渋茶さんのマイページ

レビューした作品

女性渋茶さん

レビュー数10

ポイント数91

今年度157位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

安定したバディ兼カップル

2021年刊。
このカップルが初登場したのは2019年刊『夜間飛行』だが、中東・シャティーラにて無事にヨリを戻したようで。
この話でも続きが期待できそうな雰囲気だったので、シリーズ化したら嬉しい。

脇坂と深瀬は東京に戻ってからも表向きは何でも屋、実は警視庁公安部所属の捜査官として上司・野上の指示を受けてバディを組んでいる。
相変わらず深瀬(受け)のほうが脇坂(攻め)にベタ惚れで、彼の一挙一動が気になるようで。

今回は先に逮捕された爆破製造者が最後に売り渡した爆弾の行方を追って、事件を未然に防ぐという流れだ。
話の展開としてはガッツリと捜査の描写に割かれていて、刑事・公安ものが好きな自分にとっては大いに緊張感があって面白かった。
(勿論、二人の濃厚なエッチシーンもあるよ)

標的となっているのがどす黒い政治家数名で、その中の一人の公認秘書・芦屋が重要人物として浮上する。
深瀬には何かと反発する芦屋だが、どうも彼は育った環境の違いからくるコンプレックスが強いようだ。
深瀬は自身の出自を隠していないし、育ちの良さからくる前向きな性格が滲み出ているからね。
その辺りの二人が衝突する描写が上手いなと感じた。

ただ、事件の顛末に至ってはちょっと昇華不良気味に終わったかな。
爆破事件を企てた共謀者にとっては、父親が一人だけ汚職の罪を被って自死したという復習の念が強かったのに、結局同じ状況のの人間をまた作った訳なんだけどね。
脇坂と深瀬はこの不条理な結果を察しつつ解せない気持ちも拭えないながらも、次の事件に備えて割り切りざるを得ないようだ。
さて、"彼"の本音は如何なものかな…と気になる。

胃袋も欲も満たします(笑)

2016年刊。
あらすじからして主人公・天羽の"夜の手慰み"って趣味がちょっぴり気になったが、話全体のバランスから見るとさほど気にならなかった。
大まかな話の内容は、
天羽が小さな飲食店にレジスターの修理に訪問した際に、相当な空腹でクラリときたところに店主の計らいで食事の世話になった。
そこから店主・作元の野菜中心の料理の美味しさに魅了されて、店の常連となる…
いいなぁ、自分も『野菜亭』の常連になりた~い!!(笑)
この話を読んで見事に飯テロに見舞われてしまった。

作元みたいな見た目ゴツい攻めって、案外ヘタレキャラが多く押しに弱い気がするが、彼はそんな一面はあるものの自己主張する部分も持ち合わせているから好感が持てる。
また、天羽は案外と開けっ広げにカミングアウトするわ恋人居ないから自慰で間に合わせていると言うわ、正直で驚くがさっぱりした性格なのだろうね。

過去に天羽と一夜限りの関係を持った事のあった黛との再会から二人の仲がこじれそうになったのは気を揉んだがあっさり元サヤに戻って良かった。
黛もなぁ、根は悪くないのに何だかお邪魔虫キャラ扱いで終わってちょっと気の毒かも知れない。
ま、彼の恋路はどうなるか知らんが複数の飲食店オーナーのお仕事は頑張って下さい…

グルメ描写の印象が強く残るものの、BLとして相手は好き、付き合いは始めたけれど恋人同士として踏み込むきっかけがいまいち掴めないって部分もきちんと書かれている。
タイトルからして天羽一人がそっちをオカズにしているんかい!?ってなるだろうが、実は作元のほうも…ってエピソードも付いている。
お互いさま、ごちそうさまだね。

現実主義でいるにはワケがある

2022年刊。
あらすじを読んでなんつーきっかけなんだ…と心の中で呟きつつ、攻めが殺し屋をいうのに興味を惹かれた結果面白かった。
個人的好みである"謎の男"設定の攻めの話が発掘できたのもラッキーだった。

殺人事件に出くわした為に目撃者として殺されるかも!?って焦りの中にも、すかさず「友達になって下さい」と切り返せる辺り、主人公・隼人もただ者じゃない。
冒頭からして、平凡どころか頭がいいのかも…といった片鱗が伺えた。
そんなきっかけで殺し屋・シン・リー(名前の響きからして何だかカッコいいな)には興味を持たれたばかりか、隼人のやけに肝が据わっている性格のおかげで一気に惚れられて、「恋人になろう」と返されてしまった。

