ゆきのみちさんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性ゆきのみちさん

レビュー数95

ポイント数471

今年度52位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

「特別」は、時と場所と使いよう

星倉先生初読みでした。
魔法×BLとはどんな感じだろうと興味本位で読んでみましたが、とても繊細に描かれている、キラキラで素敵なお話でした。

「特別」で珍しい妖精×人間の子『ミクス』であるリズ(受)は、人の魔力を吸い取ってしまう力があるため、常に腫れモノ扱い。子供の頃からイジメにもあってきた。魔法学校に入学するものの、校内の温室で軟禁状態で、授業も出られず独学で勉強していた。そこに迷い込んだ契約妖精ピピを探して現れたジル(攻)は、「特別」に桁違いの魔力量を持っている有名人。リズは人間に触れるのが怖いため、つっけんどんな態度を取るが、ジルはリズを恐れるどころか触ってごらんと言う。魔力量が凄いジルは、魔力を吸い取られても平気な為、リズが触れても大丈夫な人間だったのだ。久しぶりに人の温もりに触れて喜ぶリズ。それを機に、リズはジルから勉強を教えて貰うようになり、少しずつ変わっていくのだがー…。

まず言っときたいのが、リズとジルが初めて触れ合う瞬間がエロい!!という事(笑)リズは人に直接触れないように、魔力を遮断する手袋を常にハメてるんですが、それをジルが脱がしてしまうんです。その表現がめちゃくちゃエロいっ!!手で手袋を脱がせて、その手を合わせるだけなのに、あんなにエロく描けるなんて星倉先生天才だわ、と早々に思ってしまいました。

そして。2人の「特別」が合わさった時に、どんなことが起きるのか。普通の人は特別になりたくて、特別な人は普通になりたい。無限ループのはずの世界で「特別」が「特別」ではなくなる瞬間が来る、それはとても奇跡的な事なのでしょう。ジルが「特別なんて曖昧なー…」と言うセリフがあるのですが、その言葉の重さにグッと来てしまいました。

あと、とても良かったのが細かい設定。リズは人に会うたび、癖の様に両手を隠す仕草をするのですが、それが逐一描かれているのが、とても良かったです。手袋をしていたとしても万が一の事を考えて常に手を隠すリズの習慣に、優しさや真面目な性格が現れていて、星倉先生の作品の良さが伝わって来ました。

絵柄も文句なしに可愛いですしね。
本編も面白かったですが、描き下ろし他、カバー下の小話もとっても面白かったので、ぜひ忘れずに読んでみてください!

双子で趣味が分かれる萌えもある

アニメイトで購入時、数量限定で付いてくる特典4Pリーフレットです。

B6サイズ
カラー表紙1P
カラー裏表紙1P
モノクロ漫画2P

てっきり慎之介と郁翔の話かと思ったら、郁翔と拓翔の双子話でした!
いや、でも双子好きには大歓迎です(笑)

双子が自宅にて、ダブルムーンのライブ映像鑑賞をしている。拓翔は郁翔に付き合わされてる雰囲気あり。ちなみに時系列は不明。「ほら、今のターンめっちゃかっこいいでしょ?」拓翔に話しかける郁翔。(やっぱりSinはかっこいいなぁ。)と 画面に見惚れる郁翔に、拓翔は「僕はもうひとりのほうがかっこいいと思うけど」と、ぶっきらぼうに答える。郁翔はその答えに(意地でも認めてくれない気かよ…)と考えるのですが、実は他意なく、拓翔は純粋に蓮の顔の方が好みだっただけ、というお話。

なるほど!こういう経緯があって、蓮と拓翔の距離が縮まってったんだなーと実感。そうか、そうか。拓翔は単純に、蓮が好みだったのか(笑)本編でも細かく畫かれてない2人の関係が、気になって気になって仕方がないので、続編待ってますっ!!

