花は咲くか(3)

hana wa saku ka

不知道花开否

花は咲くか(3)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神280
  • 萌×266
  • 萌19
  • 中立3
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
38
得点
1724
評価数
374
平均
4.6 / 5
神率
74.9%
著者
日高ショーコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
シリーズ
花は咲くか
発売日
ISBN
9784344823808

あらすじ

無愛想な美大生・蓉一に惹かれはじめた桜井は、思わず蓉一にキスを。蓉一もまた桜井への恋を自覚し、次第に変わっていくが…。
(出版社より)

表題作花は咲くか(3)

桜井 和明,37歳,広告代理店勤務,ディレクター
水川蓉一,19歳,美大生,下宿屋を営む

その他の収録作品

  • あとがき(描き下ろし)

レビュー投稿数38

神神って出来ないですか?

この本は、桜井さんに年齢が近ければ近い程ツボに嵌ると思います。

恋愛が人生の大半を占めていた20代が終わり、仕事や家庭に追われてマンネリ化した日常。「え?ときめき?何だっけ?大昔聞いた気がするけど、オボエテナイョ」的な人生に成り下がってしまった30代以降には蓉ちゃんの純粋さは堪らない。きゅんきゅん来ちゃう。

蓉ちゃんの下着発言は桜井さんと一緒でソファーに突っ伏しちゃいましたよ。
と言うよりも、ソファーに突っ伏してどうにか本に戻って来たら桜井さんも突っ伏していて、「ああ、うん、、堪んないよね」と桜井さんに語りかけてしました。

3巻まで来てもチューまでしかたどり着けないこの話を若い人はイラッとするかもしれない。でも、30歳超えて読んでみ、そのじれったさが、桜井さんの気分が良くわかるから。

12

萌え死ぬかと思ったww(大げさ)

まだ2巻の余韻が残ってる(もう1年なんだけど)というか、2巻の印象が非常に大きかったせいか、3巻が出るのにすごく待ったという気分がしません。
蓉一の無表情、見せない感情にかなりじれったさを感じながら、一体いつ花が咲くやら、、と思っておりましたら2巻でいきなりつぼみがポンポンついちゃって(w)
そして、この3巻。
マジ興奮しました!!身悶えました!!
何かいきなり、蓉一には”木瓜の花”が咲きだしたのか!?と思うほどに、変化をみせたんですよーーーーー。
やればデキる子じゃん、蓉一♪
でも、それは桜井を好きと自覚したからなんですよねv

桜井は、蓉一との20歳近い歳の差を考えて一人で、あーでもない、こーでもないと考えてヘタレて。
むしろ積極的に動くのは蓉一。
家に来なくなった桜井に連絡を取りたくて竹ちゃんに桜井のケータイとメアドを聞くというのがまず!
そして、言葉にしないと伝わらないという事を知り、
自分も桜井が何も話してくれないと不安ということは、桜井も自分が何も言わないと不安になるんだと気が付き、急に言葉で伝える事に積極的になる。
そして、そして、、、
ラストの蓉一の発言に鼻血出るかと思ったwww桜井じゃないのにwww
蓉ちゃん、おパンツもっていきなよ♪♪♪
しかし、桜井は関西転勤の話を受けてしまった後であり、一体?

また、今回菖太の父親が登場します。
それを通して想いの通じることの難しさ、そして大切さ、
これは蓉一の苦手とするコミュニケーションの問題と上手く絡んで、また一つの道を見せてくれたような気がします。
菖太の父親も決して悪い人ではない、彼も彼なりに不器用な人なのだと。
水川の従兄弟達の互いを思いやる優しい心を知ることができます。
菖太は竹ちゃんと何とかなったりしないのかなww
だって、菖一は女だったら竹ちゃんのお嫁さんになるのに、何て言ってましたからww

今回は互いが好きと認め合った回になりましたので、キスシーンが沢山出てきましたv
蓉一の変わる表情もとても魅力的でした。
どうして桜井なのか、という部分は見えてきましたが、桜井はどうして蓉一なのか?
きっとそのあたりが少し掘り下げられた時、二人は結ばれるのかな?なんて思うのですが。。。
次はいよいよ、、らしいです(ワーイ♪)

11

また長いこと待つのかと思うと…

待望の、待っ望の3巻!表紙は予想を大きく裏切って主役の二人!え、それってラストに取っておくかと思ったよ。
「3巻は誰だろう…藤本で藤?いやタケで筍?私としては吉富さんが桔梗の花を背負って欲しいとこですが、まあないですよね(笑)」などと、2巻のレビューで言っております私。吉富さんはなかったけど、バックの花が藤じゃないですか?藤!顔出さずして実は3角関係が表紙なんですね?

