綾部悠さんのマイページ

レビューした作品

女性綾部悠さん

レビュー数0

ポイント数1

今年度859位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

絵はかわいいが

内容にちょっと厚みが足りなくて物足りなさを感じてしまったかな……。

絵柄はかわいくて好きな方ですし、色葉くんと北村さん、小川さんとかのキャラクターは割と好みでした。エッチシーンも程よいエロさもあり悪くはない。
しかしながら、キャラ同士が惹かれ合うまでの描写が希薄というか、なし崩し的に事に及び過ぎというか……?
好き合ってるんだな、というのはなんとなく感じられなくはないものの、やっぱりちょっと物足りない……。キャラの心情がわかりにくい所があり、不完全燃焼感がありました。

いろいろと「惜しい」かな、という1冊。

かわいくってライトなSM

音海先生の作品は、ストーリーの面白さと性癖に信頼が置けて大好きなので、本作もウキウキで読みました!!!

受のカナくんの流され具合と抵抗のバランスが絶妙で、徐々に進んでいく城戸さんとの関係がもう本当に色んな意味で手に汗握っちゃいます……!
ハードすぎない緊縛プレイは、そういう描写はちょっと……という方にも読みやすいかな?と個人的には思います。過去作の『寮監さんは時々いい子。』から、信頼性の高い緊縛です(?)
音海先生の描かれるエッチシーンの受くんの表情が本当に好きなんですよね……とろとろでかわいくて…………。

ストーリーの進み方のテンポも相変わらず良く、甘さやドキドキの中にスパイスのように絶妙に織り込まれたすれ違いと、それに一役買ってくれる綾川さんのポジションが、ハッピーエンドを予感していてもハラハラさせられて良かったです……!
余談ですが、サブキャラさん達の中ではハルくんがめちゃくちゃに好みだったので、綾川さんとの絡み含めて出番多めで最高でしたね……!!!

SM描写が特別好き、という訳ではない当方でも十二分に楽しめる1冊でした!
すこしアブノーマルめなBLにチャレンジしてみたいかも……という方にもオススメできると思います!

(この本で初めて「マミフィケーション」というものを知りました……またひとつ知識が深まってしまった……)

「BLとか無理」って人にこそ読んでほしい

ずっと読みたかった本作、先日ようやっと手に入れることが出来て拝読しました。

結論から申し上げると、このような素晴らしい作品を描かれる作家さんが、もうこの世界にいらっしゃらないということが惜しくて惜しくてならない……。

冒頭は大河の無神経さ加減に「マジかこいつ」って引いてしまったが、それの背景にあるもの、問題を自覚して変化を求めていく姿には、だんだんと「頑張れ……!!」って気持ちでいっぱいになっていきました。
対する優の過去にあったものはあまりに重く、長く何度も苦しみ続けながらも、前に進もうとする彼の姿には胸が痛む……。
早く、早く大河に彼までたどり着いてほしい。救い上げるなんて大それたものじゃなくていいから、っていう祈りみたいなものを抱えながら読み進めました。

個人的に、大河のお父さんが、守れなかったものは多けれど、ひとりを救ったヒーローであったという演出がすごく好きです。彼の息子である大河が、また違う形で優に手を伸べる存在であったという運命的具合も含めて!

ストーリーがとにかくしっかりしているし、キャラクターが成長していくのを本当に間近で見ているようで、BLレーベルの本を読んでて「手に汗握る」という感覚になったのは初めてです……!
世界に読まれるべき物語なのではないかな……という1冊でした。本当に読めて嬉しいです!!

