ヒガンさんのマイページ

レビューした作品

女性ヒガンさん

レビュー数0

ポイント数2

今年度973位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

仮面は漫画中だけで、読み手には分かりやすくしてくれ

私生活が忙しい、疲れているという時は絵柄が可愛く、内容もさらっとしているような作品が読みたくなりますなっ。

…ちょっとセレクトミスった…。

中学の時、告白に失敗して引きこもりになった柳(受)
生まれ変わるために選べる家庭教師(女子大生)を依頼するが来たのは男子大生の仁海(攻)

で、この仁海。全く心情が分からない!読めない!!掴めない!!!
時おり見せる意味深な笑みや、自分が忘れた上着でオナっている柳を見ている表情(ニヤッと笑うような描写に見えるんだけど、これは嫌がっている表情なのか?)や考えが結局どうなのか読み手側に伝わらないのにモヤる。
…柳の事、好きか嫌いか…はたまた迷惑なのか、それすらも分かりません。
合格発表当日ギリギリの台詞からみれば、切ってもいい存在な感じですが、仁海と同じ大学に合格して、「ありがとうございますっ」って笑った柳を見て始めて好きになったのかなぁ…って。

うん!ここからか!?ここからかラブが出てくるか!

合格祝いに一緒に出掛ける事になりますが、終始赤くなりながらアセアセする柳と所々無表情になり『……。』の仁海。⬅…何考えているんだか…。

途中同じ中学だった森下ちゃん(♀)が柳に声を掛けて来ます。
偶然にも同じ大学で喜び…おおぉ、どうやら柳に好意がありそうな反応。
…でも森下ちゃん、いつ柳の事好きになったの?きっかけはあったらしいが、バッサリカットされてる…。
BLにはいらん思い出話だからか?
もしかして中学の時、柳が告った女の子=森下ちゃんかと思ったら…違かった…。

新歓で酔っ払って潰れた柳を誰も送っていかずw柳のケータイで仁海が呼ばれるw何でだよw

ここまで来ると柳が他の友達と話したりしている姿を見ると面白くない顔をするようになった仁海。
よ…ようやく読み手にも仁海の心情が見えて来た…。

また別の新歓があって声掛け合っていた所に仁海が勝手に柳は出れないと言った途端本人登場。
気まずいながら二人とも参加するが耐えられず柳退席、仁海追い掛ける。
襲いながら「おれのこと好きなのに他の奴とヘラヘラしてんの?」
「なんで俺の事だけみてくれないの?」

突き放されて悔しいのか悲しいのか…今度はすっと離れてすんなり立ち去る仁海。

次の日大学を休んだ仁海を気にして部屋を訪ねる柳だが、追い返される。
次の日も休んでいるのでまた会いに行く柳だが、公園のベンチで項垂れている仁海w何してんだよw大人しく部屋で引きこもれよ。

嫉妬が故に嘘までついて、柳を友達から離したかったという流れでしたが…まぁ最初がイケメンリア充・優しいカテキョの仮面を被っていたからなぁ…プライドか?意外とちっちぇ男だな。

このあとエロになりますが、上記の事から仁海駄目だな…柳の優しさ・寛大さで事終えられたよ**

描き下ろし
柳曰く、妙なパーカーを用意していた仁海。
酔った柳に着せてムービー撮りながらエロったっつー内容。
妙なパーカーって言われた後にプレゼントする勇気www酔っ払っている時とはいえさすがw

森下さんについて
作者も書いているが、ほんと当て馬もいいところだよー。
もうちょっと作中で何とかしてほしかったなぁ。

引きこもりにしては柳は可愛かったし、勉強も仁海の事も頑張ろうとしている姿に好感が持てた。
たが、仁海は……、、、

これまたかなりはしょられていますが森下ちゃんがこんなにも『二人の関係』にお察しが良い子なので、もっとウチら読み手側が分かるようなキャラの表情や心理状態を描いて頂けると有難いです。



西園寺は有名チームのメンバーだったハズなんだが…?

過去作の「俺、セクハラされています」と「世界は愛で満ちている」はあまりレビューの書き込み評価されていないようですが、私は面白かったので勿論こちらも期待して読ませて頂きました!

しかし、中二病っつーのが…痛すぎて…。
その手のラノベアニメも苦手だし、完読出来るかなぁ…と不安を持ちつつも開いてみる。

聖(攻め)はケンカばかりしていたが、はじめ(受け)に一目惚れをしたことを切っ掛けに恋に生きるようになる。

転校前の友達の西園寺にはじめは「中二病」だと聞かされるが、案の定中二病の意味が分からず。
この時の説明がwikiのままだったwww
折角だから伊集院光さん発って事も言って欲しかったなぁw

中二病発言は見てて痛いし、疲れる…。
なので、ヤンキー(?)だけど常識人・西園寺の存在がとんでもなく有り難かった!!
聖とはじめのやり取りを「俺にはクソみたいな茶番にしか見えなかった」発言で全て救ってくれた(泣)
この人が居ればちょいちょい突っ込んでくれるから完読出来そう。

はじめから組織のアジト探しに誘われるが街の中をうろうろ…彼の頭の中ではドラ◯エ状態なんですかね?
まぁ、まだ国会議◯堂やヤ◯ザの組、果てはN◯SA辺りに乗り込まなかっただけ良かったかな?

