レムナント 4 -獣人オメガバース-

remnant

レムナント 4 -獣人オメガバース-
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神25
  • 萌×218
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

287

レビュー数
10
得点
214
評価数
50
平均
4.3 / 5
神率
50%
著者
羽純ハナ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
フロンティアワークス
レーベル
Dariaコミックス
シリーズ
ペンデュラム -獣人オメガバース-
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784866572628

あらすじ

獣人×オメガバースジュダ×ダート編!
待望の第4巻!!累計50万部突破!

トネリアの従者により、痛めつけられ飢えた獣のいる山奥に打ち捨てられたダート。
ジュダへの強い想いだけで屋敷へ戻ろうともがくダートだが、
追い打ちをかけるよう通りがかりの男たちに慰み者にされ力尽きてしまう。
一方、怒(いか)るジュダはトネリアのもとに訪れ…!?
ついに、ふたりの想いが噛み合い止まっていた時が動き出す――。

表題作レムナント 4 -獣人オメガバース-

ジュダ(α),獣人,ダートの番
ダート(Ω),教会で暮らしていた元孤児,ジュダの番

その他の収録作品

  • これは初夜ですか

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数10

甘々の大団円に萌えます

『ペンデュラム -獣人オメガバース-』のスピンオフ作品である『レムナント -獣人オメガバース-』の4巻目。

オメガバースものは作家さまによって世界観が若干異なりますが、今作品はΩは搾取され侮蔑の対象となっています。そのためドシリアスな雰囲気に満ちた作品ですが、今作品はジュダ×ダート編は一区切りついた感じ。

2人の想いがやっと通じ合い、甘々の大団円でした。







ジュダの叔父であるトネリアはダートを受け入れていませんが、そんなさなかに彼の従者によって引き起こされたダート拉致事件。ジュダは必死でダートを探しますが、一方のダートもまた、ジュダのもとへ帰ろうと奮闘している。

と、ここまでが前作で描かれていたストーリー。

山奥に打ち捨てられたダートには帰るすべがない。
そんな中、ダートのいるところに人間たちが偶然やってくる。彼らに救いを求めるダートだけれど、ダートがΩと気づいた男たちによって凌辱されかかり―。

と、今作品もドが付くほどのシリアスムードで始まります。

が、意識も朦朧とし力尽きようとしているダートを救いにやってきたのはジュダ。

ダート拉致事件という凄惨な事件を乗り越えて、二人はやっと自分の想いに素直になる。前作で伏線がありましたが、4巻目でやっと、と言っていいでしょう。甘~い二人の姿が堪能できます。

よくある展開というか王道の流れではあるのですが、やっとくっついた二人に一安心。そして萌え。

4巻丸ごと萌えと甘さが詰まってますが、中でも個人的に最も萌えたのが、ダートを抱くときにフリフリ振れちゃうジュダのしっぽ。スパダリさんが見せる可愛いしぐさに萌えツボをこれでもかと刺激されてしまいました。

セックスの時はバックが多く、まるで闘いのような行為しかしてこなかった二人が、甘い言葉をささやきながら致すセックスシーンが、とても綺麗で優しかった。

今までもちょいちょいと登場していたジュダ×ダートのお子たちですが、うんうん、この甘々な二人なら確かにすぐ子が誕生しそうな、そんなほのぼのなストーリーに仕上がってます。過酷な過去持ちさんで「妊娠できないかも」と思っていたジュダに、さらなる幸せが早くに訪れてくれることを願って。

全巻でダートの幼馴染のフリオは見つかっていましたが妹はまだ登場せず。

が、今作品で妹ちゃん登場。
彼女の想いもきちんと描かれています。今までわがままな困ったちゃん、のイメージしかなかった彼女ですが、彼女の想いが描かれていることでそんなもやもやが払しょくされました。

ジュダ×ダート、だけでなく、彼らに関わる全ての登場人物たちが幸せになっていて、まさに大団円。

これでこのシリーズも終わり…?とちょっと悲しい気持ちになりましたが、あとがきで羽純先生が「まだまだ描きたい妄想がある」と書かれていらっしゃいますし、帯にも「レムナント」のスピンオフ『ガーラント』が11月、12月連続刊行されると書かれていてテンションが上がりました。

にしても、表紙のジュダの美人さん度が1巻から巻を重ねるごとに上がってる。
今まで妹とフリオを守るために自分を犠牲にし続けてきたジュダが、ダートという伴侶を得、そして愛され、幸せに満ちてるからなんだろうなー、なんて思うと、気持ちがほっこりと温かくなりました。

3

個人的にただただ充足感で胸がいっぱい

はぁぁぁぁ(;///;)~333
読んでる最中、何度天を仰いで悶えたことか…。

ずっとずーーーっとすれ違い続けて意地張って。
そんな2人の関係や環境がフルスロットルで変化する。
ようやくッッッ、ようやくです…!!!
充足感で胸がいっぱいになりました(;///;)

良かった。
ジュダもダートも素直になれてホント良かった。
ホント…ホントに……うううう(;///;)
いや、もうね、これ以上の言葉が出なくなる。
良かった!良かった!良かった!!


