renachiさんのマイページ

萌作品

アドバンスドレビューアー

女性renachiさん

レビュー数84

ポイント数408

今年度65位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

エピソードがもっと欲しい

シリーズ三冊目。
前半は恋人になった二人が温泉旅行に向かう甘々話、後半は大輔が危険な目に遭うちょっとした事件。

前作最後に大輔が口にした温泉旅行が無事に実現したようで、始まりから嬉しそうな田辺が見られて、こちらもとても嬉しかった。
相変わらず田辺が語る大輔はベタ甘評価。褒めちぎりまくって、どれだけ大輔が素晴らしいかを伝えてくる。微笑ましく温かい気持ちになるが、物足りないのも正直なところ。
というのも、大輔の仕事への情熱や全てを背負う性質をいくら田辺のモノローグで語られても、エピソードがないため実感がない。大輔自身の行動やセリフの中から感じ取り、田辺の気持ちに同調したいと思ってしまう。

恋人になり少し素直になったおかげか、今作では大輔のモノローグでも、田辺について今までとは違う語り口で語られる。陰で大輔を守り、一人でかわして乗り越えてきたらしい。が、そこもエピソードが無いのがもどかしい。もっと詳しく知りたい気持ちが満たされず、とても惜しい。別シリーズを読めってことなのかな。

後半は事件勃発。田辺の活躍を期待してわくわくしながら読んだが、静かな決着だった。岩下がラスボスのごとき存在感を見せつけ、西島の好感度が爆上がりしただけのような。

後日談の新条とのやりとりは、なんでそんな話に?という流れで、次はホームドラマになるっぽい匂わせ。刑事とヤクザのロミジュリ設定は活かされるんだろうか……。

やっぱり田辺が好きだなーと思った一冊。

攻めが好きで、どうにか読めた

シリーズ二冊目。
前半は大輔の離婚話。一冊目であれだけグチグチやってたのに、別れるのかと拍子抜け。後半はカップル成立までで、ヤクザが集団できゃっきゃやってる賑やかラノベになっていた。

前半、引き続き田辺の片思いを綴る心理描写は切なくて、途中まではものすごーく良かった。立場の違いによる難しさに悩みながら、自分のできる限りで大輔を守ろうとしている。なんで大輔なんかを?と思いながらも、素直に応援したくなってくる。
大輔に関する描写が美化しすぎなのは、惚れた欲目なのかな。色ボケフィルターで目が曇り過ぎじゃないかと思うが。

倫子が絡んできてからは、どんどん嫌な気分になった。夫婦の話を、あっちが悪いこっちが悪いと犯人探しのように述べていて、田辺の脳内一人レスバ状態で耳を塞ぎたくなる。
さらに倫子が無理すぎる。散々おかしな行動をとった後、なぜか明るく大輔と田辺の仲を揶揄い始める。これには鳥肌が立ち、読むのを止めようかと思った。

後半は、大輔に避けられて落ち込む田辺。やっぱり田辺は好きだし、悩んで落ち込んでる描写はすごく良いと思う。だが次に取る行動が、良い歳のヤクザがすることか?て感じで読んでて恥ずかしい。上司の嫁に大輔の誤解を解いてくれ!って頭を下げるってなんかなあ……。

分かりたかった大輔の魅力は、今作でもさっぱり。気持ちに応えないのに嫉妬だけはしっかりあって、八つ当たりして不機嫌になる男。成人済みバツイチにしては子供っぽすぎると思ってしまった。

シリーズ一冊目でも思ったが、たまに会話や描写が飛躍する。一行飛ばしたかな?と思うことがしばしばで、説明不足に感じるところがある。行間を読ませるとかでなく、作者の頭の中ではまっすぐ繋がってるんだろうと窺える書き方。加えて別シリーズの話もするっと入れてくるため、軽いストレスだった。

田辺にここまで惹かれなければ、最後まで読めなかった作品。

恋するヒマはあったらしい

タイトル買い。明るいタイトルと爽やかな表紙にワクワクしながら読み始めると、導入から気分が落ちるエピソード。前半はストレスゲージをじわ伸びさせるエピソードの連続で、読むのがしんどい。後半からは面白くなってくれて良かった。

子供時代に事件の関係者となった二人が、警察学校で再会して……?というお話。

主人公の朝陽はたぶんイイ子。一般的に本音でなく建前として言われることを、常に本気で言っている。こんなに世間知らずなまま警察の狭い世界に入って大丈夫かと心配になる。

尊は言っていることは分かるが(全面同意はしない)中身が見え辛かった。朝陽視点な上、前半は出番があまりなく、朝陽の記憶と想像の中で描写されることも多かったので、尊本人から直接人間性が見えてくるまでが長い。