さて、隼人自身の、淡い夢もなくやけに平凡にこだわっていて、一一倍"独り"を意識している考え方ってのはえらい現実的だな。
話の流れから、全くフツーの社会人のはずの隼人が何隠し事を仕込んでいるんだよ…と勘ぐるところが出てくる。

ま、現実主義的な考え方は苦労人ならではだろうが、隼人の現実生活が実際に脅かされているってのは災難を被っているレベルだぞ。
そんな隼人の現状に踏み込んで、一方的に恋人にする条件を付けつつ、介入したシン・リーも殺し屋らしからぬ人の好さだ。
隼人の要望で殺意を引っ込めて事の解決に貢献したものの、殺し屋はまだ続けるそうだが。

シン・リー自身については、殺し屋稼業でガッツリ報酬を稼いでいるからってだけでは無さそうなリッチな生活ぶりが気になったが、最後まで謎が多いままの男だったな。
もし続編が出るならば、彼の秘密をのぞいてみたいものだ。
トンデモな出逢いだったけれど、意外と性格の凹凸が噛み合う感じのいいカップルだと思う。

一馬のルーツを垣間見るひととき…な~んてね

2022年刊、リロードシリーズ18巻目。
今回は一馬にとって『高校時代に教えてもらった接点は無かったものの、顔だけは覚えていた』という教師が不審死を遂げた事に引っ掛かりを感じ、真相を探るといった次第だ。

一馬が出身校に戻ってみるといった成り行きから、当時の恩師や同級生も登場する辺り、"一馬のルーツを垣間見るひととき"とも言える内容だった。
やたらと一馬を慕う後輩くんが登場する一幕もある。
誰が読んでも吉見を彷彿とさせる性格で、どうも似たようなタイプに異様に好かれるような…
確かシリーズ1巻でも一馬が女性にモテてる自覚はあったけれど、この頃から既に男にもモテていたという(笑)
神宮も一馬の行動が気になって行動を共にするのだが、捜査とはいえ思い出話に砕けた雰囲気にほっこりしたのもあってか、いつもの嫉妬深さはさほど気にならなかった。

ま、今回のエッチシーンは神宮のほうが妙にがっついていた感があったようで濃厚だったかも。
何故か桂木もいい仕事すると疑似3Pって展開もお馴染みになってしまった。
桂木もなぁ、側に好みを刺激する男(一馬)が居るからという理由にかまけていないで、そろそろ他のいい男とくっついて欲しいのだがな。

個人的には、エロ面よりも相変わらずツーカーな仲の二人、だけど常に神宮のほうが一枚上手って描写のほうが好きなのだけどね。

なんて屈折した一途愛

2010年刊。
一冊で『束縛の呪文』『解放の呪文』の二部構成となっている。

最初読んでいて、喬一(受け)は元同級生の義隆(攻め)を持て余しているような印象なのに、それでいて日本とフランス間の遠距離恋愛となっても付き合いが途切れないのが不思議だった。
蜜月とは程遠い、愛を探り合っているカップルだなーという感じ。
喬一は何故義隆の姉に手を出した(という事になっている)のか?という疑問も含めて、喬一の心境が第一部の終盤で一気に見えてくると俄然面白くなった。

そこにある根底、常に義隆に追っていてもらいたいから焦らし切る、執着を向けられて悦びを感じているって、なんて屈折した一途愛なのだろう。
愛に執着しているのは喬一の方だったのね…
夜光さん作品らしい人物描写の捻りがいい。

しかし義隆だけが喬一との関係に振り回されていて、どうも彼一人だけが置いてけぼりを喰らっている感じがするのはちょっぴり気の毒かも知れない。
他の登場人物、喬一の父親とかエジプトから連れてきた助手の薫くんとかサバサバしているし、義隆の姉ちゃんも吹っ切れている。

この話を気に入るかどうかは、そんな喬一のキャラクターを受け入れられるかどうか次第だと思う。
自分は結構面白いと思ったな。
攻め受けどちらにしても執着持っている系ってどこかしら仄暗さが醸し出されるところがあるが、喬一自身もサバサバしているせいか後味悪さはない。
何でもソツなくこなせて飽きっぽい義隆の性格を見抜いたうえで仕掛けるって大概な策略家ではあるのだが。

