アンジーさんのマイページ

レビューした作品

エキスパートレビューアー2020

女性アンジーさん

レビュー数140

ポイント数896

今年度16位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

三次元の恋って難しい!

作家買いしている大好きな腰乃先生の作品です。
こちらは『鮫島くんと笹原くん』のスピンオフになります。

表題作と同時収録作品で構成されています。
『鮫島さんと俺の兄』
『鮫島さんと俺』(おまけ漫画)
『新庄くんと笹原くん』lesson 1~8

高校生の新庄くんと高校生の真希ちゃん(笹原弟)のお話。

『鮫島さんと俺の兄』
真希ちゃんが鮫島くんと初めて会ったときのお話。
学校から帰宅すると兄と知らない男が上半身裸で揉めています。
兄はあっさりと言いました。
「付き合ってっから」
その日を境に真希ちゃんは自分の意思とは反して、鮫島くんと仲良く?なるのでした。
…真希ちゃんからしたら、鮫島くんは「兄嫁」なのです。
「兄嫁」と密通する弟はいいポジションだね(笑)

『新庄くんと笹原くん』
ある日、真希ちゃんは学校でリア充とぶつかってしまいました。
リア充が嫌いな真希ちゃんは関わらないようにしたのに、なぜか馴れ馴れしい態度のリア充 新生くん。
先生の忘れ物を届けるため生物準備室のドアを開けると、そこにいたのは女装をした新庄くんでした…。

静かに目立たないように生きていきたい真希ちゃんの希望は叶わず、まわりには「突発な奴」がいっぱいです(笑)
放課後、新庄くんに呼び出された真希ちゃんは、新庄くんから「生物の先生に片想いしている」と打ち明けられました。
先生も真希ちゃんの好きな漫画が好きで、雰囲気も真希ちゃんに似ているという理由で、新庄くんは真希ちゃんをかまい出します。
グイグイ迫る新庄くんはリア充そのもの!
結局、新庄くんの相談に乗るはめになった真希ちゃんですが、最初は嫌々ながら…でもだんだん友達として親身になります。
そして、それが「恋」になるのに時間は掛かりませんでした。
三次元の恋に興味がなかった真希ちゃんですが、新庄くんの恋をサポートするうちに、自分の恋も育てていたんですね。
新庄くんに対して一喜一憂し、悩み苦しみ葛藤する真希ちゃんが愛おしい…。
恋するってそういうことだよね!
何度もお互いに気まずくなる2人が初々しいかった。

Hシーンは…途中までです(汗)
真希ちゃんが怖くて逃げちゃうのです。
うんうん、仕方ないよ。最初は怖いよね (๑•̥̥̥́ω•̀ू๑)ू
でも、お家に逃げ帰ってから新庄くんの妄想をして〇ナニーするんですよ。

最後は「ごめん」と何度も言って新庄くんのお家を飛び出した真希ちゃんと1人残されて「ごめん」の意味を考える新庄くん。
2人はこの先どうなるのでしょうか?

コミカルなのに切なさも味わえるDKの恋を見守れます。
腰乃先生らしさ満載で、ときどき登場する笹原(兄)くんと鮫島くんも嬉しかった〜。
大滝くんは真希ちゃん達と同高なのね?!
二次元オタクの真希ちゃんが三次元の恋にどう立ち向かっていくのか…。
このままでは眠れない!
すぐに続編を読みたいと思います(笑)

極道系BLが苦手な方にも読んで欲しい!

初めて読んだ原作:佐倉温先生と作画:桜城やや先生の作品です。
小説「極道さんはパパで愛妻家」のコミカライズとのことですが、原作は未読で読ませていただきました。

東雲組若頭 東雲 賢吾と雨宮医院の医師 雨宮 佐知のお話。

雨宮医院初代の遺言「東雲組への義理を果たすこと」
この遺言により、雨宮医院の佐知は東雲組のお抱え医師でもあります。
ある日、東雲組若頭で幼馴染みの賢吾が来院し、とんでもないこと言い出しました。
「俺達の子供ができたぞ」

賢吾が父親(組長)と故愛人の間に生まれた子供を引き取ることから物語が始まります。
5歳の史くんが、めちゃくちゃ可愛いんですよ。
史くんを見ているだけでも癒される (*ฅ́˘ฅ̀*)♡カワイイ
賢吾と史くんと同居することになった佐知ですが、じつはヤクザになった賢吾のことを嫌っていました。
しかし、2人の距離が近づくほど思い知らせられるのです。
本当は自分も賢吾が好きってことに…。
一方、賢吾は小さい頃からブレることなく佐知が大好きです。
ヤクザを継ぎたくなかった賢吾ですが、あることで佐知のために覚悟を決めました。
賢吾がヤクザを継いだことで、佐知が実家の医院に戻るまで疎遠になっていた2人。
今回、伊勢崎から真相を聞かされた佐知は、自分がずっと誤解していたことを知りました。

さすが極道系のBLだけあって、暴力行為や拉致監禁!のエピソードがあります。
でも、最後まで安心して読めるのは賢吾が絶対に佐知と史くんを守ると確信できることと、桜城やや先生の温もりがある絵柄のおかげだと思いました。
まさにタイトルの通り、賢吾は『極道さんはパパで愛妻家』です!
史くんには世界一カッコいいパパであり、佐知には世界一溺愛してくれる旦那様でした。

当て馬は登場しませんが、2人の高校の同級生 一雄が賢吾に逆恨みしてとんでもないことをします。
命があって良かったね(汗)
他には脇キャラで、賢吾の両親、東雲組若頭補佐の伊勢崎、看護師の舞桜が登場しますが、みんな個性的でいい味を出していました。
個人的には、もっと舞桜の活躍を見たかったな~。

Hシーンは、本編で2回あります。
1回目は賢吾が強引に行為に及んだのですが、2回目は両想いになった後なので佐知が幸せそうです。
好きな男に抱かれるなんて気持ちイイに決まってますよね。
バッグから挿入されている佐知がエロすぎる…。

描き下ろし『第1.5話』
佐知に預けた史くんの様子を見に来た賢吾のお話。
「頑張って二人で幸せにしてやろうな」
この言葉が現実になるなんて、佐知はまだ予想だにしていませんでした…。

恋愛、家族、極道…コミカルの中にシリアスな場面もあり、飽きることなく楽しめます。
原作の小説はシリーズ化されているので、ぜひこちらもシリーズ化して欲しい(泣)
極道系BLがお好きな方にも、苦手な方にもおすすめの作品です。

2人と1匹の幸せな関係

『柴くんとシェパードさん』の続編です。

大学3年生の犬養 旺毅と大学1年生の柴本 佑人のお話。

前作では、朝のコンビニでバイトしていた柴本くんが、シェパードを飼っている大学の犬養先輩と知り合い、お付き合いしたところまででした。
今作は、その続きになります。
お付き合いして初めての夏になりました。
まだHまでは進んでいない2人。
ある日、バイト帰りの柴本くんは、来客の「付き合ってるのにヤらせないのはありえない」と話している会話を聞いて自分にあてはめてしまいます。
犬養先輩とえっちしないと嫌われる…と不安になった柴本くんは勇気を出しますが…。

前作よりも柴本くんのピュアさが増したように感じます(笑)
でも、前作と大きく違う点は、柴本くんがいろいろと頑張るんですよ~。
一方、犬養先輩は相変わらずの器の大きさで安心安定しております。
犬養先輩の表情がどんどん柔らかくなっていくのが嬉しかったな。
今作は夏祭りや温泉旅行などのイベントの他に、犬養家でお母様と遭遇するアクシデント?がありました。
なんと、犬養先輩はお母様に「柴本と付き合っている」と報告をします!
おぉ~!犬養先輩って男気あるなぁ。
その報告にお母様は「ちゃんと”2人”で考えなさい」と笑顔で答えるのです。
動揺もしないお母様…さすが親子ですね!

シェパードのコタローもちゃんと登場しますので安心して下さい。
コタローがいないことはほとんどありません(笑)
もはや、2人の子供のようなポジションです。

Hシーンは…とうとうありましたよ!
初めてのHは温泉旅行です。
「せんぱいとえっちしたい」
柴本くんが勇気を振り絞りました。
犬養先輩は柴本くんのためにゆっくり時間を掛けているので、それに応じてページ数も比例しています。
エロさはないのですが、池森あゆ先生が丁寧に描かれているので、柴本くんが大切にされていることが伝わりました。
犬養先輩おめでとう ˖✧◝(๑´ω`๑)◜✧˖°

描き下ろし『巻末おまけマンガ』
10話のクリスマスに柴本くんのお家に犬養先輩たちが泊まった夜の「すきま」のお話。
やっぱり、犬養先輩の隣がいいよね!

最初から最後までお互いしか見えていない幸せなお話でした。
犬養先輩が一過性ではなく、きちんと将来のことを考えている様子に感動…。
「キミになら佑人を預けよう!」と、親戚の子供を見守ることができました(笑)
これから少しずつお揃いのモノが増えていく幸せな毎日を送って欲しい。
いつまでも2人とコタローで仲良く暮らして下さい♡

リバース コミック

麻生ミツ晃 

バース性を越えた運命の2人

初めて読んだ麻生ミツ晃先生の作品です。

所轄署の刑事 吐木 幸村(α)と小説家 化野 円(?)のお話。

児童施設で育った幸村と円は、あることがきっかけで「番」になりました。
しかし、円はフェロモン分泌が異常で番以外の人間も発情させてしまいます。
そして、市販の薬は効かない…。
ずっと円が好きだった幸村に比べ、「番」になってもそっけない態度の円。
円の体質を考えて所轄に異動した幸村ですが、初日にΩの変死体事件を担当することになります。

ちるちるの評価が高いのに、なかなか読めなかったのは絶対に泣いてしまうと感じていたからです。
意を決して読んでみました……号泣しましたよ。
電子購入なので紙書籍のボリュームがわからないのですが、よく1冊にまとめられたなと感心しました。
これだけのエピソードと心理描写を無駄なく描けるのは麻生ミツ晃先生だからこそ!…なのだと思います。
他の方もレビューに書かれていますが、ネタバレなしで読まれることをおすすめします。
ミステリー要素とオメガバースの特性を絡めた大変読み応えがある作品になっていて、小説でも読んでみたいと思いました。

誰よりも大切だから
誰よりも守りたいから
本当のことは言えない

円が抱える「秘密」は、想像もつかないほど悲しく苦しいものだったでしょう。
一生守り抜くつもりだった「秘密」が明らかになったとき、それも円の“誕生日”のひとつになったに違いありません。

最後は、円が幸村の腰に手を回している後ろ姿にグッときました…。
あぁ、円の足枷が外れ一途な想いがが報われて良かった(号泣)
個人的には、連続Ωレイプ犯の動機やバッグボーンをもっと深く読みたかったです。

描き下ろし『家に帰る日』
入院していた円が退院してお家に帰る日のお話。
最後でまた号泣します…。

最初から2人にはバースなんて関係ないと思わせられる繊細で美しいストーリーです。
麻生ミツ晃先生の絵柄もマッチしていて世界観に惹き込まれした。
読後は、あまりの完成度の高さに思わず唸ってしまった程です。
何度でも読み返したい素晴らしい作品なので、未読の方にはぜひ読んで欲しいです。

コミカルなのに、純粋な愛で切なくなる物語

『黒か白か』シリーズに続いて読んだ さちも先生の作品です。

勇者で種族は人間 鷹匡と魔法使い種族はエルフ フィルのお話。

それは未来のお話。
文明が滅び、魔王に支配された闇の世界。
その世界を救うべく立ち上がった勇敢な者達は長い旅と戦いを続け、とうとう魔王を倒しました。
魔王に囚われていた姫を救った勇者 鷹匡は幼い頃から姫に恋をしていましたが、姫は王子と結婚してしまいました…。
姫に失恋した鷹匡は魔王を共に倒した魔法使いフィルと新たな旅に出たのです。

他の方もレビューに書かれていますが、まさかのRPG風BLです。
でも、すごく良かったです(笑)

お城に引き取れた孤児の鷹匡とお城に匿われていたエルフのフィル。
まだ鷹匡が小さい頃に2人はお城で出会います。
ずっと姫が好きだった鷹匡を見守ってきたフィルですが、いつの間にか愛情を持つようになりました。
でも、その気持ちをフィル自身は理解していません。
旅の途中で、フィルはときどき催淫魔法を使って鷹匡に抱かれます。
妖精のエルフには人間界の様に交尾(セックス)する概念はありません。
それなのに、なぜ交尾するのか?
そして、フィルは交尾が終わると鷹匡の記憶を消しています…。

鷹匡に守ってもらいながら旅をしているフィルですが、本当は守ってもらう必要がないほど強いんです。
エルフの寿命は数千年…鷹匡はフィルの永遠にも近い時間の一瞬に過ぎません。
でも、もう少しだけ一緒にいたい。
あぁ、フィルがの気持ちが切なすぎる(泣)

一方、鷹匡は姫のことが好きだったのですが、本当の自分の気持ちに気が付きます。
鷹匡はフィルを守っているのではなく、自分が守られていると知っていました。
守っていると言っているのはフィルと「離れたくない」から。

このお話で重要なポジションで登場するのは、フィルの故郷の守護獣ガディーです。
鷹匡から「ヒヨコ」と呼ばれている精霊なのですが、なんと御年3600歳越えのご老体でした!
人型は若くてイケメンです(笑)でも、雄雌同体らしい…。
ファンタジーさを演出し、コミカルな要素にもシリアスな場面にも欠かせない存在ですが、じつは自分の寿命が尽きた後のフィルを心配している優しいガディー。
飛びながら泣くシーンにウルっとしました。
あ、ガディーは耳で飛ぶんですよ~。

Hシーンは、エルフのフィルの姿に神々しさを覚えます。
お互いの気持ちが通じ合った後の交尾(セックス)は、感じているフィルの姿が妖艶でした。
誰かの「特別」を感じられるセックスっていいですね。

描き下ろし
勇者は疑問に思った!!
魔法使いは宝物を見つけた!!
勇者は真実を知った!!
勇者達のそれから

鷹匡もフィルもガディーもそれぞれがお互いを守り守られています。
どんな金銀より価値があり、どんな宝石より美しい「トレゾア」を持っている。
トレゾアはフランス語で「宝物」です。
そんな2人(withガディー)の旅と恋愛は始まったばかり。
しかも、鷹匡とフィルは両想いになったのに…と言うオチもあり、ぜひ続編を希望します!
ゲーム感覚のファンタジーな世界観とBLをうまくまとめているのは、さすが さちも先生だなと感じました。
どうか読む前から趣味じゃないと決めつけないで欲しいおすすめの作品です。

新たなヴァンパイアの世界へようこそ!

『WOLF PACK』に続いて読んだビリー・バリバリー先生の作品です。
ビリー・バリバリー先生は絵が綺麗なので読みやすいです。

健康福祉部保護課所属の吸血鬼 イチイと新人吸血鬼 エンのお話。

「FANGS」とは、現代に生きる吸血鬼の人権を守るためと人間との共存を目指すために発足された組織。
そこの健康福祉部保護課に所属しているイチイはクラブで起こった殺傷事件の現場でエンを発見しました。
犯人は「FANGS」の1人で、お酒と薬物の過剰摂取により事件を起こしたのです。
そして、エンは犯人に噛まれたことで「クレイジーな人生」を歩むことになりました…。

うーん、期待以上の面白さでした!
先日まで「ニンゲン」だったエンの視点なので物語に入りやすく、またイチイとエンを含め、魅力的な脇キャラが登場するので最後まで楽しく読めました。
登場人物それぞれに過去や問題を絡ませているので、軽いノリなのに実は奥深いエピソードになっています。

外見は若くイケメンのイチイは100歳を超えているようですが、保護されたエンはまだピチピチの19歳!
「FANGS」にとって数十年ぶりの新人エンは「バブちゃん」らしく、吸血鬼は高齢社会のようです(笑)
ちなみに「FANGS」には吸血衝動解消のため、パートナー契約である「ペアリング・システム」が推奨されていました。
おぉ、吸血鬼同士で血を吸うなんて、なんと画期的なアイディアなんだ!
それだと安定の供給源ですね~。
パートナーになれば、さまざまな欲求が満たされるので「血婚」と言われるのも納得です。
果たしてエンはイチイとパートナーになれるのか?
そして、イチイの描き換えられない「過去」とは?
新たな登場人物の予感もあり目が離せません。

当て馬は登場せず、脇キャラもみんな個性的でカッコいいです。
ナイスルッキング・ガイで浮気性のウツギ
「FANGS」専用の整形外科医師でウツギのペア 青桐
セルフヘルプグループカフェを運営するマサキ
マサキの奥様で人間のマリコ
ペアを亡くし心に傷があるスギ
スギのペットでアルタブラゾウガメのダーヴィンくん

みんなはエンを可愛がるのですが、高齢者が孫を可愛がる感じ?(笑)
いえいえ、エンの人柄がすごく魅力的なんですよ~。
天然で人たらしな性格です。

Hシーンは、本編に2回あります。
どちらもビリー・バリバリ―先生の描く身体のラインが綺麗で凝視しちゃいました (ฅωฅ♥)
エロさは少ないのに、すごくそそられるセックスです。
もっと見たかった~。

描き下ろし『others episod』
イチエンのいちにち
マサキ&スギ
青桐&ウツギ

謎の組織「FANGS」やイチイの「過去」、そして謎の登場人物など…まだまだ先の読めない展開にハラハラします。
早く続編が読みたい~。
吸血鬼の設定は好みが分かれると思いますが、こちらはコメディとシリアスのバランスが取れており、また現代社会が舞台なので違和感なく読み進められます。
気になっている方は、ぜひ読まれることをおすすめします。

初恋の相手と結ばれる尊さ

初めて読んだ はなぶさ数字先生の作品です。

芸能事務所マネージャー 嵯峨 玲治と在宅プログラマー 家田 晃生のお話。

両親が海外勤務のため、晃生くんは年の離れた弟の面倒を見ています。
ある日、芸能事務所にスカウトされた弟の南が俳優になると言い出しました。
両親に頼まれた晃生は仕方なく芸能事務所に顔合わせに行くことなります。
数日後、芸能事務所を訪れた晃生くんが南の担当として顔を合わせたのは…「初恋」の人でした。

高校生の時、晃生くんは嵯峨くんとキスしているところを幼稚園から帰った南に見られてしまいました。
その出来事から、様子がおかしくなり人見知りになった南。
晃生くんは自分の責任だと感じ、嵯峨くんを避けるようになります。
しかし、親の転勤で転校した晃生くんは、ずっと「初恋」の嵯峨くんを忘れられないままでした。
幼い南には同性同士が理解できなくても、兄のいつもと違う雰囲気に不安だったのでしょう。
そして、高校生の晃生くんは弟に対する罪悪感を持ち、自分のセクシャリティに向き合う覚悟は持てなかった。
…誰も悪くないんですよ。

一方、嵯峨くんもずっと晃生くんを忘れられませんでした。
だから、晃生くんに似ている子をスカウトしたのですが、まさか晃生くんの弟なんて…人生は捨てたもんじゃないですね。
「弟」がきっかけで疎遠になり、「弟」がきっかけでまた巡り合う。
しかも、南くんは人見知りをほとんどしなくなり、俳優の夢に向かって頑張っています。
兄離れをするために1人暮らしをすると言い出して、晃生くんが考えていたより成長しているんだな~。

自分も前に進むために初恋を「終わり」にしようと思った晃生くんですが、逆に嵯峨くんの気持ちを突き動かします。
両片想いの2人だから、気持が通じたら後はもう止まりません (*ノェ`)っ))タシタシ
お互い10年以上も「初恋」の人を想い、後悔したからこそ踏み出せる一歩。
南くんも兄のセクシャリティには気が付いていたらしく、すんなりと2人を受け入れる柔軟さ。
厳しい芸能界を生きていくためには大事だね(笑)

Hシーンは、エロさはないですが晃生くんの初々しさが伝わります。
晃生くんの「やめないで」が可愛すぎた(笑)

描き下ろし『弟が家を出る』
南くんが1人暮らしするために引越しをするお話。
晃生くんは南くんに「明日も嵯峨さんも休みだってさ 頑張ってね」と応援されますが…。

はなぶさ数字先生の丁寧な絵柄と心理描写で感情移入できる作品です。
「初恋」の人と結ばれた2人。
この先はもう手を離さないで欲しい
タイトルのイメージからは想像できない純情なラブストーリー。
ぜひ多くの方に読んでいただきたいです。

何時の時代もエッチな受けちゃんは一番可愛い!

作家買いしている大好きな藤峰式先生の作品です。
藤峰式先生は絵が丁寧で、スッキリしているので読みやすいです。

こちらは、表題作の他に同時収録作品があります。
1『うちのこが一番かわいい』『ストレイト!』『I can’t wait』
 描き下ろし
2『最初で最後の』
3『オタサーの小嶋くん』

外資系商社のサラリーマン 柏木 透とフリーター 樫野 ゆうのお話。

コンビニでバイトしているゆうちゃんは身なりが良くて礼儀正しい常連の男性に憧れていました。
ある日、その常連さんと会話をしたゆうちゃんは嬉しくなります。
翌日、バラの花束を持って来店した男性はゆうちゃんに突然告白をしました。
「必ず幸せにする 俺と付き合ってくれ」

ちょっと危ない人なのかと思ったら、スーパーポジティブで素直な男性でした(笑)
その男性 柏木さんはとにかくゆうちゃんが大好き♡
柏木さんはゆうちゃんを溺愛し過ぎて「会社を辞めて毎日家に居る」と言い出す始末です。
そして、ネコ耳カチューシャを着けさせたゆうちゃんに「ニャー」と言わせながらHするのは可愛すぎて反則だよ~。
最初から最後まであまあまの2人にこちらが砂糖を吐きそうになりました (〃ノωノ)

Hシーンは、愛情たっぷりでエロさ全開です。
ベッドの中では立場が逆転しちゃうみたい!

描き下ろしは、『うちのこが一番かわいい』のその後です。
うさぎに興味を示したゆうちゃんに柏木さんからのお土産は…。
ええ、そうでしょうとも(笑)

同時収録『最初で最後の』
オオカミの村の頭領 琥珀と幼馴染の青葉

人里離れたオオカミの村で小さい時から仲良しの琥珀と青葉。
次期頭領になる琥珀は許嫁も決められ、自分の恋は叶わない理解した青葉。
それから5年後、今は祭事でしか会わなくなった2人…。
ケモミミ(人狼)のお話で、藤峰式先生の作品の中では少しテイストが異なっています。
最後は全てを捨てて走り出した琥珀と青葉にエールを送りたい!

同時収録『オタサーの小嶋くん』
大学のマンガ・アニメ研究会部長 谷川さんとサークルの新入部員 小嶋くんのお話。

晴れて大学生になった小嶋くんは絶対に入部しようと思っていたサークルがありました。
それは「マンガ・アニメ研究会」です。
高校の頃はずっと隠していたオタク趣味…目指せ!理想のオタ充…。
小嶋くんは「魔法少女ユキりん」のコスプレでポージングしたことから、谷川さんに襲われてしまいました…。
でも、谷川さんは小嶋くんを好きだったようです!
女装してHするってヤバいかも(笑)

藤峰式先生の作品はどれも最後まで楽しく読めるのですごいなと思います。
愛あるHって幸せだなって感じました。いつでも受けちゃんは大切されて欲しい!
次作も作品も楽しみにしています♡

彼の彼氏事情 コミック

藤峰式 

お好みはヘタレ?わんこ?それとも両方?

作家買いしている大好きな藤峰式先生の作品です。
藤峰式先生は絵が丁寧で、スッキリしているので読みやすいです。

こちらは、5作品の短編集になっています。
1『ふつつかなオトナですが』
2『似た者同士はすれ違う』
 描き下ろし『番外編』
3『デキる後輩の可愛がり方』
4『初恋だから抱かせてください。』
5『先生、好きだってば!』

『ふつつかなオトナですが』
居酒屋の店長 香山 祥吾さんとアルバイト店員 奥寺 陽斗くんのお話。
15歳年上の香山さんが好きな奥寺くん。
いつも「好き」とアピールしていますが全く相手にされません。
ある日、香山さんの友人 田野さんが来店し陽斗くんは気に入られてしまいます…。
奥寺くんの年下わんこ受けはヤバい!
そりゃ、香山さんもノックアウトされちゃうな。
初デートはネズミちゃんランドで大はしゃぎだったようです(笑)

『似た者同士はすれ違う』
地元の大学生 小池くんと県外の大学生 川瀬くんのお話。
高校の同級生だった2人はその場の雰囲気と若気の至りで関係を持ってしまいました。
「好き」も「付き合おう」も言っていなかった…でも、同じ気持ちだと思っていた川瀬くんは、小池くんが女子といるところを目撃してしまいます…。
川瀬くんが大好きでボロボロ泣く小池くんが可愛い~。
お互い同じ写真をオカズにしながらオナ〇―していたなんて尊いすぎる…。

描き下ろし『番外編』
会うたびにずっとHをしている小池くんと川瀬くん。
恋人らしく屋外デートがしたい小池くんですが…。
小池くん!気が付かないうちに川瀬くんの策略にハマっているんだよ(汗)

『デキる後輩の可愛がり方』
製品開発システム第二課の浅地くんと教育係の有働さんのお話。
ある日、有働さんの部署に異動してきた浅地くん。
イケメンで仕事もできるので女子からも人気がありましたが、浅地くんには秘密があって…。
高校から有働さんを好きだった浅地くん。
有働さんを諦められずに「いい男」になったのですが、いざHをしたら甘えん坊になりました(笑)

『初恋だから抱かせてください。』
大学生の岡野くんと友達の兄 涼さんのお話。
岡野くんは中学生の時に友達のお家で涼さんがHをしているのを目撃してしまいます。
それがきっかけで、涼くんに恋をした岡野くん。
ある時、涼さんが彼氏と別れたと聞いて告白をしますが…。
涼さんと彼氏のHシーンが色っぽすぎて、中学生には刺激が強すぎるよ(汗)
藤峰式先生があとがきで「スーパー攻め様へと成長」と期待されている岡野くん。
この先、涼さんのテクニックで磨かれる岡野くんの将来が楽しみです。

『先生、好きだってば!』
元教え子でヤンキー 二宮くんと小学校の教師 郷地先生のお話。
教師になって幾年が過ぎた郷地先生はすっかりやりがいを失くしていました。
そんなある日、郷地先生の前に10年前の教え子の二宮くんが現れます…。
「大人になって やっと先生を迎えに来れたよ」
THEワンワン系二宮くんに郷地先生もほだされっぱなし。
見た目はヤンキーなのに中身はピュアってずるい!

藤峰式先生の好きな「年下攻め」と「ヘタレ」が溢れております(笑)
いろいろなシチュエーションで最後まで楽しめますよ。
きっとお好みのCPが見つかるはず!
どの作品も短めですが可愛いHシーンでした♡
ぜひ多くの方に読んでいただきたいです。

Cotton Candyのような作品集

初めて読んだ七ノ日先生の作品です。

こちらは、表題作の他に2作品が同時収録されています。
『はる、ひなたの恋』『恋色ミルキーウェイ』

『さみしがりやのラブレター』
大学2年生の西田 透と大学2年生の東野 勇気のお話。

平和で平凡な毎日を送っていた大学生の勇気くん。
大学から自宅に帰ると鞄の中にチョコの缶が入っていることに気が付きます。
缶の蓋を開けると1枚の手紙が入っていました。
手紙には「だれかと話がしたい 友だちがほしい」と書かれています。
勇気くんは不審に思いながらも、返事を書いて缶に入れてみました。
翌朝、勇気くんが起きると缶にはその返事の手紙が入っていて…。

完全にファンタジーなのですがとてもいいお話です。
勇気くんが缶を通じて文通しているのは重い病気で入院中の男子高校生でした。
「必ず会いに来い」
その約束を胸に手術に臨んだ男子高校生の運命は…?
最後の写真にも注目ですよ。
ぜひネタバレなしでご覧ください。

同時収録『はる、ひなたの恋』
高校1年生の大神 ひなたと高校3年生の咲良 春斗のお話。

春斗くんが高校3年生に進級した日、同じ高校に幼馴染みの ひなたが入学しました。
お付き合いはしていないけれど、どこからどう見てもラブラブな2人。
とうとう ひなたは春斗に告白をしたのですが…。
クールで一途な攻め×天然無自覚の受けが両想いになる王道ラブストーリー。

同時収録『恋色ミルキーウェイ』
社会人の星谷 晴彦と高校1年生の姫川 伊織のお話。
晴彦さんと伊織くんが七夕の日に交わした10年前のある約束。
今日はその10年後の七夕なのですが…。
約束の10年後にお互いの想いが通じ合う幼馴染みLOVE。

描き下ろしは、表題作と同時収録作品の4コマ漫画になります。
『ファーストインパクトたるや』
『始めまして、やっと会えたね。』
『ひなちゃんは思ったことをそのまま口に出すタイプ』
『ひなちゃんは人見知り。』
『親心 子知らず。』
『晴彦 10さいの思ひで』

全作品がピュアでフワフワとした可愛いお話です。
読後は、ほっこり幸せになれますよ。
個人的には、表題作でまるっと1冊読みたかったな。
エロがないのでBL初心者の方にもおすすめの作品です。