• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作花は咲くか (2)

桜井 和明,37歳,広告代理店,クリエイター
水川 蓉一,19歳,美大生,下宿を営む

その他の収録作品

  • あとがき(描き下ろし)

あらすじ

無愛想な大学生・蓉一に惹かれはじめた桜井は、蓉一の家で下宿することに。そしてある夜、桜井は蓉一にキスを……!?
(出版社より)

作品情報

作品名
花は咲くか (2)
著者
日高ショーコ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
シリーズ
花は咲くか
発売日
ISBN
9784344820418
4.4

(335)

(214)

萌々

(70)

(37)

中立

(6)

趣味じゃない

(8)

レビュー数
43
得点
1467
評価数
335
平均
4.4 / 5
神率
63.9%

レビュー投稿数43

動き出した!

前巻では結構好き嫌いが別れた(ように思われる)この作品。
受の性格的に、物語はサクサク進むのとはほど遠く、登場人物がようやく揃ったかな?というのが1巻でした。
顔は整っているけど、ぶっきらぼうで愛想のカケラも無い蓉一(19歳)と、以前はバリバリ活躍していたけど今はちょっと日和気味?で疲れているサラリーマンの桜井さん(37歳)が、偶然出会い、お互いを苦手と感じていたのにいつのまにか距離が縮まって来た(BL的というよりは人間的に・・・)というところで前巻は終わっていました。
話としては大きな事件なども無く、ゆっくりした進行な上にHのエの字も無く、無表情でイマイチ可愛気が見えない受に、37なのにオヤジと言われて違和感の無い冴えない攻というカップルだったために、攻め重視の私の腐友にはことさら不評なシリーズでした。
(私は受重視なので、ちょい萌えでした。脇役の少年が可愛いかったし!)
が!
今巻はちょっと動きましたよ。
気持ちが!2人の距離が!!

前巻終わりでようやく蓉一を意識した桜井さんに加え、今度は蓉一が一巻かけて自覚しました。
実は蓉一に横恋慕する同級生の藤本君というのが居て、これがかなり積極的なんですが、蓉一はぼんやりしているので、読んでいる方は結構スリルを感じてしまいます。しかし、流されているように見えるのは無関心かららしく、蓉一は桜井さんのことについては、自分なりに色々考えたり悩んだりしています。(無表情ながら・・・)

先に自覚している桜井さんは、年齢差から慎重になりつつも、結構自分に正直な人だったりするのが可愛気を感じさせます。
まぁ、その慎重さを押して動く原動力は藤本の存在な訳で、微妙に両思いになった(?)2人ですが、藤本は健在だし、まだまだラブラブには程遠い感じです。

しかし、後半ようやく自分の気持ちが「好き」なのだと気付いた時の蓉一の可愛さったら・・・!!!(言葉にならない)
今まで可愛さが足りなかった分、その攻撃力はハンパない(><)/!! ギャップ?ギャップ萌えとはこれのことね!? もう、このコマだけで買って後悔はありません。エロが無くても後悔はしない!
また、ここでタイミングよく桜井さん登場!!
その後がまた・・・!!!この巻のクライマックスはここです。これは、書かないでおこう。
読んだ人は共感の頷きをくれるでしょうし、読んでいない人は、自分でその興奮を味わうのがよいでしょう。

いやー、まさかこの話でこんなに滾るとは。
1巻を読んだときには全く想像も出来ませんでした。

あ、今巻は蓉一が可愛さ爆発ですが、従兄弟の菖太の可愛さも健在です。高校の制服がよく似合う・・・もう一人の従兄弟竹さんも良いし、今回初登場の吉富おじさんもいい味出しています。
ゆっくり進む物語だからこそ出せる味が出て来たのかなぁ。こういう物語なのにちゃんとBLになる(予定?)というだけで、今はとにかく嬉しいです。1年先が待ち遠しい♪

お話としては、まだ展開途中ではあるのですが、超可愛い蓉一君にやられてしまったため、神評価になりました。
あ!Hは無いので要注意です(笑)




16

こっ、これは……

 ヤバイ。

 日高ショーコさんの作品は、どれも比較的好きだし、作家買いしているのですが、どこか私にはオシャレすぎてかっこよすぎて、萌えまくるということはありませんでした。

 が……これはねぇ。

 もどかしさがツボにハマった!!!! 萌え死んだ。

 エロは全くないのに、こんなに叫びそうになるなんて……。

 一方は恋愛にがむしゃらに突き進めるような歳じゃないオッサン。(オヤジ好きなのでポイント高い)一方は恋愛どころか人間関係すらまともに築いていない浮世離れした青年。
 まともにくっつくわけはなく……。

 そのもどかしさは、葛藤もなしにすぐにくっついちゃう作品が多いなかで、じれったいけれどドキドキしました。

 いやぁ~~~両思いなのに、両思いになっていない作品って好きだわ。


 しかしさぁ。1年に1冊って、どういうことだろう……。困る!!!