そんな状態だったので、朝陽がゲイじゃないのに……なんて言いながら尊への恋心を自覚する流れに説得力を感じなかった。
が、ここをスルーすると後半からは楽しくなってくる。

朝陽と尊の接触が増え、不快なアクセントになっていた花岡の出番が減り、過去の事件にも動きが。結末までの数々のご都合感はさておき、決着を付けてから告白して、という四角四面な尊らしさは良かった。

くっついてからの甘々は、それまでの低糖度っぷりを取り戻すかのように長めで、ご褒美のようなおまけのような感じ。
BL描写の割合は好みで、特に過不足は感じなかった。

舞台設定には萌えが詰まっているはずなのに、前半がとても惜しい。
警察学校の日常は興味深く読み応えを感じるが、母親・花岡・ネット民・モブと小さな悪意が点在しており、澱んだ不快さが発散されることなく蓄積していく。

特に花岡は一人でBLの受けのように吠えていて、彼の主張から朝陽の言動の違和感が浮き上がる悪影響を及ぼしていた。二人とも班や連帯について今一度考えてみて欲しい……。
ここが違っていれば大好きな作品になっていたかもしれない。

とはいえ恋愛描写に関係のない訓練等もしっかり書かれていて、何度も「へー」と思えた点は好き。
事件絡みで勢いが出てきてからは良かったし、心を開いてからの尊は魅力的。すとんと腑に落ちるものでなくても、ストーリーのBLとの絡ませ方・書き方そのものは好き。

好きと嫌いが混在していて評価に困る。読み返すことはないので萌かな。

恋じゃない方が萌えたかも……

クマとリスの獣人が一緒に冬眠しながら恋をしていくお話。もふもふは可愛いしちょっとしたエピソードなんかはめちゃくちゃ素敵なんだけど、あまりに起伏がなさすぎるのと、大人と子供の触れ合いっぽく見えるのにエロに突入するところが微妙でハマれなかった。

なりゆきでディビスの家で冬眠させてもらうことになったリック。ディビスは最初からリックに甘々で、溺愛彼氏の様相。対するリックは容姿への褒め言葉にあわあわしてて、瞳が顔の半分を占める少女漫画の主人公っぽいと思ってしまった。

どこまで読んでもその印象が覆されることはなく、ディビスの無償の愛がデフォルトで注がれ続ける。だんだん深まっていく感じだと萌えられたが、最初からずっとなので、リックが何もしなくても恋が成立する仕様。
リックは心理描写がとにかく幼く小さな女の子のよう。癒しにはなるが、ただ可愛いだけの夢小説のような……。Web小説なら最高なんだと思う。

ほぼ二人だけの世界で完結しており、キャラの背景も一部は読者に共有されるだけで、リックとディビスの間にはない情報なのが気になった。それなのにディビスが都合よくリックを好き過ぎる気が。めちゃくちゃイイ男で萌えるし惚れるのは確かだが、ストーリーに深みが足りないというか。
溺愛BLはこういうものとして割り切って読まなきゃいけなかったのかな。

この関係性だと恋にしない方が萌えまくったかなあと思う。成人男性と女児のようだと思いながら読んでいた先にエロシーンがあったので、そこがとても浮いているように感じた。

手土産の木の実のエピソードはじんとする感じでとても良かった。キャラは魅力的だし、ふたりのやりとりがたまに親子みたいで可愛い。もふもふ描写やしっぽの表現も好き。
BLでなく別の形で書かれていれば、自分の中で神作品になってたかもしれないと思う題材だった。

受けの成長が足りず終われない感

シリーズ三作目で二話構成。最初の話は同業で付き合う面倒臭さ全開で、音彦が飛滝の才能に嫉妬したり悩んだりとぐるぐるしている。ちょっと売れて自尊心の高まりも見えるため、今までより複雑化し、あまり読んでいて楽しいとは思えなかった。

恋人としての付き合いが安定し、慣れが生む傲慢さはある種リアルだが気分良くは読めない。音彦はその点を自覚しながらも感情制御が下手になっていて、飛滝の相手としては物足りない。
前作で一緒に成長していって欲しいと思ったが、音彦は飛滝に甘えて退化してしまったように感じた。

二作目は飛滝がイギリスドラマの撮影に向かうお話。三カ月の別離が我慢できない音彦は、追いかけて見学に行ってしまう。
正直ここに萌えは一切なくて、ただただ撮影を滅茶苦茶にしないでくれ~とヒヤヒヤした。スタッフの所沢に一番共感したかも。無駄に現場の仕事を増やしている音彦は邪魔者でしかないんだから、謙虚でいて欲しかった。

結局俳優として得た答えは当たり前すぎることで、ここまでやらなきゃそこに辿り着けないなんて先が思いやられる。平均より少し歩みの遅い売れない俳優、ってだけなら良いが、音彦はやっと情緒が芽生えて人間として成長を始めた飛滝の恋人。
そういう目で見ると、どうしても見劣りするというか、力不足というか。