二人の関係の締めくくり方も結構希望が持てる方向に行っていると思う。

弟の心情が丸わかりなのだが…

2008年刊。
生涯添い遂げようと思っていた相手からの一方的な別れを受け入れてしまい、くよくよした日々を過ごしている佳史。
しかしその相手、修司が余命幾ばくもないのを隠して別れを切り出したという真相を知ったのは、既に彼が亡くなってからとなる。
真実を知り悲しむ佳史に、佳史から勝手に別れたと誤解している弟・雄司は彼を責め立てた末に強引に組み敷くのだった。

今回の話は攻めキャラとなる佳史の亡き恋人の弟・雄司の心境が丸わかりだったので彼に感情移入気味となった。
恐らく兄の生前から佳史の事が好きだったのだろう事は早々に気がつく。

佳史の中では、元恋人・修司ってのは別れた真相も相まって余計に美化されているのだろう。
遺された佳史も、雄司からみて未亡人のような年上の優しい美人ときたら、さぞかしクラリときそうな色香があるんだろうな。
好きな相手は目の前にいるのに、兄の心情を汲み取って彼の家族に秘密にしたまま、”一生の恋人”と心を決められるとなると切ないだろう…

…と、察する気持ちは多々あるが、兄の遺言を盾にストーカーのように迫って強引に身体の関係に持ち込んでいい訳がない!!
兄ちゃんも『佳史を頼む』なんて遺言を遺して絶対に後悔しているだろーな…なんて思ってしまった。
雄司も大いに葛藤しているのだなと汲み取れるのだが、そこに至るまでは身勝手な男としか映らない。

佳史もなぁ、自身の生徒にまで告白されても毅然と出来ない様子を読んで、拒めない優しい性格が裏目に出ているのが歯痒かった。

終盤は少し強引に綺麗な方向に持っていったなという気もするが、すれでも穏やかな方向に話が収まったのは水原さんの力量なのだろうね。
読み終えると改めて、小説タイトルの絶妙さに感じ入った。

天稀の実父もキラキラ

2021年刊。
『子持ちホストの危険な隣人』3巻目。
1巻から読んでいる人なら分かるが、実は主人公・聖也と天稀は本当は実の親子ではなく、叔父、甥となる。
聖也の姉が急逝してしまった為に遺された天稀を引き取って子育てをしているのだ。
聖也は愛息子として天稀を可愛がっていても両親の経緯については気になっていたが、今回天稀の実父が彼らに会いに来た。
聖也の姉がどんな女性だったのかってエピソードも待ってました!!

天稀の顔立ちは母方の血筋だが、三ツ星フレンチのシェフとして評判の父親・天一朗もこれまたイケメン。
保育士さん達がざわつく通り、天稀や聖也の周りの美形度半端ない。
ま、登場人物全員が皆キラキラしている訳だが(笑)
母親・彩咲陽(あさひ)も確かに美人だったが、自分勝手な想像ではもっと儚げな容姿だと思っていたのでちょっぴり意外だった。

突然の天一朗の登場で今までの家族関係が崩れてしまうと不安になる聖也と威吹。
二人が天稀の”父親”として相応しいかどうかといった天一朗の目線も厳しい。
しかし、天稀を引き取るかどうかのひと悶着があるかと思ったが、案外すんなりと引き下がったものだなと…
天一朗は仕事一筋人間なのか?と思える辺りがちょっと惜しい気がするが、まぁ彼なりの程良い距離感を保つ選択は好感がもてるかな。

今回は威吹と聖也の関係については不問だったのと天稀絡みの問題で家族愛を感じる要素が強かったが、合間を縫っての二人の親密ぶりや聖也のナンバーワン・ホストの華やかさもバランス良く盛り込まれている。
あと、自分は実生活で幼い子供の事をやたらと”天使”呼ばわりするのって好きじゃないのだが、漫画では違和感なくすんなり読めるな。
天稀のキラキラが周囲を癒やす能力もこれまた半端なかった。
この辺りは両親ではなく母方の叔父(聖也)に似たんだね。

恋に悩む姿もキラキラ

2020年刊。
『子持ちホストの危険な隣人』2巻目。
ナンバーワン・ホストの座を維持しながらも、亡き姉の子・天稀を引き取っての子育ても完璧に両立できている聖也。
隣人の威吹とも親密になって三人でのどかな日々を過ごしている。
両思いになったものの、更に一歩踏み込んで関係を深めたいと願っている聖也。
威吹のほうも同じ気持ちだが、聖也の焦りが消えるまで待つ覚悟があって…

威吹には”イケメン人気作家”という肩書きもあってか、モテるのは女性ばかりではない。
隣人としての聖也との初めての出逢いは徹夜明けで不覚だったろうが、基本威吹は人当たりが良くてスマートな印象だからかな。
TVで注目されている若手俳優も威吹の事が気になる様子で、聖也の内心は穏やかではないのだ。