7

じわじわと恋に落ちる様がたまらない

日高ショーコさんをつい最近知り購入したのですが、基本衝動で表紙買いするタイプなので今までスルーしていました。
ふと目が行ってしまうような華がある絵柄ではないので、萌えハンターとしましては手が出し辛い表紙でした。正直顔が地味だな~と。

が、本を開くと一転。
均整のとれた骨格や綺麗な手指、徹底してブレない画力で話に惹き込まれます。
顔の地味さも、無理にキラキラと綺麗な顔の漫画より色気を感じます。知的な色気といいますか。

一巻では多忙なクリエイター・桜井(37)と無愛想な美大生・蓉一(19)の出会いから始まり、会う度に反発し合っていた二人が少しずつお互いを知り、蓉一をいつも目で追っている事に気づいた桜井が恋心を自覚する所で終わります。

二巻では今まで何を考えているのか全く分からなかった蓉一の気持ちが段々と見えてきます。恋心を自覚し、距離を測りかねる桜井に対し、全ての人に無関心な蓉一が明らかに桜井を気にするようになっていく。
蓉一は家族の暖かさも親しい友情も知らず、必要とも思っていないので、桜井に対する興味も、自分の中でどういう感情なのか分からない。
が、蓉一の事が好きな同級生、藤本がいいます。
「目が大っきくなるんだよな」
「桜井さんを見るとき目の色変わってるの自分で気づいてる?」
確かに普段はぼんやりと無表情な蓉一、目蓋を少し伏せたような表情が多いのですが、二巻から桜井を見つめる目がすごく綺麗になってます。この描写がとっても上手い。
蓉一は勿論自覚してなかった訳ですが、藤本に言われたのをきっかけに更に桜井の存在を意識し、二人の距離がまた少し縮まった所で二巻は終わります。

すごくイイところで終わったんですが、続きが出るのは1年後らしいですね・・・。鬼畜だわ・・。

エロはなしで二人が恋に落ちるまでを描いたじんわり萌えな作品ですね。特別にドラマティックな展開はないですが、主人公、脇キャラ共に自然体で無理がなく心の揺れ動きが細やかに描かれてます。BL漫画では貴重ですね。

6

牛歩ですが…

2巻後半で急激な盛り上がりを見せ、そのいきなり具合にはまるで我が事のように動揺しました。
あれほど苦手だと思っていた容一にぞっこんじゃないかよ桜井さん!しかも蓉一がなんの経験もないってことがわかってちょっと舞い上がってたりして可愛いのです。(ただし、進展はあまりない。これBLだったんだっけと思い出したぐらいだもん。)

猫を嫌ってる人がしょうがなく飼うときってこういう状態です。
そんでもう文字通り猫っ可愛がりしちゃってたりするのよね。
こういった心の機微を繊細に描いてくださるから、日高さんの作品は人気があるんですよね~。
登場人物のそれぞれの過去を、チラチラと見せてくださる手法もお上手です。
通いの管理人吉富さんのことは、私もオバサンだと思い込んでたもんで意外だったし、彼が語る過去話はたった2ページなのに泣かされました。やられた!
明るく振舞っていても時折仄暗い眼差しを見せる菖太も気になるし、続き!早く!!

登場人物は花の名前がついているとのこと。
表紙も凝っていて
1巻は蓉一だから芙蓉の花をしょっている
2巻は桜井さんだから桜
3巻は誰だろう…藤本で藤?いやタケで筍?私としては吉富さんが桔梗の花を背負って欲しいとこですが、まあないですよね(笑)

6

二人が好きです

1巻に引き続きモゾモゾやっている二人(笑)

この巻では、前巻では桜井への気持ちに自覚の無かった蓉一が、藤本によってその想いに目覚めていきます
桜井にとっては、藤本はライバル的存在
「気のせいじゃないから」と言い放ち開き直った桜井の表情が私的にツボでした
そしてその後、仕事が手に付かなくなってしまったヘタレっぷりに笑いました

一方、桜井を強く意識するようになった蓉一
後半の蓉一の可愛さは異常です
ズボンとブーツの間のすき間という萌えポイントも見逃せません(全く関係ないですが笑)


いじらしい二人が可愛すぎます
3巻も楽しみです!

3

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP