花は咲くか(4)

hana wa sakuka

不知道花开否

花は咲くか(4)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神298
  • 萌×256
  • 萌20
  • 中立3
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
39
得点
1777
評価数
381
平均
4.7 / 5
神率
78.2%
著者
日高ショーコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
シリーズ
花は咲くか
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784344828018

あらすじ

無愛想な美大生・蓉一に惹かれる桜井。蓉一も桜井への想いを自覚。お互いの気持ちを確かめ合った矢先、桜井の大阪転勤が決まり! ?

表題作花は咲くか(4)

広告代理店のディレクター 桜井和明 38歳
美大生 水川蓉一 19歳

その他の収録作品

  • 番外編 鼠たちの住処
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数39

いろんな意味で感慨深い4巻です

3巻の終わりで知らされた、いきなりの桜井さん大阪転勤。
切ない始まりだとわかっていたので、買ってからなかなか開けられなかった4巻です。
そして今、読み終えて……なんですぐ読まなかったのかと。

今回、蓉ちゃんをはじめ、桜井さん、藤本、柏木さん、それぞれに様々な変化が現れてきました。
特に藤本株は上がりっぱなしです。かわいいヤツやん!
ストーリー的にも登場人物ひとりひとりの人生を示唆するような「カギ」となるセリフや場面が多かったです。
それに、蓉ちゃんがひとりもんもん考えるシーンや、蓉ちゃんと桜井さんのケンカシーン。
自分的に好きなシーンが多くてドキドキしながら読み進めていったんですが、ラスト25話で心臓鷲掴みにされました。

まともなレビューになっていないのは承知で、これだけは言わせてください。
自慰シチュ大好き人間として、言わずにはおれません!
あの蓉一くんが、桜井さんを想いながら自慰してたんです、って!!
もうこれが興奮せずにおられましょうか!!
「どーやって…抜いてたのかな…とか」っていう誘導尋問(?)しかけた桜井さん!
なんていい仕事してくださったんですか!
それに素直に答える蓉ちゃん…もう心臓がいくらあっても足りません。
実際、そういうシーンが描かれていたわけではないですし、蓉ちゃん自身が「桜井さんで抜いてた」って言ってるわけではありません。
が、蓉ちゃんの告白とたどたどしい行為だけで脳内はエラいことに。
夢が叶いました、ありがとうございます桜井さん!
さらに、桜井さんの大事なところを蓉ちゃんの手が……もう萌え死にそうですスミマセン。
でも、これ書いてる本人は、いたって真面目です。心臓止まりそうですけど。

いろんなことが初めての蓉ちゃんに、
「出したばっかで今ここ感じやすいから、やなの?」とか
「お前ってさー、続けて出したことないんだろ?」とか
軽い言葉責めですか?もうホントにありがとうございます!
その後の蓉ちゃん、かわいかった…かわいかったです(大事なことなので2回言いました)。
蓉ちゃんをあんなにかわいがってくださった桜井さんに感謝してる人、私だけではないはずです、多分。
いや、実際は日高センセに感謝する方が筋が通ってる気もしますが、そこはまあ桜井さんの手腕ということでひとつ。

何度も言いますが、ストーリーはもう佳境に入ってきた感じです。
両親の死にまつわる蓉ちゃんの告白で終わったりして、もう既に5巻が待ち遠しい。
でもあえて言いたい。
この記念すべき4巻、なんなら10冊くらい買ってもいい!
それくらいいろんな意味でうれしかったです。
なんだか、そのシーンに特化したレビューでスミマセン。

次はジェル、たくさん使ってください、是非!

13

三つ巴の行く先は…?

桜井さんと蓉一については他の方ががっつり素晴らしい感想を書いてくださっているので、
私はあえて脇役三人、特に雑誌掲載時と比較して大幅に加筆されていた藤本について書きたいと思います。

藤本は一巻から二巻の間まで徹底して桜井と蓉一の間に入って邪魔をする、(にも関わらず二人の仲を進展させてしまう笑)嫌な奴として描かれてました。
ですが、話が進むに連れ、ただの当て馬くんとは程遠い、彼の深い人間性が垣間見えときています。
三巻で彼が蓉一に漏らした「親友」に対するコンプレックスのようなもの、対人関係での隠し通している弱さ、絵の才能と現実、将来。
四巻では蓉一目線でより色濃く描かれていました。「喋って喋って不安を押し隠している」という蓉一の藤本評が何より彼を表す言葉だと思います。

