狼への嫁入り~異種婚姻譚~

ookami eno yomeiri

狼への嫁入り~異種婚姻譚~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神186
  • 萌×296
  • 萌24
  • 中立7
  • しゅみじゃない7

98

レビュー数
35
得点
1393
評価数
320
平均
4.4 / 5
神率
58.1%
著者
犬居葉菜 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
発売日
価格
¥667(税抜)  
ISBN
9784396784928

あらすじ

異種ケンカップルの人外結婚BL。

異種な上に"いけ好かない"同士の婚約。狼族には"嫁体化"(かたいか)というしきたりがあったーー。

兎族の少年・楓は、村のために狼族の名家に嫁入りすることになった。人身御供のような結婚に腹を立てながらも持ち前の負けん気で前向きに婚約者と対面した楓だったが、跡取り息子の練は、なぜか冷たくつっけんどん。

しかも着いて早々、「異種間で番(つがい)になるためにお前の体質を変える」と楓は"嫁体化薬"という薬を飲まされ、指で後孔を抉られた。
それが、正式な婚儀まで1ヶ月間施される〝嫁体化〟の始まりだったーー。

冷たい跡取り息子狼族×隠れ強気な村育ち兎族。

表題作狼への嫁入り~異種婚姻譚~

玄依 練・狼族名家の跡取り息子
楓・村の為に狼族へ嫁入りする兎族の少年

その他の収録作品

  • 後日譚 練と楓(描き下ろし)
  • 設定紹介(描き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数35

最高でした。

狼族×兎族という異種間での婚姻のお話です。
一言でいうならかわいい〜!!!!
出会いの印象は最悪な二人ですが、祝言までの1ヶ月間兎の楓ちゃんのおしりを狼の練さんが開発します。異種間と男同士という関係上、こうすれば痛みもないし…というふうに始まるのですが、あまりにエッチすぎてにやけてしまいました。最初はただの作業みたいにしていた2人ですが、顔が見えた方がいいな、とか少しずつ打ち解けあっているのが夜の睦み合いで分かるのですよね…尊いです。
狼族のおうちに急遽嫁いだ楓ちゃんでしたが、狼族のおうちの人はみんな歓迎モードで優しくて、安心感のあるお話でした。BLというとご家族と軋轢が生じたり、周りの目が気になったり…というのがセオリーですが、よい意味で払拭されていて心温まるお話でした。
素敵なお話ありがとうございました。記憶を失ってまた読んで悶えたいです。

13

あたり!!!

こちらがデビューとは……!

すごい新人さんキター!
これからも作家買いさせて頂きます!

絵が好みっぽかったので思い切って買ってみましたがもうめちゃくちゃ当たりでした〜は〜何度も読み返したわ〜……

攻めくんがもうね、無愛想ここに極まれりって感じなんですがちゃんと後々理由も明らかになるし
受けくんの素直で前向きな所とかでもキレて口悪いとことか親近感湧いてくるし
伏線も綺麗に回収されてるしキャラみんな立ってて最高でした!

これは続編希望です!
スピンオフも希望です!

てか、編集さんにもお礼を!
とても素晴らしい作品を出して頂き感謝しかありません!

これからも楽しみに追わせて頂きます!

10

次回作も期待大

人外もの、いろいろありますが
この作品は、兎族と狼族という異種間でのいわば政略結婚みたいなもの。
とにかく兎の楓は見た目も性格も愛らしく誰からも好かれるタイプ。
狼の錬はちょっとカッコよくてぶっきらぼう、その上ツンデレなんだけど
かえってそこが可愛くみえてしまいます。
最初は無理やり結婚させられるような2人が
徐々に距離を縮め、本当の意味での番になるまでの
ちょっと笑えて温かいストーリー。
個人的には、今まで人外はあまり好みではなく読まないほうでしたが
比較的評価が高いのと、絵は好きなので購入。
BLとしては少々異色な感じも受けますがこれはこれで面白く
新しい扉を開いた感じです。

『嫁体化』とよばれる
まあようするに、1か月もかけて後ろをほぐしながらあちこち開発していく行為。
毎日毎日、まるで作業のように見える行為ですが
その間にいろんな意味でのお互いの相性を見極める時間でもあり
紆余曲折ありながらも、異種間の愛を成就させるんですね。

