平良さんはモテたくない

tairasan wa motetakunai

平良さんはモテたくない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×29
  • 萌13
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
121
評価数
32
平均
3.8 / 5
神率
28.1%
著者
佐木かやの(SK) 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人uno!
発売日
価格
¥800(税抜)  
ISBN
9784801969667

あらすじ

ごく普通のリーマン・平良浩介は、
なぜか男を惹き寄せてしまうオトコ限定モテ体質。
痴漢・セクハラ・ストーカーなどの危険に日々さらされている。
そんな平良が体質を気にせずに気を許せる唯一のお店「なごみ」。
学生時代の先輩で店長の河野と、その甥でバイトの司くんだけは
平良の体質に惑わされることはないと思っていたのに
突然、司くんから告白されてしまった!
男からの告白なんて、いつものことなのに、
なぜか原因不明のドキドキが止まらなくなっちゃって!?

厄介な体質のせいで恋愛未経験のリーマンと
頼れる年下男子の前途多難なピュア甘LOVEストーリー♡

表題作平良さんはモテたくない

河野司,22歳,叔父のレストランを手伝う大学生
平良浩介,26歳,男に好かれる体質のリーマン

その他の収録作品

  • 平良さんて人は(描き下ろし)
  • カバー下・登場人物紹介&SS

レビュー投稿数8

ネタバレありです!がっつりネタバレですのでご注意!

同性から異常にモテる不思議な受け様主人公。唯一自分をおかしな目で見ずに接してくれる行きつけの小料理屋さんで働く攻め様。
いい感じのテンポで話はすすみ、受け様を守る攻め様の姿に胸キュンでした。
想いが通じ、あとはイチャラブかな?と思いきや、まさかのスピリチュアルな流れに!
ストーリーの思いがけない裏切りがかなり面白かったです(笑)
作者様が、なぜ同性からモテるようになったかと裏付けをくださったのですが、これが良い仕事をしてくれまして!
呪い?により、周囲から求められて困ってきたけど、呪いが解消したら、攻め様は自分から離れていっちゃうんじゃないかと不安になったり、呪いをとくため攻め様と出向いた後、頻繁に自分のことをまだ好きか気にする受け様のかわいさが大爆発してくれます。ご馳走です!!
ちなみに攻め様の激甘な愛情表現はクラクラしました。受け様を守るため過保護を極めるのも、優しい言葉をかけるのも、糖度めっちゃ高いので最高でした。

色々書きましたが、お話がすごく面白かったなーというのが一番の印象です。
あとは、セッにいたるまでの慣らしというか、準備とか段階が丁寧に描かれていて、念願の繋がる夜は濃厚に愛の溢れるセッが読めました。もどかしさ(じらしかな)最高です。





0

それは確かにモテたくない

なぜか男ばかりに好かれる体質を嘆き、もう男にはモテたくない!と思っているのに、あらゆるシーンで男からアプローチを受けてしまい精神がすり減る日々を送るリーマンの平良。

そんな平良は体質が効かない?高校時代の先輩・河野と甥の司がいるレストラン「なごみ」に通うことが唯一の癒し。

しかし、ある日司から告白をされ、司くん、やはり君もか…と思ったのも束の間、今までの経験上あり得ないくらい胸のドキドキが収まらなくて…。
まさか、これが恋…?と自覚する平良ですが、だいぶとすっとぼけていて、自分は司に好きと伝えていないのにお付き合いをした気になりひとりで突き進んじゃったりして、司を翻弄する天然さん。

普段は控えめで落ち着いているのにエロいターンになるとしっかりがっつく司がかわいい。

そして、平良の体質がまさかの神様絡みのスピリチュアル系だったという展開に、個人的にはなるほどそうきたのか〜、と飲み込んだのですが、一見ノーマルそうな作品ではあるので、急なぶっ込みに好みは別れるのかもしれません。

トータルでは面白いお話で、平良と司のキャラも好きなのですが、司が平良の体質に反応しなかった理由がはっきりとわからなかったのでそこはちょっと気になりました。
あと、瞳の描写が特徴的な作者様だなあと思いました。

最終的には無事体質も元に戻り、平良の念願だった優しくて気配り上手で料理上手で可愛い恋人と結ばれてラブラブになって良かったです。

2

モテ体質なのにモテない男の恋物語

今回は叔父のレストランでアルバイトをする大学生と
同性にだけモテる体質でトラブルの多い会社員のお話です。

謎のモテ体質で恋人の出来なかった受様が攻様の恋人になるまでと
ライバルを気にする攻様の短編続編を収録。

受様は都内で1人暮らしをし、毎朝通勤電車に揺られて会社にいくごく
普通の会社員なのですが、高校に入った頃からなぜか"同棲に好かれて
しまう"という厄介な体質に気付きます。

