はうるさんのマイページ

レビューした作品

女性はうるさん

レビュー数0

ポイント数0

今年度--位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

楽しみすぎる!

久々に引きこまれて、あっという間に読んでしまいました!
ストーリーの展開もテンポも凄く良くて、それに絵がとてもマッチしていて
思っていた以上にワクワクしました~☆
今後が楽しみすぎて待ちきれないっ!早く続きを!超オススメです♪

玉響 コミック

ゆき林檎 

神!

久々に、身震いしました。
とても素敵な物語に、絵がハマってて、こう言うのが読みたかった!と鳥肌。
クライマックスの一夜の表現がとても素敵で、苦しい恋慕の箍が一気に外れて、
報われた感に包まれて幸せでした~
なんなら、3巻くらいの内容でも良かったのになぁ、、、
もっと読んでいたいふたりでした。

ずっと気になっていたのだけれど・・・

ずっと表紙が気になっていたのだけれど、内田先生ってガチムチなんだっけぇ・・・
と、なかなか苦手分野に手に取れなかった作品でした。
今回、完結と言う事で、意を決してシリーズ3冊を一気に読んでみました。

内田先生の作品はこれが初読みになりますが、苦手と思っていたのは何だったの?
と、がっちりハートを鷲掴みされまして、大ファンになってしまいました。
そんで私の中では1、2を争う程の、ドツボな作品となってしまいました!完堕ちです。
好き嫌いはダメですね・・・^^;

まずは、とにかく、坂口がイイ!!!全てに男前すぎてツボすぎです!
でもそれは、藤代が側に居てこそ発動されるモノなのですよね、ヘタレ藤代バンザイ!
(受けに驚愕したことはナイショです・・・^^;)

この2人が高校の先輩後輩で、卒業後社会人になって偶然再会し、マンガの才能がありながら夢を諦めてるヘタレ藤代を、密かに同じ夢を高校時代に藤代によって折られた坂口が後押しし、一緒に夢を追い始め、同居に至り、やがて家を買うまでのストーリーです。

何とも自然な感じで進み、ありがちなわざとらしさがなく、
この2人でなければ成り立たない、いじらしくも男らしい物語。

世の中にリアルに居るんじゃないかと思えるカプでした。
これで完結とは惜しい!残念すぎる!!ボーナストラックでもう一冊どうですか?
ぜひ、それからの坂口と藤代を、折々に書いてくれたら嬉しいです!

表紙絵がとても素敵なので、我が家の殿堂の棚に3冊並べて飾ってます。
なんとも美しい~!!!(☆o☆)

おすすめしたい一冊

この作品、超・好きです!凄く良かった!
一冊まるまる、水谷×沢木の高校生カップルのお話です。
ストーリーがBLとしてはとてもナチュラルで、微笑ましいと言うか何というか、
まるで少女まんがのようなBLって感じかな・・・うまく表現難しい・・・
とにかくこんな感じのBLは、初めて読んだかも^^
とにかく読んでみて!とお薦めしたい一冊♪
※番外編「4年後の不純」も甘甘でした♪

良いっ!

久々に来たコレ!
こう言うのが私、大好物なんだなーとしみじみ^^
絵も好き、ストーリーも好き、なんと言っても妙なエロさの描写の積み上げが、微妙な高校生の心理状態とすごく重なって、心拍数が半端無かったです。
小椋ムク先生推薦コメントの「細いうなじ、隠れたホクロ、繊細な手書きの所作、紙面いっぱいの色気をじっくりと観察ください」と・・・はい、しっかり堪能いたしました。反芻ループ

津田×遠藤 
津田目線での展開で、同じクラス・席が前後になったことで、えんどうくんを観察しているうちに、気になり出したら気になって気になって仕方なくて、どーしたオレ!?
そんなこんなと時間が進んで行って、クラスメイトのフォローや後押しがさりげなくありつつ、駅でのキスシーン!もうっ!もうっ!きゅんきゅんです!
そこから一度逃げてしまう津田なんだけど、ずっと駅で待ってる遠藤の事を知って想いがあふれて、もう一度あの駅でしっかりとその手をつかんで、そして・・・きゅーーーん!^^

最終話にはエピソード00、遠藤目線でのストーリー、別クラスの津田を知って気になってジタバタして、同じクラスになって気持ちが確実にになっていく遠藤が可愛い、そして津田がカッコイイ♪

巻末のツダノートは、駅での萌えシーンのその後・・・これまたきゅんきゅんきゅん!
駅、屋上、CDショップ、そして教室・・・何気ない高校生の日常風景が萌え萌えな作品でした。

一言、良いっ!

