藤咲みうさんのマイページ

レビューした作品

女性藤咲みうさん

レビュー数0

ポイント数0

今年度--位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

先生のせんせい コミック

noji 

いい意味でオメガバースが脇役

いい意味でオメガバースが脇役な世界でした。
新人教師α×ほのぼのカウンセラーβ。αは過去にβにお世話になっていて、教師になりたいと思うきっかけをくれた人です。そしてそれが初恋でもあります。
恋愛要素でキュンキュンさせてくれるのはもちろん、αが教師として成長していく姿が見れて、頑張れ…!と思わず応援したくなる作品でした。
小学校で初めて性が発露してしまったΩの生徒を助けるαの先生。初めてのことにどうしたらいいのか分からず、生徒なのにαとΩというだけで発情してしまいそうになるのを抑えつつ何とかその子を救うことができます。
けれど本来ならば1人で解決しようとせず、Ωのフェロモンに強いβの先生を呼ぶなり方法があったと後から深く後悔します。生徒に欲情してしまった、生徒の目に自分はどんな風に映っていただろう、怖くなかったかな、と。
他の先生からも諭され、実りのある反省なら一度で十分ですよ、と言葉をかけてもらうのですがかなり凹んでしまって。けれどその言葉をくれた上司もいい人で、説教くさかったかな、励ましたかったんだけど…と後から難しいなと頭をかくおそらくアラフィフくらいのおじ様教師で、とてもいい人だなぁと思いました。
困った時にカウンセラーのβが話を聞いてくれて、ああすれば良かったこうすれば良かったと悩むαの話を聞いて言葉をかけて。
優しいだけじゃないけど、優しい世界で、一生懸命生きていて、失敗も次に変えていくような人達を見ることが出来て良かったです。大変素晴らしい作品でした…!
恋愛の方も恋の自覚の仕方がかわいかったり、お酒飲んで色々言ってしまったりとすれ違いながらも幸せに向かっていくお話です!
素敵な作品でした!!

ギャグ強めなほのぼの作品

笑いながら読みました。ギャグ路線強めの甘いほのぼの本です。
白蛇になっちゃう希少種の受け様が主人公で、ガチの箱入り息子なので家出しちゃうぞ!と近くの公園までドキドキで行った先で出会ったのが攻め様です。
攻め様は爬虫類オタクで、それがきっかけで2人の距離は縮まるのですが、受け様がそれはまあ素直で…。キスされても友達とのキスは普通だが?と言われてそうなんだ…!すごい、知らない世界だ…!とドキドキしちゃう。心配になってしまうくらいです。そしてその心配の仕方がマジガチなのが受け様のお兄さんとお父さん笑 もはや推しに対する気持ちの如く受け様の身を案じ、でも受け様のことが大事だからなんだろうなと言うのがわかるので私はこのふたり大好きです!
笑いながらもキュンキュンするところはキュンキュンさせてくれる素敵な作品でした。ありがとうございました!

不死身の命日 コミック

虫歯 

独特な雰囲気のお話

独特な雰囲気のある作品でした。
おもしろかったー!
受け様の身体が色っぽくて素敵な描き方をする先生だなと思いました。
おもしろいんだけど、ただキュンキュンするだけな作品ではなくて、思わず笑っちゃったりあぁ〜かわいい〜〜!と思ったり。帯に「スーパー攻め様(になりたい)受け!!!!!!!」と書いてあって、まさにその通りだと笑 ハイスペックでモテモテで、かっこよくてお金持ち。なのに読めば読むほどかわいくなっちゃうようなキャラクターでした。
素敵な作品ありがとうございました〜!

センチメンタルラブ

最高ー!!!!!この話めっちゃよかったんですよ!!!!!!!泣いちゃう…泣いちゃうくらいよかった…ymz先生の作品いくつか持ってるけどこれが飛び抜けて好きってくらい好きです!ほのぼの系のエロなしの話で、田舎の学校の最後の学生の2人の話。色んな人を通して、2人の気持ちの形が変わっていくのだけど、最後の最後までよかった…。染み渡るようないいお話。

心が洗われます。読んで。

本当に本当に大好きな作品です。景色のかきこみや、食べ物の描写の細かさ、そして全てがうますぎる!物語の中に入っていきやすいどっしりとした基盤があるように感じます。
キャラクターの心情描写も丁寧で、無理なストーリー展開もなく、濡場でさえジブリ作品を見ている時のような爽やかさがありました。「心が洗われるようなボーイズラブ」言い得て妙だと思います。
同性だから何なの?と思う子もいれば、お前は俺をすきじゃなかったらもっといい人生があったのになぁと思っちゃうし言っちゃう子もいるし、あ〜もう〜!!とこちらがもだもだしちゃうような場面もあり、話の中で大きな山があるわけではないけれど2人にとっての超えるべき山を一生懸命超えていくようなお話です。
映画化おめでとうございます。楽しみにしています。

ロミオの純心 コミック

カキネ 

ヤンキーコメディ(?)

ギャグのセンスが秀逸で…なんだろう、BLだし男同士の葛藤もあるし、シリアスもあればラブもピンクもあるんだけど、おもしろい。
昔リヒトにボコられてる所を助けてもらった幸が、2個年上のリヒトを追いかけてヤンキー高に入学。リヒトは学校の番長で舎弟がいるし、自分に男の恋人がいるとバレたらメンツに関わる、リヒトが来るまで荒れ放題だった学校がリヒトが来てからは落ち着いてるのに混乱を招きたくないってわけで2人は仲悪いふりをするわけです。
でも幸は折角同じ学校にいるんだからリヒトと仲良くスクールライフを送りたくて、でもそんなの許さねぇっていうのがもだもだある感じ。
2人はお隣に住んでるから帰ってからはめっちゃイチャイチャするんだけど、学校で仲良くさせろよ何でなんだよ、聞き分けろよっていうくだりが続く。
そのあとはリヒトのことが好きだけど昔フラれた風紀委員長が二人の関係を怪しんで…っていうハラハラドキドキな展開もあり、作品的にもおもしろいし、ギャグ的にもおもしろいお話でした。好きです!

BL未満のほのぼの日常

いい…ずっとほのぼのしてる。 BLとBLじゃないものの狭間みたいな作品で、いわゆる「ははーんこの2人何かある…かもしれんな」というやつ。直接的な表現は一個もないんだけど、大学の先生してた人が田舎暮らししにやって来て、家を買ったはいいけどボロボロだから家具職人さんに直してもらうって話で、自分でお野菜育てたみたり、稲刈りしてみたり、田舎ってこういうのだよなぁというのをしみじみ感じられるいい作品。お風呂でいったらぬるま湯、ずっと浸かってられる。こういう作品永遠に読んでいたいな…と思えるいい作品でした。

素敵な作品です!

読んだ後にほぉ…良かった…となるようなお話でした。
受けが過去に好きだった人が出てくるので苦手意識がありましたが、巻末にあるおまけ漫画まで読んでよかった〜!と思える作品でした。

ストレスフリーな可愛い話

メインキャラクターの1人が底抜けにポジティブで、読んでいてストレスの少ないお話だなと思いました。
陽キャウェイリア充×柔道家の筋肉ムキムキ真面目っ子の話です。
最初はリア充が柔道家くんのこと好き好きラブで追いかけてたんだけども、すれ違いや勘違いで絶妙に絡まっちゃって、もーー!!!ってなるのがよかったです。

最高でした。

狼族×兎族という異種間での婚姻のお話です。
一言でいうならかわいい〜!!!!
出会いの印象は最悪な二人ですが、祝言までの1ヶ月間兎の楓ちゃんのおしりを狼の練さんが開発します。異種間と男同士という関係上、こうすれば痛みもないし…というふうに始まるのですが、あまりにエッチすぎてにやけてしまいました。最初はただの作業みたいにしていた2人ですが、顔が見えた方がいいな、とか少しずつ打ち解けあっているのが夜の睦み合いで分かるのですよね…尊いです。
狼族のおうちに急遽嫁いだ楓ちゃんでしたが、狼族のおうちの人はみんな歓迎モードで優しくて、安心感のあるお話でした。BLというとご家族と軋轢が生じたり、周りの目が気になったり…というのがセオリーですが、よい意味で払拭されていて心温まるお話でした。
素敵なお話ありがとうございました。記憶を失ってまた読んで悶えたいです。