同じ学校の生徒に告白された時には男子校だからか!? と軽く考えてい
ましたが、通学中の電車での痴漢、男性教諭からのセクハラ、待ち伏
せするストーカーまで現れて、危険を回避するために躱し方や逃げ方
を覚えるようになります。

卒業で男子校から解放されれば事態は変わるかと思っていたのですが、
大学でも社会人になっても男しか寄ってきません。それなりにはこの
体質と上手く付き合ってきますが、受様だって可愛い恋人とラブラブ
したいのです♪

受様がそんな愚痴を言えるのも、受様の体質の影響を受けない学生時
代の先輩の前だけで、彼が経営している小さなレストランだけが受様
の唯一安心できる場所となっています。

毎日車両を変えている電車でも痴漢に遭った受様は今夜も先輩の店に
向かい、飲みつつ愚痴っていました。そんな受様に新メニュー候補と
試食品をサービスしてくれたのは先輩の甥っ子である大学生バイト君
で、受様は喜んでご相伴に預かります。

この大学生こそが今回の攻様になります♪ 攻様はいずれ自分でも店を
やりたいと叔父の店を手伝っています。受様は攻様の料理の腕を買っ
ていましたし、優しく気の利く攻様はモテるだろうなと羨ましくも
思っていました。

受様はいい気分で帰路につきますが、アパート前では周囲の警戒し、
玄関回りの不審物の有無、戸締りも確認しないと自宅にも帰れない
生活はかなり疲れます。

帰り着いた頃に焼酎2杯で軽く酔っぱらった受様を心配した攻様から
メールが届きいい気分で眠りにつきますが、翌日は厄介な取引相手と
の打合わせが待っていて、フラフラになってしまいます。

その相手とは仕事は一級の売れっ子デザイナーですが、言動がクズ過
ぎる男で、今日も奥さんが妊娠中なのを良い事に受様にコナを掛けて
きますが、社会人としては逃げの一手で乗り切るしかできません。

午後の業務に備えて験直しに先輩の店でランチをしようとしていたの
に、偶然なのかつけてきたのか、クズデザイナーに見つかってしまい、
ランチを食べ損ねてしまうのです。

そこでなんとか仕事を終えた足で先輩の店に立ち寄るのですが、なん
と件のデザイナーが「良さそうな店だったから」と食事をしていて、
受様はさらにテンションが下がり、攻様にも心配されますが、仕事上
の付き合いがある相手なので無下にできません。

軽く仕事の話を振ってみると「いい加減受様からご褒美が欲しい」
「よくしてあげられるよ」等と腰を取られます。殴りかかりたい気持
ちを何とか抑えた受様でしたが、受様を助けようと割って入った攻様
が殴られそうになり、思わず投げ飛ばしてしまうのです!!

果たして受様の命運はいかなることに!?

電子連載をまとめての紙書籍化で、同性のみ威力を発揮する謎のモテ
体質の受様とお気に入りのレストランで働く大学生アルバイトのラブ
コメディになります♪

なぜか同性にのみ異常なモテ方をするという設定は、BLではけっこう
王道な設定ですよね。展開としてはそのモテ体質故に嫌いな相手なのに
猛アプローチを受けるとか、好きな相手に好かれるけれどモテ体質だか
らじゃないかと悶々とするなどなど、どんなバリエーションを効かせる
かが作家さんの腕の見せ所かなと思います。

受様は厄介なモテ体質により神経を使う毎日を送っていて、普通に接し
てくれる上に気配り上手で料理上手な攻様を良い子だと思っていました
が、攻様が受様への気配り満点だったのは受様に恋をしていたからだっ
たのです。

そしてそんな攻様に告白された受様も今までのストーカーやセクハラ男
に迫られた時には微塵も動かなかったのに、告白されて以来攻様と会う
とドキドキが止まらなくなるのですよ (^-^)

このままラブラブか!? と思いきや、受様と恋人なった攻様が受様のモテ
体質に疑問をもつ事から、ちょっと変わった展開になっていき、2人が
ちゃんと(笑)恋人同士になるまで、ちょっとした紆余曲折的ハラハラも
あり、恋の決着点にワクワクしながら楽しく読ませて頂きました。

受様がけっこう天然君で大人の余裕で攻様をリードしようとするも、
"初めて"故になかなかうまくいかなかったり、想像だけで先走ったり
するのがとっても面白かったです。

受様のモテ体質が実は・・・という流れは人によっては好き嫌いが出そう
ですが、ラブコメなら多少のハチャメチャもスパイスでOKと言う方に
は楽しい1冊だと思います。

カバー下には叔父の様子に何かを察する叔父さんのSSがありますので、
忘れずにチェックしてくださいませ。

0

モテまくる男の話

男にモテまくるという厄介な体質の持ち主が主人公のお話なのですが、意外にもファンタジーな作品でした。


男にモテる平良は、痴漢・セクハラ・ストーカーなんでもホイホイ(男に限る)
唯一自分に興味を示さない定食屋の河野と甥の司が心の拠り所。
しかし、ある日その司からも告白されてしまった平良はーー…!

