執着攻めばかり読む崎さんのマイページ

レビューした作品

エキスパートレビューアー2023

女性執着攻めばかり読む崎さん

レビュー数106

ポイント数529

今年度57位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 特典
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

この描写はこの方しかできない

おげれつたなか先生の作品はほとんど所持しています。
エスケープジャーニーは学生の恋愛、こちらは大人の恋愛という印象です。
しかし、どちらもやっぱり神。
個人的には社会人の辛さ、もどかしさ、才能への嫉妬、学生との違いなどが丁寧に描かれていた今作が一番好きです。
どれももちろん最高の作品なのですが…切なさや感情にリンクするところがあってどっぷり浸かりました。
あとやはり描写ですよね…。

みなさんは涙が零れる前の瞳を見たことがありますか?

私は涙が零れる目は見たことありますが、零れる前の瞳の表現は見たことがなかったので、その瞳の美しさだけでページを捲る手が数分止まりました。
構図もすごいところがあって、こんなページの使い方をするのか…と毎回度肝を抜かれている気がします。

やはり輝く才能を見せられる側というのは葛藤が多いです。
これが受けの方で本当に良かった。
いや、こんなキャラを作り出したおげれつたなか先生はやはり化け物だ。

そう、思わせられざるを得ない作品でした。

最近はBL離れしつつあるも久しぶりの良作に出会えて、やっぱりBLはいいなと思った私でした…。

子がとにかく尊い

同僚×父子で妻を亡くした受けと子の間に攻めが新しく介入して家族になる手前までのお話。
子どもが幼稚園年長~小学一年に上がるまでがお話になっているので、感覚で約半年~一年くらい?の時系列です。

一冊まるまると入っているのでじっくり楽しめます。
また、作中に私が一番感動したのは子どもの描写のリアルさ。
ちゃんとチャイルドシートも描かれているし、子どもの自由さ、育児のしんどさがちゃんと描かれていて疲弊していく受けを、補うようにして攻めが助けてくれるところ。
また、そんな攻めも完璧ではなく、受けや子どもを思う複雑な思いも抱えていて納得の上でお互いが付き合うのがとても良かったです。

エッチなし、キスまでで読みやすくストーリー重視なところもポイント。

ホッカイロみたいな恋

ええっ君たちこれで付き合ってないの!?
と思えるほど相思相愛なのに踏ん切りがつかない親友以上恋人未満の二人をじっくり楽しめる一冊です。

受けの家族があまりいいとは思えない中、攻めだけがずっとそばで支えてくれています。
小学生のころに出会い、中学、高校と一度は少し距離が空きつつも卒業して同棲。
あとは告白するだけなのに…ッ!
このもどかしさ、そして空気感も徐々に温まっていくホッカイロのよう。
エロは一回のみです。

子育て編突入だけれど…

子育てBLが読みたくて、その前の「ケダモノアラシ」から読み始めました。
本編6割、短編「美味しく召し上がれ」4割。

今回は子が産まれてからのお話と、受けの波乱のお話。

それにしてもいい子育てしてます、彼ら。
受けも医者で共働きなのでお互い仕事の日は片方が育児、と交互に子育てをしている姿はほんわかします。

そんな中で起きた事件は…。
それは攻めが他の女の人といいるところを見かけて受けが不信に陥ったこと。
でも攻めの良き友人に助けられ、難を逃れます。

家族の話に焦点を当てたというよりは、まだ二人を中心に描かれているので子育てを多めに読みたかった私は少し物足りなさを感じました。

こんなにも焦れったいのか…

Webで見かけて面白そう!と思ったのがキッカケで読みました。

二人ともが相手に嫌われたくないからか、本音を大分隠して生活しています。
思った10分の2くらいしか実際は口にしていませんが、考えていることはたくさん。
「君たちそれ言ったらお互い喜ぶのに!!」と焦れったい思いがなんと最後まで続きます(笑)
もっと素直になれよ…と、もどかしい。
しっかりしたハッピーエンド展開が好きな人は、少し物足りなさを感じるかもしれません。

数字表記はないですがこれが一巻です!

子育て系BLが読みたくて「ケダモノアラシ-kiss me baby!」を読もうとしたところ、続編とのことで先にこちらを読みました。

オメガバースとはまた違ったタイプで、獣人と人間が混在し、その中でも発情期がある世界観のお話。
攻めは男前で軟派な王道そうなタイプ。
受けも分かりやすいツンデレで、導入からくっつくまでがテンプレートな展開でした。
とはいえ、何か違和感があるかと思いきやスムーズな構成でとても読みやすかったです。
本格的に家族としてスタートする次巻に期待が高まります。

(どっちの)ネコも可愛い!

猫カフェの、のほほん店長受けと強面だけど優しいリーマン攻めの二人。
猫も相まってほっこりした雰囲気でゆったりペースの進行具合です。

激しくもなく、かといってコメディ感とも違い、ジェットコースターというよりは観覧車のようなテンポが読みやすかったです。
恋を自覚してから戸惑ったり、悩んだり姿がかわいい二人です。
社会人だからこその、思いやりの難しさや困難があったのも良かったです。

そしてもちろん最後はハピエンでエロもちゃんとあり、いい作品だったなぁ~と思えました。

王道だけどおもしろい!

今作は攻めが地下アイドルで受けが攻めのリアコ。
焦点は意外にも攻めに当たっています。

仮面をしたアイドル二人組のうちの一人である攻めは、アイドルである自分と本当の自分の間で悩み、苦しんでいるところに受けとたまたま遭遇。
正体を隠したワンナイトから始まる関係ですが、受けの無邪気さとアイドルじゃない攻めとして接してくれる姿に攻めが徐々に惹かれていきます。

お話の展開が王道ですが、流れも構成も違和感なく最後まで読めました。

相変わらずの執着っぷり!!だが…

執着攻めでは群を抜いていると思っている宮緒葵先生の作品をほぼ集めている私です。
今回は長髪美人×不憫。
しかし私が苦手な地雷が2つもあり、これはオススメする人を選ぶ作品だなぁというのが正直な感想です。

舞台は現代ですが、妖鬼がいたりそれを払う陰陽師的な存在がいる世界観です。

攻めもどこか女性的であったり、リバ要素と攻めが他の人間との絡む描写があるのが私的に読む手がちょっと止まりつつ…。
個人的に大大好きな「渇仰」「愛犬シリーズ」「泥舟」とは違い、「地獄の果てまで追いかける」「華は褥に咲き狂う」と似ているテイストです。

ですが執着がすごいことは保証します!!
やはり重た~~いくらいの執着攻めを読みたい時は、宮緒葵先生です!!

攻めあるあるに激しく同意

まず最初に表紙でイケイケな攻めが実は…というギャップにやられました。
ある日オークションにかけられる系の受け、そしてどこから出したの一億円を出し競り落とす攻め。

この時代の攻め、大好きです~!
ザ・テンプレートというような攻めの行動にクスッと笑ってしまったり、そうかと思えばヘタレな部分を見てキュンとしたり…。
受けも平凡ながらに頑張って最高の相性ですね~。

それから、こういうラブコメに欠かせないキューピット的な攻めの爺やも面白かったです。
BLというものを楽しく読めたなぁと思えた一冊でした。