motitakahoさんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性motitakahoさん

レビュー数97

ポイント数380

今年度24位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

ぜひCDと合わせて!

ドラマCD2の方を持っていて、二見先輩と志馬ちゃんの話目当てに購入しました。
さち先生の絵は可愛いのにエロがしっかりえろくて良かったです!
二見先輩は最初まじでゲスなんですけど、実はちょっと意地悪しただけでちゃんと志馬ちゃんを好きなことが分かるので良かった。なんたって志馬ちゃんがほんと〜に健気で可愛い(⸝⸝ˊ࿀ˋ⸝⸝)
顔真っ赤にしながら泣きながら怯えてるのが~タイトル通りのまさにはじめての!って感じで萌えました。
付き合ってからの、先輩のを咥えてる顔は最高でした。いろいろBL読んできたけど、ベストオブフェラ顔ですね…

残りの2カップルのはCD持ってないんですけど、違ったかんじでどちらも可愛いカプでした!幼なじみ良い!そして全部エロいです。

CDもエロに特化したかんじのものなのでストーリー性を求めて読むなら弱いかもしれませんが、私は大満足な内容でした!

PLAYMATE コミック

綿レイニ 

キャラのギャップが良かったかな

ゲイアプリで知り合ったふたり、実は同じ大学の先輩後輩。地味可愛い系の初心者受けと、セフレ多数のイケメン攻め。

ライバルや当て馬は出てこず、なんだかんだ両思いなのに素直になれず遠回りしちゃうかんじです。ちょっとだらだらした感じもあるけど、絵が綺麗なのとキャラクターが良かったおかげでなんとか飽きずに読めました。

攻めの大和が最初に「キスはしない」とか「恋人は作らない」みたいなことを言っちゃうから、しまちゃんは好きになってはいけない!とセフレの関係でいようとするんだけど、大和もしまちゃんを好きになっていくんですよね。もう両思いじゃん!言ってしまえー!と思うのに、大和が面倒くさい笑
最初の印象は後輩だけど余裕なイケメンキャラかと思いきや、結構だめだめでした。付き合ってからはしまちゃんに主導権を握られかねないなぁ笑

春樹に幸せになって欲しい

pixivから読んでて楽しみにしていた作品
BLを感じ取れないこともないこの作品ですが、私はただ単純に物語としてかなり素敵な作品だと思いました。

あらすじは省いて、好きなシーンについて少し。

仕事では常に気を張って情がないような春樹が、パパの前ではにこにこ、特に動物園のシーンなんて可愛い。そして、雨の中濡れながらも春樹を持ち上げるパパの雨に濡れた笑顔にきゅん。本当の親子ならただ微笑ましいシーンなのですが、擬似というだけでどの幸せなシーンも少し切なさを感じでぎゅっとなってしまいます。

親子だからこそ分かち合えるものもあれば、擬似の親子だからこそ分かち合えるものもある。本当のお父さんに言えないけど、灰田さんには言えることもある。どっちが、ではなく、どちらも素敵な親子関係だなぁと思いました。私も、親に言えないこと、親だからこそ言えないことたくさんあります。本当の自分を否定せずそばに居てくれる人って貴重な存在だなぁと思いました。

灰田さんのおかげで、仕事の春樹も少し柔らかくなって良かったね、と思う反面、春樹はパパに恋をしてしまったんですよね。なんだかんだ言って、本当の家族との問題は解決してはいません。
灰田さんに恋愛感情を持った春樹はまた、本当のお父さんと同じように後ろめたさを持ちながら今度は灰田さんにも隠し事をして生きていくのでしょうか…なんか少し悲しい。
何でもかんでもBL展開を求めるわけではありませんが、春樹に幸せを…と祈らずにはいられない切なさが残るラストです。

続きを読みたい…と思いつつ、この親子愛とも同性愛とも取れるラストが一番ちょうどいいいいのかなとも思います。
緒川千世先生は別名義のも読んでますが、本当にいろいろ書けてすごい…
カバー裏のラフもとても素敵で、私は大好きな作品でした。(ちょっと泣けた)

キャラが良い

絵があまり好みではなく読んでいなかったのですが、人気作品ということでレンタルで読んでみました。既刊全て読み終わりからの1巻から感想です。

当初は読み切り意識だったからなのか?でも、他の短編見る限り作者さんの描き方なのか…
やたらエッチに持ってくのが早いなぁ〜という印象を持ちました。とにかくエロが多い。一応ストーリーはあるものの、なんか体目当てなの?て思ってしまう〜
続刊読めばちゃんと恋愛物語なのが分かるんだけどね。最初の挿入が、慣らしもせずにいきなり襲って…っていうのはびっくりしました。

この作品からBL読んで好きになりました!っていう人が結構いるみたいですが、初めてのBLがこれってすごいなって思う…まぁ今の少女漫画も過激ですから受け入れられるのかな。

とはいえ、ギャグ要素もあり、作者さんはキャラ作りが上手い印象を持ちました。正直、絵は好みではないですが好きになってしまうキャラといいますか。展開は少し早いと思うところもありますが、キャラが生き生きしてる感じは読んでいて次のページに進みたくなりますし、続きを読みたくなります。
なるほど、これが人気作品か〜なんだかんだいいつつ、続きが出たら読むと思います笑

ハッピーオメガバース

ハッピーでまるでディ〇ニーのような、BL版シンデレラのようなオメガバースでした!
オメガバースは読んでてキリキリしちゃうのが多いので、何も考えず楽しく読めて良かったです。

主人公の総一郎が、最初エリートで眼鏡で潔癖症で、恋はしない!とか言っちゃう真面目でクールなキャラかと思いきや、キャラ変が凄かった笑
運命の番に出会った途端、王様に流されっぱなしだし顔も赤くて女の子のよう!

