仮面越しに、キス

kamengoshi ni kiss

仮面越しに、キス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神42
  • 萌×236
  • 萌20
  • 中立8
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
14
得点
422
評価数
109
平均
4 / 5
神率
38.5%
著者
峰島なわこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
シリーズ
仮面越しに、キス
発売日
価格
¥628(税抜)  
ISBN
9784799733240

あらすじ

話題の仮面受BL!
今日も君にキスをねだる
仮面を外してくれるのを期待して

遊び人の上條が出会った一夜の相手は、
仮面の男。
顔も名前も声も秘密な代わりに
「何でもする」らしい彼に
興味本位で会ってみれば、
体の相性は最高・性格も純朴で控えめで…。
そんな彼に惹かれていく上條だったが、
彼の素顔は隠されたまま。

「ごめんね、俺イジワルするの大好きなの」
「あなたにだけは見られたくないんです」
執着系ドS彼氏×おどおど系の"仮面くん"
身体から始まる関係なのに、
切なくて愛おしい奇妙な恋のかたち。

表題作仮面越しに、キス

上條・メイクアップアーティスト・20代?
怜(れん)、仮面くん・ヒーローショーの悪役・20代?

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数14

キタ☆

ミラクルヒットぉぉおおおおっ(*´Д`)はふv
めちゃんこ良かった。好きが止まらない。

表紙は受。美しい肉体を持ったムチムチ受なのです。
正体がバレないようにいつも仮面を付けている。
噂のミラクルボディ。
遊び人の攻は偶然出会った彼と一夜をともにする。
顔を見せない、声も出さない。
不思議な相手にみるまに惚れていくというストーリー。
攻の変わり方が好きです。
入れ食いで取っ替え引っ替えだったものが、受ばかりかまい
受だけが~と一途に執着していく様が好き。
仮面で隠した顔を他人に見せるだけで嫉妬しちゃうとか。
初恋とか。萌の要素てんこ盛りでした。
読者にまで・・と思う部分はありますが、愛ゆえと思えばこれまたv

続編希望☆

7

いい覆面受け!いいワンコ!仮面くんかわいー♡

イロモノ萌え狙いで買ってみたら、仮面くん(受)が可愛すぎてストレートにキタ(//∇//)
そうか、覆面は攻めじゃなくって受けが萌えるんだ♡
思わぬ発見!
仮面くんの素顔は最後まで見れないけど、攻めの「自分にしか素顔を晒させない」っていう独占欲がそれはそれで萌えるからヨシ♪
想像は捗るし、滾る要素はたっぷりだし、理想的な覆面モノでした。
丸ごと1冊表題作なのも◎

この作品の何がいいかって、
キャラ萌え
カップリング萌え
エロシチュ萌え(てんこ盛り!)
ストーリーも萌え
・・・全部?
どれもがガッツリ私の好きのド真ん中突いてて、なわこさんありがとう!!!って感じ。
性癖にクリティカルヒットで悶え死ねます!
攻めの〔上條〕は、ちょっとなよっちい綺麗系の見た目で、好きな子はいじめたいタイプ。きれいなおねーさん姿(=女装)で攻める回もあり。
受けの〔怜〕は、ガチムチ系のイイ身体と淫乱ボディでゲイ受け抜群の見た目で、遠慮しがちな性格が可愛いワンコくん。雌イキ顔(見えないけど)もぐうかわ(๑>◡<๑)
いいエロシチュ盛りだくさんでたっぷりエロ充させてもらいつつ、短編じゃないからお話もしっかり読めて、んでそのストーリーがまた萌えるんだ♡
恋愛偏差値低いふたりがはじめてちゃんとする恋。
怜にとっての「仮面」は後ろめたさや自信のなさを隠してくれるものだったわけだけど、
怜は「素顔を見せたくない」が上條のおかげで「素顔を見せてもいい」に変わって、逆に上條は「素顔を見せてほしい」から「自分以外に素顔を見せてほしくない」に変わる。
「恋とは奇なるもの」という連載時のタイトルがラストにググッと効いてくるとっても素敵なお話でした。

タイトルと言えば、
「恋とは奇なるもの」→「仮面越しに、キス」に改題されたのは大人の事情ということですが、この改題はグッジョブだったんじゃなかろうかと、表紙買いした表紙をまじまじ眺めながら思っています。

期待以上に見事ハマった1冊でした!

【電子】シーモア版:修正白抜き、カバー下○、裏表紙×、シーモア限定特典(イラスト+コメント)付き

6

芽生え育ったのは初恋と純愛でした。

『恋とは奇なるもの』というタイトルでR18アンソロにて初出の第1話を読み、読み切りとして描かれていながら続きが気になっていました。どこかで続きを描いてくれないかなぁと淡い期待を抱いていたら、描いてくださっていたようで。タイトルが変わっていたので戸惑いましたが、店頭でコミックを見つけて即事ゲットしました。『恋とは奇なるもの』というタイトルが気に入っていたので、描き下ろしのタイトルに再度採用されていて嬉しかったです。

本編、描き下ろし全てを通して最初から最後まで受の怜(れん)くんの顔は見えません。
素顔を見ていいのは、上條さんだけとのことです。
見たかった気持ちは確かにありますが、貫き通してくれたことで作品がより完成されたものになったと思うので、ぐっと堪えます。

一夜だけの相手として出会った上條さんと怜くん。
仮面は外さない、声も出さない代わりに何をしてもいい、との条件で行為に及びます。身体の相性はいいし、本当に何でも言うことを聞いてくれる。最初はそれでいいや、と思っていた上條さんですが、途中でそのままでは行為を続ける気になれなくなります。あくまで上から目線と言うか、フェアじゃない、という理由なのですが、後から考えるとこの時にはもう、怜くんに惹かれていたのではないかと。その場で、仮面で隠す理由を知った上條さんが怜くんに興味があることを認めてはいますが、本当はその理由を知る前からなんじゃないかなーと思います。途中で放り出すのは上條さんが俺様で自己中だから、という体(てい)ですが、意外と子どもっぽくて不器用だから、顔も声も隠したままの怜くんに対して拗ねたのではないかと。見せてくれない、聞かせてくれないなら、もういいもん!みたいな感じで(笑)
これは、コミックを最後まで読んでから感じたことではありますが。

ここで、上條さんに放り出されそうになった怜くんが仮面の下で号泣する姿が可愛くて可愛くて!怜くんは最後まで本当に可愛いです。
仮面で顔を隠す理由、一夜限りの相手を探して彷徨う理由。
いつの間にか上條さんを好きになっていて、好きになったからこそ、今度は上條さんにだけ素顔を見せることが怖くなったり、上條さんにされることは全て気持ちよくて拒まなかったり。
ガタイも良く、エロい身体なのに、純粋としか形容し難く、一途で健気で、そういう全てがとにかく可愛い!
遊び人の上條さんがうっかり捕まってしまうのも当然です。だって可愛いから!

遊び人と、一夜限りの相手ばかりだったいわゆるビッチ。
どうなるのだろうかと思っていたら、そこに芽生え育ったのは初恋と純愛でした。
幸せな結末まで描かれ、読むことができ、本当に嬉しいです。

4

変態BL! 読む価値あり!!!

まさに、変態BL。
 BLを読みつくした方にお勧め。
 顔を、お顔ぉおお。・・・見せて下されぇぇえ ・・と、
最後まで、気が抜けない逸品!!(苦笑)

気持ち的には、、紅の豚・・。ではないですが。。(笑)

他の作品で、天城れの先生の 倒錯レンズも
私の中では、変態BL。
 この分野に堂々の堂々の仲間入りでしたな。。(苦笑)

とにかく、、仮面受けの素晴らしい体格とは真逆に、アンバランスした
  乙女心・・。
おおお!!! 初めて男性の前で服を脱ぐ女の子のような
 羞恥心が描かれているような気持ちを感じ、
  すぐ様、興奮しました。(爆)

しかしながら、 全く、ゴリゴリ系のムキムキ作品が大嫌いな私。
「こんな、、私が ・・えええ?? ・・ありえん!?」
 ・・・あっというまに、大好きになってしまいました。。
とにかく、読んで損はなし!!