飛滝に魅力を感じてシリーズを追いかけてきたため、飛滝の厄介モンペのように音彦を評価してしまう。もっと飛滝の隣に並べるくらい精神面の成長を見せて欲しかった。
ここで終わりと言われても、安心して音彦に飛滝を任せることはできない気持ちをどう処理したらいいんだろう。まだ終われない感を残したまま終わってしまったシリーズだった。

とりあえず飛滝が好きだ、という感想だけは強く残った。

昭和の夫婦と可愛い仔狐たち

初読み作家さん。文章のリズムがとても好きだった。良いタイミングで読点を抜いてくれるので、呼吸にぴったり合う心地良さがある。和風な詰所内の描写が凝っていて、単語を目で楽しむ要素もあって良かった。

孤独に過ごした都会から逃げるように田舎に引っ越して来た七緒と、白狐の稲守のお話。
しきたりを盾に強引に連れて来られた七緒は、稲守の奥方として過ごす日々が始まる。ここで七緒が強制される役割は、まるで昭和の嫁のようで萌えなかった。
敷地から出ることを禁じられ、見送り・出迎えはもちろん、旦那が脱いだ服を受け取るのは当然みたいな。七緒も反応の全てが女子のようで、なおさら貞淑な妻といった様相。そこに賑やかな仔狐たちの子育てが加わり、母であり妻であって男要素ゼロになってしまった。

ストーリーは稲守の初恋が実は七緒だったという王道系。早い段階で恋愛的盛り上がりが終わり、後半は過去の種明かしがくるのを待っている状態。稲守の一途さが分かりやすく、恋愛面は安心感を持って読めた。
だが各所の詰めが甘く、行動原理が一言書いてあれば良い方に変わるのになあと惜しく思う点が多々ある。ただ「帰りたい」と言われても共感できず、帰りたい理由は必要な一言。些細なことだが作品への信頼度に関わり、先への期待値や没頭度合、読む心持ちも変わってくるところだと思う。

ずっと一途に七緒だけを思い続けていた稲守の好感度は抜群。特に好きだったのが、卵を食べる七緒へのお願いのセリフ。純粋にいいなあとしみじみ思える。七緒に対するときだけ、たまにキャラ崩壊してるところも可愛くて好き。
仔狐たちは無邪気で癒されたし、モフモフも楽しめて良かった。
七緒は女子設定の方が違和感なく読めるキャラ。視点主だが内面描写が薄く魅力を感じなかった。

読後感は良い。

話の軸が"恋"じゃないような

初読み作家さん。
試し読み部分での期待値はかなり高かった。いざ読むと、文章のクセは強いが話には起伏が無さ過ぎて、世界に入り込み辛い。雰囲気は富士見L文庫やオレンジ文庫を思い出し、BLでないライト文芸レーベルの方が馴染みそうだと思った。

ものすごく静かに地味にゆっくりじっくり時が流れる。受け攻めが絡まない日常描写が長く続くので、文章を読む楽しさが無いと厳しい。文体は独特で、ラノベに染まり過ぎている。表現は綺麗。

読んでいて思ったのは、本当にBLが書きたかったの?ということ。主人公の夕に関わる人を全員細かく描写していて、夕の人物像を描き出すことへの力の入れ具合はすごい。だが恋愛面はいまいち。
少しずつ気持ちが傾いていく様子は書かれているが、恋のドキドキ・ときめき・萌えが全然ない。話の中心もメイン二人の"恋愛"でなく、とにかくこの"人物"が描きたい!という作品のよう。BL小説として見ると何か違う気がした。
恋愛を軸に読むと余計な描写が多すぎて、人間ドラマとして読むと中途半端。特に脇カプの描写にそれると冷めた。

告白後は年齢にそぐわない未熟な反応を見せる夕と急展開で、作品の雰囲気がガラっと変わり、なんだかなあ……と。

極力言いたくない感想だが、シンプルにつまらなかった。ストーリーが展開せず、先を読みたい欲が生まれない。
文章に魅力を感じられたら素敵な表現に酔えただろうし、人物に魅力を感じられたら泣けるところもあったと思う。私はどちらも分からず読むのがキツかった。合わないだけで不快感はないので萌え評価。
夕視点で香ノ介の心情が分かりやすいのは良かった。


気になったのは喫茶店の下調べ不足が容易に露呈する作品を商業ベースに乗せている点。この作風でここだけファンタジーはナシ。語句の誤用もあり、コバルトレーベルへの信頼度が下がった。

平和ならいいじゃない

とても平和なお話。仕事の人間関係やタチネコ問題に悩んだりするものの、大きな波はない。すんなり出来上がったカップルの淡々とした日常が続き、伏線も前触れもないちょっとしたきっかけを経て、あっさり解決して終わってしまった。
タイトル通りといえばまあそうで、終始心穏やかでいられるのは良いんじゃないかと思う。

