• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作Daisy Jealousy

要,リーマン,モデラー
三咲一馬,モデラー,リーマン

その他の収録作品

  • Daisy Jealousy after (描き下ろし)
  • あとがき

あらすじ

不器用で部屋も汚くて鈍感で、 でも5年間、俺だけを好きだった。 専門時代、才能に嫉妬していた相手・要と 社会人になり再会した三咲。 学生の頃、キスしてきた理由を聞きだしたところ、 「キスなんて好きだから以外の理由はないだろ」?と 何やらお怒りのようで…? 一途に愛を捧げる天才型童貞攻×努力家な嫉妬型パンピー受 描き下ろしはギョーカイ飲み会

作品情報

作品名
Daisy Jealousy
著者
おげれつたなか 
媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
電子発売日
ISBN
9784799748589
4.3

(419)

(243)

萌々

(98)

(53)

中立

(15)

趣味じゃない

(10)

レビュー数
54
得点
1781
評価数
419
平均
4.3 / 5
神率
58%

レビュー投稿数54

心動かされる

「Jealousy・嫉妬」のとおり、恋仲となった元同級生の要(攻め)の才能に嫉妬がやめられない三咲(受け)の気持ちが苦しかった〜……。

同級生の要の才能に一目置いていた三咲。
やがて要は一歩も二歩も先へと進み、一緒に憧れていたはずだった人からも認められて、世間からも認められ、いまだ燻り続ける自分との隔たりを強く強く感じてしまう。
どうやっても超えられない。
超えるどころか、どんどん遠くなっていく……。

辛い。
苦しい。
一緒にいればいるほど。

でも要は五年間もの間、三咲を思い続け、そして今も一途に三咲を求めている。

どっちの気持ちもわかるんですよね。
読んでて苦しかったです。
この読者の心を動かす力は、さすがおげれつさん!

そしてこの「嫉妬」というのは同性間だからこそ、って思いました。
持って生まれたもんとかそういうのは個々で違うはずなのに、性が同じというだけで「同じ土俵なのに」と思ってしまうというか。
そこがBL読んでるぜ!!って気分になれた。
(男同士が恋してるのにBL感が無い話ってたまにあるので)

追い求めていたものも見失ってしまった三咲が、少し遠回りしながらも再び見つけていく……
そこが一歩も二歩も前進、成長って感じで良かったです。
「要」という名前の通り、要が三咲にとっての要なんだなーってところが。

ラブ面に関しては、才能はあるものの他はオタク気質というか若干コミュ障ぎみな要の一生懸命な一途さにキュンとなりました。
初エッチで、長年の片思いが成就して感極まって「夢みたい」とか言っちゃう攻めが好きなので、そこが萌えた!
童貞らしく挿れて即発!というところも萌え。

ただ要は童貞巨根攻めフラグが立つので、ってことは三咲は受けだなとわかるんだけど、ノンケでそこまでラブでもない相手なのに、わりとすんなり受けに回ってしまう三咲という点だけがちょっと引っかかったけど‥‥。
ふつー、もうちょっと男に抱かれることに抵抗あるだろ……と。

ゲロチューはうへぇ……となったけど、そこがおげれつさんっぽいとは思いました。

描き下ろしの前に用語集があるのだけど、これ冒頭に欲しかったです。
ここにあるのを知らなくて、いちいちググって読んでたので……。

21

何度へし折られても

ゲーム系の専門学校で出会った天才×秀才です。
専門用語がたくさん出てきて最後の方に用語集もついていますが、意味は何となくで読んでもストーリーを理解する上では特に問題ありませんでした。

いや〜さすがの心理描写でした。攻の要に対する、受の三咲の、憧れ・嫉妬・好き・嫌い…そんな表裏一体の感情が、手に取るようにわかりました。
もし、自分が一番得意なことで、一生追いつけないほどの才能に溢れた人が身近にいたら?
その人と適度な距離感を保てない理由があったら?
恋愛以外の点でも考えさせられる作品でした。
そして童貞攻めの不器用なアプローチはめちゃくちゃ可愛かったです。