それにしても聖也ってば恋に悩む姿もキラキラしているんだね(笑)
どう距離を詰めていけばいいのか、仕事中でも集中しきれずに密かに悩んでいるおかげで、当人が気付かないところで周囲がざわついているのがちょっぴり可笑しい。
普段の見た目とホストといった軟派イメージから襲われそうになる事もあるが、自身の身は己できっちり守れる腕っぷしもあって格好いい。

自分が桃季さんの作品を読むのはこのシリーズが初めてなのだが、ベテランの域もあってか絵が綺麗だし話の展開もこなれていてすんなり読める。
天稀も相変わらず可愛くてほっこりするが、子育てBLに偏らずに続編として肝心の二人の関係がどう進んでいくかって見せる術が上手いなと感じた。

アニメ化希望(笑)

2018年刊。
温情溢れる寛大な女王陛下に常に見守られている、猫好きだったら堪らないであろう天界の一国の物語。
作品ごとの独自の世界観を味わえる醍醐味は犬飼さん作品ならではのものだ。
今回は特に細部に渡って設定が凝っているのもあって、綺麗な色彩で映像化された状態でも見てみたいな…なんて思った。
もしアニメ化されるなら頑張って全話見るぞ(笑)

猫を守った為に命を落とした者達が招かれる"猫の王国"。
そこに招かれた主人公・由良はその後に遺された家族や友人が荊道を歩む人生を憂い、一つだけ女王陛下に叶えてもらえるという願い事で死の直前のトラブルを回避したいという想いを持ち、猫騎士を目指す。
一番心残りだった友人・貴洋に対して由良が抱いていた気持ちは、思春期特有の友人を独占したい気持ち、とも取れるけれどね。
猫の王国で専属教官として由良の前に現れたイズミが貴洋と瓜二つの容姿で、かつての由良の気持ちに恋愛感情が芽生えていたかは定かではないが、そういう目線で意識し出す。

周囲の猫人達も自由恋愛を謳歌している環境なのだが、性欲でギラギラしておらず発情期とかマウントといったようなものがなく始終穏やかだ。
最近BのL面では性癖こだわりとか過激エロが重用されている中で、久々に穏やかなLOVEを読めてほっとした。

肝心の話の展開も御座なりにされる事なく流れているのには見事だ。
これだけ設定が凝っている中でもきちんと各キャラクターの個性が伺えて、心情が入り込める余地があるのが嬉しい。

少女漫画のような甘酸っぱさ

2017年刊。
あらすじ紹介で主人公がヴァイオリン職人ってのが気になっていていつか読もうと思っていた一冊。
光音と書いてアルトって呼ぶ名付けはもろキラキラネームだなと思ったけれど、"答えて姐さん"内での雑談でも『攻めか受けキャラの名前が身内と同じだと萎える~』って意見があるから作者の工夫かな?

そのアルトが職人を目指すきっかけを作った天才ヴァイオリニスト・ケリーの奏でる音色に心底惚れ込んでいる様子や、当の本人がアルトの元を訪れて一気に親密になる流れからして、正に少女漫画っぽい甘酸っぱさが満載だ。
自分はそんな話も好きなので全然構わないけれど。

ケリーの秘密…といっても読んで早々に分かるから言っちゃっていいかな。


二重人格で、『悪魔的な天才』と称される才能はもう一人の人格・ウィルのものだっていう展開にはおっ!ときた。
穏やかなケリーと攻撃的なウィル、一人の中に正反対な二人が内面で対立する様子ってのが面白かった。
ウィルのほうはケリーに敵意を剥き出すも本音は羨ましい、ケリーはヴァイオリニストの才能はウィル独自のものと認め身体を明け渡しかねない、葛藤しても所詮根っこは一つなんだなって訳で…

所々ご都合主義な部分も目立つものの、ハッピーエンドにまとまっている。
ウィルの人格の主張が強く出てきた原因ってのも理屈は分かるが、あっさり解決したとなるとそれが人格が分裂する程に至るかどうかってのはどうだろうね、とは思った。

ただ、ケリーが無事なのいいが代わりにエロ魔人が舞い降りてきたんかいっ!!ってツッコミは入れてもいいだろうか。
アルトとのエッチシーンは結構露骨な描写が満載で、エロシチュエーションが滾っていた(笑)
少女マンガちっくなのにエロの充実ぶりも味わえた、そんなギャップが妙に嬉しかったりする( ´艸`)