メインの桜井さんに蓉一、そして藤本だけでなく、タケさんや菖太もそう。
見えないところで動いていく人間関係に葛藤したり、ちゃらんぽらんなようでいて本当は誰より人のことを敏感に感じ取っていたり。
この作品の素晴らしいところはBLの恋愛関係と同様に人物造形の繊細さにある気がします。

四巻の藤本は張り付いた作り笑いの印象は薄まり、蓉一の一挙一動にいちいち顔を赤くして一喜一憂していて非常に可愛いです。
藤本の最大の敗因は彼もまた「受け」キャラだったからかも(笑)。
桜井さんが好きになった蓉一を好きになってしまった藤本が報われることなどハナからなかった…
けれど、いつか時が経ったら、蓉一が望んでいるような「親友」という関係になれる日が来るのかもしれません。

そして四巻で微細に動いた竹・藤・菖の三つ巴について。
蓉一にフラれてぐずぐずに泣いている藤本を慰めるタケさん…蓉一に似てるし発言、「俺だって悪くない」とは一体…(苦笑) …あと、藤本の「竹生さん」呼びがなんか好きです。
藤本のことを蓉一・桜井・タケさんに手を出してるホモ野郎と勘違いし常に衝突している、にも関わらず「愛されたがり」な藤本の性格を誰より見破ってる菖太。
一巻同様今回も番外編で、周囲に敏感な作り笑いを浮かべる「鼠」である菖太を気遣うタケさん。菖太の女なら付き合う発言。

見事にキレーな三角形ができていますが、果たしてこの微妙で絶妙な三つ巴が動くことはあるのか…
次巻で最終巻とのことですが、是非この三人の関係もクローズアップしてほしいところです。

桜井さん!次回は用意したグッズ、異動前にちゃんと使ってくださいよ!

9

蓉一は俺の聖域です。

はじめて投稿いたします、黙ってられませんでした。
もう…もう何なのこの素晴らしすぎるお話はっ……!!
ゆっくりでいいのです。ゆっくりがいいのです。
とうとうここまできたんだけど、ここはほんの通過点で、もうエロとかどっちでもいいくらい話が素晴らしいんだけどでもエロも万歳…!(何がなんだか)
蓉一って笑った顔より怒った顔のほうがカワイイんですよね…あれどういうこと。
ゆっくりなはずなのに、でも桜井さんと出会ったころと比べて、別人みたいに変わってますよ蓉一。
たくさんがんばったんだねぇぇ(号泣)
つうか桜井さん、やっと好きだと言ってくれたな!もういいかげん言ってやれよとこっちが焦れてましたが(笑)
やっと言ってもらって、「だと思ってたぜ」くらいの勢いでドヤ顔でもいいのにヨウちゃんってば、また「俺のほうが」とか…!!
どんだけ張り合うの~(笑) いつも張り合うよね、キミ。
はーかわいい。マジかわいい。

個人的に、「この世にホモなんているはずないよあんなのドラマの中だけさ」って思っていそうな竹さんがすきです。
菖太と竹さんの健全さに、わたしとしてはとても癒されるのですが。
まぁたしかに藤本あのままじゃかわいそうだけども(笑)
きっとすぐいい子が見つかるよ!次も相手が男なら、藤本は受けたほうがいいと思う。

ほんと素敵。なにもかも素敵です。すきすぎて死ぬ。
次で終わりなんてさみしいけど、どんな花が咲くのかたのしみですねー!

