もりをさんのマイページ

レビューした作品

女性もりをさん

レビュー数2

ポイント数13

今年度595位

通算--位

  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

全然王道じゃないラブコメ

プレミアムフライデーを活かしたどエロいラブコメです。

表題作は、実は童貞だったイケメン後輩稲葉とエネマを挿れ街を歩くようなド変態の新井のお話。
いろいろあって身体を重ねるようになり、気持ちに気付いた稲葉が新井へ告白しようとした場面でも新井はお尻にオモチャを挿れていたり(笑)2人の絡みのシーンのエロさは半端ないです。

もう一作、劣情チェリー
2人とま同じゼミ同士で、童貞インキャ添島と人気者の名月先輩のお話。
これもまたエロいです。テントの中で名月先輩のことを考えシコってるとこを、先輩に見られた添島。気にしてないよと気遣う名月に、先輩が一人でしてるとこ見せて欲しいとお願いする添島はそのまま名月を襲い、童貞喪失。
名月先輩の体つきがエロかったのと、添島のガツガツ童貞感が良かったです。

2作ともエロシーンがほとんど。
シリアスな感じや不安になる要素がないので、クスッと笑えるエロ、脳みそ空っぽアハハみたいな気楽に楽しく読めました。

綺麗な作品でした

読み終えてはじめに浮かんだ言葉が「綺麗」でした。

この作品のいいところは、登場人物の過去を必要以上に表現していないところだと思います。主人公の加納がなぜ元カレに振られたのか、どのくらい付き合っていたのか、どういう関係だったのか、そういう事が断片的にしか描かれていません。
でも、それって人間と同じなんじゃないかと思います。
誰でも傷ついた過去があり、それを必要以上に語りたがる人なんていないと思います。街で流れる歌や道端に咲く花、男子高校生に助けられたその手を見て元彼を思い出す。それを必要以上に描かない、そういう表現の仕方を漫画でされているので、2次元の登場人物というより、「加納」という人がいてそれを2次元で表現した、人生ドラマだと感じました。

名前のない男子高校生に救われた事で、新しい恋に気付き、一緒にいる選択をし、生きることを選んだ加納。死にたいわけじゃないけど、生きてる意味がわからないと感じていたのに、最後は他人の幸せを願えるほど素敵な人になっていました。

私も誰かの幸せを願えるような人間になりたい、生きててもいいんだと、心に大きなものを残してくれる、文学のような美しい作品でした。
ぜひ、読んでほしいです。

予想できたが、予想以上にエロい

トラウマ持ちのαと風俗で働くガタイの良いΩのお話。

正直、αの子がトラウマの話を持ち出した時、なんとなく予想はできました。そしてその予想通りでしたが、予想以上にエロかったです。。。

Ωの子龍治が、自分より華奢なαに抱かれてるなんて、想像しただけでないものがたちそうですよね?!
私はたちそうでした(笑)

結局仲良くラブラブしてくれたし、お子達も出来たような描写で、すごく幸せな気持ちになったので、終わり良ければ全て良し的な、ハッピーエンドの続きも見たいな〜
って気持ちになりました。

クスッとしてニヤニヤしました

なんの予備知識もなしで、表紙だけ見て読みました。
表紙のイメージとは違って、ラブコメだったのですが私は好きでした^ ^

なんか、深いこと考えずに面白いの読みたいなーって時に読み返してます。
鯛代くんの天然イケメンぽい表情や行動、照れ顔や酔った時の可愛さと、コミュ障のビクビク顔とのギャップがすごくてクスッとしたり、今後の関係だったりを期待してニヤニヤしました。

ガッツリなBLではないですが、ストーリーは面白いので、初心者だったり、頭を使いたくない方、色々読んで一周回った腐女子の方にオススメです!

獣人か、、

好き嫌いしない腐女子です。
人外系も気になっていたので手を出しました。
ストーリーがしっかりしていて、絵も綺麗ですしエロいはずなんですが、私自身が獣人に "人" を感じられませんでした。
ああ、私は人間ぽくないとダメなんだな、と気付かされた作品です。

ストーリーは好きなので頭の中で人間に置き換えたいと思いました。

どっちもズルイ

受けが記憶喪失になったのを利用し、自分が恋人だと嘘をついた攻め。
戸惑いながらも一生懸命受け入れようとする受け。
しかし、どちらも秘密をかかえていて、、、。
みたいな流れですが、エロいです。
ありがとうございます。エロいです。

攻めのメガネの方は、作中受けになる場面があるので苦手な方はご注意あれ!
私はそういうの凄く熱くなりました。
滾りました。

ストーリー性もあってエロいのが読みたい
エロいけどストーリー性も欲しい
って方は読んでみてもいいかと

男 × 男

いやー、男と男のぶつかり合い(物理的)いいですね!アツイです!!

なよなよした受けも好きですが、強気な受けも大好き!
タチなのに組み敷かれる一虎、ただ、組み敷かれてトロトロの受けに転身みたいな流れでは無く、タチはタチなんです!みたいな確固たる意志を持ちながら男らしく争うもやっぱり組み敷かれて、、
っていう流れがもう私にとってはニヤニヤもんでした><

そして攻めの方の龍ヶ崎は、感情表現が下手で男らしい!攻め様って感じがたまりません!!性欲処理と腹いせで抱いてたつもりが、どんどんハマっていき完璧男は料理なんか作ってあげたりするんですね〜♡

マウントの取り合いでも、お互いの好きを実感していく過程がちゃんとしてて面白かったです!
私のツボで何回も読み返してます♡

BLというジャンルから羽ばたいてほしい

評価が高かったので読みました。
結果、読んで良かったです。本当に、、、。

幸紀と自分を重ねて見てしまい
最後涙が止まりませんでした。
天使のまっすぐな言葉や屈託の無い笑顔、先生描く心理描写はとても心に刺さります。

いい意味でBLぽく無いので
全ての人に読んで欲しいです。
きっと読んだ人の心に温かいものを残してくれる大切な1冊になると思います。