siragikuさんのマイページ

レビューした作品

女性siragikuさん

レビュー数0

ポイント数9

今年度913位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

女装じゃなかった

ほのぼのしていて、好きです。

「姉代わりに、お見合いを断りに」のパターンで
女装かなーなんて期待していたけど、
ふつーの高校生のままの出会い
待ち合わせの 相手を間違えて 意気投合。
受験生の日常にしては 穏やかな日常だなー。
あれ あれという間にお泊りデート

意識をしていても、「恋」と気が付かない。
しかも、ライバルがきっかけを作った「姉」
長谷川さんの優しさは、ちょっと罪作りです
橘さんのホロー が救いです。
 
相手の正体がわからす、すれ違うじれったさ。
が 気に入ってます。



 

御台所さまが攻め様....

すごいです。御台所さま。
昼は淑女のお姫様。
夜は野獣です。
最初の 控えめな御台所さまが
野獣の性格に変身するさまが
とてもショッキングでした。
御台所さまが攻め様....

上様も剣の達人のはずなのに、
御台所さまがと咲さんに
かっこいいところ みんな取られてしまって
ちょっと物足りないです。

最後のイラストを見ると 振袖美人の咲様も
男の子なのですね。

御台所さまのキャラがとても印象的でした。

続きのストーリーが読みたいです。

受け様 イリリアは すごく「ケナゲ」。
王様には、2度助けられた。
悲しい現実から記憶が、不鮮明なイリリア。
助けてくれた王様に尽くそうとするが、
何度も、裏切られ命を狙われた王は、
側近二人以外、寄せ付けない。
ようやく王の心がイリリアに向きかけたとき
悲しい誤解が、イリリアと王様を引き離す。
イリリアが命の危険にさらされたとき
はじめてイリリアの心の真実が伝わった。

どうも 涙もろくて、読みながらうるうるしてしまいました。
でも、ストーリーはまだ 謎が多いです。
最後の方に登場した イリリアを助けた人たち、王様に対抗する組織
イリリアのオーラが見える不思議な力。王様の両親を殺した犯人。
話は続きますよねー。わからないままだとむずかゆくて・・・・

ビッチの割に、なぜか癒し系の旭くん

最近読んだ、犬飼氏のストーリー、シリアス系が続いていたので、
ちょっとコミカルな、今回のストーリー
意表をつきました。

受け様 旭くん。ビッチを返上して『真実の愛』を求めるため、
なぜか 1か月で 15キロの肉鎧を身に着ける。
そんななか、再会した、アメリカ帰りの 中学時代の友人に
ダイエットしながらのアタック。
攻め様、工藤くんの思惑もいろいろあって
みごと、15キロダイエットに成功した 旭くんのたどり着く結果は
 
ビッチの割に、なぜか癒し系の受け様キャラ 旭 君 。
自身だけはすごくあって、
空回りするのに、憎めない。不思議なキャラです。
人たらしキャラ。なのでしょうか。

いろいろ思惑がありますが、ほのぼのしていて楽しく読めました。

八雲くん方付け上手。家事上手

受け様 八雲 家出中。
交通事故で出会い、同居のバイトに勧誘。
八雲くん方付け上手。家事上手。
攻め様の東上。口数は少なそうだけど、がっちり囲い込み。
八雲くんの家出理由を解決
調査会社ってすごいです。東上さん手際がいいです。
ひなちゃんがキューピット。
東上さん しっかり一番欲しいもの手に入れてしまいました。
なのに、なぜ「片付けヘタ」なのでしょう。

ちょつと 八雲くんと東上氏の歳の差が気になりますが、
ハッピーエンド。
うーん。八雲くん大学受けなおしたり、これからが大変そう。

シリーズができて とてもうれしいです。

続編ができて、とてもうれしいです。
前回のストーリー 同様事件に、ミオくん 慶太に振り回されてますね。
ミオくんと慶太のラブシーンの甘さは
「淫らな」シリーズにむ負けていないです。
今回の悪役、アイくん。なんとなく「振り込め詐欺」の劇場版
みたいに、ストーリーができているんですね。
ミオくんも演技派。