9

毎度ほんとに素敵な表紙だよ

どれどれ今度の表紙は誰だい?と発売前にちらっと覗いてみて、また蓉一?それも一人かいな。いや、そう思わせておいて実はこれ蓉介だったりして。なんて思ってました。
実際買ってじっくり見てみたらあなた、蓉一単体じゃなくて3人の表紙でびっくりしましたよ。マーベラス!
そして今回の花はこれ、八重桜ですかね。素敵です。二人の関係の進み具合を表すかのような、この咲き誇りかた&舞い散る花びら…
すれ違う生活なうえに気持ちをぶつけない二人が、いったいどこまでこじれるかと思ったけど、案外あっさり進展してくれて、ホッとしたような肩すかしなような。
やっと初夜(あえてこう言わせてもらおう)を迎えることになった蓉一のテンパリ具合や恥ずかしがるポイントが、ほんとにもう「初めてです」といった感じで、可愛らしいったらなかったです。
こりゃ桜井さんはただのスケベおやじになってもしょうがないですね。うん、許す。
だって蓉一を女性だと考えたら、38歳と女子大生ですよ。おおっふ…途端にいやらしい(笑)
にしても、藤本のひとりよがりな失恋は、なんかこう恋に恋してる女子高生みたいで、おいおいおまい…と。ちょうどそう思っていたところに、これ以上無いというほどぴったりな竹さんのツッコミが入り、すっきりいたしました。
そして自分だって蓉一にそっくりって言われるんだとかいう、ちょっとよくわかんないとこでなにかに張り合う竹さん…(笑)私はこの人にも性格変わるほどのお相手が表れてほしいと願ってやみません。

いよいよ次巻が最終巻だそうで…。日高さんはお話のちょうどいい塩梅ってのをよくおわかりになってるなあ。
ええ~~( ;´Д`)もっと読みたい~~っ!となるほうが絶対イイ。
寂しいですけどね。

8

これこそ恋愛漫画の金字塔

生死に関わる問題じゃない。健康だし、危険が迫っているわけでもない。それなりに友人だっているし、他人から見たら何がそんなに苦しいのか分からないかもしれない。自分の恋愛相談なんて他人からすれば、退屈な話かもしれない。でも、自分達には一大事。それが恋愛。

桜井さんと蓉一くん。
同じ日本人で言葉の通じる同じ国に住んでる。約20歳の年の差はあるけど、老人から見たらそんな差は大したことない。同性だけど、それによって罰せられる国に住んでいるわけでもないし、誰かに強く反対されているわけでもない。桜井さんは転勤になってしまいそうだけど、新幹線で2時間半、飛行機で1時間の距離、大阪なんてそんなに遠くない。
でも本人たちにとっては大事です。

4巻分も使って、桜井さんも蓉一くんも悩んできました。蓉一君が若くて社会経験もないぶん、そして何かを期待したり強要したりする親もなく、しがらみもプレッシャーもないため、早くに桜井さんに対する気持ちに素直になりましたが、桜井さんは4巻たっても、まだウジウジと悩んでいます。痺れを切らしている蓉一くんに責められ気味ですが、まだ煮え切らない。桜井さんも天涯孤独で自由に生きていけるはずなのに、中年のプライドも臆病さもあり、結局格好悪いところばかり見せています。蓉一くんは早く桜井さんに好きにしてほしいし、ぐちゃぐちゃにしてほしい、普通の恋人同士になりたいのに、桜井さんはまだ「こんな若い子を」なんて考えてる。でも蓉一くんのこと大好きなので、ブレーキがきくわけでもない。要するにズルい大人。
二人の気持ち、両方解りすぎて辛いです。

第4巻でも結局素直な蓉一くんが桜井さんに追いすがって、やっと結ばれた感じです。あまりに健気で可愛くて不憫。
二人のエッチ成就シーンでは、この後に及んでまだ臆病な桜井さんに、蓉一くんたら彼の手をむんずと掴んで自分の股間に‥。いたいけな美少年にこのヨレヨレ桜井は何をやらせているのか、と凄い情けなく不憫ながらも、蓉一くんの必死さが微笑ましかったです。愛しの蓉一くんを前にすると、結局のところいつも流される桜井さんにちゃんと抱き締めてもらって、気持ちよくしてもらってました。
良かったね、良かったね、蓉ちゃん、やっと愛する人に抱いてもらえたね(T ^ T)
桜井さんも可愛い可愛い連呼してて、メロメロのご様子でした。エロティックではなかったのですが、とても感動的なシーンでした。
もっと早く読んでタイムリーに感動したかった!!!!!

これからは、年下の蓉一くんがヘタレ中年の桜井さんを引っ張っていくのでしょうか。桜井さんがシャキッと男前に変貌する日は来ない気がするのですが。なのに、助平な桜井さん、次はもっとジェル使ってエッチしよう、なんてムフムフしてます。もうなんておじさん! もっともっと触ってあげて! 明日にでも!

