えっちなパパ受けは好きですか?

パパは先生と×××シたい。

papa wa sensei to ×××shitai

パパは先生と×××シたい。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×215
  • 萌19
  • 中立4
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
10
得点
171
評価数
51
平均
3.5 / 5
神率
19.6%
著者
松基羊 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
フロンティアワークス
レーベル
Dariaコミックス
発売日
ISBN
9784861348891

あらすじ

冴えない保育士・七瀬は色気あふれるワケありなパパ・浩二とその子供・鉄となりゆきで一緒に暮らす事に。
お水の仕事をしている浩二に最初は不信感を募らせていた七瀬だが、優しい浩二の父性と美味しい朝ごはんにほだされていた。
そんなある日、七瀬は自慰の現場を浩二に見られてしまう。
日頃のお礼にといやらしく誘う浩二に劣情を感じた七瀬は、勢いでセックスしてしまい…!?

表題作パパは先生と×××シたい。

佐藤七瀬,26歳,受の子供を預かる保育園の保育士
弓削浩二,28歳,夜の仕事をしているワケありパパ

同時収録作品たなごころの燈 前編 / 後編 / たなごころの先(描き下ろし)

前島頼人,21歳,就活も恋愛もうまくいかない大学生
久坂要,26歳,蝋燭の絵つけ師

同時収録作品君にかけて落ちる / 君と恋に落ちる(描き下ろし)

羽柴章吉,おバカな高校生  ?
武田伴蔵,高校生,世話焼きの幼馴染  ?

その他の収録作品

  • パパは先生に知ってほしい。
  • ボクとパパと先生の×××(描き下ろし)

レビュー投稿数10

いろいろなカップルが楽しめる一冊

松基先生の美人ビッチ受け、めっちゃ良かったです。
表紙の色っぽい男性が表題作の淫乱パパなわけですが、この人が一目惚れした先生に積極的に迫って一回だけ…とやっちゃうのがすごく色っぽくて萌えました。
1話目わりと良い話で締めるなーと思ったらその後のエロエロな続編で心も体も本当につながって良かった!
血の繋がらない子を愛情もって育てたり、わりと好きになったら一途だったりとにかくパパのキャラにやられました。
表題作もっと長く読みたかったなー。

2つ目の大学生がノンケの職人を好きになるお話も力強さがあって好きでした。
ちょっと尺が足りなかったのか、細かい部分で気になる点はありましたが二人のキャラクターの魅力でカバーできていた気がします。
思いが通じ合って、自分が抱く側だと思ってたら大学生にやられちゃう感じが可愛かったです!

4

描き下ろしがとてもよかったです

松基羊さん、2冊目のコミックスです。
少し前に出たアンソロ「雌お兄さん」に収録されていた作品や、
デビュー作を含む3CPのお話が楽しめました。
後ろに載っているそれぞれの描き下ろし(4~8P)がすごくよくて、
もう少し長い話にしてほしかったなぁーーという、
途中で感じた不満めいた気持ちは、かなり緩和されて読み終えましたw
最初の頃は線が細くて繊細な雰囲気があったんだなぁ~とか、
そんな変化も見れて興味深く読めた1冊でした。

■表題作「パパは先生と×××シたい。」2話+描き下ろし
お人好しの保育士(眼鏡で地味) × 子持ちのデリヘル(表紙の人)

受けが夜の仕事のせいで帰りが遅いため、
保育園への息子のお迎えが間に合わず、攻めが自宅でお預かり →
→ 受けと息子が親子で攻めのお家にお泊り。
そんなことが何度も続いて、
最初は迷惑!!と思っていた攻めも、
受けの料理上手なところや父親らしい一面を見て、次第に惹かれ始める。
そんなある夜、攻めは受けにオナニーを見られてしまって、
そのまま「…1回だけ」と受けにのっかられエッチ。
だけど翌朝、受けは急に姿を消してしまって……

家族になる…という攻めの決意がずいぶん急だなぁとか、
息子の戸籍はどうなってるんだろう…とか、
短い話ゆえのぼやかしには少々モヤ…っとなったけれど、
描き下ろしの成長した息子の笑顔で、幸せならいいか!よかった!
という気にさせられました、子供の笑顔の威力はすごい☆

■「たなごころの橙」2話+描き下ろし
就活が上手くいかないゲイの大学生(攻め)が、
喝をいれてくれた蝋燭絵付け師(受け)に惹かれて、頑張り始め、
その攻めの言動がきっかけで受けも過去を乗り越える一歩を踏み出し…

影響を与え合って、居心地よくいられる関係って、いいな。
いい話だっただけに、もう少しじっくり読みたかったですけどね。
描き下ろしでは、
年上の受けが「優しいに抱いたるから」と初エッチを始めようとしたら、
年下ワンコな攻めが煽られて襲ってきて~~でエロほっこりです☆

■「君にかけて落ちる」1話+描き下ろし
デビュー作だそうです、フェラシーンまでで攻め受けは不透明ですが、
熱い想いや若者らしいもどかしさが胸に迫ってきて、一番好きでした。

勢いで彼女とかけおちしようと計画するも、
相手にされずフラれてしまったおバカな高校生の章吉は、
幼馴染の伴蔵に泣きついて、2人でお遊びのようなかけおちを決行。
でも、実は伴蔵は章吉のことが子供の頃からずっと好きで、
本当にこのまま2人でかけおちしようと縋るような顔で言われて……

描き下ろしの、章吉が伴蔵の笑顔でほだされる瞬間がとても素敵です。

今度はもっと長いお話が読めるといいな。

7

はにかむような笑顔が素敵!!!

以前、『雌お兄さん』というアンソロで
「パパは先生に知ってほしい。」を読ませていただきましたが
その前には「パパは先生と×××シたい。」があったのですねぇ。
「パパは先生に~」でもなんとなくわかりましたが
なるほどこういう経緯が…。

しかし私は収録作品の「たなごころの燈」前後編と
「君にかけて落ちる」の方が好みでした!!

「たなごころの燈」は、蝋燭の絵付け師って珍しいですし
しかも関西弁でカラッとした男前が年上受け!!
前を向いていきてゆく姿にホロリとさせられました。
そんな魅力的な要に惚れてしまうのも無理はない、
ゲイで大学生(就活中)の頼人が見事なワンコ気質で
弱音を吐く気持ちも、頑張る要に釣り合うように努力する姿も
とても共感出来ました!
ただ闇雲に惚れた腫れたではないところが好感を持てましたし
描き下ろしの「たなごころの先」では
しっかりオトコの顔を見せたくせに最後はヘタレな頼人、
抱かれても漢気は健在な要、とても好きなカプです♪

「君にかけて落ちる」
幼馴染が恋人になるお話は数知れずあるでしょうけども
こちらがデビュー作とは……!!!!
駆け落ちするはずだった彼女にフラれた章吉は、
幼馴染の半蔵を呼び出し、一緒に駆け落ちしようと泣きつき…って
アホの子だなぁと思いましたが
この後先を考えないところはDKっぽい気がしましたww
そこもなにもかも含めてずっと好きだった半蔵…!!
愛が深くて思わず章吉を叱りたくなりましたが(嘘です)
描き下ろしの「君と恋に落ちる」でしっかり自覚してくれたし
ホント良かった…お幸せに…!!

泣きそうな笑顔の表現がお上手だなぁって改めて思わせられて
ちょっとHだけど切なさもそれ以上にあり、大満足です!!!

6

表情に凄く癒される…

雑誌に掲載された時に、「君にかけて落ちる」を拝読して単行本になるのをずっと楽しみにしていました。
一番短いお話でしたが、章吉を見つめる一途な伴蔵の表情が最高でした!
拗らせ過ぎて高校生とは思えないくらいの切なさと色気を醸し出していて、これだけ好きって想いがダダ漏れた顔してるのに全く気付かない章吉も阿呆だな…と、二人ともとても愛おしかったです。
描き下ろしでは、本編以上の素敵な切なげスマイルにノックアウトされました。
松基羊先生の描くホワリ・赤面顔はこちらまで熱が伝わってくるくらいドキッとさせられるので大好きです。

どのお話も短く、まだまだ先も見たかったな…と思いつつ、どのCPも素敵な笑顔で溢れていそうで、想像するだけで幸せになれます。

3

表題作よりも同時収録に惚れちゃうやつ

表題作他、2編収録されています。

個人的にはデビュー作という『君にかけて落ちる』が
思った以上にぐさりと突き刺さってしまいました。

『パパは先生と×××シたい。』
保育士の七瀬は父親が夜の仕事でお迎えが遅い園児・鉄を自宅に
連れ帰り、面倒を見ているうちに鉄のパパである浩二と親しくなります。

最初は浩二に押し切られた形だったけれど、一緒にごはんを食べ、
一緒に眠るようになり、3人で過ごす時間に幸せを感じ始めます。
小さな事件はあれど、少しずつ3人が家族になってゆくお話です。

