レムナント 1 -獣人オメガバース-

remnant

レムナント 1 -獣人オメガバース-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神28
  • 萌×213
  • 萌4
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

46

レビュー数
6
得点
207
評価数
48
平均
4.4 / 5
神率
58.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784866570228

あらすじ

ジュダ×ダート編抗うことのできない、運命のつがい

両親を亡くし、妹と一緒に教会で育ったオメガのダートは、
発情期が来る前に独り立ちしようと身体を売って稼いでいた。
そんな時、教会が発情期の来たオメガの子供を闇ルートで売っていることを知ってしまう。
一日も早く妹を連れ教会から出ていくため、ダートは誘われていた危ない仕事をすることに…。
しかし、運悪く発情期が訪れてしまう。
初めての発情期に意識を失いかけていたダートだったが、その時、目の前に黒い狼の獣人が現れ――!?

表題作レムナント 1 -獣人オメガバース-

ジュダ(α),獣人
ダート(Ω),教会で暮らす孤児

その他の収録作品

  • 相性抜群
  • 心の温度

評価・レビューする

レビュー投稿数6

スピンオフきた

前作が萌え死んだので、今作も大いに期待しながら読みました。

人外好きとしてはたまりませんね。しかも獣人。

お話はこれからです。まだラブ度が低いので、今後どんなふうにキュンキュンさせられるかが楽しみです。どうやって2人の距離は縮まるのでしょうか。その後のエロは!!!!

とにかく、早く続きが読みたいです。

1

獣人かっこよすぎ

久しぶりにヒットしたBLコミックです。1冊丸々表紙のカップルのお話。

世界観に浸るには一番最初の説明ページをきちんと読まないといけません(獣人×人間ということでバース設定込みでオリジナルの部分があるため)

読みながら疑問を持つほど世界観の説明不足さも感じず、絵は綺麗で、服装も好み(中東系…?)で、褐色の少年がΩ性と世の中の仕組みにできる限りあがいてる姿もいいし、獣人が荒っぽく男らしく、怒りっぽいのにチラチラ見せる素直じゃない優しさというか少年を気にしてる感じが萌えます。
エッチの量も適度で、間接的な見せ方(シーツを握りしめる汗ばんだ手など)もグッとくるし二人の体格差がまたいい。

まだ二人は番という体の関係だけで心から愛する恋人ではないため今後どのように甘くなっていくのか、それとももっと波乱があって険悪になるのか気になります。2巻が楽しみ。

獣人×人間の異種間だけでも萌えるのに、ケンカップルと貴族×孤児(野良)という王道の組み合わせも最高でした。

2

初々しさにキュン。

前作『ペンデュラム』でメインカプ以上に気になっていた二人が今回のメインということで、とてもワクワクしながら読みました。

前作では「運命の番」という状況に、全てを諦め受け入れたかのようなダートが印象的でしたが、本作では出会った頃の二人が描かれているため、幼いダートがジュダを前にして必死に虚勢を張ったり、抗いきれない存在を前に戸惑ったり、その反面独占されることに喜びを感じる身体に動揺したり、とにかく初々しさが溢れてて…キュンキュンしました。

一方のジュダも底辺の暮しをしていたΩのダートに対し番として受け入れられないと一旦は解消することまで考えつつも、まだ子どもにも関わらず強く惹き付けられ、考えずにはいられない自分自身に戸惑い、優しくできずにキツく当たってしまいながらも大切にしてしまう…‼この素直じゃなさがたまりません。

そんな二人ですが、感情は伴わなくてもさすが運命の番、エロはかなり濃度高めです…くぅ〰。「もう無理…何も出ない…っ」とか言わせるまで攻めちゃうとか悶絶…。

事故のような身体の関係から始まった二人なので、感情が後から追いかけてきてもすんなり受け入れられず続きまだまだ遠回りしそうですが、新しい家族が増えるまでニヤニヤしながら見守りたいと思います。次巻が楽しみです!

2

ケンカップルはいいねぇ

特に買うつもりは無かったのだけれど
来月ペンデュラムの方がCD出ると書いてあったので
その前にこちらでCD付との事で思わず買ってしまいましたよ。

前作の方はあまり痛いたシーンは無いけれど
こちらは、ちょっち痛いよ、オメガバースって普通のBLじゃあまりありえない
発情、妊娠できる男=レイプ物になっちゃものが多いから
注意が必要です
とりあえず、この作品は前作のダートを見ていれば
そういうのがあるって最初から分かってるので!
CDの方から聞いてみた。案の定、番からの
レイプキタ━━○(#゚∀゚)=(  #)≡○)Д`)・∴'.━━ッ!!!!
でも、これが人間のおっさんだったら、もう見ない!っと思ったんだけど
最初にダートが角とか何とか言ってたなぁと思い出し
本誌読んでみたら、羊だよ!羊だったよ!この作品は人間より獣のαだからね
おっさんとかだったら、キモくてみれないと思うw

とりあえず注意点はここまでで
ちょっと妹酷いんじゃない?と思いながらダートに同情してしまう
お前の為に頑張ってたやん?それなのにダートがジュダと番になってしまったとたん...
続き
私のものじゃない兄はもう要らないっていってか?
それでもダートは妹思いで協会が人身売買...Ω売買?をしているから
妹を助け出そうとするが、その前にジュダが協会潰した?羊のせいでジュダ切れちゃったの?