司に告白された平良は、なぜかドキドキが止まりません。
ですが、平良の恋愛経験値が低すぎて少し焦ったい!
一人で考えて先走って、告白をすっ飛ばしちゃうというね^^;

年下だけど頼りになる司と両想いになり、これからラブラブ編?と思いましたが、ここから思わぬ展開に……

両想いになっても相変わらず男たちから熱視線を送られる平良が心配な司は、平良の体質のルーツを探り始めます。
すると、高校のGW明けからの変化だということが判明し……と、展開していきます。

古い神社の祟り?的な影響で男にだけ好かれるようになった平良。 
ここは、突然のファンタジー展開にちょっと戸惑いました^^;

そして話は、呪いを解いたら司の気持ちも覚めるのでは?という切なくて、不安な流れに……

無条件に平良に好意を示す男たちとは違い、平良をいつ好きになり、どんなところが好きかハッキリ示す司。
とにかく、司が男前です。
学生だからもちろん子どもっぽいところもありますが、ブレが無い一本筋の通った男の子っていう感じがしました!

呪い?を解いても変わらない司の想いにホッとしましたし、それでも不安で3分に1度気持ちを確認しちゃう平良も可愛いんだ^^

で、二人は初めて挿れるHをしますが、淡白そうに見えた司が絶倫だったのが良き!
無自覚に煽る平良が、擬音タップリのHで抱き潰されるところに萌えました♡

一つ気になったのは、時々キャラの目が怖かったところ。
目が笑ってないというか、エロ目のような書き方が気になってしまいました。
私だけかもしれませんけど^^;

4

平良さんの魅惑のフェロモンでモテる、でいいじゃない。

平良さん的な、日常生活に支障が出るほどのモテは、BLあるあるなんだけど、うーん。
実はそんなでも無かったりするという物語。

思春期から始まったという、男限定でモテまくる平良さんは、日々痴漢に遭ったり、狙われたり、ストーカー被害に遭ったりと、結構大変な日々を送っている。自分の特殊なフェロモンなのかなんなのか。学生時代の先輩、河野さんと、その甥っ子、司くんだけにはどうやらそれは効かないらしくて、家よりも癒される大切な存在。河野先輩の店で、司くんのお料理を食べるのも楽しみで、週に何度も通っていた。
もちろんお決まりの様に、そんな風に心を許してくれる平良さんに魅かれていく司くん。
ある日、取引先の男にしつこく迫られている平良さんを救った事で、司くんの想いは爆発する。独占欲攻めキター!
平良さんの方も、言い寄ってくる男から逃げ回り続けて数十年。ろくに恋を知らないでいたけれど、司くんの側に居られるのは嬉しくて。動悸が止まらない。これが恋、しかも両想い。浮かれまくる平良さんは無防備で可愛い。もちろんラブラブハッピー。
しかし、司くんは考える。平良さんの特異体質にはきっと何か原因がある筈だと。
え⁈ 何でそうなる⁈ 平良さんの魅惑のフェロモンって、事で良いじゃ無い⁈
まさかの急展開。平良さんのモテは、実は祟りのとばっちりだったのだ。という、突然のオカルト展開というトンデモ。
平良さんの為に呪いを解こうと、原因の神社を訪れようと提案する司くんに戸惑う平良さん。これまた乙女思考の受けあるある。祟りが解かれてしまったら。司くんは自分から離れて行くのかもしれないと、要らぬネガティヴ思考に怯えて、逃げ出そうとしてみたり。
ちょっと面倒臭い事を言ったりしたりする。もちろん、司くんの恋は本物の気持ちなので。
とんだ取り越し苦労なんだけどね。
平良さんはそもそもイケメンで、好感度高めのルックスと雰囲気。呪いが解けたことですっかり無防備になった平良さんの様子にハラハラしちゃう司くんは可愛い。
平良さんのフェロモンはきっと本物。祟りとかは関係無く魅力的な人。っていうモテ男の話で良かったんではー?と、思ってしまうよ。

エチはツユダクだけど、局部見えにくいアングルなので、修正というほどの修正は無く。
細っそりしてるけど、腹筋ヤバい男同士の絡みはそれなりにエロし。
平良さん色っぽいです。

冒頭、平良さんにしつこく迫る取引先の末田が、ギャグ漫画ですか?というくらいのエロ目で笑ってしまった。三日月目とも言う。凄い曲線なのに笑って無い様にも見えてコワイ。

2

初恋にうきうきしちゃうの可愛い

なぜか男にモテてしまう主人の平良さんと、いきつけのご飯屋さんのバイトの大学生
大好きな年上受け!

