みみりぼんさんのマイページ

萌×2作品

アドバンスドレビューアー

女性みみりぼんさん

レビュー数41

ポイント数386

今年度77位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

「攻の顔がいい」に「声もいい」がプラスされました!

▼筆者ステータス
・原作既読(オススメされて人生初めてのBDSM作品でした)
・斉藤壮馬さんの受演技信者です
・CDを持ちたくない派なので、ポケドラさんにて視聴。同時配信ありがたや...

▼結論
なるほど!
原作と併せて楽しむのが良さそうかも!!

コミックスのレビューにも記しておりますが、
BL作品は、割と受のお顔やキャラクター性を重視するのですが、
本作は終始、攻に見惚れて楽しんだ作品です。

それがドラマCD化だ!?しかも斉藤さんが受ではなく攻役だ!?
(キャスト発表を二度見、三度見しました)
でも、キャラクター的に好きなので期待大!
これをキャスティングした意図を確認したい気持ちもあり、わくわく待ちました。
(そのせいなのか、ポケドラで早くから予約受付してたせいだからか、発表からリリースまでだいぶ長く感じました...)

キャストさんが好きなのもあって贔屓目があるのかもしれませんが、
なるほど~!とキャスティングに納得。
好きな人には優しくしたいのにどうしても虐めたくなってしまうという葛藤を抱え、嫌われてしまうのではという臆病心故に、
本能に抗い優しく抱く...という演技に目頭熱くなってしまいました。

「秒で分かるBL」というレーベルさんの通り(!?)ご都合展開で内容薄いなと感じる部分もありますが、あとじわで優しさに浸れるような気がします。
好みが分かれそうな作品ですが、
私的にはあまり深刻なのはしんどいので、これくらいでちょうどいいのかもです。
(そもそもSM作品を読まないので...)

原作コミックと併せると、より世界観やキャラの機微が理解できるかなと思います~。
斉藤さんの奥深い魅力を知れましたが、
攻演技は4年に1回開催くらいでお願いしたい気持ちです!
どうか受演技も引き続きおなしゃす!!すみません!!!

「鬼×ヒト」演技派キャストで聴かせる学園ラブコメ♪

原作未読ですが、問題なく楽しく拝聴させていただきました♪
(機会があれば原作も読んでみたいと思います~)

個人的に人外モノは感情移入が難しい為、「鬼×ヒト」だということで、不安も少々ありましたが、問題なかったです!
設定こそ異種間ですが、スパイス程度で学園ラブコメとして楽しめました。

この頃、江口さんの受演技を聴く機会が増えましたが、
今回も本当に素晴らしくて...お人好しでチョロくて可愛らしい日和くんを魅力的に演じておられます~。大変美味しいツンデレでございました...!ご馳走様です!!

攻役は古川慎さん。
クールキャラのはずが、日和に対してはいつものペースが崩れてしまって...
噛んだり吸ったり舐めたりと、とにかくセクシーなリップ音がリアルでドキドキでした。

息の合った演技で、テンポ良く楽しく・切なさと甘さも味わえる作品ですので、
この先のお話も聴けたらいいな...♪と期待しております。

江口さんの受演技に驚き

江口さんは攻演技しか聴いてこなかった不勉強な私ですが、
某ポケドラさんで購入できるようになっていたのと、ジャケットイラストに惹かれて...受・江口さんを初体験いたしました。

興味本位だったのに...薫くん...めっちゃ可愛くていじらしくて泣いちゃいました。
原さん役・新垣さんも本当に素敵で、いつもはちょっと自信なさげな人の好さそうなサラリーマンなのに、ひとたびそうなればセクシー大爆発!なるほど納得のキャスティングに唸りました...うぬぬ。

原作未読でしたが、続巻も発売になっているようなので、この後読んでみようと思います♪そちらも音声化したらまた聴きたいと思います!