お兄ちゃん呼びは萌えるよね

応援店舗で購入時に数量限定で付いてくるペーパーです。

A5サイズ
モノクロ片面漫画

勉強中なのか、机で突っ伏したまま寝てしまっている直は、どうやら子供の頃の夢を見ているらしい。そこに凪が現れ、「こんな所で寝たら風邪引くよ」と声を掛ける。寝ぼけ眼ながら起きた直は、凪の姿を見て思わず「なぎにいちゃん…」と、夢も中でそう言っていたのか、そのまま呼んでしまう。はっ、と気がつき「待って今のなし!」と焦る直だが、時すでに遅し。凪は頭の中で『にいちゃん…』を繰り返し、萌えつつも照れて笑ってしまうのでした。

直の可愛い所が詰まったペーパーでした。にいちゃん呼びは個人的に結構なパワーワードなので、なかなか良かったです(笑)

素の姿に萌えたようです

アニメイトで購入時、数量限定で付いてくる特典4Pリーフレットです。

B6サイズ
カラー表紙1P
カラー裏表紙1P
モノクロ漫画2P

自分の前では普段、猫を被っているらしい凪の素を見てみたい直。こっそり内緒で凪の会社を訪れる。会社の入口で張っていると、凪が愚痴を言いながら出てくるシーンを目撃。しかめっ面でネクタイを緩める凪の姿に見とれていると、凪と目があった。素を見られたと慌てる凪に対して、直は「凪くん…ヤバい…オレ…、なんかむらむらしてきた」と赤面しながら伝えるのです。驚く凪。「凪くん…早く帰ろ…早く…早く…」と凪を急かす直。「待って直…まだ状況を把握できてな…」と、制止をかける凪ですが、結局、家まで持たず、ホテルによってしまう2人。素の凪くんは、オレにはとても刺戟的でした。という直のナレーションで終了。

ちなみにエロシーンは一切なく、ホテルの外観と事後、ベッドに横たわる2人の姿のみです。個人的にも素の凪くん好きでした(笑)

甘くて優しいストーリー

個人的には、ここ最近読んだ中で一番面白かったです‼

芸能もの好きなのもありますが、人気アイドル×地味高校生の設定、最高でした。さすが月村先生〜♡

出来のいい双子の兄と比べられ続け、肝心な時に尽く失敗する都築郁翔(受)は高校受験にも失敗し、逃げるように第二志望だった全寮制の男子校に入学する。そこで出逢ったのは、ファンだった人気アイドル・Sinこと月島慎之介(攻)で、成り行き上、Sinのカモフラージュな恋人にされてしまう。しかしプライベートの慎之介はテレビのようにキラキラでカッコイイアイドルではなく、ルーズな三枚目で、郁翔は振り回される毎日を送ることにー…。

お話はそんな生活も1年半になった頃。慎之介はアイドルだとダンスも歌も完璧な二枚目だけど、プライベートでは三枚目。忙しいのもあるだろうけど、見た目も気にしないし、良く寝過ごしちゃうし、だらだらした感じ。それを甲斐甲斐しく世話してるのが郁翔で、寮のみんなには「都築マネ」って呼ばれてるほど。そんな2人のやり取りが微笑ましいほど可愛いいんです!!でも慎之介も世話されてるだけじゃない!要所要所でかっこいいところを見せてくれるし、双子の兄の拓翔が自分の事を呆れてると思い込んでいた郁翔に違う見方を教えてくれる。慎之介は郁翔の事を良く見て大事にしてくれてるんですよねー。そんな関係がお互い、恋に変わっていくわけですが…。

ここで一つ。基本ストーリーは、郁翔目線で進んでるんですけど、episode4だけ、慎之介目線なんです。そこで郁翔の事が好きだと明かしちゃうんですよね。これが本当に!!いらない!!これだけが、この本で唯一気に入らない所でした。ストーリー上、もしかして慎之介は郁翔の事が好きなんじゃない?って感じ取れるところがいくつかあって、それがドキドキ出来るポイントなのに、ドーン!!って急に明かしちゃうから、その後の展開がドキドキできなくなっちゃうんですよー。慎之介は本物のマネージャーの事が好きだって思い込んでる郁翔がいるのに、読者は違うって知ってるわけですよね。なんだそれ、わけわからんっ!!!!ホント知らない方がもっと楽しめたのに、ガッカリしました。