作品全体の雰囲気が素敵

正直作家さんのことはあまり好いてはいなく、でも読まずに批判なんて出来るはずもない……と読んでみたのが始まりでした。
読了した今、白旗を掲げて呻きつつこのレビューを書いている次第でございます。

序盤でいきなりキスとかしちゃうんだ!? と、ドキドキしながらページを捲るも、その後は逆にもどかしいくらいに関係が進展せず、何度「いやもうそれは恋だから! 恋なんだから……!!」と背後からヤマトくんを突き飛ばしたくなったことか……。

港くんの危うくて不安定なのに決断力のあるところとか、ヤマトくんの優しいようで優しくないとこや臆病だったり欲張りだったりするところが、すごく人間的で、読み終える頃にはめちゃくちゃ二人が好きになってしまったので、あのエンドで本当に良かったという気持ち……!!!

個人的にドキドキしたシーンは、ベーシストとのプレイをベッド下で聞く羽目になったヤマトくんのシーン。あと、終盤のAV流しつつの不埒な絡みが良かったです……(具体的すぎる感想)
想いを通じ合わせてからのヤマトくんの甘えっぷり、めちゃめちゃに可愛いので、ほんと何度でも言いますがこのエンドで良かった……!!!!

めでたく今年読んで良かった本の1冊になりました!!

表紙とは方向性が違うかも

表紙絵ですごくアブノーマルな雰囲気を感じて、たまにはこういうの読んでみたいな〜と思って手に取りました。
ちょうど気になってた作品の作家さんだったこともあり、期待値は高めでした。

表紙のドッグマスクを着用したスタイルでのエッチは最初の一度きりで、あとは割と普通のBLって感じなので、倒錯的なプレイを過剰に期待すると肩透かし感があるかもです。
本編中のドッグマスクというアイテムにまつわるエピソード(カバー下にも情報あります)を思うと、あまり積極的に使いたい感じのアイテムではないのかもしれませんが……。

ストーリーは、良くない言い方をすると「ご都合」感がちょこちょこあるので、いやこんな都合良く事が運ぶ訳ないだろー!! と思ってしまう方も居るかも……?
当方はハッピーエンドが好きなので、こんな展開もまあアリかなあとは思うのですが、ハピエンにしつつご都合にならない話運びって難しいんだなあ……と。

エッチシーン自体は絵が大変好みかつ線が美しいのもあり、満足度高めです……!!!
シチュエーション的には多少人を選ぶ(人前とか野外)ものもありますが、その辺も個人的にはサラッと楽しめる感じだったので良かったかな〜と思いました!

御託はいいからエッチが見たい

そんなあなたにオススメの1冊。

セックスから始まる関係、というのは割と好きなので、始まり方は悪くなかったですね。
ただ、割と葵さんが性欲ありきでふわっと行動してしまうので、もう少し伊織くんのこと気にかけてあげて……!!と思ってしまうシーンはちらほらありました。

本編のほとんどを占めるエッチシーン自体は、絵柄が好みな方なのもあって満足度高めです!
そこまで特殊なプレイは無いのと、好意の自覚が遅かったのもあって、好きだからとろけちゃうというより気持ちいいからとろけちゃう、みたいな感じのエッチが大半なのが少し惜しくはあります(伝われ)

個人的には3P未遂被害者トオルくんと同僚の五十嵐さんの行く末が気になってしまう……。

雄っぱいがすごい

ほかのことはなにもおぼえていない

嘘ですすみません
でも普段雄っぱい推しじゃない自分にもガッツリ刺さる良き雄っぱいでした
とにもかくにもシンプルに「最高」って感じの一作でした!!!終始ドキドキしながらページを捲りました!!!

始めはキャラが推しカプにちょっと似てるなあ……みたいな不純な動機で手に取ったのですが、読み進めるにつれて、伊吹さんが抱える過去の傷が、多賀さんのまっすぐな愛を受け入れることに対して足踏みをさせているのがもどかしくて、ハラハラして仕方なかったです。
元カレ大垣さんがとにかく自己中に感じられて「なんだおまえ〜〜〜!!!!伊吹さんがしあわせになる邪魔をしてるのも知らないで〜〜〜!!!!」という気持ちになったりもしましたが……。

終盤、彼の結婚式への参列を蹴り、お見合いをしている情報のあった多賀さんの方へと向かったところで、彼は本当の意味で過去から解放されて前に進めたのだな、と思ってとても嬉しくなりました!!
専務のお嬢さんに宣戦布告するシーン、めちゃめちゃ好きです。最高です。

そして、本編中に盛りだくさんのエッチシーンがバリエーション豊かで、雄くささ溢れる感じのエッチがお好きな方には大変おすすめできるのではないでしょうか!!!!
普段はキレイめなキャラクターを好む私でもとっても満足できました〜〜!!!