ファンタジックであるだけに、いろいろな部分で
動物と人間の狭間での表現がなかなか難しいと思います。
その中で、よく考えられた独特な内容に興味をひかれました。
でも、動物でも人間でもやっぱり最後は愛情なんですねぇ~

可愛い楓とツンデレだけど愛のある錬に
そして、葉菜先生の次回作に期待して神評価とさせていただきました。

9

表紙も内容にも惹かれました

『嫁入り』『婚姻譚』とはなんともミスマッチな
表紙の練と楓のふてぶてしい顔と態度。
一目見て読みたくなった作品です。

『異種婚姻譚』とのことで狼族の練と兎族の楓が
様々な理由に裏付けされて半ば無理矢理に夫婦として
結ばれる事になるが…というお話し。

はじめは練のかなりのド塩な態度や楓への婚姻への
いろいろな説明が不足していてどうなることやらと
気を揉み、さらに嫁体化という負担を強いられて
毎回気絶する程体力を消耗している楓を度々放置するのは
どうなのかと思いましたが、
練は練なりに楓に惹かれてきている感情をなんとか抑えるために
離れていたのか…、と後にわかる練の重要で複雑な
事情も汲んで解釈しましたがせめてね、お布団は掛けて
あげて欲しかったかな(そこじゃない(笑))。
おしり丸出しで気絶とか…かわいそうだけどかわいい←

我慢の限界がきてプチンとキレて読み手の思いものせた
吹っ切れた楓の本音解放シーンでスッキリとさせられ、
喧々としながらも徐々に近づくふたりの距離に
にやにやしていたら後半の展開に息を飲まされ…

【嫁体化】などの興味を惹く設定から綿密に練られた
お話の構成、流れるようなタッチで描かれる
生き生きとしたキャラクター。
一目惚れした表紙にさらに諸々とタイプな作風だった
事もあって、どっぷりと世界観に浸らせて
いただきとても楽しめました。

8

楓の可愛さにとにかくホッコリ♡

兎族の楓が狼族の名家に嫁入りすることになるが、夫となる狼族の練は無愛想。
しかし、ここに嫁いで生きていくと決めたからにはと覚悟を決め頑張って練の心を開こうとする楓が可愛かったです。

なのに「無理な笑顔は疲れるだろうし見ているこっちも疲れる」から止めるように言われぶちぎれる楓♪
今まで大人しく頑張ってきたのに止まらない愚痴が可愛かった~!!!
この日を境に「歩み寄る楓と無反応な練」に見えていた関係が「ぶつかり合う二人」に変わったのがたまらなく可愛くてホッコリでした♪

婚約の儀式から結婚の儀式までの間『嫁体化』をするしきたりで、結婚までセックスはないが初夜の際にスムーズに入る様にそれまでに少しずつ穴を解していく作業。
これがまぁぁぁぁぁなんとも♡毎度練が解し終わったらとっとと部屋に帰っていくけど残された楓は催淫剤入りの強い酒で体がきつく毎回放置された体のまま朝を迎えるのがちょっと不憫だけどそれが可愛くて笑ってしまいました。お尻突き出した格好のまま朝を迎える楓は・・・超アホ可愛い♡
初めて朝起きた時に隣に練が居た時はビックリするほどの胸キュンでした!!

ホッコリ可愛い嫁入り準備展開から、「先祖返り」でシリアスなシーンと、お話の展開にも楽しさと胸キュンがたっぷりでした!!
この二人はもっともっと見ていたかったくらい読んでて幸せでした♡
最後はしっかり惹かれ合ってる二人がたまらなく可愛かったです!

8

強いウサギとワケありオオカミ

初読み作家さまでした。
初コミックスと聞いて驚きでいっぱいです…!
キャラクター達の表情が豊かで魅力的ですし、そしてなによりとても絵がお上手です!
ぶっきらぼうな異種間夫夫2人の可愛らしいお話でした!


以下、ざっくりとしたあらすじです。
受けである楓(かえで)の暮らす兎族の村は、近ごろ作物の不作による食糧難と貧困に喘ぎながらも身を寄せ合って暮らしていましたが、多産な種族ゆえにギリギリの状態となりつつありました。
そんな中、狼族の名家の使いが現れ「兎族の者が番になってくれるのなら、2年間村へ十分な食料を毎月配給する」と申し出ます。
ちょうど良い年頃の村人が楓しかおらず、やがて楓は村人達にも頼み込まれ、村を離れて狼族の元へと嫁入りする事に。
これではまるで生贄ではないかと腹を立てながらも、持ち前の負けん気の強さで上手くやってやる!と意気込む楓でしたが、婚約者である攻めの練(れん)は何故か素っ気なく冷たくつっけんどんな態度。
もやもやとしたまま婚前の儀を済ませ、2人で暮らす家へと帰るなり「異種間でも番になれるよう体質を変える必要がある」と嫁体化薬という薬を飲まされ、婚儀までの1ヶ月もの間、楓の後孔を練が指で馴らしてじっくりと開発する事になります。
情も無いまま異種間婚約をした2人が、お互いの事を特別に思うようになり正式に番となるまでが丁寧に描かれたお話です。

こちらのお話、とにかく2人のやり取りがとっても可愛らしいんです…!
最初は無愛想で楓のことを突っぱねて空気のように扱っていた練ですが、ある日負けん気の強い楓が突然ブチ切れてからは徐々に感情が表に出るようになります。
小さなケンカ(小学生のような…)をしながらも、徐々にコミュニケーションが取れるようになり、2人の関係はもちろん普段の生活も夜の嫁体化開発も密になっていくところが見所です!
楓が言いたい事ははっきりと言うタイプなので、当初はまるで生贄のように嫁がされましたが、持ち前の前向きな性格があちこちで発揮されていて陰鬱にならず、終始スカッとした気分で読めました。
小さいけれど強い受け、良いですね!
楓に叱られて素直に机を拭く練が犬で可愛い…嫁の尻に敷かれてますね…(笑)

嫌な登場人物も居ないですし、嫁ぎ先の狼族は歓迎ムードの優しい狼ばかりですし、当て馬的なキャラクターもいるにはいるものの…憎めない良いやつなんです。
主役2人はもちろん、サブキャラクターも魅力的なキャラクターばかりでした!
何故狼族が異種である兎族をわざわざ番にしたがるのか、練は何故あんなにもつっけんどんな態度だったのか?など、そちらにも実は理由があり…
こちらはぜひ本編をお読みになって、1ヶ月後に2人の行く末がどうなるのかを見届けて頂きたいです!

愛情0の2人がくっつくまで・でこぼこコンビ・ややケンカップル・前向きでNOと言える受け・不器用な攻め等のキーワードがお好きな方にオススメの1冊です…!
とっても可愛くて素敵なお話でした!
ケンカをしながらもベタベタに甘い続編がもしあったら読みたいな…なんて思ってしまいました!
作者さまの次回作も楽しみにしています!

7

続刊への期待を込めて「神」

兎族の窮地のため、2年の食糧確保のために、自分のことを身代わりにした兎族より幸せになってやると、健気に頑張る楓がとても可愛かったです。
練はその努力も考えず、「いわれたこと」を無感情でこなす事ばかり考えていて…物語が動いていきます。

終盤に、楓が、狼になってしまった練を元に戻そうとするシーンがあるのですが、個人的に、(上手く言えませんが)人が人と出会って、お互いを知って、好きになって…その後で思慕や愛情という、お互いを思いやる心が生まれて…という、何度も何度も見たblの原点みたいなものを、思い出させてくれました。

楓は女の子と言っても過言ではない容姿をしていますし、もしかするとNLでも修正すればこの物語は成立できるのかもしれないです。
だけど、練を人間らしく変えたのは楓の頑張りがあったからこそで、嫁入りしたのが楓だったから、男でも女でも関係なく自分の結婚さえもどうでも良いといったような練が、楓を好きになったんじゃないかなぁ…

つまり、「俺は男が好きなんじゃなくて、好きになったのが男だっただけだ!!」が、嫁入りから始まるお伽話なんだ、ということで(伝わってほしい)

本編の後のページで、登場人物たちの詳細な設定が記載されているのを見て、尚のこと続きが見たいと思いました!
楓くんの男らしさは、生まれ育った環境の影響もあって、「優しさ・健気さ・足蹴りの強さ」に現れている…(?)というのが、可愛いです。

7

とってもかわいい!!!


ムカつく相手同士から好きあう仲になるまでの過程がかわいくてすごく好みです。
でも、どえろいシーンをがっつり読みたい人には向いていないと思います。攻めの方の気持ちをもっと深く描写した方がわかりやすいので、そうして欲しかった気持ちもありますが、自分で両者の気持ちを想像しながら読みたいタイプの人はとっても楽しいと思います。映像的な描写で美しい漫画で、細々としたセリフが多い漫画よりそういうのが好き!という方にはぜひオススメしたい漫画です。

7

ややネタバレありです。読み終えてボンヤリ

絵が可愛いです。優しい素朴な雰囲気を感じます。

可愛い系の受けは好みじゃなかったのですが、この作品の受けは可愛いだけではなく、引き込まれる魅力があり好きです。

設定は、ファンタジーではまあお馴染みの不作の年に、村から売られて嫁がされるという展開。村の人も苦渋の決断で、売られる話の中ではソフトで優しい方だと思います。売られた先の人も良くしてくれて、そんな中で自分の旦那さんとなる人は素っ気ない──ううーんありきた。

お嫁さんになるための儀式でエッチな感じです。本番は最初はなし…なのに、ドキドキ…

受けが吹っ切れて、なんやかんやあって段々と攻めとの距離が近づきます。そしてクライマックスになり、苦難を乗り越えてハッピーエンド!それらが丁寧な描写で描かれています。

…どこかで聞いたことのあるような、王道みたいな話なのですが、何故か引き込まれる魅力のある本でした。正直、印象の薄い地味めな話だと思っていたのですが、何故かしばらく記憶に残る、インパクトが強い。しかも、面白い…自分でも何故だかわかりません…なのに、読み返しても面白い、何度も読み返したくなる不思議…
なんだかぼんやりした感じがします、ありそうで作品としてはなかった本なのかも知れないです。自分でもこの気持ちが謎なのですが、忘れられそうにない一冊。ひっそりと、それでいて脳に刻み込まれる作品だと思うので、神評価にしました。

気になる人、是非読んでください。貴方にとっても、記憶に残る一冊になるかも知れません。

6

異種婚姻するには訳がある…

おおっ~すごく新鮮でした。

onBLUEさんが世にだした作品って、なんか新しい驚きと萌えを見ようよって言う気概を感じるんですが、まさにこちらがそう❗️

最近、狼と兎という組み合わせはシチュエーションこそ違うものの結構有りますよね。
思わず、民俗学的に何か在るのかなと気になって、あれこれ調べちゃいました。

といっても、狼と兎のCPは決め手の出典はわからず。
まあ、いいんです。BL読んで広がる世界は好きです。

兎族の楓が、狼族の練と番になるためにひとり狼族の家に来てから、馴染むために家業を手伝ったり、嫁体化を頑張ったり。
それもこれも、兎族を幸せになって見返したいから。

そんな楓の思いを聞いた練が、ふわっと楓の気持ちをほぐすんですよ~
楓の、恨みかけた一族への気持ちが練の言葉と態度で許す事が出来たのです。
この場面の後に「足が軽い」と楓自身感じる場面が有ります。
2人の気持ちがここを起点として変っていきます。ここ、何気ないけどすごくいい。

嫁体化については、この場面の後が気持ちが2人とも寄り添っていくのがわかって、甘い…可愛いなぁ練と楓。

ただ、アクシデントから先祖返りの姿になった練。探して追って行った楓は真っ直ぐで良いのです。

2人で過ごした日々は、長くないけど密着した幸せな日々の繰り返しで、ちゃんと互いが愛しくなってきている。
先祖返りした練を助けたくて楓が頑張るんです!
あ~嫁体化していて良かった…
練と楓の初めては不本意だったのです。でも練が練に戻った場面。楓の驚きと喜びがダイレクトに伝わってきました。

晴れて、婚儀を迎えて周囲の親族にみとめられて。兎族の皆様と一緒に喜びを分かち合う。
閉じた2人だけの世界にならなくて、ハッピーなんだなぁ。
もちろん婚儀の後は、2人合意の初夜。
待ちきれなかった練が可愛かったです。

すごくプロットを練られて、キャラとサイドストーリーを考えている犬居葉菜先生の次回作が楽しみです。

練楓のその後と、2人の周囲の人々のお話もいいなぁ。是非とも続編を見たいと思いました。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う