でも全体的には、とても良かったので、神評価です。最後の初エッチもエロ過ぎず良かった!!2人の可愛さが最後まで生かされてて癒やされました。拓翔とSinの相方・Renの関係も気になる所なので、続編お待ちしています♡

突然変異もあっさり解決⁉

稔ねんこ先生のデビュー作です!
可愛いから〜を読んだきっかけで、こちらも手にしてみました。

大学生の直(受)はβ。特に何も気にせず生きてきた。でも昔離れ離れになった幼馴染みでαの凪(攻)に再会して、事態は変わっていく。その夜2人で飲んでいるうちに身体が火照りだし、その匂いにあてられた凪とセックスしてしまう。それが忘れられず、その後もセフレのような関係を続ける2人。直は珍しい突然変異によってβからΩに変わってしまったのだった。一方、凪は子供の頃から直が好きで、せっかく戻ってきたのに直が苦手なΩに変異したことにショックを受けていた。凪はΩに色々トラウマを持っていたのだ。それでも好きな人とはいえΩの匂いにあてられてしまうαの自分にも嫌気がしていてー…。

ってな感じで、タイトル通り、神様はちょっとだけいじわるをしてしまった、お話です。なんか深刻に解説しましたが、直はΩになったことをあっさり受け止めてるので、あんまり深刻さは感じません。結構な大事なのにね(笑)それに比べたら凪の方が、心情は良く描かれていたように思います。Ωの匂いじゃなくて、直とちゃんとセックスした実感があった時とかね。でも、直はそーでもない。直は考えてるようで、あんまり考えてないので、軽く見えちゃうんですよねー。そこが少し残念でした。

絵柄は可愛いので、もっと色々細かいところまで描いたら面白くなるんだろうなーと、思います。煽り役としてわざわざ凪の婚約者とか登場させるんだったら、2人の感情の変化を丁寧に描いて欲しかったな。

また絵津鼓先生が好きになりました。

上巻を読んだあと、なかなか下巻を読めないでいました。内容は知っていたのですが、メンタルやられそうで、怖くって。もちろんハッピーエンドなんですけど。

ようやく決意して読んで、先生のあとがきを目にした時、涙が溢れました。この本には先生の全てが詰まっていたんだと。

何かを作り出す辛さと苦しさと怖さと、自分の限界とピークを知ってしまった時、諦められたら楽なのに何かせずにはいられない。忘れたくても印税で暮らしてる以上、目を逸らす事は出来ない。

先生がこの本を出すまでに、沢山の想いがあったんだろうなぁ。ファンとしては、出版に対しただただ感謝するしかないのですが。この気持ちが先生に伝わったら嬉しいな。

さて、肝心のストーリーですが(笑)
結局メロンの味の謎は、ラストまでよく分かりませんでしたー!(笑)メロンの味=嘘、偽り、偽物、だけど美味しいし、いい香りだし、好きって事かな。それはきっと2人の曖昧な関係に似ているのでしょうね。

ただラストで木内さん(攻)が中城くん(受)にプロポーズするシーンは、とっても素敵でした。この日に言おうって決めてたんだろうなぁというのが垣間見れて嬉しい気持ちに。未来が描けるって凄い事なんですね。ささやかな2人の幸せがずっと続く事を願います。

早く2人のお揃いを見せてくれ!

