郁子さんのマイページ

レビューした作品

女性郁子さん

レビュー数0

ポイント数2

今年度2210位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

映画を観たあとのよう

非常に濃い1冊でした。
主人公と年の離れた従兄弟が、小学生から大学卒業までの年月をかけて確かに愛し合うまでの過程が丁寧に描かれています。
読み手の「萌え」だけを目的にしたBL作品は、登場人物の人間性が軽く描かれがちのように思いますが、
当作品は登場人物の人格と背景を中心に描かれているため、キャラクターが確かに息づいていました。
ストーリー性重視の方には是非読んで頂きたい作品です。

最後まで楽しめました

締めくくりとしてとても綺麗にまとまっており、最後まで楽しめました!
個人的にこの2人はリバありだと思っていたので、最終巻で(一応)逆のプレイが見られたのは美味しかったです。笑

この作品はサイドカップルがどれもとても気になるので、バクステのように黒井くんや社長のお話も番外編として見てみたいなと思ってます。

登場人物みんな愛らしくて面白い作品でした!完結おめでとうございます。

ほのぼの銀魂愛

そうです、銀魂を好きになったのは、こういうほのぼの感にときめいたからなんですよ。
この方は銀魂の温かい部分を上手に再現してらっしゃる。
特に初期の頃の銀魂に感じたゆったり感を味わうことができます。
こういう原作の補完的な同人作品はもっと売り出していってほしいですね。

何度も読み返している作品です。

しっとり大人なBLで、読後はなんだか質の良い洋画を見終わった時の感じや、高い紅茶を飲んだ後の気持ちに似ていました。(?)
どこか欠けたまま大人になってしまった鷹尾と、お金でしか鷹尾の気が惹けなかったと悩む譲、
不器用な2人がお互いの不安定な部分を支えながら、「執着」ではなく「好き」という認識に至るまでを静かにじっくりと描いています。
とにかく、言葉選びが素敵なんです。
「男でも女でも 誰でもいい方がましだ 世の中にいくらでもいるから 世界でお前一人しかいないなんて、 そんなおそろしいこと・・・」
初めて譲に素の感情をぶつけた時の鷹尾のこの台詞は心に残ります。
漫画としても大変完成度が高いと思います。
この作品を読んで、雨隠先生のファンになりました!

嬉しいシリーズ化!!!

読み切りで終わるにはもったいなさすぎる作品だったので、シリーズ化を知って飛び上がりました!
2巻も、いや、前巻より圧倒的にエロ度、萌え度、そして内容自体の面白さが増しています!
新たに魅力的なキャラクターが登場し、話が盛り上がってきております。シリーズ感が出てきましたね♪
とにかく受けの高人さんの可愛さが尋常じゃないですよ・・・東谷君が絶倫になっちゃうのもしょうがないです・・・。笑
AV的なプレイはこっちまで身をよじっちゃうくらいにもう、エロエロでした・・・。
教師と生徒って・・・この変態天使が・・・!笑
でもこのプレイって、年下×年上カップルが逆転するところが最高に燃えますよね!?(漢字は間違ってません!
相変わらず高人さんの普段といたしている時とのギャップがもの凄いです・・・。
成宮君、綾木君というスパイスも登場し、ますます面白くなりそうです!
(個人的に成宮×綾木の流れになってくれないだろうかと期待してます・・・。笑)
繰り返しますが前巻より格段にパワーアップしてます!!
ちょっとした伏線も張られてて、本当に上手にまとめられていました。
これからも楽しみです!♡





楽しくて、いじらしくて、可愛い。

はらださんの作品は同人の方で読んだことがあるのですが、
独特なタッチと秀逸な物語の描き方に魅了されつつも、生々しい描写やどぎつい鬼畜プレイなどの趣向は受け付けなくて、少し遠避けていました。
しかし最新作であるこの作品、カップリングがどうしても自分好みだったのでやっとのことで手が伸びました。
私の好きなはらださんワールドが詰まった一冊でした・・・。
受け攻めが逆転する下剋上ラブ、という思いきった展開。
最初は受けの表情など全く滲み出ないし、横暴で可愛くない先輩がいつのまにやら可愛いくて仕方なくなっていました。
冒頭から5ページ目でこのありえないカップルが成立し、付き合い始めの先輩の意味の分からなさには飯田君だけでなく私まで振り回されましたが、
その時の先輩の本心が後で明かされて納得。
この2人、始まりは最悪だったけど、ゆっくり恋をしていたんだな・・・。
イネオさんに飯田くんのこと惚気倒す先輩には悶えました。実は飯田くんのことめちゃくちゃ可愛いと思ってて、もう大好きなんですね・・・!
「あと、車の運転が上手い・・・」というのは暗にテクニシャンであることをほのめかしてたんでしょうか・・・!笑
イネオさんとムギタちゃんもとても良いキャラしていました。邪魔しつつも2人の背中を押してあげちゃってる不憫さが愛しかったです・・・。

一緒にモヤモヤしてキュンキュンして幸せな気持ちになれるお話でした!