しかし、客観的に見るとヘタレで ヨレヨレな桜井さんですが、妙な色気はあります。いつも作画の強烈に面倒そうなストライプシャツに、仕事で疲れきってなんだかボサボサ気味の髪。夜はいつも汗臭そうです。蓉一くんはいつもサラサラの髪でいい匂いがしそうなのに、こんなヨレヨレの桜井さんの汗と脂の匂いとかにきゅんとしちゃってるんだろうなぁ。何が言いたいのかというと、蓉ちゃんが可愛すぎます。蓉ちゃん、あなたが一番です。桜井さん、どうにか幸せにしてやってください。

7

もしかしてツボミくらいまで行ったのかな?

おおおー!蓉一が可愛い過ぎる!!ジタバタしてしまいました!悶えましたっ。
甘酸っぱ過ぎて死にそうになりました!

二人の喧嘩さえもノロケにしか見えないくらい、二人はしっかり愛し合っていると感じました。
愛し合っている者同士だからこそぶつかり合うことも時に大切だってこと、二人を見て思い出しました。
そして反省し合ったり、許し合ったりも。
そういうことは誰にでもある当たり前のことなんですが、そんな部分も丁寧に描いてある所が良いです。
そして丁寧過ぎて悶えます。軽く吐血です。

ゆっくりと二人の関係が進むところがじれったくて、
でも甘酸っぱくて、本を読んでいてこんなに強くときめいたり幸せを感じられたのは久しぶりです。
最初はこの二人、どうなるんだろう?と思っていましたが、
しっかり大地に根を張った関係がこの4巻で感じられました。

また、蓉一が桜井さんの家にお泊りのシーンで、
桜井さんがやる気まんまんでグッズを用意していたところで、
もしや今夜花開いてしまうんだろうか!?
と何故か焦ってしまった私ですが、花は開かれなかったようですw
ここまで来たらツボミがついたくらいと考えても良いでしょうか?

そして菖太の勘違いが面白い!
桜井さんと藤本って組み合わせ的にどうなんですか(笑)
菖太、その二人が付き合うとか無いから!

更に竹さんと藤本の二人の会話も面白かったです。
そこに菖太も現れて・・・。この三人の展開も笑えました。

内容は桜井さんの大阪転勤や蓉一の父親のことなど、まだまだ気になるところがたくさんあります。
そして次こそ桜井さんの用意したグッズが役に立ちますように!(笑)

次が最終巻になるのかな。
もう終わってしまうのかと思うと寂しいですが、次巻も楽しみに待っています。

5

蓉ちゃんの感情がたくさん!

私の大好きな花は咲くかの4巻です。

この4巻では蓉ちゃんが怒ったり、顔を真っ赤にして恥ずかしがったり、自分の意見をはっきり言ったリ、色々な蓉ちゃんが見れました!ツンツンしている蓉ちゃんも大好きだったけどなぁ。

桜井さんからマンションの部屋の鍵を渡されてから全然あえてない2人。
蓉ちゃんが拗ねて桜井さんのタバコをくわえているシーンがよかったです。その噛んだタバコを後で桜井さんは見つけてそのタバコを吸いながら蓉ちゃんのことを想うのですが、すごいキュンとしました。
桜井さん、かっこよすぎ♡
おっさん呼ばわりされてますが、仕事ができてかっこよくて
。桜井さんみたいな人がいたら好きになっちゃいます。

あと藤本、すごくいい子じゃないか!
いままでうっとおしいな、邪魔するな!なんて思っていたのに。
純粋に蓉ちゃんが好きだったのですね。ちゃんと自分の気持ちを蓉ちゃんに伝えてすごく男らしい!振られて泣きじゃくってる藤本もかわいい♡一気に彼の見る目が変わりました。

そしてそして一番大好きな場面は、蓉ちゃんと桜井さんが素っ裸で抱き合うシーン。上半身しか描かれていませんがその下はどうなってるの??なんて妄想しながら見てしまいました…。ガッツリ描かれていないのに、めちゃくちゃ胸がキュンキュンして、やばかった。日高ショーコさん、さすがです!
桜井さんの愛の告白もよかったなぁ。

終わりはかなり気になる感じで終わってます。
蓉ちゃんが、自分の両親は自殺かも知れないと桜井さんに言うシーン。5巻が待ちきれるかなぁ。

かなり萌が詰まった1冊でした!満足満足!

