タレさんのマイページ

レビューした作品

女性タレさん

レビュー数3

ポイント数28

今年度137位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

情報量多め。キャストファンの方向け

原作未読。

いきなりラブシーンから始まります。
冒頭は情報量が多く感じました。
関係性や設定、時間の移動が次から出てくるので忙しないです。

八代さんは今までかわいらしいタイプを聴いてきたこともあり、しっとり大人声に意表を突かれました。
他の作品でも年齢が高めの八代さん声を聴いてみたくなりました。
田丸さんはチャラめ言葉遣いのキャラクターですが、品があるのでキャラを考えると粗野さがほしいところ。
雨宮(八代さん)と梶(田丸さん)は同級生ですが、八代さんは大人声、田丸さんは若く聴こえるのでキャラクターの年齢がイマイチつかめなかったです…。

雨宮の医大の同期・佐伯(白井さん)はクールめ大人声。
佐伯が雨宮を強請り、バッチリ関係持つ描写ありますので苦手な方はご注意を。
強請るのエグいなーと思いましたが、佐伯の言ってることは正論でもあるので少しやりきれないです。

ラブシーンは佐伯×雨宮を除いても結構な回数あります。
濃度もそこそこ…。

クライマックスからが少しアッサリしていた気もしますが、まとまった印象です。
想いが通じ合ってからの梶はかわいくてオススメ。
雨宮の受け攻めが1度に聴けるので、キャストファンの方向けかと思います。

原作未読にはわかりづらい部分が多い印象でした。

クソキューティって言葉がピッタリ

原作未読。

タイトルどおり、理解不能なクソキューティに振り回され、ほだされちゃっています。
紡くん(村瀬さん)のしゃべる言葉がパリピ感ちょいちょい出ているうえ、違和感ありません。
今まで聴いたことのないタイプの村瀬さんだったので新鮮でした。
中原さん(前野さん)にとって本当に理解不能な宇宙人そのもの。
心底「宇宙人だ…」と思ってる感じが端々によく出ていていて面白かったです。

特に前半は完全に紡くんのペース。巻き込むパワーがすごかったです。
中原さんなすがまま…。
後半はまた違う展開が出てくるので、宇宙人紡くんの別の顔や中原さんの男前っぷりも楽しめます。

マンガが原作だからでしょうか?
中原さんの守銭奴っぷりはあまり感じなかったです。
他人がエピソードをサラッと語っているからかも。

エロもほどよく散りばめられているので、ラブシーン目当ての方も楽しめると思います。
理解不能、だけどクソキューティな紡くんに振り回されよう!

静かに流れる水のよう

原作未読。
タイトルとジャケットイラスト、キャッチコピーに惹かれました。

性に関することを抑圧されて育った水葵くん(天﨑さん)が電車で忍さん(佐藤さん)に痴漢されるところから始まります。
拒むどころか水葵くんは忍さんに関係を持ち掛けます。

ふたりの契機は割と刺激的な手段ですが、徐々にすべり出し、静かに深まっていくころが生っぽくもあり、このドラマの面白いところだと思います。
水葵と忍の距離感の縮まり方が時の経過とともに少しずつ変化しながら近づくところがいいです。

それまで静かに流れる水がドッと溢れ出すラストはしびれました。

天﨑さんははじめて聴きましたが、抑圧された環境の中、健気な高校生が瑞々しくて役にピッタリ。
忍さんの手管に翻弄され、はひはひしちゃう感じがかわいいです。
佐藤さんの安定感ある演技はさすが!底知れない心の闇がさりげなく漂っていました。

水葵と忍、互いの変化の違いも面白かったです。
忍の変化は物足りないと感じるかもしれませんが…。
中盤以降は水葵が忍を引っ張る力強さも感じました。

番外編は本編のアフターエピソード。オリジナルのようです。
水葵くんがキャッキャしていてかわいい!
忍さんの声にも愛らしく思ってる感がにじみ出ていて微笑ましくなりました。

聴後に気づけば水のように流れ込んでくるドラマCDです。

すべては小樽から…!

原作既読。
猫っ毛シリーズの中でも小樽篇は好きなエピソードなので楽しみにしていました。
みいくん(鳥海さん)と恵ちゃん(鈴木達央さん)カップルの小樽時代、高校生のエピソードです。

原作に忠実です。
登場人物の関係性や背景を知っている前提で始まるので、原作未読の方にはわかりにくい部分があるかもしれません。

みいくんの繊細な心情は向ける相手や揺れ幅が多感そのもの。
家族や恵ちゃん、清水さんに対する想いの出方が時にキュッとせつなく。
恵ちゃんの存在がやさしくおおらかで、大きな拠りどころになっていると感じました。
淡々としているからこそ、とても自然に寄り添っているんだな…と。

これまでの猫っ毛シリーズ、恵ちゃんは少しかわいすぎる印象でしたが
小樽篇を聴いて恵ちゃんの印象が少し変わりました。
かわいさだけではなく、やさしさやたくましさをこれまでで一番感じました。
小樽の頃から変わらない恵ちゃんがすごくいい。
鈴木さんブラボー!