テンポが好きすぎるw

アニメを見てがっつり心掴まれたので全巻&バクステ購入しました♪

とにかくこの作品に登場する人々皆愛しすぎます。
主要カップルの周りを固めるキャラ達も魅力的で、BLとしてだけでなく普通の漫画としても楽しめる作品だと思います!
私はほとんど女の子みたいな見た目の受けは苦手だったのですが、イズミの超絶かわゆさのせいでどうでもよくなりますね!本当に恐ろしい可愛さです。
そしてこれまた攻めのリョーマが良いキャラしてるんですよね!
一巻の時点でのキャラ特性に「俺様」「強気」・・・なんて書いてますが、
その一面も持ちつつ、どんどん良い感じのヘタレわんこになっていきます。
イズミに振り向いてもらうために健気に頑張る姿は応援したくなりますよね^^
こんなに可愛くて微笑ましい攻めもなかなかめずらしいのではw

そういえば4巻で受け攻め逆転しそうな描写がありましたが、それも見てみたい・・・!笑
イズミは意外と男前な一面も持っているし、リョーマは乙女だし、これはリバも有りなんじゃないでしょうか・・・♡とひそかに期待しております。笑

話もテンポよく進んでいくし、意外な展開があるわけではないのですが、先が気になります。
王道BLなんて言われてますが、私はBLとしてはなんだか新感覚でした。
続きが楽しみです!


普通に感動しちゃいました。

非常に愛着のわいていたカップルだったので、完結はさみしいです。
颯生がまた一歩成長し、
二人の関係もただ甘くてラブラブなだけでなく、
同性同士の恋愛の難しさをしっかり自覚した上で
互いの愛を確かなものに固めていこうとする姿に胸が熱くなりました。

これまであまり良い印象で話されなかった謙也のモトカノ、祥子のことも拾ってくれたのは嬉しかったです。
祥子が謙也にこれまでの辛い過去を打ち明けるシーンは感動しました。
祥子のキャラは結構好きです。颯生と食事まで行くような仲になった展開は微笑ましい^^
しかしその展開からまた新たな波乱やらが想像できて、
これからも続きがありそうなラストにうずうずしつつ^^
ともあれ永遠に爆発してろと、愛すべきバカップルをありがとうございましたv

サブキャラの魅力にも注目

蓉一の変化が予想以上にめまぐるしい・・・!
色んな人と接して成長しようと頑張る蓉一にほっこりします^^
最後のHは桜井さんがさすが余裕って感じで、ここが年の差カップルの萌えどころだよなァなんてニヤニヤ。
蓉一もどんどん色んな表情をするようになってきましたし、
今後さらに新しいお顔が拝見できることに期待がふくらみますねーv

そして4巻で私の中でかなり高感度が上がったお二人・・・。藤本と竹さんですね。
藤本が蓉一の気を惹こうと一生懸命な姿を見てて胸がツキツキしました;ω;
当て馬だとわかっているキャラの健気な姿は切なすぎます。
蓉一の反応に一喜一憂する姿見てるとどうしてもこっちを応援したくなるからやめてください(泣)。
そしてやっぱりフラれてしまった藤本ですが、
「よく考えたら、俺が好きになったのって、お前が桜井さんを見てる時の顔なんだよな。」
この台詞切なすぎませんかー!!;;
本当に誰か早くこの子をなぐさめてあげて、と思ってたところに竹さんですよ。
フラグ的には竹さんは菖太と・・・かな~なんて思ってたんですけど、
この二人も悪くないんじゃないですか・・・?笑
個人的に、結構本気でこの二人にフラグが立って欲しいと願ってやみません。
もちろん竹生×藤本ですよ^^v
菖太の時にしても、竹さんの男前っぷりにも惚れてしまった4巻でした!

きっかけは・・・?

非常に評価の高い作品でしたので、期待と安心の気持ちで憂鬱な朝とともに一気買いしました。

人気のある作品だけに以下のような批評をするのは勇気がいるのですが・・・。
私はどうしても、ゲイじゃない同士のBLには、惹かれあった明確な理由を求めてしまいます。
今まで読んできた作品の中でも互いが惹かれたきっかけを丁寧に描写しているものは多くはなかったものの、さほど気にならない程度だったのですが・・・。
この作中の二人には違和感を感じてしまいました。
偶然出会っただけの男同士、しかもかなりの年齢差。
お互いに最初の印象は傍から見ても良くない。
これだけの条件が揃っているなら、互いが惹かれあうまでに大きな動機が、もしくは長い付き合いがないと納得がいかないというか・・・。
「なんとなく」で簡単に惹かれあえる二人かな、と思いました。
長編作ですし、皆さんの評価では「かなりの焦らしプレイ」と聞いていたので、
そのへんの互いの心の変化はもっとじっくり描かれているのかと期待していただけに、
2巻でキスまで進んでいるのは、私には展開が早すぎる気がして少し残念でした。

ただ続きは気になっちゃうんですよね^^;
登場人物も魅力的だし、設定も面白いのに、
上記のことが気になってしまうせいで、なんとも微妙な気持ちで読んでいる作品です・・・。