ジュダのダートに興味なさそうで自分の物になったダートを取られると切れてしまう
子供かっ!まぁその嫉妬ぶかさがいいんですがね!
やっぱケンカップルいいですね。
番になり客を取れなくなった事で、金で俺を買えというダート
ジュダは立場上、子孫を残さないといけない為、番と寝たほうがいい!
感情抜きの関係になるはずが、いざ金を渡された時の
ダートが、何気にショックを受けているという、よくあるパターンや!
またそれを見て動揺するダートとかね、もう早く素直になって!!
最後にパートナーという意味深なキャラも出てきましたが
早く二人がラブラブになる日を夢見て....ないかっ!
デレくらいはありそう!
本誌には無かったけどCDの方にジュダと寝た後ののやり取りが面白かったw
これぞケンカップル!

そしてジュダxダートはエロエロです!
電子の時は修正あったけど、紙は一部白いところあったけど
問題ない修正おkだよ!
っと、いつもどおり修正情報を書いてておきます

3

萌え死ぬ

ルアード×カイの「ペンデュラム」のスピンアウト作品で、次巻に続きます。
獣人と人が混雑する世界のファンタジーで、オメガバース設定なので、巻頭の4ページは熟読する必要があります。
…ご新規さんにはハードルが高い!!!
でも!でも!素晴らしい要素がてんこ盛りです!
設定だけでもケモノ(獣人、いろんな種類がいます!)、オメガバース、ケンカップル、体格差、身分格差などなど、探せばまだある。
特に私のハートを撃ち抜いたのは受けのダートが金髪褐色美人さん!外見だけじゃないんです。仲間、妹想いだわ健気だわ頑固ちゃんだわ強がりさんだわ黒子ありでもう萌え死ぬ。
攻めのジュダは短気で粗暴なのに優しさちらつかせるから憎い!次巻はジュダの本気に殺されそう。是非殺してくれ。
読了後は正座で感謝し、次巻への期待で五体投地するぐらい素晴らしい一冊でした。

2

不器用同士の番

獣人オメガバース「ペンデュラム」スピンオフ作品。
過去に遡り、出会いから描かれたジュダ×ダート編。

ペンデュラム未読でも理解出来る内容になってると思います(^^)
でもペンデュラムにレムナントCPの未来のエピローグが収録されてますので是非♪

よくあるオメガバース設定との大きな違いは、
【番になった者同士はαでも他の者と番うことが出来ない】ことかな?
一般的にはΩのみに適用される設定ですが、こちらの世界ではαも同等のようです。

又、獣人の子供は人間のΩのみ産むことが出来るという設定です。

否応なしに番ってしまったジュダとダート。
気持ちは拒否をしたいのに身体は番を求めてしまう。
素直じゃない不器用同士のやりとりを楽しむことが出来ました!

とはいえまだ1巻。
恋というにはまだ未満の関係で、今後の展開が楽しみです(﹡´◡`﹡ )



時間軸はペンデュラムより遡ります。
まだ16歳。幼さの残る少年ダートの境遇が痛々しい(;ω;)

孤児になり教会に引き取られ、妹のために体を売って金を稼いで抑制剤を買って。
心も身体もボロボロの状態で続き必死に生きてます。

そんな中で出会った獣人αのジュダ。
突然の発情期に居合わせたジュダはダートを助けるべく人を遠ざけるようにしたのですが、
抗うことの出来ない匂いに惹きつけられ、意識朦朧とそのまま番となりー。

わけもわからない状態でジュダの屋敷に放り込まれたダート。
『「番」なんていらない』と激しく拒否反応を示すジュダ。
番だけど反発しあう2人の出会いのストーリーとなってました。


粗野で乱暴な印象のジュダ×意地っ張りのダート。
なかなか素直になることはなく甘さは控えめ…かと思いきや!

カバー下を読んでから読み直すと甘く感じるようになりました(^//^)

ジュダはずっとイライラしてるし言葉尻がキツイけど、ただ不器用なだけのようで。
これは「心配してる」って言いたいのね。
これは「怪我がなくて良かった」って言いたいのね。
などなど、セリフの裏側を読むと甘ーーい!!ヾ(*´∀`*)ノ

ぶっきらぼうだけど優しい獣人なんですね。
なのに態度が粗野なせいか非常にわかりにくい!
不器用攻めに萌えてニヤニヤでした( ´艸`) ♪

少年ダートはひたすらかわいい。
(アニメイト有償特典の音声を聞くと可愛さ増量です!!)
捻くれてるのが必死の虚勢に見えて切なキュンでした。
環境が変わって不安なことだらけで折れそうな心を、強気な態度で奮い立たせる。
いじらしい姿に胸がキューってくる…(;ω;)

上流階級の中ではΩにもランク付けがあり。
『獣人の子供は人間のΩのみ産むことが出来る』ので獣人は優秀なΩを囲ってます。
我こそが名門一族獣人の後継を生むぞ!という人たちの妬みが渦巻いてて…。
こ、これは大奥…か?(ФωФ)と頭をよぎるものがw

獣人と人間・αとΩ・βの妬み・オメガ同士。
常に差別の目が多く見受けられる作品ですが、
2人を優しく見守ってる獣人従者さんとのやりとりはホッとしました。

不器用な2人の気持ちがどう重なっていくのか。
素直じゃない2人のすれ違いにハラハラしながら2巻待機です♪

ペンデュラムCPは少し登場。
チビっ子のカイと少年ダートの交流にほのぼの。
可愛かったー!もっと見たい〜(^//^)

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