新しい登場人物もでてきて、(ちょっと残念なイケメンが多いけど)
次のストーリーが楽しみです。刑事さんとの絡みも楽しみです。

数見氏には、ミステリアスな魅力

受け様 宮くんは、
彼女の目の前で、親友レイプされたトラウマを持っている。
SMて 痛くて、苦しくて 精神的に受け付けないイメージがあるけど、
このストーリーでは、「癒しに」なっている。
攻め様 数見は 怪しい アダルトグッズショップ店長。
宮くんを 口説いてトラウマを「癒して」いった。

舞台は、とても怪しくて、攻め様 数見もさらに怪しいのに、
とても優しい雰囲気。
バイトくんもいいやつ。
恋のライバルのはずなのに、宮の窮地に数見を呼んでくれた。
ここでの悪役は 「元親友」
数見氏が、「元親友」を追い払うストーリーもむあったけど、
数見氏には、裏社会とのつながりがありそうな、
そんなミステリアスな魅力を感じます。

ちょっと アブノーマルな世界が 優しく感じられた不思議なストーリーでした。優しいバイト君にも出会いがあるとイイナァ。





不思議なファンタジーの世界でした。

高校生の結人は 突然異世界へ。
領主に、「鬼が島の鬼退治」を命令される。
偶然、聞こえた会話で、「キビ団子」を食べると、
命令に逆らえなくなることをしった。
 
領主に、「キビ団子」をすすめられ、
食べたふりで、とりあえず鬼が島へ

初めて あった「鬼」八瀬は人懐こくて、角はあるけど、人と変わらない。
角を触ったことで 八瀬の 番 あつかい。
家事の万能な結人は歓迎された。

桃太郎が、悪役で、「キビ団子」が洗脳。
好戦的な、人間と、のんびりかわす鬼たち。
それでも、鬼たちの方が強い。
不思議なファンタジーの世界でした。

みんなに愛される シンデレラボーイ

受け様、「青藍」は けなげな子。
両親の死後、家族を支えてきた。
突然の「皇帝」からの花嫁指名にも 心配したのは、家族のことだった。

聖獣に守られている 煌翼国 の城は、聖獣の秘密を守るため、
城へ入ったものは 2度と外へは出れない。
不安を抱えながら、入った城では、皇帝をはじめ、
皇族3人も、「青藍」を歓迎してくれた。

「青藍」はついに 聖獣の秘密を知ることになる。
そして「青藍」もう一人の「青藍」の存在。
「皇帝」炎火の 呪いの完成まで あと少し。
突然始まった戦争がその完成を後押しする。

最初は???ではじまった ストーリーでしたが、
だんだん引き込まれていきました
けなげで、一生懸命な「青藍」にとても魅かれます。
なんで 一人で苦労を背負うのかなぁ

皇帝さんの呪いは解けたけど、まだ3人 
解けていないのですよね

ヤクザと刑事のストーリー

和希が あこがれの、刑事になって出会ったのは、
中学時代一緒に、警察官になる夢を語った百瀬。
彼は、麻薬取引でマークされているヤクザの゛サエキ゛を名乗っていた。

和希は外見が ホスト張りの派手な二枚目の割に、
押しに弱く、百瀬に振り回される和希
お互い、好意を感じながら、
秘密を、隠し続ける百瀬

すべてに優位に立ったいたはずの、゛サエキ゛
だったが、最後の取引で窮地にたった

ヤクザと刑事ものって、好きなストーリーです。
二人のラブの会話シーンは 漫才のように楽しく読めました。

けっこう、強引な結果ですね。
百瀬の最終的な立ち位置は、警察組織って これでいいの?
まあ、フィクションですから。うんうん。
ただ、納得いかないのは、百瀬がつかまってから
半年も、なにもなかったこと。
ちよっと長すぎです

束の間でなく、これからはずーと 相棒で活躍してほしい。