じっくりじわじわと関係を詰めていくというか進めていくというかグルグしてる二人が、焦れったいようなこのぐらいのスローさがいいような。
桜井さんも藤本から見れば、余裕のある大人の男ですが、恋愛はいくつになっても経験を積んでも、毎度動揺したり足掻いたり怖じけたりするもんですよね。
そんな桜井さんも可愛いのですが、なんといってもこの3巻では、蓉一の変貌ぶりに悶えまくりました。
桜井さんの言葉によって、自分の気持ちを人に伝えようとし始める蓉一…行動は唐突でなかなかうまいこといかないんだけど、そこがまた危なっかしくて幼さが愛おしい。
しかし親子ほど歳の差はあれど、別に未成年じゃないのに、この背徳感はなんでしょうねえ。キスしかしてないのになんとも言えない後暗さがよけいドキドキします。
でもって覗き見してるような気持ちになってしまうのも不思議(笑)
ほかの登場人物たちも今後が気になります。
みんながそれぞれ大きな変換期に入ってる感じで、今後がまた一層楽しみです。

4

世界が変わるという事

 クレッシェンドする蓉一の気持ちが手に取るように伝わってきて、読み手はダイナミックな臨場感に落ちていく。
 桜井の登場によって世界が色めいてきて、その事に戸惑いながらも前進しようとする蓉一には感動を禁じ得ない。

 おそらく日高は意図しているだろうが、この作品は無色だ。もちろん紙媒体が白黒印刷だからではなく。
 色の無い世界に属していた者が、外の世界の住人によって色付けられていく。そうして自分の世界が変わって、それを受け入れ今度は自ら筆をとる。

 桜井によって世界が変わった蓉一が自分から色を足していく姿が本当に素晴らしい。
 そして桜井もまた失いつつあった色を思い出し影響され、世界が再び鮮やかなに蘇る。

 相互干渉により共鳴する様が丁寧に、だけど大胆に描かれてる日高の極めて現代的な描写力には脱帽。
 クライマックスに向けて物語が進む「花は咲くか」、引き続き見逃せない。

4

丁寧な物語

最近BL読んでないなー。けど何読もうー。と悩んでいたので、こちらで評価が高かったこの作品を1~3巻まとめて購入。

来ましたひさびさのキュン!

蓉一の桜井に対する態度がたまらん・・・!
蓉一の溢れんばかりの気持ちがこちらに伝わってきます。
けれどうまく気持ちが伝えられない不器用さに悶えます。

そな不器用な蓉一と大人な桜井のキスシーンとか、萌えるとかいう言葉を超えてます。

2巻の感想になって申し訳ないのですが、桜井をぐいと引き寄せ、『桜井さん』という場面に震えた・・・!


これだけ丁寧に作られている話は絶対にはずれはないと思います。

3

キス、キス、キス…な3巻。

前巻、勢いでキスしてしまったものの、
歳も離れてるし、学生だし、男だし…と
仕事が多忙なのをいいこと?に、蓉一と距離を置こうとする桜井さん。

なかなか会えないことにしびれを切らし、
追いかけてきた蓉一との玄関先でのキスシーンに
めちゃめちゃキュンとしてしまいました。
それまでのぐるぐるモードとは一転、がっつく桜井さんがカッコよすぎる!

この玄関先でのキスシーン、
雑誌掲載時はもう少しディープなキスだったんですよね。
コミックス版で残らないのはとても残念なのですが…

他にもいろいろなキスシーンがあって、
薄暗い部屋で手を繋ぎながら、
「もっと触りたいし、触られたい…」と見つめ合う二人が初々しい。

ああ、付き合いたてっていいなあ、と
ほんわかうれしくなる一冊です。

巻末の描き下ろしの、26歳の桜井さんがカッコイイ♪
こういうさりげないアングルが大好き。

3

ちるちるちるちる

ためになります。

動き出した2人の恋・・・

何度も読み返している大好きな作品の一つです。

少しずつ、自然に2人が恋に近づいていく様子が丁寧に描かれていて、サブキャラ達も皆魅力的で、年齢層も幅広くて、本当に読みごたえのある素敵な作品です。
また、日高先生の絵もとても私は大好きで・・・
とりわけ私は桜井さんの仕事で疲れた~という感じの中から出てくる何とも言えない色気にノックアウトです。あと、桜井さんのストライプのシャツ姿が好きです。
1,2巻は、恋かもしれない・・・という感情に戸惑ったり・・・な桜井さん視点での展開という印象だったのが、この巻になって、蓉ちゃん視点もばんばんててくるようになって、ようやく2人が向かい合い、それから前を向いて恋に向かって歩き出したんだな・・・という感じになっています。
それまでの桜井さんは(なんだかんだ中身は案外子供っぽいのですが)大人なので、大人ならではのずるさもあって自分の気持ちから逃げようとし、蓉ちゃんは生まれたての雛のような純粋な子どもっぽさゆえの真っ直ぐさがあって、でもその分桜井さんに対する気持ちが何なのかまだ理解していなくて・・・
でもこの巻で、桜井さんも遂に自分の本当の気持ちから逃げるのはやめよう・・・と決め、蓉ちゃんも色々ちゃんと考えるようになり・・・。

そんな中、桜井さんの転勤話が(蓉ちゃんから離れようと思い桜井さんが受けてしまっていた)・・・という感じで次巻に続きます。


3

本当に好きだと、思えば思うほど。大人だから進めない。

…そうは言っても。やっぱり桜井さんは大人で。手練れだとも思うし。(主に女性に)モテて来たんだろうなぁ、っていうのが分かる。意外にもだから怖い、恐れてもいて。この先のこと、年が離れていて、とか、もちろん男同士だとか。そして、真っさらの『蓉一の無知が怖いんだ。』。
何度もキスをしていて、衝動的に、もぅここはキスするとこ‼︎っていうのが、大人の桜井さんには分かりすぎる程に分かっていて。衝動的な筈なんだけど、桜井さんは冷静で。蓉一が『うまく息継ぎできてないとか。』分かってて。そう言えば、この先に進むのはもちっと後なんですが、思ってたより、この巻はチュッチュッしてて、驚きました‼︎ そ、そんなにしてましたっけ⁈っていう。そういうタイミングを逃さないところが、もぅ‼︎ 桜井さんのニクいところです。この男は‼︎(モテる筈だよ‼︎だってカッコいいもん。)

と、いうわけで。ものすごい勢いで牽制かまして来る藤本。牽制になっていないけれども。蓉一を見ているから、蓉一の変化に気づく藤本は、結構ガツガツ蓉一にも踏み込んで来るし、桜井さんにも正面から言いたいことを言う。そして、蓉一と一緒に学食行くってだけで、上がるのだ。ちょっと、だいぶ可愛い。年の離れた大人より、俺‼︎って、思ってるけど、後半、大人たちの間に入って行けない俺、っていうのも自覚していて。恋としては一方通行なんだけど、いい感じで外側に感情を出し始めた蓉一の、きっかけにはなってきているのだ。

大人に翻弄されている子供たちの話しと言えば。ここに来て菖太の父、菖一さんが登場する。この男は水川本家の当主で、蓉一の父、蓉介と竹生の母の長兄に当たる。菖太は当主の愛人の子なので、一族からおそらく疎まれている。本来なら長男の息子なのに。中学生の頃から蓉一の家で下宿して、バイトを沢山して、早く家からも独立したいと考えている。竹生や蓉一は菖太に無理をさせたくないし、とっても大事に思っていて。菖太もそれを痛いほど分かっている。ここ、泣いてしまった。感情を滅多に出さない蓉一が初めて菖太を庇って、大声で立ちはだかるのだが、所詮は子供の言うこと、と一蹴される。怒って家を飛び出した菖太を追うのは竹生。竹生もまた、自分の進路については悩んでいる。けれど、菖太には今無理をするより、大学へ進んで欲しいと願っているのだ。割と無愛想だけど、几帳面で綺麗好きで優しい竹生が私は好きだ。日高先生が、どうして竹生を幸せにしてくれないのか、意味がわからない‼︎ ぷんぷん。
菖太がバイトをしているなりに考えていて、物流の仕事に興味を持っている事が分かる。それなら、と竹生は優しく言うのだ、進学を考えてみろよ、と。