前半は主にタチネコ問題。お互いに相手を抱くつもりで、確認もなくいきなりベッドインで失敗。その後挿入なしの選択肢は考えもしないのが不思議だった。
抱く抱かないの話は、可愛い方や甘えたがりな方が抱かれる前提で話しているシーンなど、引っ掛かるところが多くあった。男女観がそのままタチネコに反映されているようで、その男女観も時代に合っていないと感じた。表面を取り繕っているが古さが出ていて厳しい。

後半もやはり何も起こらない。視点主が変わり、カップルの嫉妬イベント。これは酔っ払い直登を見てカワイーモエーと言うためのお話?北見の悩みに深みが無く、読み応えが無い。というか筋道がなく物語を読んでいる気がしない。

何も考えず頭を空っぽにしてキャラを愛でるように読めば良いのかな。日記みたいな形式の一冊だった。ただ、もしかしたらスルメ系なのか……?と思わなくもない。心をすり減らすことなく読める安心感があるので、たまに読みたくなる作風かも。

文章は読みやすく、内容がするする入ってくる。表現が凡庸でパンチが無いのはストーリーと同じ。

あぁ……大事なシーンが……

鬼人と人間の異世界ファンタジー。一途な鬼人攻めがとても良かった。

導入はホラーちっくな挿絵と子供時代の残酷エピソードでシリアス寄り。千鳥は恋ができないといい、周囲と群れないタイプに描かれている。が、そこから作品の雰囲気は二転三転し、場面ごとに千鳥の性格も変わっていった。

異世界に来てからは、子育て要素が加わりほのぼの路線に。千鳥はシンを親の仇と思ったままなのに簡単に仲良くしている。冒頭で憎しみが語られていた相手なので、違和感が消えなかった。

中盤、元の世界に戻ろうと逃げ出す千鳥は、食虫植物に襲われる。これがまた唐突な登場で、しかもなぜエロ漫画仕様の触手のごとき働きをするのかよく分からなかった。戸惑いながら読んでいると、こんなところで千鳥はシンへの気持ちを自覚する。大事なシーンがここか……と少々引き気味に。
その後二人は肉体的に結ばれるも、シンが初めてとのことでまた微妙な気持ちに。催淫効果でおかしくなってる相手が初めてか……。

なんだかんだあってから、千鳥はシンの一途な想いと真相を知る。これがめちゃくちゃ良くて感動的なのに、千鳥は今はもう好かれてないかも?と悩み始める。あんな話を聞いた後でのこれは、上がったテンションが盛り下がり、物語から気持ちが離れてしまう。

ラストの戦いは蛇足に思えた。最後の方は継ぎ足し継ぎ足し書いたような不自然さ。全体を通して見ると一貫性がなくごちゃごちゃしていて、変な構成だと思った。

シンのキャラはとても好き。子供時代の二人のエピソードがもっと読みたかったな。

展開が強引すぎるような

口下手研究者とリア充営業のリーマン話。

タイトルでリアルリーマンと言いつつ、専門分野の説明だけが詳細にあり、動きのある仕事の方はあまり書かれていない。主には瀬戸が元彼を追い払うためのあれこれで、全体的に益原の強引さが謎だった。

元彼と再会し、付きまとわれる瀬戸。様子のおかしさに気付いた益原のとった行動は、益原本人も理由が分からないと言っていて、読んでいても分からなかった。
なぜか瀬戸についてきて、偶然ピンチに遭遇、そこから恋人宣言と、あまりに展開が強引すぎる。ゲイでもない益原が屁理屈をこねて瀬戸とヤろうとするのも不自然だし、気があるならそれはそれで瀬戸のどこにいつ惚れた?と分からない。

益原の心理に説明を付けるように過去の話を入れ、自分とかぶると言っていたが、益原が強引な行動をとり始めたのは瀬戸の事情を知る前からなので理由にならない。常に益原に対しなぜ?という思いが先に立ち、スムーズに楽しめない。爽やかイケメンで仕事もできる素敵キャラなので、素直にどきどきしながら読みたかった。

最後の話し合いでは元彼の行動とセリフの矛盾が気になって、見えない糸に操られるサマを見ているよう。瀬戸と益原は山場を乗り越え無事カップルとなったが、いまいちしっくりこない二人で、何とも言えない読後感だった。
ハテナがいっぱいなだけで不快感はないので萌え評価。

文章は意識高い系で好みじゃない。作風的に何の効果もないのに、ひらがなを多用している。漢字で書けばすんなり意味が通り伝わりやすいが、商業小説でこだわりを優先しており、その姿勢が受け付けない。ストーリーと併せて独りよがり感が出ている気がした。