男に好かれるのはうんざり!な平良さんだったけど、河野くんは他の人と違って、告白されても嫌な気にならない…もしかして俺も好きかも…
と、1人でぐるぐるして挙句の果てにまだ告白の返事もしていないのにえっちの準備をしたり、どうやって誘おうか考えてる平良さんが可愛いかったです。

ほんと、ここまでは可愛いラブコメだったんですが…
まさか男に好かれる理由の解決までいくとは。そしてこの展開にはびっくり。途中から雰囲気がらっと変わってあれ?え?ってなりました笑
このままらぶらぶで終わるのかと思いきやだったので…

そして無事、最後は男に好かれる呪いを解いたのですが、それを抜きにしても平良さん可愛らしいです。一方の河野くんは初登場シーンではおっとり優しい感じだったのに、もうめっちゃキャラ変しました。
えっちシーンは効果音?多めかな。ガッツリ描いてはいるけどあまりえろくは感じなかった。まぁここは好みですね。

初読み作家さんでしたが、思ったより読み応えがあって面白かったです。

1

まさかの

モテたくないってどういうこと?
いったいどんなチャームがあって同性にモテモテなの?って感じで読み始めました。

電車では痴漢、取り引き相手には付き纏われて、待ち合わせしてるだけで男性たちが頬を染めながらチラチラと平良を意識してるんです。

平然としてるのは先輩とその甥の大学生の司だけといった具合です。とくにその気にさせる色気があるわけでもありません。
気の抜けない日々の生活の中で、唯一気を許せて友人付き合い出来ているのが司です。

そんな時に付き纏われていた取り引き相手から庇ってくれた司に好きだと言われて、ドキドキしている自分に平良は気が付きます。

恋愛初心者の平良が暴走したりと色々ありますが、2人は気持ちを確かめて両思いになるんです。

司が2人でいる時に平良に纏い付く男たちの視線に気がついた事から、叔父の河野に学生時代の平良の様子を聞いてみるのです。

すると高校入学当時は普通で、GW明けから同性にモテだした事が判明しました。平良に聞くと亡くなった祖母の家のある田舎に遊びに行っていたという事でした。そして山で迷って神社に辿り着いた記憶があると。
平良はまさかと本気にしてませんが、司は直ぐにでも行こうと譲らないので2人は田舎に向かいます。

鬼気迫る様子の司と違い平良は一緒の旅行にウキウキ気分なんです。w
神社について聞いて回ると老人達は何か隠している様子です。そしてある老人から昔は縁結びの神社があって、過疎化で廃れた後にお参りして大変な目にあった女性の話を聞くのです。
司は解決策を見つけたと喜びますが、平良は呪いが解けた途端に司が去って行くのではと怯え始めます。

神社に行く為に山に入った途端に逃げる平良と追いかける司に、申し訳ないですがちょっと冷めてしまいました。
結局は出来るだけ綺麗に掃除してお供物を備えてお詫びをしたら、平良の生活は普通に戻りました。まさかの祟りネタでした。だからといっておどろおどろしい神社の描写しかありませんでした。
以前祟られた女性は男性に言い寄られたのに、何故に平良は同性だったのでしょう?

攻めの司の良さは分かりましたが、平良の良さが分かりませんでした。司が平良に惹かれた理由が弱かったです。


0

モテ体質?

男にモテる体質(?)の平良は、どこにいても男ばかり惹きよせてしまう。
常に気を張って過ごす日々で、学生時代の先輩・河野がやっている店が唯一安心できる場所。
その店のバイトで、河野の甥の司も平良の体質を理解してくれていた。
しかし司も本当は平良に惚れていて
その好意を嫌だと思わないはじめての感覚に戸惑いながらも、それが恋だと自覚していく…
という、お話だと思ってました。
むしろそこからのふたりのやり取りが
みたかったのに…

早川が司に対して結構な威嚇をするわりにその後邪魔してくることもないし
(不可侵条約とか言うならもっとちゃんとふたりの障害になってほしかった笑)
平良はなぜか暴走して自分の体の準備とかしちゃうし
更には最大の平良の特徴であるモテ体質は
なぜか祟りによるものだったなんて…
いろいろ盛り込みすぎかな、と(汗)
お話は面白かっただけに少し残念に感じました。

平良が迷いこんだ神社に行くと
本当は異性が寄ってくるはずなのに
同性が寄ってきちゃうなんて
ある意味平良は神に選ばれし男だな…

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う