とにかく素晴らしい1冊だったので、これは永久保存だな……と思ったりしている次第です。

魂が震える良作

まず開始数ページで蓮さんの口調が好き〜〜〜!!!好きなタイプの受けだこれは……!!!となってしまって、それからはあっという間にのめり込んでしまいました。

もう言語能力の方がついて来ないのですが……
なんというか、無意識のうちに自分が神様の翼をもいでしまったことに気づかないうちに、神様はその光を失っていってしまう。
けれども、多くの人からわかりやすく見える光そのものに一体どれだけの価値があっただろうか、例え光を失って地に落ちて神がただの人になっても、彼は、橅木は蓮さんを愛していた。その才能が褪せていないことを信じていた。与えられる愛を飲み込み、無垢に欲を覚え、そうしてたくさんのものを取りこぼした代わりに、新しいものをたくさん得た。
神が再び翼を携え、羽ばたくまでの始まりの一歩。
そんな感じのお話でしたね……語彙力が来い……

ハッピーエンドとしてはありがちかもしれない、新しい作風も世間に受け入れ認められる、という展開にはならなかったのが、また苦味を孕んでいて良かったですね。
ラストの、絵に囲まれながらそれを描いた人間を抱くシチュエーションの倒錯感たるや……。

この先きっと、何度も読み返してしまうだろう作品に出逢えて、本当に良かったです!!!

普段のシリーズとはひと味違う

ボイスシリーズは全部買ってるので、今回もばっちり購入。いつものと装丁が違う……。見返しで普段とはテイストが違うという情報を得て読み始めると……。
桜庭先生の新境地がそこにありましたね……!!!

桜庭先生は安定した甘さ可愛さがあって、安心して読める作家さん、という認識だったのですが、こういうのをお描きになられても最高なんですね!!!の気持ち……!!!

執着攻め……好きなんですが、自分の中のストライクゾーンが狭いのか、ちょうど良く刺さる攻めというのにはなかなか巡り会えないのですが、今作の攻めさんは本当に良かった……!!
そしてそれ以上に最高だったのが、受けの方が前の恋を吹っ切り、攻めに対して本気になってからあらわになる執着……!!!あんなに焦がれていた前に好きだった人相手にさえ、冷たい態度を取れてしまうほどの変化……。ゾクゾクしましたね!!!
お互いに溺れ求め合う相互的な執着がここまではっきり描かれた作品はこれまで読んだことが無かった気がするので、大変に満足でした。

兎にも角にも、ますます桜庭先生のファンになってしまいました〜〜〜!!!
なお、これまでのボイスシリーズのキャラとの絡みはほぼ無い感じです。声優要素も薄めですので、その辺りを期待される方にはどうかな……?というのはありますね。

なんとなく「惜しい」

執着攻めは個人的に当たり外れがあるのですが、こちらは方向性としては当たり寄りだったかなぁ、と思います。
(単純に気持ち悪い感じではなく、敢えて演技でそういう雰囲気を演出したとことか)

ですが、全体的にあと一歩が足りないというか……。
ラブもエッチももう少し欲しかったです。
流されやすいタイプの子とは言え、千景くんが椎名くんを好きになるだけの動機がちょっと弱いと言えば弱いかな……?という感じ。

(西原先生の本は、あらすじに惹かれて買うものの、大体少しだけ肩透かし感があるなぁ、と思ってしまったり……)