まさかまさかの・・・

セブンデイズで大好きになった宝井先生の作品なので迷わず購入です。
今回完結と言う事で、1巻からもう一度一気に読みました^^

2巻までで、有川と御崎の恋心は両思いと確認できていたので、後は川端がどう出る?と言うところでしたが、以外と薄味な幕引き・・・そのへんはなんとなく、先生らしいのかなって思ったりして・・・
そして表題の意味、結局二人はいつからお互いを好きになっていた?
それは「君(花)のみぞ知る」って事ですね、ポチャン♪
ストーリー全体としては色々すっ飛ばしてる感もありましたが、細かい事はもういいや!です(笑)
BLを読み始めた時期の、甘ずっぱい感覚を久々に思い出しました・・・それは何故か・・・

今回申し上げたいのは、私的にはまさかまさかの予想外!
2巻のラストでもしや!?とは思っていましたが・・・
なななんと!Hシーンがあるとは。。。それもしっかり;;;

上記作で、宝井先生は「ほのぼの」系と、勝手に思っていた私は、ある意味新鮮すぎて、衝撃と緊張で読み進める展開になりました
こんな展開を見られるとは!まじ嬉しいんですけどー!バンザーイ♪・・・^^;

両思いになってからの、有川のリードする感じと、御崎のツンデレ3割増し具合に萌え萌えでした
そして、番外で一緒にあの家に同居し始めた二人。まじ本当に、こんな甘甘が見たかった!今後の二人をもっと見たーい!

10月発売のCRAFT54に有川と御崎の番外編が結構たっぷり掲載されるようですが、コミック派の私としては発売がいつになるか気になるところなんですけど。。。
良い子で待ってますから、是非とも早めにお願いしたい!

不思議な余韻

絵がとても好きです・・・^^;

1冊全部、1カプでのストーリーです。
内容としては、美大生二人の印象的な出合いから話がはじまり、遡っての事象がところどころに入り交じりながら、衝撃の事件をはさんで、お互いがかけがえのない存在であると、確認しあって終わる・・・ってとこでしょうか・・・

絵がとても綺麗なのと、独特な描写の雰囲気で、ふきだしの言葉よりも、絵を読むと言う感じがします。
ただ、ストーリーとしてはどうなんだ?って感じが否めない・・・ってか、絵がとても良かっただけに残念さが際立ってしまう感じがしましたし、表題がしっくりとハマらない・・・

とは言っても、私の記憶には凄く残る作品です。注目したい作家さんです。

先生のハジケっぷりがたまりません

もー!すっごい良かったー!

好きが故に逃がそうとする北原、好きを真っ直ぐに通そうとするミオ、そして懐の深いお姉さん、みんななんて男前なんだっ!
そして本編の殆どが、ひたすら切ないので、書き下ろしは甘々ツボ満載でした^^

「先生×生徒」の題材は重くてちょっと苦手なんだけど、絵風の為かすんなり入って行けました。
ひたすら切なさでジリジリしながらクライマックスへ、そして最後に解放された北原の色男っぷりというか、ハジケっぷりがたまりません。そしてもう一度読み返すと、違う感情で読めると言う・・・とても素敵な作品に出会えました。

リンクしている、お姉さんの同僚の方のコミックも続いて読んでみます♪

とある高校でのBL模様

とある高校を舞台に繰り広げられる、3カプと後輩君のBL模様的なストーリー
それぞれのお話に、登場するキャラ達が絡んできて、読み終わって何か納得感があります

片思いの百瀬くん(2年)⇔剣道部の皆川先輩(3年)♥池田(3年)←チュー目撃の藤吉(3年)♥耕介(3年)-剣道部顧問の泉先生♥斉藤(3年)
個人的には藤吉がツボでした^^ それぞれのカプで、まるまる1冊続きが読みたいなぁ

まず絵が好みだし、独特の何とも言えない雰囲気と余韻があって、ハマッテる作家さんです

面白かったー

単純に面白かったー!!!

1冊まるまる1カップルのお話しです
絵が気に入ったのと、じっくりと1組のカップルにハマリたいタイプなので手にとってみました
設定や背景がしっかりしてて、一気に読み切っちゃいました
そしてもっと色んなエピソードを読みたいと思わせるキャラ達でした

恋に一途なヤスユキと、恋には本気になれない遊び人のヒロキが、弟を介して出会い
堕としのゲームと仕掛けたのに、いつのまにか本気になっちゃって、右往左往しながらハッピーエンド
ヤスユキが側に居てくれないと、すっかりダメダメのメロメロになっちゃったヒロキが、超可愛く思えてしまいました
お二人に幸多かれ!!!