運命の番が異国の王子様だったなんて壮大な設定ですが、王様も最初から総一郎にメロメロで、周りの人(お兄さんは最初ちょっと邪魔するけど)も良い人ばかりなので当て馬や問題もなく安心して読める感じでした。

唯一の問題だったのが、王様がΩは男でも妊娠出来ると知らなかったこと。それが原因で誤解を招きちょっと一悶着あるけれど…それもギャグのように解決。
ヘリから登場しての告白は本当に大袈裟な少女漫画のよう!もうめちゃくちゃハッピーエンドなお話でした。

ちょっとダメな大人と真っ直ぐ少年

有名な作者さんですが、実は初読み。
絵も綺麗で、表紙とタイトルのように甘酸っぱくて可愛い良い作品でした!他の作品も読まなきゃ!

大学進学の為に、ひとりウィーンから以前住んでいた平屋に戻ってきた主人公の愛。ある日、前の住人だという倫太郎が現れる。いつかこの思い出の家を買い戻すことを夢見ていた倫太郎だったが、両親を亡くし目的を見失ってしまいます。どこか寂しげな倫太郎に、愛は家に来てもいいよと言い、一緒に時を過ごすようになります。

倫太郎は28歳、愛ちゃんは19歳くらいかな。
倫太郎はイケメンだけど、部屋にいる時はお酒飲みながらぐーたら、1円でも安いビールを探して歩くとか、ちょっとダメな大人かと思いきや、仕事の時は別人のようでギャップが良い〜!
愛ちゃんも見た目可愛いけど、中身しっかりもので世話焼き。一見、倫太郎が愛ちゃんにお世話されてるみたいだけど、ちゃんと愛ちゃんが怖い時や寂しい時を察知してそばに居てくれる倫太郎はやっぱり愛ちゃんより大人。

出てくる登場人物はほぼこの2人のみで、大きな家で2人で過ごす時間を丁寧に描かれていて、2人のじゃれ合う姿にほっこりします。

倫太郎がもうここへは来ない、と言ったシーンは辛かったけど、その後のまだ大人になっていない愛ちゃん特権の真っ直ぐな追いかけが良かった!
ちょっと弱いダメな大人が大好きなので、倫太郎のキャラは個人的ヒットでした。

エロは最後までは無いですが、2人の日常を丁寧に描いている分、空気感の違いにどきどき出来るので良かったです。

フラメンコ…

1巻まるまるスペイン編!続きものならではってかんじのお話ですね。
5巻では高人の身内について触れていましたが、6巻ではチュン太の親やらスペイン時代の友やらが出てきて、どんな環境で育ったのかが分かります。

高人の渾身のフラメンコの踊りからの、「はぁ」しか音がない6ページ半にもわたるエッチシーンはちょっと続きすぎて少し笑ってしまった(ご、ごめんなさい)

個人的に卯坂さんと在須さんの関係が気になる!
卯坂さん、見た目めちゃくちゃ好みなので、え、この人もblしちゃうの!と今後が楽しみです…

チャン太の反撃!

少し辛い3巻を絶対取り返して一層ラブラブになるんだろうな!ともう、既に予想しての4巻!
漫画ならではのこのどんでん返し(ていうの?)良いですよね。

しかしさすがなチュン太!あれだけのピンチも意外とあっさり?どうにかなるもんだ。
長谷川さんにも幸せになってもらいたいなぁ。クリームパン頬張る写真、可愛いかった。

ここまで読んどいてあれですが、あまり絵が好みじゃないため、今まで高人さんのこと絵的には魅力あまり感じでなかったのですが、(話と合わせると魅力あるよ。絵だけの問題でならということです。)別れたくながった…っの泣き顔はめちゃくちゃ良かったです。今まででいちばん可愛いと思った。だんだん絵も受け入れてきた自分がいる…!

チュン太惚れる!

無人島でチュン太が万能ナイフで謎の特技を披露するなど、ツッコミ満載なハワイ編からスタート
と思いきや、4巻は芸能人の敵、パパラッチ登場。

最後に飽きるまで抱かせてやるよ、からのあのシーン
チュン太のいつもよりちょっと冷たい意地悪な言葉責めがたまらない。高人も、自分から言った手前顔真っ赤にしながらちゃんとやるのが…

そして、お家でひとりチュン太のことを思いながらしちゃう高人さんのシーンも良かった〜
辛い巻なんだけども!エロに関してはかなり好きな巻でした。
高人さんに見えない影で動くチュン太がかっこいい!執着の鬼の見せ所ですね。なんか既にどうにかしてくれるんだろうなという安心感がすごい。

本編の空気から一変、その後 の高人さんが「もっもっ」ってご飯食べてるのをにこにこ見てるチュン太の絵が癒ししかなくて可愛かった!♡

過去編!

3巻にきてやっと、チュン太がなぜ高人を好きになったかとかが分かる出会いの過去が分かります!

正直、1巻を読んだ時はほぼ無理やり襲っちゃうチュン太についてけなかったり、急な展開多いなー丸め込まれてる巻あるなぁとか思ってたのですが。

この3巻では丁寧にチュン太の心の動きが描かれていて、なにこれキュンとする純愛じゃん!ってなりました。
最初は欲がなく、そつ無く生きていたチュン太が、高人さんに会って変わってくのが、今のグイグイくるチュン太が考えられないくらい恋に悩んでいるのがもう、きゅんてしました。
その時は気持ちを抑えて、1年待ったなんて!
この話を読んでから1巻をまた読むと、また違った感じで読めます!
こういう出会い編とか大好きです。3巻、1番好きかも。