一方で同じ頃、部屋を飛び出した蓉一を追うのは桜井さん。蓉一の無知に踏み込むのは怖い、と思い少し距離を置こうと考えていたので、関西支社への栄転を受け入れていた。ところが、蓉一はきちんと言葉にしてその想いを伝える。「あなたが好きです。」と。
『言葉を交わすだけで、世界が変わるような気がした。』
「言わなくていい」と言ってまたキスをする桜井さん。きゃー‼︎ キザ過ぎる‼︎
「…言えって言ったり、言わなくていい、って言ったり、…桜井さんってワガママですよね。」って、いっぱいいっぱいになりながら言う蓉一が可愛い♡ あんなにキスでトロトロになっちゃってるのに。蓉一の精一杯の可愛い反撃。たまらん! もちろん桜井さんもたまらない。関西への転勤を受け入れたことをここで少し後悔している。次に桜井さんの家に行く時には替えの下着を持って行く、という蓉一には腰砕けだよ。うははー。

ところで、家の管理人をしてくれている強面だが、心配症で優しい吉富さんや、柏木さん。長兄の菖一さんに至るまで。亡くなった蓉一の父、蓉介が周りの人たちに物凄く影響を与えていたことが分かる。彼らの人生や進路にまで。そして、彼らにとても愛されていた事も。偉大な父の影響がそこに今も厳然とあることが、残された蓉一や彼ら全ての人たちに今も影響している。

あとがきの蓉一7歳、菖太5歳、竹生9歳、がとっても可愛い。(大人しそう過ぎるけどね。)
桜井さん、26歳…これはダメ‼︎ こんなんめっちゃモテてるでしょー‼︎カッコ良すぎる‼︎

3

なんだこの胸のざわめきはww

少女漫画を読んだあとのようなこの胸の高揚感
でも少女漫画のような「なんだこのキラキラ男子っいねぇーよこんな奴イラッ☆彡」
もなく((笑)
あぁ男同士いえど恋は恋なんだなってきゅんきゅんしてしまいました('∀`)

3巻目にして未だキスのみとプラトニック極まりない作品ですが
じ・・・・次回こそはッッツツツ!!!!
まずはキスして、お互いの気持ち確かめて、というじっくり距離をつめていく感じが乙女的にはよかったり( ´∀`)
 
期待に胸を弾ませ待つことにしましょうか(笑)
なんだこの焦らしプレイはww

2

逃げずに進む

スローペーススローペースと思ってきたこちら。
いよいよ、2人の気持ちが繋がります。
徐々に「水川家の中身」が見えてきているので、そちらも気になる。

お互いがお互いを好きで、近付いて、心が相手でいっぱいになる。
大人な桜井はそこそこのセーブをしようと思うのだけれど、蓉一を目の前にすると気持ちが溢れだす。
一方の蓉一は、生まれて初めての感情の経験に戸惑います。
 会話の途中で無言が生まれると不安になる。
 何を考えて居るのか見えないのがとても嫌だ。
そんな事をグルグルと考え出す。
それでも真正面から向かっていく蓉一は、「無知って素晴らしい」と思える程の純真さを抱えて居ます。

桜井はそんな蓉一の純真さを怖く感じます。
年齢も年齢で自分は引き返せないし、蓉一のこれからを奪ってしまうかもしれない。
中途半端な事は出来ない、アイツに流されて欲しくない。
だから、自分の言葉で考えて伝えて、と蓉一にお願いします。

その後の蓉一は、本当に男らしくて可愛かった!
桜井に言われて、「自分の言葉で自分の思って居る事を伝える」という行為にも頑張って取り組む。
だから竹生にお礼は言えるし、菖太にもバイトや進学の事を告げる。
「みんなお前が心配なんだ」と。
うまく伝わらなくてガッカリもするけれど、徐々に伝わっていくといいなと思います。

何にも慣れて居ない、蓉一のたどたどしいキスシーンは心臓が止まるかと思いました。
真っ向から伝えた好きは、今後どう進んでいくのか心底楽しみです。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う