コモさすけさんのマイページ

レビューした作品

女性コモさすけさん

レビュー数0

ポイント数12

今年度354位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

どうしたんですか

私の中で安西さんは「文章が上手くてとても読みやすい」作家さんだった。
でもこの本は何か所か引っかかる所があって驚いた。
なんで?どうしたんですか、何かあったんですか、体調でも悪いんですか、環境が変わったとかですか、大丈夫ですか!!と言いたい。

その中で一番引っかかったのは「カーテンを引く」の使い方。
私自身は<閉める>の意味で受け取るし、もっと言うなら、新居に入って新しくカーテンを引く、ぐらい幅の狭い言葉として認識していた。出来ればカーテンを開けるとかカーテンを閉めるとか使って欲しい。その方が分かりやすいから。

しかし調べてみたら<開ける>で使う人、<閉める>で使う人、両方いるようだ。
そういうもんなのか…とは思うが、それでも<開ける>で使う人は<開ける>だけに、<閉める>で使う人は<閉める>だけに「引く」を使うのではないかと思うのだけれどどうなんだろうか。そうであって欲しい。だって分からなくなるじゃないか。

しかし、この本では「カーテンも引いていない」と(朝起きて何もしないで出かけてしまったという描写から)<開ける>の意味で使ったすぐ後(2ページ後ぐらい)に「カーテンを引いた部屋」と<閉める>の意味で使ってらっしゃるんですよ(昼間なのに”ほどよい明るさ”という描写から閉めていると判断して良いと思う)。

いや混乱しますって!!!

なんでーなんでーどうしてしまったの~(泣)
それとも私が間違っているのか!!?別に文章のプロじゃないしな!!
説明できる人はコメントかメールで教えて頂けると嬉しいです。はあ…
(でもやっぱり混乱する書き方は避けて欲しいという感想は変わらないけど)

何気に期待してしまう自分がいる

タイトルの通りなので主人公は華麗にフラグを折っていく訳です。
しかしそれはつまり、フラグが立つ=結構イケメン達に粉かけられてる=何気にモテてる、んですよねw

この本のテーマからしてあり得ないと思いつつ、
もう諦めて誰かしらのフラグ受け入れちゃえばいいのにw
と思うようになってきましたよ。
身長も高いし、自分がBLにならないためとは言え気が利くし、さりげにフォローしたりして優しいし、だたのモブじゃなくてスペック高いキャラに見えて来たぞ!

普通に楽しめました!

最後まで面白く読了しました。
皆さんはどんな評価かな~と覗きに来て、低めの評価もそれなりで、どれどれとチェックした所、なるほどねえと納得できる内容でしたw

これね~、ミステリーが好きで、ミステリーに一家言持っていて、ミステリーとして読んだらあまり評価高く出来ないのも仕方ないと思います。
リアルで考えて有るか無いかで読むと、「ちょっとどうかね~」って部分あるんですよ確かに。

でもミステリーとして読まずにですね、
2時間のサスペンスもので、結構現実的に考えるとオカシイ所あっても楽しめちゃったりする感覚とか、水戸〇門とか必〇仕〇人みたいな「情がめちゃくちゃ幅効かせてる」タイプだったりとか、あるいはT〇ICKのような「変な部分も楽しんじゃう」という感じで読むと楽しめると思います。
それか、アメコミヒーロー好きな人も楽しめるんじゃないかな?ヒーローは悪人に対して何をするでしょうか。そしてその後日常には戻れるんでしょうか?というね。

あとね、どこがとは言いませんが、「手のひら返し感」があるんですよこの話。
その時はテ〇ム・〇ートンの映画ぽいなとも思いました。〇ィム・バー〇ンの映画って登場人物自体は全く何も変わってないのに、周りの評価がある事をきっかけに180度変わったりするんですよ。そりゃもう人間不信になるぐらいw
昔は何でこんな極端な群像描写するんだろう?と思っていたのですが、もしかしてティム自身が手のひら返しを受けた事があるのかもしれないな、等と考えるようにもなりました。

話ずれすぎた。
とにかくですね、正統派ミステリーを期待して読むとがっかりするかもしれませんので、その点気を付けると良いと思います。

読んでてめっちゃ楽しい~!