みいくんのお母さん・美夜子さん(園崎さん)はイメージどおりでした!
ポン子さん&清水さんを演じる大川さんも演じ分けがお見事。
またたび荘の面々も変わらずにホッとしました。

聴き終えた直後は淡々としすぎかな…と思ったのですが、少し経ってから余韻が染み出てきました。
ここから東京での暮らしにつながるので、本編を聴くとまた違った楽しみ方ができると思います。

猫っ毛3も楽しみ+余韻にひたれたのでちょっと甘めの星4つ。

ダークでディープな世界の序章

原作未読。
冒頭で平川さんのかなりの低音に驚きました。
全体のダークな雰囲気もあり、不気味ささえ感じるほどでした。

育郎(山下さん)と使用人の典彦(平川さん)以外に物語の契機や
今後のカギを握るであろう人物に焦点をあてた章で構成されています。
章によっては現在と過去を行き来するので、原作は読んだほうが理解しやすいと感じました。

育郎は人前ではクールに振る舞う青年ですが、義兄の蘭蔵(水島さん)の前では感情がむき出しに。
山下さんの世を冷めた視点で見ている役は新鮮でした。
典彦によって変えられていくところ、蘭蔵とのかかわり方で見せる面をもっと聴いてみたいと思いました。

典彦は使用人としてときに育郎を制したりしますが、育郎へ向ける感情はまだまだ見えてきません。
トーンの不気味さもあり、腹の内に隠している感情がすごそうです。
平川さんがこれから典彦にどんな感情と声を乗せるのかと思うとゾクッとします。
そんな典彦を相手に育郎もいったいどうなってしまうの…?!とドキドキします。

1巻という位置づけもあり、ダークでディープな世界への序章。
ここからが本番といったところでしょうか。ぜひ続きが出ることを願っています。
山下さんも平川さんもここから先、本領発揮なさるのではないかと期待。

少年の成長期:序章

原作未読。
BLというより少年の成長記の序章といったところでしょうか。

ジャングルの中で生まれ育った蓮(村瀬さん/島崎さん)が実は小国ながらも影の支配者という権力の強い家の血をひく者であり、
当主から命じられ探しにきた元軍人の鏑木さん(小野さん)と出会うところから始まります。

蓮くんの10歳を村瀬さんが、成長した16歳を島崎さんが演じています。
村瀬さんの蓮くんは健気で家族思いの優しい子です。
いきなり環境が違うところに来て戸惑う様子など心の機微を丁寧に表現されていました。
幼少期を女性声優が演じることも多いので、男性が演じることはこの話において特に大切だと思いました。
若いながらもたくましさが感じられてよかったです。

島崎さんの蓮くんは最初物足りなさも感じましたが、ぜひ続編で蓮くんの成長を聴きたいと思いました。
転機になる祖父・グスタヴォ(中さん)とのシーンでは決意が感じられてよかったです。

お相手の鏑木さんは小野さんにピッタリでした。
よき兄貴ポジションながらも数歩下がって蓮くんを見守っている感じがすごくいいです。
蓮くんとの今後がどう発展していくのかとても気になります。

聴き終えて気づきましたが、蓮くんの義兄・アンドレは佐藤拓也さんだったんですね…。
ちょい役でしたがガブリエル役の興津さん、不穏な雰囲気をまとっていてしっかり存在感を残していました。
今度蓮くんや鏑木さんとどのように関わってくるのか気になります。
祖父グスタヴォの中さん、執事ロペスの斧さんが物語の奥行きを与えています。

2枚組でしたが、ダレることなく楽しく聴くことができました。
ラブシーンは少なく、行為としては途中で終わるので恋愛要素を求めている方には物足りないかも。
蓮くんが人として成長し、鏑木さんとどのように想いを通わせるのか楽しみです。

コンパクトながらエロも話も力強い!

原作未読。

睡眠中に相手を問わず性行動をしてしまう奇病を患った異性愛者のロイス(新垣さん)と、
相棒であり密かにロイスのことを想う同性愛者のジュード(佐藤さん)
ある日病によりジュードがロイスに求められ、そのまま抱かれてしまいます。

好きだからロイスに抱かれること自体は嬉しい。
だけどジュードと同じ理由で求められているわけではなく、病がそうさせている。
抑えられない想いや欲求、与えられる悦び、罪悪感、願望。
複雑に交錯するロイスへの感情がセリフや間ににじみ出ていて、
こんなにもせつなくなるとは思いませんでした。
ロイスのことが好きで好きで仕方ない気持ちが溢れていて、
一筋縄ではいかない想いのさじ加減がお見事でした。
なんて聴きごたえのある演技…!

ロイスもゴーイングマイウェイな感じですが、会話でのおちゃめさや優しさに
ジュードが好きになるのもなんとなくわかる魅力的なキャラクターでした。
新垣さんはキャラクターの持つ魅力をさりげなく引き出す安定感でした。

濡れ場は多く、かつ濃厚です。
ジュードは相手への想いが溢れているし、ロイスの吐息はとてもセクシーで…。
大の男どうしがセックスしている感があり、フィニッシュまで雄みがあってよかったです。
この話においてはとても大事なことだと思いました。
その中でもジュードがかなりメロメロになっているのはかわいらしかったです。

マリンさんのCDはBGMやSEから舞台の雰囲気を感じ取れるので
随所にアメリカっぽさが出ていました。景色が浮かぶようです。
全体のつくりも丁寧で、原作未読でも過不足なく内容が理解できる脚本のよさ、
メインキャストの熱演が相乗効果を生み、いいドラマCDに仕上がっています。
登場人物の会話の雰囲気もどことなく洋画っぽさがあってよかったです。

1時間ほどの尺でこれだけの濃厚エロスと相手への想いにひたれるCDはそうないのでは。
聴き終えたあと、久しぶりに原作を読みたくなりました。

キャラの魅力が引き出されています

原作未読。

堅物な靴職人の仁(山下さん)、色気のあるテイラー蛍さん(興津さん)が
色気の出し方レッスンという口実のもとカップルになるお話。

山下さんのBL作品は初だったので楽しみでした。
堅物で妙に律儀というか真面目なところが役と声に合っていました。
興津さんは役柄的にも余裕と色気が出そうな感じがしていたので期待値が高かったです。

幼なじみの職人どうしということもあり、仕事のやりとりが前半は多いのですが
空気感というか…前からお互いを知っている幼なじみ感がありました。
仁くんと蛍さんの会話の雰囲気がとても好きです。

蛍さんの友人・志摩さん(立花さん)も生き生きしていて楽しそうでした。
メインキャスト以外のやりとりも面白いです。

ラブシーンは尺が短い部分もあるので思っていたよりアッサリめな印象です。
仁くんの恰好はマンガだからこそ伝わる部分がある設定だと思いました。
メインキャストおふたりの声の相性もよく、ラブシーンのクライマックスで
蛍さんが真摯にささやく部分はグッときました。
いまいち仁くんに伝わりきっていないのが可愛らしかったです。

仁くん、蛍さんのキャラがわかりやすい設定になっていると思いますが
山下さん、興津さんの声が乗り、より魅力的な人たちになったと思います。
仁くんの愛らしさや蛍さんのかっこよさとセクシーさも際立ちました。

仕事パートの話も面白く、コメディタッチな部分もありバランスやテンポがいいです。
よくまとまっている話だと思います。

岸本と一緒に翻弄されよう!

原作未読。

キャストとタイトル買いです。
CDと関係ないですがcocoaballさんのHPでパンツが舞い、
タイトルに合わせてくるところ好きです。

冒頭からツッコミどころがありましたが、これを否定してしまうと
パンツが人質にとられなくなってしまうのでスルー。

パンツを人質にとるなんてどんな鬼畜な後輩なんだ…と思っていたら
かわいらしい後輩の野島(興津さん)でした。
ときどきトーンがスッとかわり、攻めっぽさとエロさが出てきます。
先輩の岸本(前野さん)もコメディ部分中心に笑いました。楽しそうです。

岸本と一緒に真意の見えない野島に振り回されることを楽しめばいいのかなと思います。
コメディ要素もあるので笑いどころもありつつ…。
キャストファンの方におすすめです。

中立よりの萌。

こじらせ男子たちの成り行き

原作未読。

24時間365日、人肌に触れていたい病の夏市(羽多野さん)と、
クールでモテモテだけど実は汚部屋の病な隣に住む椎名先輩(間島さん)。
お互いの病を秘密にするかわりに補い合う関係が面白いと思いました。

夏市はガタイのいいちょっとくまさんっぽい男子声。
羽多野さんの声でありそうでなかった気がします。やっぱり合ってるー!
そんな男子がくまのぬいぐるみをもふもふしたり、耳たぶのよさを力説し
適度な変態感もよかったです。
クールで汚部屋の女王様な椎名先輩はツンとデレが絶妙です。
デレ部分の間島さんはとてもかわいいですね…本作でも健在です。

病を補う関係が変化し、こじれて衝突するところは聴きごたえがありました。
お互い病をこじらせているだけあり、なかなか思い通りにいかない展開をこえて
晴れて結ばれたところからがクライマックスなのでしょうが、
ああここで結ばれる描写があればより盛り上がったのに…!と思いました。
原作ではあったようなので、CDでも聴いてみたかったです。残念。

終始コメディタッチで設定も活きているので面白かったです。
病をこじらせたふたりの成り行きを楽しく見守ることができると思います。