まぎぃさんのマイページ

中立作品

エキスパートレビューアー2020

女性まぎぃさん

レビュー数63

ポイント数321

今年度45位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

つきあってからの

好評だったのでしょうか。最初の巻でつきあうまでが描かれ、一応終わってもよい内容でしたが、こちらは、つきあってからの色々が描かれる続編になります。もちろん最初の巻を読んでからの方がよいです。

なんと初巻ではついに仮面を脱がなかった受けさん。それもまたありですね。そうなってくると、いったいこの続編で顔見せはあるのか?というところが気になってきます。
ここはネタバレなしで、答えの方はぜひ読んでみて下さい!

続編ではあるあるな、当て馬さんの登場。しかし、軽かった攻めさんはすっかりこの仮面受けが大好きになってて、二人の仲は揺るぎないものに、という流れです。
初巻がはまらなかった私は、つい斜め読みになってしまいました。。すいません。
Hの時だけならまだしも、街を歩くのも仮面っていうのがちょっと引いた。。(これ1巻だったかな)
仮面をつけている理由、外すことへの葛藤、そんな心の動きが丁寧に描かれていれば、と思います。
ちょっと出落ち感がありました。。

しかし、受けくんは1巻よりかわいくなっていてgood。でも表紙のようなエロティックな感じではなく、照れ屋の純情青年という感じです。

表紙のHなイメージとは少し違った

顔をみせたくないという性癖かな?と思いながら手に取った作品。

確かに、顔をみせられないという青年のお話でした。この青年は、戦隊ものの”中の人”。そしてガチムチ。このみの隊形なはずなのに、表紙の中性的なイメージが先に入ってしまっていて、恥ずかしがりで引っ込み思案な仮面と筋肉がなかなか自分の中でマッチしてくれなかった。

その仮面をはがすのかな?と思いきや、受け入れる攻めさんでした。
一方の攻めは、遊びまくっている美人。この辺なギャップ(美人攻めと筋肉受け)も好きなはずなのになんかはまらない。。

仮面くんが照れ屋さんのいい人なのに、カラダはHで仮面のまま一夜限りの関係を持ちまくっていたという出だしが、あんまりしっくりこなかったせいかなあ。

続編があるようです。

モフモフ

ちょっと厳しめに評価してしまいました。★2.5ぐらいです。
全体にモフモフな短編集です。

やっぱりメインカプの、おじさん先生と元気な少年が一番良かったかなあ。
若者の勢いに押されてしまう、落ち着いて大人なおじさんっていうのがいいですね。
未散さんのマンガにもありましたね。何だっけ。

他に、蛇とライオンとか2カプありました。
蛇が、カマトトな感じ含めて乙女であまり好きになれず。この辺が厳しめ評価につながってしまいました。

陸上ものの、チャラっとした人間と、クールな豹はなかなか良かった。こちらは最初からカプ。
やっぱり冷静な獣人ってなんかいいですね。抑制効いてる中に激しい欲情を隠しているみたいな。

アイドルと体から始まる。。

元同級生。ヤンキーだった彼を助けたことで、相手はまじめで暗い自分のことを気になったようだけど、その後大人になって再会して。。
という出だしです。

受けはお金に困っていて、AVに出たりして借金を返そうとしています。
この辺が今一受けを好きになれない設定ではあります。
そこへ、救世主として現れたかつての同級生。今は売れっ子俳優(アイドル?)になっていてお金持ち。あっという間に借金を返してしまう。

実は自分のことを好きで、探していたのだと思いますが、そこまで好きならなぜかなり時間が経って借金苦になるまで現れなかったのか?という気もします。

なかなか好きといえない攻めは、借金のカタだと体を要求します。
まあ、照れ隠しっていうのはいいのですが、BLあるあるな借金のカタっていうのは、抱かれる方は攻めを好きになるものなのか?と最近は気になってしまう。

全体にはコミカルなテイストなのでさらっと読めますが、このあたりの設定がすんなり受け止められず今ひとつ萌えられなかったかなあと思います。

視線の虜 コミック

滝端 

辛口すいません

以前読んだものを再読。それほど悪くない印象を持っていたはずなのですが、なんか萌えなかった。。

きれいな女性になった姿を見られることで興奮する受け。普段はまじめなサラリーマンだが、息抜きに女装バーでバイト?している。
その受けさんと、ワンコ部下のカップルでした。
設定自体は好きな方なのですが、なんだが絵がぎこちなくて、ところどころ全身のバランスが、ん?というところもありはまれませんでした。
気になっている方は試読されてからの方がよいかも。

他に、同級生や先生・生徒の短編がありました。
先生が結構かっこよかったのですが、やっぱり相手が高校生だと、ファンタジーとして読まないと気が引けますね。。

少女漫画

ピアノをあきらめた主人公が、自分のピアノを気に入った大富豪に買われる、というシンデレラストーリー。まさに少女漫画設定で、あまりに都合がよすぎてなかなかお話に入り込めなかった。