攻の要はモデリングの才能がある上に、モデリングにしか興味がなくてそれにしか時間を使ってこなかった人。そんな人に普通の人が追いつける訳がありません。オリンピック選手みたいなものなのですから。
そして人付き合いが苦手で、三咲がモデリングに根を詰めすぎているのを心配して、「俺のモデル使う?」と地雷発言をしてしまうという…。それは絶対言ったらだめなやつ!!!!
この発言は三咲をこの上なく傷つけたと思いますが、要には悪気が一切ないどころか、むしろ三咲のことが好きだから言ったというのはものすごく伝わってくるんですよね。
このシーンを読んだとき、私の頭には、王族が民衆に与えることを惜しまない姿が浮かびました。無限に持っている人は、それを人に与えても、自分のものは無くならないから何とも思わない。むしろそれで喜んでもらえるなら与えようっていう、そういう「持つ者」の浮世離れ具合が引き起こした悲劇のように見えました。

その一件以来、要を避けるようになった三咲。卒業式の日に要に無理やりキスされたことも、意味わからんと怒って、それで終わり。二人は社会人になります。

4年後、一緒に仕事することになり、三咲はそこでやはり要はすごいということ、要のモデリングが好きだということ、そして自分とは比べ物にならないほどの実力があることを再び思い知らされます。
もう一個一個起こる出来事が切ない。どこを取っても描き方が上手くて、やはりおげれつたなか先生はすごいなと改めて感服しました。

最後はあのブログが大仕事を果たしましたね。要、ブログ書いといて良かったね!
そして特設ページではまさかのこのブログが読める!兵士参上丸さんといにしえの疵さん、本当に良い人!!コメントに時代を感じるリアリティもすごく良かったです!!

この作品、三咲視点では才能という点で何度も要に打ちのめされていますが、要視点ではどうしても三咲しか好きになれないのに2回も振られて…という、恋愛面で何度も身を切られるような思いをしていて、でも二人とも自分の好きなもの(人)は絶対に譲れなくて…。諦めない気持ちが結んだ絆ですね。

13

男としての成長が見どころ!

おげれつ先生といえば、コミカルなのにどこかセンシティブな作品を描く唯一無二の作家さんだと思います。

今作は、好きなものをとことん突き詰めるモデラー同士の恋で、男のジェラシーを目一杯描いた一冊。
作品や人間性に惹かれながらも、どうしても相手の才能が憎い。羨望と嫉妬に溺れて、自分を見失っていく主人公・三咲と、不器用で一途な天才モデラー・要の一筋縄ではいかない恋物語です。

専門学校の同級生同士の二人は、ある事をきっかけに急速に距離を縮めていきます。
純粋に三咲に懐いていく要に対し、コップの水が溢れ出すように、少しずつ嫉妬を募らせていく三咲。
三咲のコップが満たされていく描写、水が溢れ出すというよりコップが倒れるような描写が上手いと思ったのと同時に、すごく切なくなりました。
要の才能に嫉妬して追い込まれ、疲弊していく三咲を見ているのが辛かったです。

すれ違ったまま卒業し、数年後に仕事で再会。
凄い気まずい雰囲気になってるけど、要が今も三咲を想い続けているという一途さが分かってキュンキュンしました。
成長した二人が再会して結ばれて……と、今度こそ上手くいくと思ったのに、要に対する三咲の嫉妬とコンプレックスが根強いんですよね。
ここにモヤモヤさせられるんですけど、きれい事じゃ済まされないリアルさも感じました。

そして、要の本心がどうにも掴めない。
初めは、心の機微に疎い男だとさえ思っていました。
だけど、不器用で言葉が足りないだけなのだという事が後に分かってきます。
要が書いていた制作サイトでの恋愛相談……これ、泣けたな。
なんて不器用で健気な男なんだと。

