お前との契約はもう終わりだ――

レムナント3-獣人オメガバース-恋人たちの休日盤【BLCD】

remnant

レムナント3-獣人オメガバース-恋人たちの休日盤
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
23
評価数
5
平均
4.6 / 5
神率
60%
著者
媒体
BLCD
作品演出・監督
辻 政英
音楽
白鳥陽一
脚本
糸魚水瀬 外原祥子
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
フロンティアワークス〈CD〉
シリーズ
ペンデュラム -獣人オメガバース-
収録時間
74 分
枚数
2 枚
ふろく
フリートーク
あり
発売日
JANコード
4589644723361

あらすじ

気持ちがすれ違い、深い溝が出来たまま過ごすジュダとダート。
そんな時、嫌々ながら参加したパーティーでダートは幼い時を一緒に過ごし、教会の闇取引で売られていってしまった友人のフリオを見つける。
鎖をつけられ再び売られようとする彼の姿に今度こそ助けたいと奮い立つが、ジュダに有らぬ誤解をされてしまい――!?

羽純ハナ先生の大人気作品「ペンデュラム-獣人オメガバース-」のスピンオフ作品 
「レムナント-獣人オメガバース-」のドラマCD第3弾が発売決定!!

本編CDと特典ミニドラマCDの2枚組に加え、ブックレット内に羽純先生の描き下ろし漫画(2P)付き☆
さらに、CDのジャケットイラストを使用した缶バッジも同梱!

表題作 レムナント 3 -獣人オメガバース-

ジュダ(α) → 川原慶久

ダート(Ω) → 佐藤拓也

その他キャラ
ウィリアム[高橋伸也]/ バロン[室元気]/ フリオ[金子誠]/ カイ[榎木淳弥]/ ジュダの母[保住有哉]

レビュー投稿数2

4巻を早く聴きたい!

原作既読です。

原作通り、3巻ではすれ違っていた気持ちがだんだんと近づいてきているなと感じました。
体を重ねるシーンこそ少ないものの、今までよりもお互いを思っていると感じられる場面が多く、聴いていて「くっついちゃえよ〜!」と悶えるほどじれったかったです笑


まず、フリオを助け出し、ダートがフリオの客を誘惑するシーン。
いつもの少しハスキーな声よりもトーンが高く、艶めかしくて最高に色っぽい…!おじさんが誘惑されてしまうのも納得。流石佐藤さん…(///∇///)

次に、ジュダがダートに気持ちを伝えるシーン。やっと心が通った…!でもダートは嬉しさを感じつつも戸惑っている様子。体のこともあり愛されることに罪悪感を感じてしまうのでしょうか。切ない…!

そして最後のシーン。
いなくなったダートに、逃げたのではないと確信するジュダ。パーティーでは真っ先に決めつけてしまっていたのに!と気持ちが近づいたことが感じられて嬉しかったです。
また、ダートが野道に放り出されるシーン。2人の気持ちを信じてジュダを守ると宣言するダート。凛とした迫真の佐藤さんの演技が素晴らしい…!

「恋人たちの休日」ではダートの尻に敷かれるジュダにクスッとしてしまいました笑
後半は甘々で本編とのギャップがすごいです。ジュダが致している時に呼びかける声が色っぽくて(川原さんナイス!)、前半とは反対にジュダに振り回されるダートがエロ可愛くて最高でした!
4巻がとても楽しみです。

1

ダートが段々デレてきた

原作既読です。
ジュダとダートなかなか素直になれない2人が、少しずつ心の距離が縮まってきたかなと思える巻でした。
ケンカップルというか、よく言い争いしてるイメージの2人。
今回も誤解されたせいでちょっと険悪な雰囲気になった2人でしたが、本人には言わないダートのジュダへの想いが聴けて良かったです。
お互い好きだけど、あんまり言葉にしてこなかったから誤解が生まれるのだけど、そこがダートの良さでもあるし、もどかしい。
ダート役の佐藤さんが、ジュダのことを語るとき愛しさにあふれていて、とってもジュダのこと信頼してるんだなというのが声のニュアンスで伝わってきます。
ジュダ役の川原さんもダートのことを想って自由にしてあげようとしてるところとか、とっても優しい声なんです。
本編で、エロはなかったけれど、2枚目では甘ーい2人のやりとりが聴けて良かったです。
本編は、ちょっと気になるところで、ぷつっと終わってしまうので、次作が既に楽しみです。
原作どうりなので仕方ないんですが、そこで終わるのね?という感じで若干消化不良気味。

キャストトークも収録されていて、お二人息がぴったりなのもわかる和やかなトークでした。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

CD

  • 買う