アニメイトで購入時、数量限定で付いてきた特典4Pリーフレットです。

B6サイズ。
モノクロ表紙1P。
モノクロ漫画3P。

たぶん高良邸。ソファーで寛ぐ、天城くんと高良さん。ふと高良さんが天城くんを呼ぶとこから、お話スタート。

「天城さん」「はいボク天城さん」「うん」「なんだよ」と天城くんから高良だんにくっつく。「…前におそろいがどうたらって、わめいてたじゃないっすか」わめ!?って驚く天城くん。「…で、普通に探したけど思い浮かばんからさぁ、一緒に選びに行かね?」思わぬデートのお誘いに笑顔で答える天城くん。「えっ。行く!行きたい!マジかぁ、嬉しいノリ気じゃないんかと思ってた!どんなんにしよーね!」それをテンション低めにジッと見つめるだけの高良さんに、天城くんはまたヤラカシタと勘違いしてしまいます。「…あ、高良無理してる?今ちょっと引いてたよな、てかウザがってる顔してたよな」「へ?」驚く高良さん。「いやそれ、違うから、可愛いと思って見てただけ」「ん?」真顔で耳を疑う天城くん。「かわいいと思って見てましたぁ」照れて俯く高良さん。「はぁぁぁ、いいって無理すんなやなんだそりゃ、すぐバレる嘘つくな」と、天城くんが叫んだ瞬間、どさっとソファーに押し倒される。「嘘じゃないから、俺のが絶対喜んでる」マジトーンの圧倒的説得力で迫る高良さんに、「お、おう…」と納得する天城くんでした。

はー、可愛い。お揃いを買う買わないだけで、こんなに萌えさせてくれるカプって、他にいるのでしょうか(笑)照れる高良さんも、驚いて返事しちゃう天城くんも、本当に可愛くて。リーフレットも神作とか、ありがたくて仕方ないです。2人のお揃い姿が見れる日を楽しみに生きていこうと想います(笑)

とんでもない内容のペーパーにびっくり(笑) 

とらのあなで購入時に付いてきた、数量限定の特典ペーパーです。

A5サイズ。片面。モノクロ漫画。

突然、大人になってから明るいところで見たことないから、大成のちんこが見たいと言い出す琉夏。…ということで、仕方なく見せた大成のちんこをジッと見つめる琉夏。その沈黙に耐えられない大成は、何かコメントをくれ俺のちんこに、と琉夏にお願いする。そして出た琉夏の言葉が「お世話になってます…??」。挙げ句、これ舐めてみたいと言い出して、焦る大成。「お前、口腔処女だろ。何で今日そんな特別なカード切っちゃうんだよ。俺の誕生日とかにしろよ!!!!」「口腔処女とか聞いたことねぇよ!!」と、琉夏がツッコんだところで終了。

とんでもない内容のペーパーでした。こんなペーパー初めてかも(笑)大成のちんこに向かって「お世話になってます…??」のコメントは可愛くて良かったですが。決してエッチな雰囲気でなく、コメディタッチなのも良かった。でも、もうちょっと普通の内容の方が楽しめたかなーと思いました。

英国紳士に溺愛される癒やし系BLです

最近ハマっているアマミヤ先生の新刊です。どうせ買うからと情報を入れずに買って読んでみたら、英国紳士×平凡リーマンの溺愛系という最高の設定でした(笑)しかも舞台は小さな漁港町。萌えしか詰まってません!!

新(受)の働く漁港町の小さなIT会社に、英国から日本に移住してきたルイス(攻)が入社してきた。最初は文化の違いが気になったものの、コミュ能力の高さと実力から、あっという間に社内に溶け込んでゆく。ついつい残業してしまう新にとっても、良い存在に。しかし、実はルイスが新の初恋相手だったことと(子どもの頃は小柄で髪が長かったので女の子だと勘違いしていた)ルイスも新に会いたくて日本に移住してきたことが判明!!そこから英国紳士に溺愛される毎日にー…。

いやー、イケメン英国紳士に溺愛されたら、そりゃーほだされちゃいますよねー。って感じで、溺愛ほだされ系です。一番好きなタイプです(笑)ルイスも新もいい大人なんですが、アマミヤ先生の絵パワーで可愛くって可愛くって。それから同じ会社の男装レイヤーの小松さんが腐女子なのか、読者の気持ちを代弁してくれる、いいツッコミをしているのが、凄く好きでした。私も同じ会社に勤めてたらツイートしてたわー、きっと(笑)特に大きな事件も起こらず、ただただ2人を愛でてほっこりする、心に優しい作品なので、疲れてる時にオススメの一冊です!