地味で冴えない七瀬だけれど、ちょっとショッキングな浩二の
過去を受け容れたときには男前じゃん!と見直しました(笑)

描き下ろしでは7年後、成長した鉄が二人のパパに向ける
言葉にいい子に育ったなぁとにんまりしてしまいました。

『たなごころの燈』
就活も恋にも破れ、お先真っ暗だったゲイの大学生・頼人が
蝋燭の絵付師の要に出会って自分が本当にやりたい仕事、
新しい恋を見つけていくお話です。
頼人もこのまま蝋燭職人の道を進むのかと思い込んでいたら、違った(笑)

描き下ろしでは恋人同士になった二人が描かれていますが、
本編後、頼人が一体どうやって要を落としたのか気になります!

『君にかけて落ちる』
高校生の章吉は駆け落ちの約束をしていた彼女にこっぴどくフラれ、
寂しさから幼馴染の伴蔵に「オレとかけおちしてくれェェッ」と
半ば強制的に呼び出し、駆け落ちの旅へ。

序盤の辺りで伴蔵が章吉に想いを寄せているとわかる描写があります。
それもあり、物語は章吉視点で進むのですが、章吉の笑顔の裏で常に
伴蔵の片思いがちらついてしまいます。

小さい頃からずっと気持ちを隠して章吉を
見守ってきた伴蔵の気持ちを思うと切ないです。

伴蔵の想いを突っぱねた章吉を正直、許さん!とは思ったけれど、
確かにノンケ男子がいきなりここでOKしちゃうのも違和感ですよね。

だけど、伴蔵にはなんとか報われて欲しいと思っていたので、
ラストの展開は嬉しさのあまり小躍りしてしまいました、心の中で。

章吉に向ける伴蔵の笑顔が可愛くて、綺麗で、すごく素敵でした。

今はまだ手を重ねるだけの二人ですが、この先に進むならば
きっと伴蔵が受けなんだろうな、とひっそり思っています。

このお話が一番好きでした。
ページ数が短いので駆け足気味なのが少し残念なくらい…
1冊丸々この二人のお話が読みたかった…
いつか後日談も読んでみたいと思いました。

0

それぞれの描き下ろしが感動

3作品それぞれの(後日談)描き下ろしが、
幸せが溢れていて感動しました。

*****************

「パパは先生もXXXシたい。」
「パパは先生に知ってほしい。」

表紙のエロさで購入しましたが、
えっち度は中の下くらいでした。
えっちよりも癒されるシーンが多めです!

「たなごころの燈 前編」
「たなごころの燈 後編」

要さんは好きでしたが、
頼人くんが勢いで行動しすぎて
若さ故の行動力の魅力が
自分の発言をコロコロ変える無責任な人に
思えてしまい、うーんってなっちゃいました。
きっと、ページ数的に
そう思えちゃうのでしょうが・・・。

「君にかけて落ちる」

3作品の中で1番好きです。
青春と恋愛が絶妙なバランスでつまっている。

0

同時収録作、後日談の5ページに泣く。

表題作と、あとふたつの短編が収録されています。

「パパは先生とxxxシたい。」「パパは先生に知ってほしい。」
保育士さんと訳ありパパとのわちゃわちゃに深まる関係。
園児を介してのノンケ保育士との恋愛、を描くにあたって、パパの設定がデリヘルボーイとなっていて表情がいつも蕩けているようなエッチい目付き。で、オクテ?の保育士さんはあっという間に落ちちゃいました。ちょっと展開が簡単すぎたけど3人が仲良し家族になれて良かったね。感想もあっさり気味。

「たなごころの燈」前編・後編
前編は、失恋&就活失敗で落ち込むヘタレ大学生の頼人(ゲイ)と、蝋燭の絵付け職人要さんとの出会い。
後編は、ポジティブな要さんの姿を見ていて元々の夢を思い出して頑張ろうとする頼人。実は要は本当は画家で、でも事情があって絵付けの仕事をしていた。要の事情と心の内を知った頼人がその天然発言で逆に要を励ます。
要が頼人を恋人として受け入れる過程があっさり過ぎて、ラスト4ページでバタバタっとまとまっちゃう、という感じ。

「君にかけて落ちる」
ちょっと軽いノリの高校生柴田章吉。GFと駆け落ちしようと盛り上がったはいいけど、あっさりすっぽかされて失恋。『誰かに傍にいてほしい』と親友の伴蔵を呼び出して、2人で海へ!青春!
しかし、伴蔵は実は章吉に片想いしていた…というDKの定番展開。
章吉は伴蔵からいきなり告白されて、勿論拒否ってしまう。でもグルグル、グルグルと悩んで…

続いて収録3作品それぞれの後日談。
①子供の鉄郎がとーーってもいい子に育っている話。
②頼人x要の初Hシーン。
③これが良かった〜!5ページのエピソードなんだけど、もう一度海の場面からやり直す章吉と伴蔵の一場面。伴蔵の顔!2人のあふれてしまう涙!若さの輝きだ。

5

表題作よりも…

表題作は、保育士の人の良さにつけこんで、父子ともども世話になってしまうわけだけど、リアルでもこういう、ずうずうしいママっているよねってどうしても頭に浮かんでしまい、まずはむかつく方が先に来てしまった。
そして、不信感がかなりがあった主人公なのに、それがいつのまにか消え、好きになってしまう心の変化に私はついて行けず、妙に冷めた気分だけが残った。
(こっちが表題作になったのは、タイトルが刺激的なおかげかもしれないですね)

なので、2つ目、3つ目のカップル話の方が私には好みだった。
特に2つ目の方は、私も就職活動に苦労した経験があるのでより身近で、エピソードやセリフが身につまされた。
ただあまりにも展開はあっけなく、読み足りない。
願わくば、じわじわと気持ちが盛り上がるさまを、まるまる一冊に収まるぐらいの連載で読みたかったな。

3

表紙&タイトルほど中身は扇情的でない。

全部で3作品収録されています。
表題作は表紙ほどエロくはなく、表題作以外は更にエロ低めでそっちの2作品のほうが好みでした。
というよりもさほどエロメインの作品ではないのに、表紙とタイトルがやたら煽っていて勿体無いと思います。作家さんもあとがきで、まさか「パパは先生とxxxシたい」が表題作になるとは、と書かれていましたが、この作家さんの持ち味は2作目と3作目のようなエロを前面に打ち出さない作品のほうだと思うので。

【パパは先生とxxxシたい】【パパは先生に知ってほしい。】
保育園の先生×デリヘルで働く子持ちパパのお話。
ちょいと図々しい父親でして、保育園のお迎えに間に合わないので、子供をそのまま先生のお宅で預かってもらうというのを繰り返しているうちに…というやつです。

特筆すべき感想もなく…かなぁ。

【たなごころの燈】
就活もうまくいかず、恋愛もうまくいかずに落ち込むゲイの大学生。
和蝋燭の絵付け師に出会うのだけど、この人が関西弁のさっぱりした気質&男前のお兄さんでいい感じ。
お話の運びには後半が特に尻つぼみ感があってあまり心惹かれなかったのだけど、和蝋燭の作る過程が見れたり、行灯とか和装など情緒ある和の世界がいいなぁと思いました。
後半は和の世界は吹っ飛んでしまうのだけど。。。

【君にかけて落ちる】
幼馴染モノ、片方がずっと片思いという王道。この話が一番好きです。
彼女との同棲を親に大反対されて二人で駆け落ちを決意したにもかかわらず、彼女は冗談のつもりだったとすっぽかされた章吉。
家に帰る訳にもいかず、親友の伴蔵を呼び出して…。
これの書き下ろしの【君と恋に落ちる】含めて良かった。ずっと片思いしていた子のが随所で見せる表情が抜群で、目は口ほどに物を言うじゃないけどこの子の表情からいろんなものが伝わってきてグッときました。

それぞれに描き下ろしがあって、本編よりも描き下ろしが魅力的というかこれがあったので読後感が良かったです。

ブックパス読み放題

1

勢いのある3作入り

3作品入り短編集です。
全部違うテイストで、だけど一生懸命なかんじでお話は良かったです。

特に、たなごころの恋 が好きかな。
夢に向かってもがく葛藤と、恋がいい感じに混ざって良かったです。

ただ、ひとつ気になったのは年齢…
カバー下を見て、表題作の2人、若!ってなってしまいました。うーん…特にパパ、20代だったの?
あと高校生も大人っぽい。たぶん、目の横のしわ?のせいだと思うんだけどね。

そして最後には全作品のその後の書き下ろしが!
お話のその後の書き下ろしって大好きなのですが、普通はどれか1作だけだったりするのに、まさかの全作品のその後が見れるとは!これは嬉しかったです。

どれも未来ある幸せな感じで終わるのがとても良かったです〜

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う