コンクールで優勝するために弾くことに疲れ、今は体を売って暮らしている受け。ふとしたきっかけで彼のピアノを聞いたイケメン社長、しかも昔ジャズピアノをやっていたという(そんな都合よすぎる王子様が自分を好きになるという。。)人物に目をかけられ、いやどうも一目惚れっぽいのです。

それが実は、昔受けさんが憧れたジャズピアニストだというのも、え~という感じでなんだかあまりの非現実設定に引いてしまいました。

絵がきれいなだけにお話の方が少し残念。

噛んで噛まれて コミック

ぴい 

都合のよい男

安定感のある作家さんですが、ちょっとこれは私にははまらなかったかなぁ、ということで少し辛口の評価になっています。

タイトル通り、噛まれることで感じてしまうという性癖の持ち主、澤が主人公。清掃会社で働いていると、イケメン俳優の小見に目をつけられる。一方、バーで出会ったオラオラ系の男にいいように体を開かれ、噛まれてしまう。

表と裏の顔を持つ男に翻弄される澤です。
だいたい予想はつきますが、澤にとって都合のいい(イケメンが向こうから迫ってきて特殊性癖を満たしてくれる)人物があらわれる、という少女漫画設定で、なんとなく現実感がなく途中で少し冷めてしまいました。

噛むのは好きな設定なんですが。。ちょっと残念。

君ありて幸福 コミック

山田袋 

悪魔か人か

ちょっとお話の中で分からないことが多くて、読み終えたあと、作者さんの伝えたいことが理解しきれなかったという感じが残りました。のでこの評価です。
でも、同時収録されていたお話が結構よくて、そちらは萌評価。

表題作は、親切な横井が悪魔を拾う話。佐久間は黒い羽があってしっぽもある。そして助けてと始終体の関係を迫る。親切で人付き合いのよい横井はだんだん大学に行かなくなり、バイトもさぼって官能にふけるように。この辺の堕落する感じがあまりいい気分ではないですね。

結局佐久間はなんだったのか。文字通り悪魔のようですが、横井の母の話もあって今ひとつすっきりと納得できなかった。

もう一つは、河童の話。
昔都会でA○監督をしていたという総菜やさんが、河童に合う。こちらは、今は堅実な暮らしをする陰のあるイケメンと、愛されたいと願う河童のラブストーリー。

どちらもファンタジーですね。確か以前は宇宙人のBLも描かれていた気がします。
ファンタジーがお得な作家さんかもしれません。

コピー・ザット 2 電子 コミック

けむ 

完結の続編

1巻では、くっつくまでのお話が一通り終わり、それ単体でも読める構成になっていたと思います。
(読み終わって、続きが気になる~ということにはならない)

2巻は、恋人同士になってからのじれじれしたお話でした。この2巻で完結です。

スタントをやっているなつきは、相手に触れて体型や役柄を「コピー」する。
この設定がなかなかすんなり来ないですね。実際そうやっている人っているのかな、触れることでどうやってコピー?という。。

さて、恋人になったとはいえ、仕事で相手に触れる必要があり、さらには別の人に触れると邪念が入るということで、触れあえない二人です。
これもよく分からない。。ちょっとファンタジーなのかもしれません。

明るくイケメン俳優の”よう”は、恋人に触れなくてじっと我慢の回。
しかし、自分も仕事で恋人役の男性俳優と絡むことに。こちらは突っかかってくるけど恋愛対象ではないキャラで、当て馬とはちょっと違いました。

1巻で一瞬当て馬っぽくなった俳優さんは、2巻では二人の間を取り持つ役どころ。

お互い惹かれ合うというのは何となく伝わってくるのですが、お話の展開が頭で考えただけのような感じがして、なかなかキャラたちの感情や展開、キャラの顔のかき分けなどが分かりづらく、読んでいて少し疲れてしまうなあと思いました。

兄弟もの

タイトルがちょっと浮いてる感じですが、社長である兄に、つらく当たられながらも日頃体を開かされる秘書の弟、というカップルでした。
スーツというのは兄の象徴で、その玩具だ、ということなんでしょうね。

弟の方は兄のことが好きだけれどいいだせず。兄は、家のごたごたがあり弟を恨んでいるが、なぜか体を求める。そして会社に利益を計るため、弟に枕をさせている。
弟つらい、という感じでずっとお話が続きます。

そこへ、弟のヒモとなる青年が絡んでくるかと思いきや、ただ弟がつらいときに慰めるだけの役でした。
弟を本気で好きになってしまった彼は浮かばれず、かわいそう。

兄の方も、好きなんだかなんだか分からないけど、だんだん好きになるということなのでしょうか。枕をさせるのにイライラしている様子。
まあ、最後はそれが耐えきれなくなり、ハッピーエンドなのですが。

ちょっと兄のキャラがつかめずイラッとする部分があったので辛口評価に。
冷徹で仕事のできるキャラかと思いきやそうでもなく、なんかヘタレだったかも。