しかし予定では次の巻で終わりだそうです。もっと2人を見続けたいし、他の人たちも気になる!予定どうりになりませんように。

5

萌え過ぎて大変!

『花は咲くか』の4巻です。
表紙が素敵すぎて悶えてしまいました。

今回、桜井の転勤話を人づてに聞き、蓉一が沸騰します。
自分とちゃんとつきあう気があるのかと詰め寄る蓉一。
そしてその後、自分が変わらなきゃ相手も変わってはくれないと気づくのです。
はあー、やっぱり蓉一は成長したなあ。
シミジミ…母親の気分です。

さて、当て馬の藤本ですが、彼は聡いので蓉一と桜井の気持ちにいち早く気づいてたわけですが、それでも藤本はふたりの年の差に、いつかどうにかなると思っていたのではないでしょうか。
ところが今回キッパリ振られてしまう。
どん底に落ち込む藤本を偶然帰宅してきた竹さんが慰める(?)ことになるのですが…
今回、色々なシーンで一番の被害者は竹さんでしたね。
竹さんのあまりの健全ぶりに、笑ってしまいましたけどね。
まあ、普通の男だったらそうだよね…(苦笑

ラストあたりにひじょうに萌え萌えシーンありです。
これまでキスはあっても意外に健全だったので、腹をくくった桜井の全開っぷりはドキドキでした。
はあああ、桜井がやっぱり大人の余裕で蓉一を翻弄してますね。
まあ、蓉一は何もかもが桜井が初めてですもんね。
しかーし、最後の最後に衝撃発言…
あーー、はやく5巻読みたいー!
待ちきれませーん!

5

蓉一(*ノ∀`*) もうこの子タマランw
変化をきらい、周囲とも溶け込まず。
そんな子だったのに、どんどんめまぐるしく変わっていく様子がすごく面白い。
というか、人ってこんなに変わるんだなというか
本来はこっちがホントウなんだろうなと思うとなんだかとても萌える。
私もなんとかせにゃならんななんて思ってしまった。

言葉にするのは苦手。
だけど、自分をわかってもらうためには、
もっと近づくためには言葉にしなければならないこともある。
気づきからの変化がすごく面白い一冊でした。
いい男になりそうな予感ww
というか、3年の間にもっと成長して、攻守逆転とかしたら面白いと思うんだけどw

さて、今回は、初のお泊りですよ!!!
ジェルとゴムのはいった袋を覗く攻がリアルというか、シュールというかww
ただ、ちゃんと両想いからの初イチャエロは攻じゃないが読者としても満足でした。
かわいいwカワイイw可愛いのだ。
これは次回が俄然楽しみ。はやくこいこい

5

もこ

めぐる*さん
コメントありがとうございます*。(*´Д`)。*°
前回が、去年の4月なのでそろそろ出るんじゃないかなと
ワクワクしているわけですが、どーなんでしょうね。
楽しみですね!

「はやくこいこい」まったく無意識で
自分で見直してしまいました///
この二人には幸せになってほしい。
蓉一に横恋慕のあの子もいい人にめぐり合うといいな~と思います

まだまだ先は・・・

今回も皆々様の高評価に度肝を抜かれながらも抗うことなく読み始め、
やっぱり今回も最高に面白いと思ってしまった。
桜井さんのヘタリぶりもいまだに続行中で、前半はオヤジに振り回される蓉一くんが
憐れと思ったけれど、蓉一くんの容赦の無い桜井さんへの言葉が鬼気迫る感じ。

桜井さんの大阪転勤3年でもめたけれど、大人の桜井さんの辛さも解るし、
はっきり言葉にも態度にもしてくれない桜井さんに子ども扱いされてると怒る蓉一くんの
気持ちも解るからハラハラしてしまう展開なのですよ。
それに当て馬くんの藤本がちょっと情けなくも可哀想になりました。
桜井さんを好きな蓉一を好きになったことに気が付いた、そんな言葉は切ないですね。

今回は転勤騒ぎですれ違いながらもお互いが何をするべきなのか分からないまま
離れてしまうかと一瞬思われたけれど、そこはしっかり歩み寄りで愛を確認。
まだまだ、先には色々あると思える展開だしラストで蓉一くんが桜井さんに告げる
両親の死に対する疑問を語り続くになり、またまた気になる次回って感じですが
蓉一くんの精神的な成長が見えた感じの内容で今回も素敵で引き込まれました。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