これは新しい…
両片思いというやつかもしれないけど、切り口が新しいというか…
いや私が読んでないだけで他にもあるよってならすんません!だけど。
読んでて気持ちいい!

秋葉さんのモノローグの言葉のリズムが気持ちいい。
立て板に水のごとく流れる言葉の連なり(モノローグ及びセリフ)が、
読むのが楽しくて仕方なくてですね~。
よく思いつくなあ、センスですかね!?笑いながら読んじゃったよ。

やべー、まーた秋葉さんの最強お気に入り1冊増えてしまった。

でも1つだけ。秋葉さんなら朝チュン全く嫌じゃないんですけど、
この2人に限っては!ちょっとねっとりねちっこくHシーンあるともっと嬉しかったなあ~!
絶対滾る。見たいよ見たいよ~。

絵柄変わっちゃったなあ

どうしたんだろう。絵柄から、雨隠ギドさん、っていう感じの個性とかクセとか味みたいなものがすごく薄くなっていて、普通と言うか…、さらにちょっととある作家さん味(み)も加わっていて、最初の方は誰の本読んでるんだろうってすごく混乱してしまった。

読んでいる内に、表情の付け方がギドさんなのでホッとしたけど、やっぱり所々薄味になっていて…描く方法変わっちゃったのかなぁ。何だか残念です。

あくまで絵柄だけの話です。
お話は面白かったです。仕事先の社長がいい味してました。

引き摺るほど与う 電子 コミック

頼長 

控えめに言って最高

これはハマります。何度もよんじゃう。
絵が上手いし、キャラクターも魅力がある。
感情移入がしやすいし、お話の導入や、展開も引き込まれる。
かといって突飛すぎたり、意表を突いたりっていうのでは無いんですよね。そこが良いのです(強調して言いたい)!
ギャップ萌えはあるけどね!
あとエロシーンが最高すぎかな?表情トロトロ超GJ!

主人公の友達サイドのお話が、この話より前に別名義で出ているようで、しかし途中で打ち切られている!(編集さん!駄目だよダメ駄目!何てもったいないことを!)
それの完結を描き下ろして合わせたら単行本化して出せそうだけど、悲しいかなレーベルが違う…(涙)

何とかクリアしてまとめてもらえたら嬉しいな。夢…

びいえるふぁんたじーつよめ

序盤から、「んん…?」と引っかかる部分が多くてですね。
関係性の展開でも、仕事上の展開でも。それとHシーンでも。
しかし仕事に関しては自分は全く明るくない世界なので、見当違いの事でモヤモヤしている可能性もありますけども。

それで、それらが解消されないまま、終わってしまいました。まだ当て馬その後カプの方が読める部分があった…のが余計残念に思ってしまった。
あと、手とか足とか、絵でも好みって出てくると思うのですが、(現実でも手フェチの気アリ)この方の描き方があんまり好みではなかったのも大きいかも。
物を持った時とか拳握った時とか、なーんか違うんだよな~。

でも何か惜しいような気もするんですよねえ。
そういう風にも引っかかったりするので、萌評価にします。

正統派外堀埋め

秋葉さんの本には、「生きていく上で必要な至言」がぽろっと出てくる事が多い気がします。
もうBLと関係なくなっちゃうんですけど、自分に置き換える訳ではなくとも、ハッとする言葉にグッと掴まれる。そしてそれと同時に、登場人物が心を動かされるのにも超納得してしまうので、結果としてまたBLに戻ってはくるのですがw

これは作家さんが普段こういう事を考えたり感じたりしてるんでしょうけど、普通こういう含蓄というか、下手すると説教めいた文言て、鼻に付いたり必要以上に作者がしゃしゃってるように感じたりしてもおかしく無いのに、それが無いのがスゴイなと感心してしまいます。ちゃんとキャラが話している形になってる。

攻めは腹黒ではなく、陽タイプで仕事が出来るという意味での策略がすごく、あっという間に周りを固めて埋めてしまう。そうした上で受けの心を攻略していく訳です。
そこで上に書いたような、グッとくる言葉にやられてしまうので、これは受けが惚れても致し方ないですね、という説得力がすごい。

仕事そのもののシーンはあまり出てきませんが、仕事に対する心構え的なものが出てくるので、これもある意味お仕事BLかもしれない。自分に生かせるものなら生かしたい考え方が結構出てくるんですよね~。
BLだけじゃなくて、ちょっと仕事術系の本の読後感に通じるものがある気がしますw

風景が想像しやすかったので楽しかった

ドキュメンタリーや紀行ものが好きで、割と見る。
番組のホストがキャッキャするようなのじゃなくて、淡々と景色とか街とか人々とか産業とか文化とかをナレーションと共に流すような番組。N〇KやBS番組でお世話になる事が多い。

そんな訳で、ロッキー山脈を望む国立公園、湖の周りの深い森の景観、パークレンジャーの仕事や風貌、岩の連なる丘、観光地そばの街並み、治安を守る保安官、町はずれの一軒家、夜酒を楽しむポーチ。
見たなこれ!テレビで見たぞ!!という状況でめっちゃ想像しやすい!www

無駄な知識はないという話もあるけど、まさにそうだ。
知識の結実の先がBLで良いのかどうかは置いといてw

こういった事情もあり、しょっぱなから話に入り込みやすく、すごく読んでいて楽しかったです。

実はアメリカ(やヨーロッパ)の田舎なんかだと、ここで育ち大人になって、いったん都会に出たとしても、また戻ってきて地元で暮らす、という人々の心の内はどんなんだろうなあ、と想像してたんです。テレビ見ながら。自分は都会育ちではないが、ベットタウン育ちだし、桁が違うと思うんですよね。「生まれ育った町を出る」という事に対する心構えとか、しがらみとか憧れとかモロモロ。
後は周りに何もなくて、というか山や森しかないような場所だと単純にこれいざとなったら青姦デフォだよな…とかも思っていたwww
そういった部分が充分描画されていて、満足出来ました!

洸さんの文章は「こってり←→あっさり」でいったらかなり「あっさり」に寄ってる作家さんだと思うのですが、必要な事を必要な分だけ、という感じで想像しやすい事が多いです。素直な感じもして、含んだような部分もないので、ストレートに共感しやすいというか。
また、「神!!!」といった作品はそんなに数多くないかもしれませんが、「萌または萌×2」ぐらいを安定して供給して下さるイメージです。書くジャンルも幅広いので飽きないし。
いつもありがとうございます!って言いたくなる。

ヤクザ…でファンシー?

ヤクザものの割にあんまりしんどい描写はなくて、
どっちかというとシンデレラストーリーのような…
暗いのとか怖いのが苦手な人、全く大丈夫!な内容です。
(ちょびっとはあるから「違うじゃん!」ってなったらごめんね!)

ここまでほわほわしているヤクザものはあんまりないかも?
いやあるかも?どうだろう?
BLファンタジーの面目躍如という感じか。

初読み作家さんです。絵柄はシュっとして色気もあって魅力的。スーツ着た時の腰回りから腿~膝へのラインが上手。意外と棒みたいになっちゃう人多いんだけど、立ち姿が自然なのはポイント高い。
試し読みで過去作チェックした所、多少変化あり、描きなれて絵柄が安定してきたという印象を受けました。
お話に深みがあって読ませる、というタイプではないので、ライトに萌えを楽しむ分には良好です。