6

表紙では分かりづらいですがあまいです

電子試し読みをして気になり購入しましたが当たりでした!
丸ごと一冊、表題作です。

攻めの上條が出会ったのは、仮面を付けた自分の一夜の相手をして欲しいという受けの怜。
コミュニケーションをとるのも筆談という徹底ぶりの怜に興味を持って惹かれていく上條…。

怜がですね〜可愛いんです。
ガタイ良いエロっ子でピュアなんです。
卑屈な感じも否めないんですが、それも怜らしい可愛さというか。

対して上條はソフトな物腰でちょいSで。
無理強いはせず、怜が仮面を自ら外すよう待ってくれる忍耐力もあります。
怜に対しての独占力もたまらない!
上條の嫉妬に「ふぉぉ…」と悶えました(笑)

怜の素顔を楽しみに楽しみに読んでたんです。
ちょ…そんな斬新な…!!

エロはガッツリあります。
Hの時ちょっといじわるな上條に怜はついていけるし、相性が凄く良い2人だと思います。
甘い作品好きなので、かなり満足できました☆

3

ナイス仮面受け!

可愛い!エロい!たまんない!
特殊な設定が気になり購入しました。最初は特殊な プレイを期待して、エロ目的で買ったんですが、読んでみたらなんて可愛いらしい話でしょうか。仮面くんの健気さが可愛いくて可愛いくて。ガチムチなのに受け。ガチムチなのに子供好き。なんて素晴らしいギャップ萌え!上條さんの嫉妬深さも萌えポイントです!
そしてエロも期待を裏切らない。意地悪な上條さんが私の萌えポイントをガンガンついてきました!
バーでの半強制おもらしは愛ゆえにですね!

1

顔を隠してtnk隠さず

「仮面受け」かあ……〜。
新しい扉ですね。

いきなりの仮面くんが自分でほぐす場面。
一夜の相手で、顔は見せない、声も出さない、会話は筆談…
どんなビッチかと思いきや、おどおどして、顔を見られることを極度に恐れていて。
それは子供向けの仕事をしてるから。
こんな自分の欲望は子供たちに顔向けできない…っていう所からの仮面Hだという告白を受けて、付き合ってみようという物好きな攻め。
ワンナイトの相手を斡旋してるらしいゲイバーに出入りしている設定からして、カラダだけの関係性からの始まり、そして仮面半分ずらしのフ○ラ+キス、そして名前呼び…

顔を晒す事の重大性についてのお互いの相違が浮き彫りに。
上條さんは当然、自分だけが素顔を見られると思ってる。
一方怜くんは、好きじゃない相手ならいくらでも見せられるけど、上條さんにだけは見せられない。
この認識のずれ!
そして上條には遂に素顔を晒しながらも、読者には最後まで顔を見せない演出!

「第4話」からは、遊び人・上條の秘密の恋人として、仮面くん・怜がゲイ仲間の興味の的になる展開。
ワンナイトの相手を漁っていた過去を持つ怜だから、お披露目にも元・一晩のお相手がいるわけで。
そこでの上條の嫉妬祭り。お仕置きおもらしあり。

その後は、上條の隠し事に怜が嫉妬したり、遂に同居する事にしたり。
そこに至って、怜の方から『仮面外してキスしてほしい』なんて言葉が飛び出す。
まこと、恋とは奇なるものですね。

