イサヲさんのマイページ

レビューした作品

女性イサヲさん

レビュー数0

ポイント数42

今年度179位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

新作を見れないなんて、もったいない・・・

友人に「すごいよー」と勧められ購入の初読作家さん。
なにがどうすごいのかは教えてもらわず、多少グロかろうが構いませんよとページを捲り、なるほどと唸る。
時系列がバラバラで、ちょっとわかりづらいけど、八敷、佐伯、鬼戸が見てるのは、同じ世界のはずなのに、全くの別物というところが恐ろしい。
特に佐伯においては、八敷と子供時代からの双方の感覚の大きなズレに戦慄。
いつどこでどう裏切られるのか常に番狂わせというのも怖い。
誰も信用出来ないよこんなの。
いつもニコニコ忠実そうな興津も、こういう人が敵に回すと一番厄介な気がします。
下巻に幸せが待っているとは思えなくて読むのが怖い・・・。

評判通りの萌え

長いこと人気が続いてる作品のようで、ずっと読みたかったんだけど、この作家さんの作品とあまり相性がよくなかったので、躊躇っておりました。
早く買えばよかった!なんという雄々しい美しさかなカルタカ!!
ジャンルはマイフェアレディ系ですな。いや、そこまで変貌させてはないからまたちょっと違うか。ターザン的な、あ!私ターザン弱かったんだった。
なんせ片言!カタコトってそれだけでかわいいから反則だよなと常々思ってるんだけど、毎度やられてしまいます。
それが野生的だったりすると相乗効果がね。ハンパない。
稜一郎が嫁ぎ先でどう暮らして行くか、ちょっと心配。文明の渦の中で生まれ育った日本人が辺境の地で果たして暮らしていけるのか?
そのへんの続編が出ないかな。
ペーパーにて、あの顔の模様は落としづらいペイントと判明。ノーメイクのカルタカも見たい!

良質なおっさん攻め

おっさん攻め。これですよこれ。これぞおっさんの正統派。
作者様が、お友達と会話してるうちに形になっていくキャラ設定。
ここまでは私も何度も経験がありますが、それを作品にできる才能が心底羨ましいです。

生臭坊主でエロヴォイス。オフの時のあのモッサリ感、悪ガキの頃からの腐れ縁の悪友とか(こっちの話はイマイチ盛り上がりに欠けたかな)もう色々夢設定ありがとうございます。
ヤンキー写真、私も見たかった。
もひとつの学園モノは、生徒会長がすでに立派なおっさん予備軍でしたね。また次作もおっさん路線、待ってます!

世にも奇妙BLと名付けました

表題作は、ラストまさかのってなるとこなんだろうけど・・・。
ほかの短編は、どれも心の動きがわかりづらかった。
幽霊の話は早い段階でオチが読めはしたけど、楽しめました。
そしてオメガバースですが、私はついていけず。
そもそも設定をあんだけ解説して読まないかんってなに。
ほかの作家さんでも読んだけど、やっぱ同じ前説ありで、ギュンッと醒めてしまいました。
BLとは一線を画するものとしてもらいたいなあ。

つたや家 コミック

吉池マスコ 

面白いのにどこか惜しい

あー久しぶりにマスコさんらしいマスコさんをハスハス堪能できてシャーワセ!!
でもなーでも四兄弟全部あますところなくは嬉しかったけども、ちょっとボリュームなさすぎでしょこれ。
一馬と先輩の馴れ初めとかくださいよっ。若気の至りな、金髪のゴリゴリな先輩見たかった。
あと時代物は「デリケートにキスして」のメンツ勢揃いで懐かしさと嬉しさで泣いた。
なにもうこれセルフ二次創作?最高です。
孫くんは変わらぬ可愛さと龍生はどの時代でも報われず、クズ全開でした。

楽しかった!!

もしかしてドシーのビバリさんかなと思いましたが、違うかな。
マルキ・ド・サドからのお名前でしょうか丸木戸マキさん。
朝田ねむいさん路線かと。
楽しかったー!しょーもない嘘ばっかつく先生に翻弄されてる久住青年。
騙されてることにも気づいておらず、素直に育ったのねーこの子。なんて微笑ましく読んでたら、私も騙されてた!
編集者との関係も、宅飲みのときにチラチラ垣間見えるあの感じが、すごくリアル。
終わり方も余韻を残しててすごく良かったし、カバー下もおしゃれです。
祥伝社さんのツイートによると、カバーの手書き文字は販売部の男性が実際に書いたものだそうですね。
こういうどうでもよさげな細部にこだわってる作品は、だいたい素晴らしい作品ですよ。うむ。

エロだけではなかった。

あれ?予想と違って内容がしっかりしてた。
三浦大輔監督に実写化してもらったら面白そう。
都会から地方へ流れた設定だけど、そのへんの侘しさとか寂れた感がもう少しあれば嬉しかったな。
そしてこれでもか的なシーンの連発だが、私ほんとこういうのなんともなくてですね。
心のEDなので、前半部分の花村の気持ちがよーくわかったのだった。
お店で感じの悪かったマスクの子はなんだったのかな。
途中出てくるかと期待してたのに・・・。

お守りくん コミック

tacocasi 

続編希望!

最近、これがホントやないかなと思うとです。キスどまり。
ここまででちょうどいいというとこで終わらせているように感じます。
どのお話もほっこり(´ω`)した~。
カバー下で、皆同じ町内での話やったんかい!となりましたが、そういえばどのお話にもチラッと公園が出てくるよね。
よく練られているこんなところも好きです。
ペロの話の時に登場する太のおでこの絆創膏が気になってたけど、表題作でまさかそんな理由だったとは、となりました。
どれも続きが読みたーい!ジャニコバは太よりガッチリでっかくなること希望。成人したふたりが見たいです。

愛があってほしい

1はすごく好きだったけど、こっちは微妙。ちょっとフォロ方さんかわいそうだし、ショタは正直しんどいし、なによりここまでゲスな銀さんは、ちょっとやだ。
商業でも下衆ッ子が特徴なはらださんだけど、もっとひねりと愛があるんだよなあ。
なので愛のある、写真スッパ抜きの話と、学生ものは好きでした。
この喧嘩ップル、もってあと2年だなとは思ったけども(笑)。
原作の銀さんの腕の肉付きが好きなんだけど、はらださんはそこが忠実でとても良し。
あとどうにかしてほしかったのは修正。これ、作品を冒涜してるレベル。

新作出るたびに唸る

バンドもの苦手なので、警戒しながら読んだけども、はらださんは。どこまでもはらださんでした。
しおりちゃんの兄が、やたももの元カレを思い出させた。てっきり妹とヨルの奪い合いかと思ったのに。
でもそうなってしまうと、よくある話になるんだと思う。
それをやらないのが、はらださんらしさになるんじゃないかなと。
さて、いちばん下衆かったのは誰だろう。
兄の舎弟か?いやあれは下衆とはまた違うか。
はらださんは暴力的な表現が徹底していて震えますな。