から彼の手足とすべく
子供達を保護してきた事を知り
少年達が過ごす施設の過酷さと
自分の無力さに打ちのめされるのです。

攻様の過去と受様の過去が交錯し
攻様と義父の戦いを予見させますが
攻様の義父のもつ力は絶大です。

義父という悪に対する為には
攻様もまた悪を是とする世界に
飛び込まなければならないのです。

望むものを手に入れる為に
攻様が進む道も
受様がにげられない道も
茨の道である事は間違いありません。

彼らが逆境にどう抗していくのか!?

そして攻様をリーダーと仰ぐ
イーストブロックの自警団も
どういう活躍をしてくれるのか!?

続きが楽しみです (^o^)丿

あまりハード系なお話って読まないのですが
扇ゆずはさん『澪つくし』はどうでしょうか。
2人の秘された過去にもドキドキです。

0

物語はまだまだ序章。これから超大作なるか!?

かなり骨太な作品でした。
1巻でこれだけの世界観を作り上げたということは、長編になることを期待してもいいのでしょうか。内容はみっちり入っていますが、本当に「これから!!!」というところで終わってしまいます。これは出来れば3冊ぐらい一気に読みたい作品でした。

舞台は廃墟の街「月光街」。
殺人さえ珍しくない無法地帯だったのを「ケイ」がリーダーとなる「少年自警団」を結成。人が住める場所へと変え、今も治安を守るため、いろいろな活動をしています。
そんなケイの元へ流れ着いて着た、記憶のない青年・一葉。「自分に出来る仕事」=「男娼」として働き、ケイの良きパートナーでもあります。
ただ、自警団のメンバーには、一葉を疑っている者も居て…。

と言うのも、最近あちこちで事件が起こり、住民の間に不安が広まっていたから。

かなり始めのほうから、ケイは一葉と体を重ねるシーンが多く、きっとこの2人が力を合わせ自警団を引っ張っていくのだろうと途中まで思っていました。
ケイ×一葉のいちゃいちゃシーン、本当に癒しだったんです。
ところが、一葉はケイ(偽名)を本来居る場所に連れ帰るため父親が送り込んできたスパイ(?)で2人は演技をしていただけ。そのネタバレを知った時はかなり切なくなりました。あんな状況だったけど、きっと2人の間に愛とか恋とかあったよね?そう思わないと本当にやり切れない。

潮時だと覚悟を決め、ケイではなく、東雲享吾として役4年ぶりに高層ビルに戻る享吾。
東雲享吾の回想はかなりしんどいです。
幼い頃父と母を事故で亡くした享吾。引き取ってくれた東雲宗玄は悪の権化と名高い大企業東雲グループの総裁。享吾の母に気があった宗玄はまだ幼い享吾を性的に犯します。
一般教養に帝王学、護身術、格闘技などを徹底的に教え込み、次期総裁にと考えている宗玄。
そして、4年振りに戻ってきた享吾まで抱こうとする義父・宗玄に軽く吐き気を覚えました。辛そうにしている享吾の姿を見るのが苦しい。
さらに最悪なことに、義父・宗玄は一葉を寝室に連れて来て、息子の享吾との性行をただ見てなさいと命じ…。 「TO BE CONTINUED」

特典で少しほっこり出来るものの、読んでいてかなり辛い作品でした。
まさか主人公すら裏の顔だったというのがショックで、ともかく今から続きが気になって仕方ない作品です。

正直、どういった方向に話が向かっていくのかはまだわかりません。
ただ、非常に面白く、読み応えのある作品なので、あっけなく終わらずに、長編大作になったら嬉しいな…なんて個人的には期待しています。

それから、ケイ(享吾)と一葉。また自由にさせてあげて欲しいな。
いくら命令だったとしても、2人は両思いだったと信じたい。

ちょっと重め、暗めのお話ですが、かなり読み応えがあり、先の気になる作品。
今から2巻、3巻が待ち遠しくて仕方ありません。

0

こんなに身も心も殺されるような酷い蹂躙があるだろうか…

千葉リョウコ先生の作品はポップなラブコメが多いですが、本作は、富裕層の住む【花都】と、行き場の無い人間が集う廃墟【月光街】を舞台にした、”ド”シリアスな話です!