カバー下ありますので忘れずに。

1

続巻楽しみです。

続巻が出るとの事なので読んでみました。仮面くんの怜が肉感的で何ともHです。身バレしたくないから仮面付けてるらしいけど、かえって目立ってると思うんですけど。笑。大体、あれだけ特徴的な身体してたら顔隠しても意味ないと思うけど、まあ、漫画だからなぁと…。最初の方の上條の絵が安定してなくて、年取って見えたり、カッコいいのか悪いのかと。かなりの体格差がありますが、攻が受より小さくてもひ弱でもそれはそれで良かったです。

1

恋ってこれだから

一夜限りの関係だと思っていたのに、という展開は
そりゃもう色んな作品で読ませていただきましたが
最後まで受けの素顔を見られないのは初めてです!
でも素直でいじらしいから垂れ目さんなんじゃないかなぁ…。
ツリ目でもかっこいいと思いますけど。

仮面くん(怜)の顔と声を隠す理由もわかるし
“フェアじゃない”って言う上條さんの気持ちもわかるしで
うーんとなってしまったのも束の間、
上條さんの優しいのに意地悪という絶妙な加減にグッときました!
遊び人だったのに怜が初恋とか
意外に独占欲強いとか素敵過ぎ……!

おどおどするタイプの受けはあまり好ましくないんですが怜は別枠です。
変わり種なんて言い方されてちょっと気の毒でしたけど
今までと違う世界を見せてくれて自分のポリシーを覆してくれたのが
上條さんで本当に良かった。
ガタイがいいエッチなコ、興奮しますね!
そうそう、力では絶対怜の方が強いというところもポイント!!
なのに上條さんには抗えないっていう…。
しかし人前でお漏らしは可哀想だったなぁ。
二人きりでなら問題ないんですが(あるかな)
上條さんの嫉妬はおそろしい…。

第5話、怜のギャップが────ッ!!!
でもベッドではいつものように(いつも以上に?)可愛くなっちゃうんだね!

上條さんの悪友が『きみのかわいいところ』の伊高だったのね。
バーのマスターはネコなんだ!!番外編読みたいです!!
2が近日発売との事でとても楽しみ♪

1

予想に反して純愛でした。

タイトルを見て、コレ一体どんなプレイなんだ…。
上級者向けじゃないのか?大丈夫か?私…と心配しながら読み始めたのですが、
9割ぐらい仮面くんのかわいさに持って行かれました。
なに?この可愛い生き物!!

一夜限りの恋を楽しむ上條は、ある夜ゲイバーのマスターから
変り種の相手を紹介されます。
お相手は決して仮面を外さないムキムキの男性。
最初は会話さえ筆談。声すらわからない。
この謎の人物・仮面くんなのですが、
「仮面してるなら表情がわからないからクールな感じ?」と思っていたら全く逆。
すぐ仮面ごと赤くなるし、泣いちゃうし、非常に表情豊かで可愛らしい。しかも受!!
上條は女性的な色気ダダ漏れの美人さんなのですが、言葉で責める系のSです。
なんでも言う事をきいてくれる仮面くんがいじわるされてなかされてる感が非常にエロい!!そして健気でかわいい!!!
お互いに1度寝た相手とはもう寝ないタイプだったのに、いつしか昼にまで会うように。
もともと割り切った関係から始まった2人なのに、
ふざけて他の男性とキスしようとする上條に激怒する仮面くん、
自分にもまだ素顔を見せてないのに、他の奴には見せたと怒る上條。
それぞれが相手に執着していくまでを丁寧に描いていて、
絵的にはシュールなのに、どこかほっこりしたあまあまな感じも良かったです。
最終的には一緒に暮らすことになった2人。
仮面くんも、仮面→サングラス→素顔と変化していきますが、
読者には素顔を見せてくれなかったのがちょっと残念。

初めて誰かに本気になったという上條。
「初恋って事ですよね」と言われ、珍しく照れる姿がツボでした。

エロは確かにエロエロで、でもそれ以上に予想を裏切る純愛。
あまあまな2人に思わず萌えてしまう作品でした。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