コモさすけさんのマイページ

レビューした作品

女性コモさすけさん

レビュー数4

ポイント数27

今年度210位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

ジーニアスの考える事は分からんな

日野さんの本は全部読んでいる訳ではないのですが、毎回他に無い新しい世界を持って来てくれますね。
BLというより、人間愛というか、もう少し間口が広い話のような印象を受けました。

一般でたまたま男性同士でカップルになりました、という雰囲気でもあるし、逆に言えばBのLでなくてはならないという印象でも無かったです。
単純にどちらかの性別が女性でも破綻せずに成り立つと思うんですよね…

もちろん、そういうお話は多くあると思いますので、これが駄目かと言うとそんな事はないのですが、なんでBLなんだろう?と思ってしまったのも事実あるんです。
同性同士だから理解し合えたというより、似た境遇に陥ったから理解し合えたんだろうなという方が強くて。

文句を付けたい訳では無くて、それだけ考えさせられる内容だったのです。
進む先はそれでいいの?という部分もありましたし。

人との関係を構築する中で、ジーニアスのメンタル強すぎない?って思ったのですが、これはススムが変わってるだけなんだな、と他の登場人物の反応で分かりました。
はっきり言って何考えてるのかよく分からないし、感情移入するには突飛すぎる。
こういう、クセのある人物の行動を描写出来るのってすごいなと単純に感心しました。

ちょっとだけ、それでいいのかなぁと思う

他の方も書いてらっしゃいますが、かわいいお話ですよね。

ただ、流れ的にある程度予測は付きますが、
…身内に謀をされるんですけど、これ、下手したら一生モノの人間不信になってもおかしくない内容だと思うんですけど、いいのかな~。
どっちかというと死ぬまで隠しておいて欲しい事柄じゃないんですか。
「恋は盲目」を頼りにするにもちょっと程があるというか。

人としてのモラルとか矜持とかの問題だと思うんですよ。
受けにはバラさないで、攻めの胸中にて独白といった表現でも良かった気がする。

紙派の人に届かないのがもったいない

電子ではありますが、基本単話は買わずに1冊にまとまってから買う派でした。しかし1話が無料で読んでみた所非常に魅かれたのと、すでに完結して2年経っているのに一冊になっていないという事は、今後もまとまるかどうかよく分からないので購入。

買って良かったです。
起承転結が秀逸。冗長でも希薄でもなく、規定ページにすごく上手く纏まってるなと感心します。最初だけちょっと強引ではありますが、意外性や、キャラクターの掘り下げなども魅力的です。
脇役も含め、キャラクターに魅力があり、表情が良いです。セリフが無く、顔だけで雄弁に語るシーンにグッときます。

なんで単行本化してないんだろう?

なんて素敵な告白シーンなんだ

こんな美しい告白シーン、初めてかもしれない。
素晴らしかった。映像で見たい。いや、脳内には鮮やかに映像が流れました。

海野さんの伏線の張り方がやっぱりすごい好きなんです。
それで勘違いや すれ違いの嵌め方も惚れ惚れしちゃうんですが、何が良いって、読者にはきちんと「ほのめかし」ながら進んで行くところです。
でも途中で「え?あれ?もしかして読み違ってる?」なんてハラハラさせる部分もちりばめつつ、最終的には期待値の場所にきっちり落としてくる。
もちろん、そーだったのか!なんて種明かしもある。

うーん、上手いな!と唸ってしまいます。

超ポジティブ

試し読みで冒頭、脚本みたいな文章だなという感想ですが、読みやすそうなので購入。

キャラクターや設定は好きなタイプのものでした。それぞれの仕事に対する姿勢も好感が持てましたし。そこらの描写は問題なし。
でも心情や展開があっさりすぎますね。コクとか深みとかが無いのが残念です。文章は確かに読みやすかったのですが、物足りないと感じなくもない。

あとは…主人公が対人の感情の機微を、ほんの少しの表情の変化や空気感だけで分かり過ぎるというか…いっそもう何かの能力なのでは?ってくらいイチイチ全部分かっちゃうのが何だかね。そのくせ自分に対する好意に関して”だけ”鈍くなるしw

ポジティブ思考なキャラクターというのは分かるのですが、それにしても考え方が上っ面というか、本音と建前の建前だけで物語が進んでいるというか。しかし偽善っぽくすら感じてしまったのは私が受け取り手としてヒドイんだと思います。

中立と迷ったのですが、それはさすがに評価が厳しすぎるかな?と思い萌で。

とにかくかわいい

久しぶりにかわいいは正義って言葉を思い出しました。
元ネタは実は読んでないのですが、良いコピーですね。

攻めも受けも性格が良い。逆にちょっと周りに合わせ過ぎて自分で自分の首絞めてるところがあるぐらいで、わが身に置き換え身につまされる人もいたりして。
絵柄も優しい感じで、キャラと絵柄がよく合っていると思いました。
展開がご都合すぎるという意味で不満に思う人もいるかもしれませんが、ご都合読んで幸せになりたい時にはバッチリです!ビバご都合!

意外に魔界も人間界も共通点がある所が面白かったです。

意外な展開に

最初は普通に庭師×料理人のお話かと思ったのですがそれだけでは無いのですね!
裏表紙にも書いてあるし、あらすじもちゃんと読めばキーワードは書いてありますけど、気付かずに読み進んでの意外な展開に、得した気分になりました!もしよければ何も前情報無く読んでみてください。

これは続巻が気になりますね~!!

絵がとても不思議です。主線をあまり使わずにトーンの濃淡で描く部分が多く、この手法と光の表現との親和性が高いため、幻想的な空気感を出すのに一役買っていると思います。この個性はとても素敵に感じます。イマドキの絵ではないかもしれないけど、綺麗だし、イケメンだと(私は)思いますw
仕事中の男はカッコイイよね!

どうやらこの本の前に「庭師の仕事の方」の話が既に一冊出ていて、(BLではなく、このお話と繋がっているとかでは無さそうですが)もともとこの世界観をずっと大切に温めていた作家さんなのではないでしょうか。そちらも読んでみようかと思案中。

たぶん夏目友人帳系統がお好きな人は気に入って頂けるのでは…?

よかったよかった

ああーこの二人のその後が読めたああああー!!
といっても央倫の過去がメインではあるけど(辛)

二人が幸せそうで本当に良かった。
いつまでも幸せにね~!

また続きが読めたら嬉しいです(希望)!

リハビリちゃんとしよう

ぬうううう。基本大好きなのに一点だけもや。
受けが幽霊→生霊だった→肉体に戻る→からの攻めの元に戻ってくるまでがたったの4日!!!

4日!!!

大文字と太文字にするHTMLタグで囲みたいよ!!

病院で5年意識なくて寝たきりで目が覚めて4日で一人で元の場所に行くってありえないでしょ…(涙)
せめて車いすで理学療法士説き伏せて付き添ってもらって、とかだったらまだしも。リハビリどうすんのよ~!
BLファンタジーだから?気にしちゃ駄目なの?気にする自分がオカシイ?
でも攻めは「来るまでに何年かかってもいいから」って覚悟してるじゃん。
だったらそれ生かしましょうよ~!(泣)

実は上田にくさんの「氷が溶けるのを待ってる」収録の”迷子くん”前後編と流れは一緒なんです。
もちろんキャラクターも違うし細かい設定が違うし展開も違うので似てるとかいう話ではなくて、オチが一緒なんです。でもこっちは再び現れるまでに1年掛かってるんです…。
だから説得力あったんですよね…。

あーんこれさえなければ文句なく神なのに~!!

速攻で2度目を読んだ

初回読み終え、モロモロ分かった上でまた読んで二度おいしい。

面白かった。テンポが良かったし、伏線もよかったし、かといってややこしくゴチャゴチャしすぎず、テーマはシンプルで、読みやすかった。

一番良かったのは受けの抵抗かな。何度も何度も違う、あり得ない、と抵抗し続け、抵抗しきれず、怒涛のように巻き込まれていく過程が非常に良かった。そこに来て攻めのあの弱り具合がね~。グッと来ますな。
あとイチイチ脇役が良かったな。悪役から贔屓の店員、果てはちょっと無神経な上司や部下のOLまで。好き嫌い別にして全員生きてました。

ところで、「世界名作劇場」とディズニーのみという攻めのライブラリ。ジブリ、ジブリは無いのか。