※子供をレイプ(完全支配下において蹂躙)ってかなりの胸くそ設定、およびタチネコスウィッチがあるので、苦手な方はご注意を。


行き場の無い人間が集う廃墟【月光街】のイーストブロックには、唯一の自警団があり、部屋を整えて人が住めるようにしたり、子供を保護したり、街を守っている。
最初はケイが一人でやっていたことに、仲間が増えて、ケイは自警団のリーダーになった。

ケイは仲間に慕われているけれど、仲間も心配する不審な男娼・一葉に入れあげている。

最近、街の水が着色されていたり、自警団メンバーが一人二人と消えたり何かがおかしい。
そして、治安の悪い所から逃げてきた子供を追ってきた男達は、子供でも簡単に手に入れられる銃を所持していない。
「誰かを殺さないために」
ケイにはそれが自分だと心当たりがあって…


実は、一葉は男娼を装った工作員。
その目的はケイこと東雲享吾を、国をも動かす権力者である義父・東雲宗玄の元にに連れ戻すこと。

宗玄は享吾の母に横恋慕していて、母を思い通りにできなかった代用として享吾を手に入れた。
両親を事故で亡くした享吾は、宗玄に従うしかなく…
(目的のためなら手段を選ばない宗玄、本当に事故だったかも怪しい)

この時の享吾は10歳にも満たない子供だったのに、逃げ場はないんだと精神的に追い詰めて、宗玄は享吾の身も心も蹂躙する…
力づくのレイプよりもひどい、心も殺すようで本当に辛い。

そして宗玄から跡取りに指名された享吾は、学校に行かせてもらえず、専任の家庭教師から、帝王学から一般教養まで叩きこまれた。
時に宗玄の夜の相手をしながら…
子供だった享吾が宗玄に媚びる手管を覚えていくのも辛い。


享吾を心配するボディガード・八重樫の協力で【月光街】に逃げ出したものの、4年後、【月光街】を滅茶苦茶にすると脅され、享吾は宗玄の元に戻ることに。

でも享吾は【月光街】で過ごした4年間で、大人になったし、大事なものもできたので今度は強かです!
宗玄の権力を利用して、宗玄よりも更なる悪となって、力を手に入れようと決める!


それでも宗玄の胸くその悪さはスペシャルです。
何をどうしたら最も傷付けられるかを知っていて、享吾がもがき苦しんでいるのを楽しんでいる鬼畜。
享吾は昔よりは強くなったものの、それでも宗玄に抱かれる時は身がすくむ、見下されると血の気が引いて、身体が宗玄をうまく受け入れられない。
涙も浮かべている情けない享吾、その姿を見せるために一葉を呼んで、一葉の前で享吾を抱こうとする…

自警団でリーダーをしていた正義感あふれるケイと、宗玄の前で全裸で泣いている享吾は、まったく別人のよう。
それを一葉に見られるって…
男としてのプライドはズタズタだと思う。


享吾(ケイ)は、宗玄という絶対的なラスボスにどう立ち向かっていくのか?
続き物の1巻は物語の設定が見えたところで、物語が動き出すのはこれからって感じです。
一葉との間に甘い雰囲気もまだないです。

1巻はただただ辛くて、重苦しいまま、2巻に続きます。

5

どう続くか・・・楽しみ。

初の巻数モノということで、何巻まで続くのかわからないけど、
1巻現在ではまだまだ評価的には「中立」かな。
お話自体は引き込まれるし続きもめちゃくちゃ楽しみです。
今の流れで2巻完結は無いと願ってますが。

義父が見事に胸糞悪いクソ野郎なのに、特典ペーパーでの様子が可愛すぎてホッコリしてしまいました!
そんな可愛さは本編では微塵も感じないクソ野郎が今後どうなるのか…

主人公に未だ萌え所を見出せていない事に戸惑いつつ、
2巻を待ちたいと思います。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