お互いに歩み寄るのではなく、懸命に背中を追いかけ続ける姿が眩しいラストでした。

そんな二人のHは、おげれつ先生らしく濃厚。
要が、三咲一筋でDTなところが最高♡
三咲のアナルをみて、「テクスチャ綺麗だな」と言うところは笑ってしまいました。
三擦り半もいかないで出ちゃうところも萌えです。
表情とか体位、挿入部分の見せ方から全てgood!
手の血管がリアルで、男の手だと意識させられた所も良かったです。

専門用語がバシバシ出てきますが、ビーボーイのサイトに用語集があるので、そちらを確認しながら読むのもいいかと思います。
ゲーム風になった二人が可愛くて、時々岩を乗り越える演出にしばし見入ってしまいました^^

特設ページもありますので、そちらは本編読了後にぜひご覧になって下さい。キュンとします。

12

タイトル Daisy

3D制作のお仕事の中での物語。
「決して超えられない才能。三咲を好きな要と、要の才能を好きになれない三咲。3Dモデラーの恋とプライド!」
タイトルのスラングの意味が分からないので調べました。
---
Daisy Jealousy
Daisy:
①《俗語》 第 1 級のもの[人], すてきなもの[人].
②雛菊、続いているもの,あるいはつながっているものを表す.
[古期英語 ‘day's eye' の意; 朝に開花することから](日・昼の目)からできたことばで,人間の目と同様に夜には花びらを閉じ,朝太陽とともに花を開くところからつけられた
---
「決して超えられない才能」と紹介があるので、①の「素敵な才能」への嫉妬、という意味らしいと理解。

現実世界だと、男が男に嫉妬すると泥沼化することが多いです。3Dモデラ―の試験で同一課題だと、センスや着想の実力、経験値の差がはっきり出てしまう。厳しい。
この作品だと、
三咲を好きな要、要はコミュ障かもしれない。美咲の明るさに惹かれている。
要の才能に憧れる三咲、三咲は明るい妬み屋。要の作品は気になっても、要の心の揺れは見えてない。

憧れが、憎しみや嫉妬に転じたり、敬愛に転じたり。これからどうなるんだろうと、冒頭心配になってしまった。
この作品は心理描写が細かくて、視線一つの描写でも逃せなかった。要君、気の毒。

★補記:要が無意識に三咲を傷つける関係は、
「高村光太郎と智恵子」と似ていると思った。

※ビーボーイの特別サイトに
「Daisy Jealousy デイジージェラシー. 知ってるともっと楽しめるゲーム用語集.」
がありました。

エロ少な目というより、ほぼ無しです。キス程度。
暴力流血シーンは有りません、心理攻めです。
絵のタッチがソフトで綺麗になってます。安心して読めます。

完結していないので、萌2→「Daisy Jealousy デイジージェラシー. 知ってるともっと楽しめるゲーム用語集.」を読むと、面白さが上がるので、神。
たなか先生の漫画は、後から面白さがジワジワ。

12

さすが

雑誌の連載で読んでいましたが、いつもおげれつたなか先生の作品に出てくる登場人物の抱える悩みだとか生きづらさって共感できるものが多いです。
今回は同じ専門学校に通う二人の要と三咲。
要は才能があってクラスでもトップクラスのモデラ―。三咲はコミュ力高くて要ほどの才能はないけど努力の人。
そんな二人が仲良くなって、一緒に課題をがんばったりしていたけども、ちょっとコミュ障気味な要が悪気なく言った言葉で要は傷ついて疎遠に。
社会人になってから別会社だけど同じプロジェクトに参加することになって再会。そしてお付き合いすることになるけど、またしても才能に嫉妬した三咲が要にお別れを言い出して、そして業界からも距離を置いて地元に戻ることに。
好きだけど、それだけじゃ一緒にいられない切なさや、同じ目標があったのに要に置いていかれる感じが凄く共感できます。
会話もホント何気ない一言なのに、相手を傷つけちゃったり。
途中凄く辛いですが、何回もすれ違いつつでもお互い結局忘れられなくってという。
また運命なのか再会してそこから新しく始まっていく関係に萌えました。
エロはそんなにおおくないですが、人間ドラマが素晴らしいので、多くの方に読んでもらいたい作品です。

10

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP