まぎぃさんのマイページ

萌作品

エキスパートレビューアー2020

女性まぎぃさん

レビュー数63

ポイント数321

今年度45位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

みちのくアタミ✖️太陽図書=最強

いやー、Hに迫力あるみちのくアタミ先生ですが、この作品はストーリーが面白い。
BLとしては、色々な人に好き好きって迫られて困るパターンなのですが、それが多重人格の様々な人格だというのがなかなか面白いアイデアです。

先生も言っておられますが、BLお約束のHやラヴは置いといて、もっとお話自体を読みたかったなあと思います。

そしてレビューのタイトルなんですが、Hな絵で、修正でいい仕事をする太陽図書さんのコラボは破壊力が半端なかった。
そっち目当てでもオススメな作品。

花人と悪餓鬼 電子 コミック

アントニオ 

純粋なワンコと屈折したおじさん

デビュー作が良くて追いかけてる作家さん。
こちらは、珍しい沖縄出身の受けくんでした。褐色男子です。
彼女に振られて行くあてのない青年を住まわせることになった花屋のおじさん。
おじさんというと怒られるかもしれませんが、結構年の差カップルです。

受けくんは現役高校生。ヤンキー高だけど本人はとっても純粋。
卒業生で、かつてはヤンチャだった攻めさんは、当時の親友とは因縁あって恋に臆病になっている。
そんな傷心のおじさんを、純朴で人を信じる青年が溶かして行いく、そんなお話です。

前よりはちょっと普通なBLになったなあという印象。
絵はきれいだけど、今後はもっと個性的なお話に期待したいです。

チャラ男とDTの安定カプ

チャラっぽい男と、堅物DTという木下さん安定のカプ。
ただし、今回は年上ハイスペック攻めではなく、同い年でニートの元同級生です。対するは、優等生だった黒髪純情リーマン。タイトル通り元同級生です。

捨て猫を拾ったから、面倒をみて、と水野にヘルプを要請した三田園。三田園はつっけんどんだけど、水野にだけは少し優しい。
気付かないふりをしてきた水野も、そんな精一杯の三田園がかわいくなってきて。。

今回は、意地悪チャラ男じゃないので、受けさんがあまりもてあそばれないのがよいです。
さらに、どうみてもBL的には三田園が下なのですが、自分は絶対水野でDTを捨てるといきまいているところが面白い。本当にリバだったらよいのに、と思ったのですがそこはそれ。

いつか木下さんのリバがみたいなあ。

王道~

王道といっても、木下さんあるある設定という感じです。
恋愛慣れしてそうなお隣のイケメンサラリーマンが、純情なDT男子学生にメロメロにされちゃうという木下さん的安定カプです。

猫つながりで少し交流ができたお隣のリーマン。
主人公の男子学生、ゆうまは、同級生に言い寄られて押し倒されてしまう。なんとか逃れたところを、隣人のリーマン、亨に助けられます。
そこから、少しずつお近づきになるのですが、恋愛ベタのゆうまがやきもきしたり、亨がだんだん捕らわれていく感じがコミカルに描かれます。

普段よりHな描写が多かったような。表現や、Hなビデオを借りたりするところで結構直接的な表現もあり、明るくふわっとHなBLを楽しめる作品かなぁと思います。

君知るや コミック

石原理 

剣道

1巻読み切り。まるっと同じカプのお話です。

石原さん得意の、ちょっと無鉄砲気味の攻めと、凜とした受けのお話。
よく考えたらHなかったですが、むしろあとで気付くくらいで、漫画は全然面白かった。

めっぽう剣道が強い花森と、ライバルの八重樫。ふたりは競い合いながら、同時に惹かれ合う。好きだという言葉なしに見つめ合い、吸い寄せられるようにキスするふたりがまぶしいですね。

それぞれの弟たちも剣道をしており、八重樫弟が花森兄に惹かれていたり、花森弟は兄に似て、八重樫弟を守る存在になっていったりとサブストーリーも絡みます。

美しくまっすぐな八重樫が、剣道と恋の道をどう歩いて行くのか、甘酸っぱい青春のお話。

ワンコたぬき

出だしの、色気ある鬼蒸らさんとかわいすぎるたぬきのりおの魅力につきる本です。

あやしの湯からのスピンオフなので、本編を読んでいた方がより楽しめます。

鬼村は、みえる体質。そのために、困っている人を助けることもしている。りおとの出会いは、人に化けられず中途半端な妖力でたちすくんでいたりおを助けたところから。
一心に懐いてくるりおを、鬼村もかわいいと思っている様子。

ストーリーは、ある村で神に魅入られた少女をめぐる展開です。少女が山にとられると悲しむ両親(祖父母)と、神になりたい少女。この辺は、う~ん、そっちかあという展開で、一本筋が通ったお話ではないのでちょっとモヤモヤしました。
後で、本編のカプとの関係が出てくるんですよね。なので、やっぱりぜひあやしの湯の方を先に読まれたし。

黒か白か(6) コミック

さちも 

やはりか~

新刊を楽しみにしているシリーズです。
今作では、高校の同級生であったことが公表され、仲のよい友人としてふるまうことができるようになった二人なので、仕事と恋のバランスで悩むというところから一歩踏み出し、メインカプとしては安定期に入っています。

一方、これまで二人をかき回す当て馬としてキーになってきた多々良さんが、いよいよその爪を現します。
きっかけは、愼が仕事で引き受けたキスシーン。演技に悩む愼は、経験豊富な多々良に教えを請う。一方の多々良は。。

愼の相手役になった女性がなにやらいけ好かなそうで気になりますが、この巻は波乱を予期させたまま終わる。
あー、短いなあ。続きが待ち遠しいです。

まあ、普通、かな。。

なるべく応援レビューしたいのですが、しばらく前に読んで、悪くもないけど特に印象にも残っていないなあと。

都会で仕事に恋に疲れた青年が、雪深い田舎に逃れてきたところ、世話になった家の男の子がゲイで、という出会いです。
田舎には出会いがないからと、「よそから来たもの」と結ばれようとする閉じた世界の子。
一方、自分の社会から離れた先で癒やしを求める青年。そのお互いの願いが合致した形でカップルに。

現実では、そんな天から振ってきたような出会いなどなかなかないのかもしれませんが、夢見たことが実際に起こる、それが漫画の世界ですね。

最初はお互い都合のよいカラダだけの関係で、それが本当のカップルになるのかはまた別のお話だと思うのですが、その辺が描き込まれていたらもっとのめりこめたのではと思います。

ドロドロ完結

内海は、昔慕っていたのに突然レイプされたかつての先輩、赤嶺に、思惑を持って近づいていた。。

上巻で、内海が誰かとつながっているシーンがあるので想像はつくのですが、その内海の使命が明かされます。

過去の恨みがあるゆえに、復習しようと赤嶺に近づき、だけれども思いを捨てきれない。
下巻へきて、これはサスペンスではなく、盛大な痴話げんかを見せられているのだという気がしてきました。まあBLってそういうとこありますけれども。。

絵がすごくきれいだし、Hシーンも迫力があるので、ストーリーやキャラがもう少し魅力的だったらよかったなぁと、なんかすごく惜しく感じてしまいました。
内海はわかりやすいのに、赤嶺という男性のよいところがなかなかつかめなかったのが原因だと思われます。
あとは、変な社長とか裏組織とかのあたりも最後都合よく収まってしまった感じがあった。

今後に期待です。

期待が大きすぎたかな

NY BOYのイメージだったのですが、その頃からすると絵がすっごくきれいになったなあと思いました。
そして祥伝社でこのカバーだと、何か深いストーリー?と期待しすぎていたかもしれません。そのせいでやや辛口評価かもしれず。。

まず、のっけからですが、赤嶺が以前内海をレイプしたという過去の得歩ソードがあります。
何かいわくがあるのかと思いきや、ただ酔っ払っただけで、自分を慕っていたいたいけな後輩をレイプしたという。。
この辺でキャラ赤嶺を手放しで好きになれなかったのが、乗れなかった理由かも。

お話は、そんな過去など忘れたかのような内海が自分の部署に移ってきて、赤嶺のかかえるトラウマを癒やす存在になろうとしている、というところまで。
しかし内海にはなにやら思惑があるようで。。