さて。
3巻ラストにダートは拉致され打ち捨てられました。
ジュダの元に帰らねばと、その想いだけで右も左もわからぬ道を進みます。

一方のジュダはトネリア卿に怒鳴り込んで改めてダートへの強い想いを宣言し、
行方のわからないダートを探し求めます。

そんな中でジュダは、
ダートが妊娠できない体になっていたことや
誘発剤を使って発情がない状態を誤魔化していたことを知りーーーと展開していきます。


私は発売前にあらすじを読んだ時、ゾッとしました。
ジュダへの気持ちが強くなってるダートが暴漢に…!?考えたくもない!!(怯)
となったのですが。。。

遠く離れていても、ジュダが、番の印が、結果的に守ってくれるのですね。
拒絶反応で苦しみながらもジュダとの繋がりを実感して涙するダートにもらい泣き。
一番最悪な状況にならなくてホッとしました。

その後無事ジュダとダートは再び会えるのですが、
長年すれ違ってた部分を会話で少しずつ埋めていくのですね。
ずっと抑えてた感情が一気に溢れ出すのです…!!!
これはもうようやく重なる気持ちに感極まって泣ける。
そんでダートが可愛すぎて可愛すぎてッッ。

ダートはジュダに「あ…、愛して」と言うのですが、
私は「あ…」の一呼吸入るのにキューンとなりました。

臆病になって逃げ回ってたダートにしたらこの言葉を発するのに勇気が必要だったはず。
そんな心からの言葉を受け取ったジュダの表情も返す言葉もすごく良くて悶えました。
多幸感すごい。レムナント最高!ってなります。

またジュダの強い感情を感じるのもギュンと胸を鷲掴みされます。
番を大切にする「狼の本能」「狼の求愛」にニヤニヤが止まらない…!!

拉致事件でバロンの愛が見られたのも良きでした。
ダートは特権階級の屋敷の中で中々自分の居場所が作れなかったけれど、
いつのまにか"自分の家"として自然と収まってたのですねぇ…(;///;)

子供の頃から"家"や"家族"に憧れていたダート。
よくやくジュタと家庭を作る場所に辿り着いたんだなと思うとジーンと胸が温かくなります。

描き下ろしは16Pもあって初夜エッチ♡でした。
ダートが可愛くて可愛くて萌え禿げたので音声化が楽しみだ~!( ´艸`) ♡

ベラやフリオの件も解決して、
え!これ最終巻?レムナント終わっちゃうの!?
と思うようなラストですが今回は一区切りだそうで。
あとがきによると一応まだ続くっぽいです。
個人的にはレムナントの世界観を延々とみていたいので続くのはうれしいですヾ(*´∀`*)ノ

3

これが見たかった♪


あー、良かった!良かった!
とにかく、良かった!
この瞬間を待ちわびておりましたー(^^)

ジュダさん、良く探してくれました!
3巻ではジュダが気持ちをぶつけてくれましたが、4巻ではダートからもちゃんと、気持ちをぶつけてくれて、これでやっと2人のイチャイチャが見れて幸せです。
ダートのしっぽがパタパタしてるの、可愛かった。

そして、ずっと探していたベラとも再開できて、これで色々一段落ですね!
うーん、ジュダとダートの素敵なお話だった♪

あれ?でも、レムナントって、これで完結…?
あとがきに、『4巻目で一つの区切りを迎えた二人ですが~』って、あるけど…区切り=完結なの?
それとも、ただ区切りがついただけで、まだちょっと番外編みたいなのでレムナント続くの?
あれれ?気になる~

2

満足だけど

ようやくこんがらがっていた糸が解けました。

ダートが拐われて終わった前巻から、待ち焦がれてました。

お互いに素直になってからの2人の関係が甘々でとても良かったです。
ダートに発情期も来たし、妹の事もフリオのこともひと段落つきました。

プチミニョンがあるからお子が産まれているのは分かるんですが、漫画は一区切りなの?もっと読みたいんですが!!

ノベライズはもちろんの事楽しみですが、もっと続き読みたいです。
 
番外編でも良いから先生お願いします。

2

はぁぁぁ、よかったー。

 1巻を読んだ時、これは全巻揃えないと読めないやつだ、と思い、最終巻の発売をずーっと待っていました。
やっと読めました。全巻一気読みです。
はぁ、よかったーー。

 3巻ってば、めっちゃ気になるところで終わってたんですね。
いやー、私ぐわーーってなってたはず。

 やっと自分に正直になってほっとしたのもつかの間、ダートがいなくなってしまう。
安否が分からないばかりか、自分から出て行ったのか、連れ去られたのかも分からない焦燥の中で、ダートへの想いを再確認して気持ちを固めるジュダ。

