「レムナント ‐獣人オメガバース‐」のジュダ×ダートの子育て編!

コミック

  • プチミニョン 2 -獣人おめがばーす-

プチミニョン 2 -獣人おめがばーす-

petit mignon

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作プチミニョン 2 -獣人おめがばーす-

その他の収録作品

  • 5周年特別編
  • プチドゥードゥー

あらすじ

シャイアとヒューゴは、やんちゃで仲良しな双子の兄弟。
怒ると怖いけど優しいお母さん・ダートと
かっこよくて憧れのお父さん・ジュダが大好き!
お世話係のバロンやお友達のテオと
毎日楽しくにぎやかに暮らしています。
ある日、屋敷にやってきた獣人の子供・ミカエルと
お友達になろうとするふたりだったけど…?

作品情報

作品名
プチミニョン 2 -獣人おめがばーす-
著者
羽純ハナ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
フロンティアワークス
レーベル
ダリアコミックス
シリーズ
ペンデュラム -獣人オメガバース-
発売日
電子発売日
ISBN
9784866575896
4.2

(47)

(17)

萌々

(23)

(7)

中立

(0)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
8
得点
198
評価数
47
平均
4.2 / 5
神率
36.2%

レビュー投稿数8

完結してしまった…

すっごく好きな作品で、発売前から完結してしまった…と思っていたのですが、
読み終えてもやはり、完結してしまった事実が悲しいです。

それぐらいすごく好きな作品なのですが、
2巻もほんわかしていてすごく癒やされる内容になっていました。

1巻ではダートとジュダのエッチなシーンもありますが、
2巻はそういったシーンは一切ないけど、
シャイアとヒューゴが【とうさまの好きな所】と【かあさまの好きな所】をそれぞれ答える姿に愛おしさが…!!!

今回もいろんなお話がもりもりと入っており、
カイとルアードのお話も読めて嬉しかったです。

幸せな気持ちに沢山なったと共に
大好きな作品だったので寂しさも強く…。
またいつか二人のもうすこし成長した時のお話など
読めたら嬉しいなぁと一人で思いました。

7

好きな所は……全部

最終巻です(ページ途中で実は最終巻です!なんて)
この一家を見納めかと思うと寂しいです…シクシクシク

特に13話がお気に入りで、双子シャイアとヒューゴが父さまと母さまにテオに教えてもらった質問をする場面。
好きな果物は?お菓子は?休みは何したい?ジュダート夫婦は同じ答えになるという…ふふふ。
そして父さまの好きな所は~?照れるダート!ジュダは最初から優しかったもんね~
母さまの好きな所は~?「…全部」はい!頂きました~

2巻は獣人貴族の子供ミカを預かり、一緒に生活するんですが、仲良くなると帰る時に淋しくなって大泣きしちゃいます。するとシャイアが大切な自分のくまのぬいぐるみをミカに渡すんです。本当に成長したなぁ(かつてこのくまで双子は喧嘩してたのに…)

ずっとこの双子を見守っていきたいですが、ちょっと未来の双子も見せてもらったので満足です。

6

もっと彼らを楽しみたい

レムナント7を読んでからプチミニョン2を読んだんですけど、両方とも最終巻なんですか?
悲しすぎます。
レムナントが終わったのを知り、今度はチビちゃん達で癒されようと思ってたのに。
せっかく学校に行くのに、本当に最終巻なんですか?
今度はテオ視点の話が始まるとかないですかね?
プチミニョンは子供たちも可愛いけど、子供たち視点からのジュダとダートのラブラブっぷりが楽しめるのが良いですよね。

双子が大人になったシーンありましたね。
テオを取り合い?どっちと恋人になるの?と思ったんだけど、カエルを捕まえるとか折り紙するとか、趣味が子供っぽいなと思ったら夢オチでした。
ダートが人形になっちゃった話も夢オチでしたね。先生は夢オチがお好きなようです。

ミカの話も良かったですね、
双子の成長も感激ですが、自分の子供の頃を思い出すダートとジュダが可愛かった。

大好きなレムナントシリーズ。きっとスピンオフ作品がまた産まれると信じてます。
ありがとう、大好きです。

2

終わるの寂し〜

レムナントがシリアス寄りでダートが苦難を耐えるシーンが多いので、レムナントよりちょっと先のこちらのお話を読むことによって、彼等の未来が明るいのだと知り何度も励まされたものです。

そして一巻で気になっていた赤ちゃんがやはりカイとルアードの子どもだと知り、その可愛さにホッコリしました。私はルアードより断然ジュダが好きなのですが、ルアードが子どもが産まれてからもカイを大事にしてる様子が読めて凄く良かったです。

それと他の獣人の子であるミカエルが屋敷にホームステイにやって来たことにより、シャイアとヒューゴが成長してたのが凄く可愛くて、またジュダとダートが自分たちの子どもの頃を思い出す様子にクスッと笑わせて貰いました。

親子で学校見学に行ってテオと一緒に入学が決まったところで終わってました。

子育て編は完結らしいですが、シャイアとヒューゴのこれからも読みたいと思いました。

1

ジュダとダートが守り積み重ねてきた幸せの形

お子ちゃまが主役のレムナント番外編。

1巻ではジュダートのラブシーンもありましたが、
今回はたま~~~にチラッと匂わせる程度かな?
9割モフモフの子供の可愛さが詰まってましたヾ(*´∀`*)ノ

レムナント7巻を読んだ上でこちらを読むと、
双子の天真爛漫さを別の角度からも捉えることが出来て。

ジークフリード家において幸せな家族を形作るために、
子供の笑顔を守るために、どれだけ尽力しただろうか…。
考えを巡らせたら目頭が熱くなっちゃって(;///;)ウウウ
(あれ?深く考えすぎ…?)

幸せいっぱい!モフモフいっぱい!
隅から隅まで癒やしが堪能出来て大満足ですヾ(*´∀`*)ノ


さてさて。

今回はジュダートさん家の双子に加えて、
・ルアカイさん家に産まれた赤ちゃん
・ラインハルト家のお子ちゃま
が加わって賑やかにワチャワチャしてました。
チビちゃんモフモフ成分増し増しで癒やしも増し増し!

(ラインハルト家は小説ガーランドに登場)
(未読でも全く問題無いです)
(今でも交流が続いてたのねーって思った)

周囲の大人の言葉をドンドン吸収して
口達者になっていく双子に大笑いしましたヾ(*´∀`*)ノ

双子の無邪気な質問に羞恥プレイさせられるジュダート。
ルアード相手だろうが無邪気さ発揮して空気を凍らせる。
大人の方がタジタジになっちゃうけれど、
双子はいつも元気でニッコリ明るく幸せいっぱい…!!

子供の成長ってホッコリしますね~!(﹡´◡`﹡ )

BL面ではルアード×カイが少しだけ。
あとはジュダとダートが少しイチャイチャしてる。

1巻に比べるとイチャイチャはグンと減って
親としての表情を見ることが多かった印象です。
ジュダとダートが守って積み重ねた幸せの形がジンワリきました。

プチミニョンもこれにて完結だそうです。
私はテオの将来がとても気になる……(^///^;)

5

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP