綾部悠さんのマイページ

レビューした作品

女性綾部悠さん

レビュー数0

ポイント数0

今年度--位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

普段のシリーズとはひと味違う

ボイスシリーズは全部買ってるので、今回もばっちり購入。いつものと装丁が違う……。見返しで普段とはテイストが違うという情報を得て読み始めると……。
桜庭先生の新境地がそこにありましたね……!!!

桜庭先生は安定した甘さ可愛さがあって、安心して読める作家さん、という認識だったのですが、こういうのをお描きになられても最高なんですね!!!の気持ち……!!!

執着攻め……好きなんですが、自分の中のストライクゾーンが狭いのか、ちょうど良く刺さる攻めというのにはなかなか巡り会えないのですが、今作の攻めさんは本当に良かった……!!
そしてそれ以上に最高だったのが、受けの方が前の恋を吹っ切り、攻めに対して本気になってからあらわになる執着……!!!あんなに焦がれていた前に好きだった人相手にさえ、冷たい態度を取れてしまうほどの変化……。ゾクゾクしましたね!!!
お互いに溺れ求め合う相互的な執着がここまではっきり描かれた作品はこれまで読んだことが無かった気がするので、大変に満足でした。

兎にも角にも、ますます桜庭先生のファンになってしまいました〜〜〜!!!
なお、これまでのボイスシリーズのキャラとの絡みはほぼ無い感じです。声優要素も薄めですので、その辺りを期待される方にはどうかな……?というのはありますね。

なんとなく「惜しい」

執着攻めは個人的に当たり外れがあるのですが、こちらは方向性としては当たり寄りだったかなぁ、と思います。
(単純に気持ち悪い感じではなく、敢えて演技でそういう雰囲気を演出したとことか)

ですが、全体的にあと一歩が足りないというか……。
ラブもエッチももう少し欲しかったです。
流されやすいタイプの子とは言え、千景くんが椎名くんを好きになるだけの動機がちょっと弱いと言えば弱いかな……?という感じ。

(西原先生の本は、あらすじに惹かれて買うものの、大体少しだけ肩透かし感があるなぁ、と思ってしまったり……)

約束された勝利のエロ

表紙からして絶対に好きだという予感があったのですが、本文読み始めたらやっぱり好きでしたね…………
小説家を扱った作品が好きだというのもありますが。

お話はきちんと筋道立てて展開しているのに、道中のエロの度にただただ「エッチだ…………」と語彙力を失います。そのくらいエロスに満ち溢れています。もう最高。
攻めの先生が、鬼畜系なのかと思いきや、積年の片想いを拗らせた執着攻めだったのは嬉しい誤算でしたね!好きです、そういうキャラ。
受けの夏目くんは、作中のプレイに使用される官能小説そのものの「男を覚え堕ちていくかつて無垢だった処女」という感じで、これまた素晴らしいです。
(彼をモデルとして小説を書いていたのだから、当然とも言えるのかもですが)

そして、潮吹き描写について!
個人的に好きな描写のひとつではあるものの、これまでなかなか良いなと思える描写に出会えてなかったのですが、こちらの作品は……やってくださいました。絶妙です。もう最高!!(2回目)

読み終わってみればひたすらに「えっちだったな……」という感想になってしまうので、つい初めから読み直してしまう。そしてまた語彙力を失う。
永久機関のごとく楽しみ続けられる、神がかり的作品かと!

こういうの待ってました!!!

最近履修した作品の影響で、ゾンビものに興味を持ちつつあったわたくし、本屋でたまたまこの作品を目にし「運命だ……」とそのままレジへ。

元々アクションやバトルを交えたBLが好きなのもあり、しっかり刺さりました!!
攻めは絶妙に格好良く、受けは守ってあげたい可愛さ(でもヤワじゃない!)で、その辺りのバランスも良いです。
淀川先生の画力の高さも相まって、ラブやエッチ以外の部分でも十二分に楽しめます!絵柄が綺麗めなので、ホラーやグロが苦手な人でもいけるかも……??
あとがきにハピエン目指してるとも書いてらしたので、安心して続刊も楽しみにさせていただきたい所存……!!

不器用な大人ふたりの回り道

読みながら何回も「違う、そうじゃない、そうじゃないんだよ〜〜〜!!!」ってなってました。
すれ違い方がハチャメチャにもどかしくてもどかしくて……!

「セックスから始まる恋愛」という題材がとても好きなのですが、そこに、お互いが過去の色々を引きずって恋をすることそのものに臆病になっている、という要素が入ることによって、一気に切なさが加速してます。
最終話辺りは「そこで!? そこまで来ててまだ拗れる!?」となりつつも、それにより、ふたりがついに心まで結ばれたことの感動もひとしおでした……
下の名前を呼び合いながらの想いあふれるセックス、最高としか言えない…………

何度も繰り返した「今度こそ」、失敗もまだ恐れているかもしれないけれど、最後にふたりで生きるための答えを得られて良かった。大満足の1冊です!!

愛されて、求められなければ意味がない という痛み

2話の「愛はギブアンドテイクだぜ」という台詞が、ずっと頭の中に残った。
洋一にひどくされても痛くても、望まれる自分であらねばと、取り繕い続ける眞白の姿が痛かった。
求められる自分、望みを叶える自分、それで得られるものは、愛ではなく「搾取」でしかないと、気づいていない訳ではないのだろうに。

だからこそ、大地に出逢えたことが何より尊く見えるし、昼の姿も夜の姿も、どちらも眞白のすべてではなかったのに、その両方をすくって、見つけて、愛してくれた大地に、どれだけ眞白は報われたことだろう。
繰り返してきた愛のない関係、家との軋轢、そういうので頑なだった眞白を、純粋な眞白への想いだけで、心も身体もほどいていく様は胸に迫るものがあります。

自分よりずっと生きるのが上手くて、眞白の一番ほしいものを幾らでも周囲から貰ってて(ゆえにその価値はわかっていなくて)、眞白が得たものも横からさらっていく弟の歪みは、読んでてしんどかった……。執着ではない、自分なりの幸福の形をちゃんと見つけられたらいいな、と思う。
大地が当たり前のように眞白を選んだ時、彼をこれまで苛み続けていたものは、溶けてなくなったのかもしれない。
ラストシーンの透明な泣き笑いが、本当の眞白の姿なのだろうな、と思った時、心から良かったと感じた。

月並みな言葉しか出せないのが心苦しいが、とにかく切なくて、だからこそしあわせで、ゆえにやっぱり切ない。そんな作品でした。

何度読んでもトキメキ必至!

もともと業界人ものが好きなので、期待値高めに読んだのですが……想像以上に素敵でした!!!何度も読み返してしまってます。

寿々さんが終始かわいい……というか、わたしのめちゃくちゃ好きなタイプの受けで最高でした!!トラウマ持ちで幸せを前に尻込みしてしまう子は本当に「良い」……
さらに大隈さんの絶妙な優しさ、甘やかし加減、愛し加減がそこに素晴らしくマッチしたのもあり、本当にクリティカルヒット!わたし特効!!だったのが評価への決め手。

想いが通じた後のあまあまで初々しいえっちがとても幸せに溢れていて、かつラストシーンの「大好き」が詰まった寿々さんの笑顔で、毎回突っ伏してトキメキを噛みしめてしまいます……。
キュンキュンしたい方にオススメの一冊です!!

おわる先生の手腕に感服!!

推し作家の新刊だーー!!と飛びついたものの、褐色か……しかも受けか……好みの属性とは言えないんだよな……。俺様タイプはどちらかと言えば攻めの方が好きだし……と思いつつページを捲り始めたわたし……。
読み終える頃には、ファティ様かわいい!!カドリくんとしあわせになれて良かった!!と熱い掌返しを起こしていました……。これっぽっちも興味が無かった褐色肌の艶めきにさえ萌えを感じる……。
これはもうひとえに先生の手腕の素晴らしさに他ならない、としか……!!

とりあえず褐色を理由に手に取るのをやめた人は、一度騙されたと思って読んでみて下さい。
また新たな扉を開かれてしまったぜ……。

サーデクさんとラビくんのカプはめちゃくちゃ好みだったのもあり、ただただ最高でした!!ありがとう!!!

メトロ コミック

本郷地下 

クライマックスの台詞が刺さる

本郷先生は元々一般向けの別作品で知った先生だったので、BL描くんだ!?と思って手に取った一冊でした。
結論から言って、買って良かったです。本当に良かったです。最高でした……。
灼けつくような情と繋がり、ふたりのギリギリを這うような危うい逢瀬が本当になんとも言えないです……。
自分も創作をしたりするのですが、こんな作品が書きたい……と思ってしまった……。

「僕だけのために 苦しみながら生きて下さい」
クライマックスのこちらの台詞が、めちゃくちゃ性癖に刺さりました。
この台詞にグッとくる方は、是非お読みになられた方がいいです。本当に!!

甘々エロが好きな人にはおすすめかも

表紙の絵が好みで購入しました。
終始「え、えっちだ…………!」とぷるぷるしながら読ませていただきました!
ひたすらに甘くてえっちでキュンキュンで、安心して読める一冊ですね。
催眠マッサージなるものを扱った作品を読むのは初めてだったので、新たな扉を開いてしまった気持ち……。
受けの一志くんがまたこう……可愛いんですよね!
普段は年上攻めを好むタイプなのですが、年上受けも良きだな……と思ってしまった。(ありがち)