 なんとしてもジュダの元へ帰るんだ、とあきらめていないダート。
通りすがりの人に襲われそうになって拒絶反応が出て苦しい中、その苦しい反応ですら「アイツの印、ちゃんと残ってる」と嬉しそうなダートが切なかった。

 1ページ使った、ダートを見つけて抱きしめるジュダの姿、がとっても好き。
ジュダの表情がいいなぁ。

 フリオともちょいちょい会えて幼馴染としての変わらないやり取りができるし、妹のベラともこれからは会おうと思えば会うことができて。
ベラからキレイになった、とからかわれるくらい、ジュダから愛されて、素直に愛していける。
番として正々堂々横に並んで歩んでいける。
心の底からダート、よかったねー、と思ったのでした。

1

只々、幸せになって良かったね。

もう、どなたでもご存知といいますか、獣人オメガバースものです。
私が人外ものが平気になった恩人のような作品なのです。

大きくてフワフワな身体、ダートが彷徨ってるときに疲れて「戻ったらあいつの毛皮に埋もれて、死んだように寝てやる」て言ってて‥あ~、私ももふもふしたい!!ってそこが一番共感いたしました!

3巻でめっちゃ面白くなったんですよ!
ダートがジュダに向かって頑張ろうとしだしたとき‥よっしゃ〰!!って感じで‥で、4巻‥確かに頑張ってたんだけど、思ったよりあっさり再会しちゃったかな‥何日も経ってる?とどのくらいさまよったのか‥結局ジュダが来ちゃったし‥っと私は、もう少しダートの頑張りが見たかったというか、ちょっと物足りなかったかな?

でもあのケンカップルがここまで甘々♡になるとは‥。
上手くまとめてくれたとは思います。
何にしてもやっぱりハッピーエンドが良いですね(๑´`๑)♡
良かった❣良かった❣
長かったけど、発売の感覚が早かったので飽きずに読めました。

次は子供達のお話読みます!
1ってまた続くのか‥(^v^)
まあ、ひとつが終わっても次の楽しみがあって!ハナ先生、読者を上手く楽しませてくれますね〰。

でも、ペンデュラムのお二人は‥どこいった〰!
ワタシ的にはあのカップルの方が好きだったりするのでもっと出して欲しいです(泣)

1

完結?

いやぁ、ジュダとダート、ようやく幸せになれましたね。ジュダが助けに来てダートを抱き締めたとき、ダートが夢の中で小さい頃に戻ってジュダに抱き締められてほっとしている図がなんとも癒されました。前半こそハラハラさせられましたが四巻は本当に二人のご褒美回でした。ダートの体も心に反応してくれたし、恐るべしオメガの体。

背表紙にウィルとフリオが描かれていますがこれは次のカップル誕生の布石でしょうか?ウィルはいい人だけどベータだからオメガのフリオと結ばれるのはなかなかハードルが高そうですが運命の番のハードルを乗り越える二人の話に期待します。

1

長かったよ…!!!

紙本
修正…光、白短冊
カバー下…なし
あとがき…あり

0

独りじゃない、これからは(本当は今までも)

良かったねぇ…
3巻で遂にジュダが腹を括り、だがダートは策略に落ち、さあどうなる⁉︎だったわけだけど。
この「レムナント」のジュダとダートは、元のお話である「ペンデュラム」にてすでにしっかりと伴侶になって子もなしていた姿があっての言って見れば過去編なので、やっと収まるところに収まったな、と。
逆に4巻分を費やすのは長かったな、というのが正直なところ。
助かったダートはもう意地は張らず、2人は真に愛し合う番になる事が出来ました。そして愛が通じ合えば途絶えていた発情も起きる…のですね。
気になったところが一点。
顔のアップのようなコマが多くて全体に単調だった気がする。
獣人の表情の描き分けはかなり難しいと思うのですが、ダートの方もあまり表情の動きが無かったかな…もっと弾けるような笑顔も欲しかった。

本作でこの2人も一段落ですが、私の興味はジュダの母上…「男」ですよね…?
ジュジュの強く美しいママのラブストーリーが読みたいな。

2

普通でした

オメガバース懐かしいという感覚になりました。
ここまでずっとシリーズ化されているオメガバースはないような気がします。
やっと結ばれて良かったです。というか終わって良かった。
大団円を迎えジュダとめでたく結ばれたダートは非常に可愛かったです。でもまったくケンカップルじゃなくなったのがちょっと寂しくはありました。
それよりも妹のベラと再会できたのが嬉しかったです。

※辛口コメ
この作者さんの描かれる漫画はどんな話だったっけ?と毎回忘れます。ストーリーは重みや事件はありますが、掘り下げたりとかはせずサラッと物語が進んでいくので薄っぺらいです。
個人的にもう一度読み返したくなるような作品ではないです。
非常に顔漫画です。少女漫画的ではありますがあまりにも位置描写がないので、ここはどこなんだと常に疑問です。
このシリーズのカバーは全部似ていてどれが何巻だかパッと見わかりません。

とりあえず一段落して良かったです。ジュダもダートもずいぶん丸くなったものです。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