二人とも可愛いし健気です。

オススメされて、攻のお顔がイイなと購入しました(チョロ)
ご都合展開といいますか、あっという間にながれこむストーリーはいっそ清々しくて私は好きです。
「SM」と聞いていたので、イタイタしいのが苦手なので大丈夫かしら...と心配していましたが、大丈夫でした!
描写もそこまでハードではないこともありますが、
二人の気持ちや関係性に、安心して読ませてもらえました。
普段、BLは受のお顔やキャラクター性を重視するのですが、
今回は終始、攻に見惚れてしまいました。
欲望を抱えながらも、受が好きだから我慢しちゃうとことか本当最高でした...。
続編も出ているのですね!読んでみたいと思います!!

特典CD欲しさに購入。幼馴染BL最高。

特典CDのキャストに惹かれ、アニメイト限定セットを購入。
(動機が不純ですみません...)
先生の作品は「ナカまであいして」のみ存じ上げておりますが、
特に前情報もなく”幼馴染”が性癖なので大丈夫だろう...と失礼ながら、そこまで期待せずおりました。

結論から申しますと、幼馴染っていいな~とハッピーな気持ちでいっぱいになりました。
じっとりと恋心を長年秘めてひた隠している攻と、
鈍感で雰囲気に流されやすい(チョロ可愛い)受の、いわゆるテンプレ的な幼馴染ラブストーリーではありますが、
じれったいすれ違いや、初々しいえっちなど、テンプレでもそのCPにしか出せない良さというものがあるなあ...やっぱり幼馴染は最高!!(バンザイ!!)

裏表紙の思い出のアルバムに妄想が捗ります。泣いちゃう!お幸せにね!!

俳優×俳優、みたび。

カバーイラストの、吸い込まれるような瞳。
帯のデザインも引き続き素敵で、紙で購入してヨカッター!と
手に取った瞬間から嬉しくなってしまいました。

これ改めて見ると「3巻」なんですよね。
「その後のおはなし」が立て続けに発売したこともあって、そうか~ずっと続いてるんだなとしみじみしました。(抽象的ですみません)

▼線が美しい、シンプルながらも印象的な画面

見とれてしまう繊細な絵柄、まぶしいような透明感を感じる画面が
癖になります。
雰囲気があるな~と思います。
清潔感がある絵柄なので、
ラブシーンにおいても、いやらしさというよりかは、芸術的といいますか...
「えっち!」よりは「美しい...」という感想です。
(麻水さんの表情が非常にセクシーなので官能的ではあります)

▼新キャラ・三原さんについて
またも間男登場なのか!?(げんなり)と思っていましたが、
ただのイイ人じゃないか...。
あとあと、山瀬くんと佐久間くんがどうにかなるのではないかとソワソワしております。(どうかな~あ)

BL作品は基本的に、受キャラに重きをおくタイプなのですが
こちらの作品については、麻水さん(攻)の虜といった具合です。

キャラも絵柄も雰囲気も申し分ないのですが、
ストーリーが今一つ刺さらなかったので、こちらの評価となります。
彼らのお話がまた読めることを楽しみにしております。

体感予報 電子 コミック

鯛野ニッケ 

広告で見かけた受の髪型と表情に誘われて...

他の方もおっしゃっているように、度々広告でお見かけするこちらの作品。
受の髪型と表情がツボってしまい、普段使わないシーモアさんに会員登録してしまいました(チョロい)。

37ページ(表紙奥付広告など含む)というページ数の中で
駆け足感を感じさせることなくしっかり収めていて、読み応えもあって満足です♪

鯛野ニッケ先生作品は初めてだったのですが、
色気のある線と蕩けるような表情が印象的でした。
続編は勿論ですが、先生の他作品も気になります!

今後楽しみな作家様です!

『onBLUE comicsさん』というだけで安心して購入してしまうのは、きっと私だけではないはず。
ドラマCD化で流れてきたツイートが目に留まったのがキッカケなのですが、
カバーイラストに惹かれたのと、onBLUEさんだということで、そのままkindleにて購入。(購入はだいぶ前なのですがなかなかレビューできず...)

個人的には獣系はあまり得意ではないのですが(名作を知らないだけかもしれませんが)両者ともケモミミならば全然イケるな...と自分の嗜好が発見できました。

▼政略結婚系ではありますが
まるで生贄かのように嫁がされた楓は不憫なのですが、登場人物がみんな優しいので、ホっとします。
昔話のような...どこか懐かしい世界観もとてもイイ。

感情がにじみ出るような活き活きとした表情、眼の描写が印象的で
繊細に揺れ動く気持ちが丁寧に伝わってくるので、感情移入を促されます!
毎夜毎夜、媚薬を飲まされてお尻を拡げられてゆく...
とんでもないエロスなんですけど、淡々と事務的に進める練くんがこれまたエロス。
エロ度「少なめ」の評価の通り、まあ控えめなのですが、
行間からエロスを感じるタイプのオタクなので全く問題ないです(ドヤ)

犬居葉菜先生の他作品も読んでみよう~!と調べたところ、該当がなく...
これが商業1冊目...だと...!?!?
今後も期待しております!

どこを見ても絵が好み!顔もカラダも...イイ...

「いつか恋に~」のドラマCDきっかけで原作を拝読し、
今回続編発売!とのことで、せっかくならば小冊子も、と紙で購入。

▼とにかく絵柄が好きすぎる
表紙で既に、美麗なカラーイラスト、デザインもいい...
こちらまで笑顔が伝染するような、溢れ出る幸せいっぱいの二人!
このまま額に入れて飾っておきたいような一枚です。

もちろん本編も安定したクオリティ!(プロの漫画家さんに向かって何をと思われるでしょうが、本当に捨てゴマがないというか...先生のお人柄と愛を感じるといいますか...)
体つきがしっかりしていて男のコっぽくていいです。
そして、何しろ顔がイイのです...繊細にうつろう表情の描写がお見事!!
各所にセンスを感じます。

▼お話について
先生も、他の方もおっしゃっていますが、
同人誌っぽいです。もちろん良い意味で!
好きな作品の続編が立て続けに発売したこともあって、
複数のカップルの「その後」の障害物リレー模様(?)を見ることが多かったのですが
将来を考えてシリアスに揺れ動きがちなカップルの多い中、
こちらの作品では、二人三脚で飛び越えていく感じといいますか...しっかり繋がっているのが分かるので安心して読めました。さすがは幼馴染!!♡
(そもそも、そこまでのハラハラ展開もないんですけど^^甘くてエッチな彼らの日々って感じです。最高か。)
あと、ゆいぴー様推せます。女装してない時の姿がもっと見たいです。好み過ぎました...。

お話としての印象は薄めなので(悪い意味でなく)こちらの評価付けさせて頂きましたが、疲れた時など糖分補給として、手に取る一冊だと思います。

なんだか印象(主に和馬くんの髪型)が違うな...?と迷っていた「家族になろうよ」を購入しようと決意できました(慎重過ぎるオタクでお恥ずかしい!)

可愛いのにずっと寂しさと切なさを纏っている(たまらない)

ちるちるさんの新刊カレンダー(いつも活用させて頂いております!)で見かけ、絵柄に惹かれて作品をチェック。
紙で読みたい系だと判断し、1、2巻をまとめて注文!
余談ですが、最近kindleから紙派に戻りつつあり、保管場所に悩んでおります...。

▼2巻感想です。
1巻に引き続き、可愛らしい絵柄、細く繊細な線、豊かな表情...視覚だけでもキュンがいっぱい♡
甘酸っぱく初々しいラブと並行して、
ガラの悪いオニーサンや流血沙汰など(!)彼らに定められた枷が付きまとうので、
ただただカワイイ!では終わらない、
けれど、作風のおかげでヘビーになり過ぎない、
そのバランスが素晴らしい~~!!!!!
(個人的に、ドッシリ重いのは絵柄含めてとことん重く読ませて頂きたいので、
とても有難い塩梅です。)

\浴衣最高!温泉旅行最高!!/
1巻でジレジレした同志の皆さま!!
ついにカラダまで繋がっちゃう彼らをご堪能ください!!

そんなラブラブ最高潮の二人に、なにやら不穏な予感が──!?
続きが気になり過ぎます...3巻も期待しています♪

ところで、小嶋ララ子先生がご改名されたのですね...どうりで好みの絵柄でした...(無知でお恥ずかしい...)