メイド・イン・クライシス

made in crisis

メイド・イン・クライシス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×213
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
105
評価数
27
平均
3.9 / 5
神率
25.9%
著者
上田にく 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784864423878

あらすじ

天涯孤独故に闇オークションに出品された光。光を競り落とした男に連れていかれた先は日本屈指の富豪、辛島家の豪邸だった!

そこで令息・理仁の友人兼メイドとして働けと命令されて!?
上田にくが贈る女装メイドコメディ

表題作メイド・イン・クライシス

辛島 理仁,18歳,富豪の次男
光,天涯孤独,辛島家のメイド

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき(カバー下)

レビュー投稿数5

途中が……

上田にくさんなのに、まさかの闇オークション?!って感じなんだけど、蓋を開けてみればどこかすっとぼけてるいつもの上田さん。


競り落とされた主人公の光と、雇われた先のツンツン坊っちゃまとの距離の縮め方が、なんかかわいい。

だけど、途中の展開がちょいと陳腐すぎる……。
悪役の描き方が、小学生向きギャグ漫画っぽいというか……

好きな作家さんの作品という脳内補正があるからなんとか読めたけど、初読み作家さんだったら正直投げ出したと思います。


おまけして萌で。

1

考えるな♡楽しもう。みたいな。

いや~上田にく先生、すっとぼけた面白さが良かったです。

闇オークション、BL描くならいつかは描きたかったとのこと。
冒頭から、光が闇オークションにかけられていました。
でも、悲壮感無いんだよなぁ…
なんて思っていましたら、ちゃんと理由があったんですね。
ちゃんとBLにあるある財閥の息子ちゃんが登場します。
兄弟なんで、これは光が板挟みの恋展開ですね~?と期待しましたよ。

…違った。どうして、すっとぼけた話なのにほんわり可愛さ紛れて萌えちゃうんだろ。
理仁と光のわたわたした距離の詰めかた可愛かったです。

某チェーン店がモデルであろう、しまむろ。
セール品に、『処分品』とあると、理仁が坊っちゃん過ぎて『処分するような品を売るなんてひどい』と憤るんです。
セレブ過ぎる発想を知ることが出来ました。
と、云うかじわりと面白かったです。

なんだかんだ理仁と光も、えっちにこぎ着けたり。

ずきゅんとしません、闇オークション有るけど闇社会関与なし。でも萌えました。
上田にく先生ワールド、楽しかったです。

2

どこまでやってくれるのかと

受け様のオークションシーン(競り落とすのは攻め様ではないですが)やメイド服までとどこまでやって下さるのー!? 感謝!!! という気持ちで読ませていただきました。笑
途中ヒヤヒヤするシーンもあるのですが、その分うんとコメディとラブで幸せな気分にさせてくれる上田にく先生ワールドに包まれて幸せな気分になりました。お金持ちの世界ですごいな〜。あとプレゼントしたネックレスをちゃんとつけてるかを何度も確かめる攻め様がとっても可愛かったです!

0

コメディ色強め?

うーん、あらすじを読んだら面白そう!と思ったのですが、
なんともチープな展開(言葉が悪くてすみません)

上田にく先生特有の絵やキャラの可愛さは健在だし、個人的に攻めのキャラがとても好きでした。
がしかし、なんとも話の展開が強引でついていけなかった。
肝心のラブストーリーも気持ちの変化が唐突というか、
どこでラブに発展した?という印象を受けました。


両親を亡くし天涯孤独な青年・光は、闇オークションにかけられ、大企業の辛島の長男・瑛士に落札されます。
与えられた役割は、辛島の次男・理仁の友だち兼使用人でーー…

光の過去がかなり重めなのですが、あっさり流されています。
そして、闇オークションとは何事‼︎という感じなのですが、
実は光には辛島家に接触する目的がありーーと、展開していきます。

ここまではなかなかワクワクします。
だけどまぁ、肝心の辛島家に近付いた目的や敵キャラが!!!?という感じです^^;
北◯の拳の雑魚キャラかよ!と突っ込みたくなる見た目のモブが登場したり、そもそもオークションで辛島に落札された事も偶然だったり……なんとも強引!

ただ、ツンツンだった理仁が光に心を開いていくところは可愛かったです。
世間知らずでちょっと天然な理仁が愛らしく、憎めないキャラ。
デートはロマンチックだし、純情なのもよき♡

でも、ラブへのもって行き方が不自然で、そこは勿体なさを感じました。
光の裏事情とかいらないか、普通に心通わせていくラブストーリーをじっくり読みたかったです。
ブラコンの瑛二も好きだったのに出番が少なく、色々残念に感じてしまいました。

Hはほんの少し。
ここは二人の可愛さが際立っていて、必死な表情が良かったです♡

評価は極めて中立に近い萌(辛島兄弟が好きだったから)

0

思ったよりあっさりしてました

きれいな表紙と帯に書いた「主従!?不器用ステップアップラブコメ」という文言に惹かれ、購入しました。
読後、面白かった、という感想ひとつ。
闇オークションに女装にメイドに主従、こういったワードに少し期待しすぎたかもしれません。
闇オークションに出された受けは何かの目的を持って攻めの家に潜入(運よく主人公攻めのお兄さんに落札された)から始まる話だが、
料理にちょいたした塩コショウみたいな目的で、スリルやドキドキ一切なく、2、3ページであっさり終わった感じです。
展開が早いというべきか、疾走感があるというべきか、割と序盤から攻めはすでに受けに惹かれているし、一度裏切られた(というほど大きなものではないが)のもすぐ許し受けを気遣う様子。
モヤモヤもドロドロも胸キュンちも特になく、すごく穏やかな気持ちで読める一冊です。
思い返せば、主従の後ろに「!?」が付いてました。まさにそんな感じです。(主従っぽい展開を期待しないほうが、面白く読めるかもしれません)

自分にはあまり趣味が合わなかったが、絵がとにかく綺麗で、受けがメイド服にすごく似合ってて違和感もなく、読んでてかわいいかわいいと何度もつぶやきましたので、「萌」にしました

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う