はじめに恋愛対象として見てもらえるように、自分を吸血鬼設定にしてキスを狙います。
色々ありますが、結果オーライ☆
で、引き続き西園寺先生に報告→次は「ラッキースケベって奴になりたい」……なんだと!?w

さすが西園寺先生、吸血鬼の特性からシナリオ用意してくれて、それを聞いた聖「合法ラッキースケベ…!!!」www西園寺「言い方」www
素晴らしい会話w
なんか、合法って付くとやっていいものに聞こえるw

はじめも信じて受け入れるが聖がはじめを騙している罪悪感でただの人間だとバラします。
はじめも「完全な闇の住人ではなくなった、ヒトに侵されすぎてしまったんだ。」
あー、うーん?…まだ中二病は残っているけどやっと好きっていう感情が出て来たねー。

その後はじめとスケベが出来ましたがw(スケベの描写なし…orz)、ぽーっとしながら西園寺に「俺 ホントに鬼だったみたい」「……下ネタか…?」の察した返しにウケたwww

本編の方はキスまでですが、描き下ろしで見れます!!
これが素晴らしい過ぎて泣きながら読ませて頂きましたwww
何かもう、西園寺先生ありがとうございます!orzって感じです。
(目が死んでいたけどw)

話の間に西園寺くん①~④の4コマがありますが、これも良かった!
BLじゃなくても、西園寺先生の漫画をマジで出て欲しいと願うほど大好きです!
初めは有名ヤンキーチームのメンバーだったのに、それが全く出て来ずw
聖の恋愛アドバイザー、後に漫画家とそれこそ秘めた力を解放出来たのは西園寺先生だけでしたねw

後半どんどん面白くなってきて、完読は西園寺先生のおかげです(^^)

スポーツ関連は爽やかだぁ////…良作は沢山の人に見て欲しいものです。

うわーいヽ(*´∀`)ノ
南月ゆう先生の作品に沢山の評価が付いて、沢山読まれているみたいで嬉しいやーい!
これまでの作品も絵は綺麗で好みだし、身体つきも素晴らしいし、構成も上手でもっと評価されてもいいのに!と買い続けていましたが、この作品は圧倒的な反響が!嬉しすぎる!!

少し前の作品になりますが、わんだふる・LOVERも内容は好きなのに…ほんと読む度に、タイトル何とかならんかったのかなぁって思う…orz
過去の作品も読みやすいですし、どれも読み切りではないので無理矢理な展開もありません。

何はともあれ、これを切っ掛けに南月ゆう先生の過去作品に興味を持って頂ける事を願います_(._.)_ヨロシクオネガイシマス

(…え?誰オマ?…何ポジ?w)

今回は女性が複数出て来ましたが、BLでイラつく行動・行為・発言は無くて安心した。(本が厚めなので何時来るかと構えながらハラハラしてはいたが…。)
妹ちゃんも最後にはアニキを応援する良い子だったし。

有村(攻め)みたいな面倒見が良い人は誰からも好かれるのは当たり前だけど、特定の人が出来ると相手は微妙にツラいよね。
要祐(受け)からしてみれば、ふとした時にその優しさが誰にでも?とか、気を使って?とかってツラくなるだろうし…案の定そうだった。

要祐が高いペンよりも有村が付けていたキーホルダーに喜ぶのスゲー分かる!!
何で?みたいな所あったけど、お金の価値じゃ無いんだよー!
ブランド好きな、物目的で付き合ってるんじゃ無いんだよー!
そんなんで愛をはかっているんじゃないんだよー!
返せと言われて、嫌だと逃げた所は可愛かった。

さすが元運動部、爽やか過ぎるわ。
河原と土手が最強定番。
そして走る・寝転ぶ…みたいなw
いいね!私には一生縁がない。

あまりにも爽やか・感動で話が進んでいるからまさかエロ無しじゃないだろうな!?と、先走ってページ飛ばして確認したら…ほっ、ありましたよ!エロが!

この本の厚みでここだけですからね(+描き下ろし)…二人の身体がしっかりしていて、厚みもあってなかなかの描写で良かったです( ;∀;)
南月ゆう先生は描く所は描いて頂けるので有り難いです。
ありがとうございますありがとうございますorz

爽やかエロ(?)ではなく、今までの爽やかさが良い意味でぼかされて私的に満足でした!
基本、エロギャグ好きなのですが…(^^;…ギャグ無くても神評価です!
作家推しになってしまいましたが、先生好きフィルターを取っても良作だと思います。

寧ろ高校生の方が積極的にエロいという作品。ネット時代万歳。

上田にく先生はおとなごっこで、シリアスなイメージがあったのに今回はちょこっとだけギャグ?…シュールって言った方がいいのかな?
そんな台詞とかコマがあって戸惑った。(でも嫌いじゃないw)

花本(攻め)喜怒哀楽が薄いが、突然別のクラスの古屋(受け)に呼び出され(もしかして いやまさか 告白ー…)
「友達になってくれない!?」→友達が出来ました。

後日古屋に話したいことがあるから遊びに行っていいかと聞かれ(ちゃんと受け止めてやるから安心していい)→花本姉が目的でした。
……花本…BL的にはお察しが素晴らしい奴だが…残念だったな…。

更に花本姉はイケメン先輩と付き合いだし古屋失恋。
そこに花本は果たし状(ラブレター)で呼び出しシュールな告白。
避けられまくりで話も出来ないので、金で花本姉を使い縄で縛られた状態で引き渡された…花本姉…どう言う風にそう持ってったんだ!?
古屋「そんな…こういうプレイでは…」の台詞から男って奴ぁよぉ…下心が仇となったなw

花本グイグイ迫りますが、花本姉→花本両親の順に邪魔される。
後日、花本「古屋セックスしよう」…はっきりしすぎて男らしいわ。

古屋に断られて今度は逆に距離を取ってしまう花本。
態度の変わりように古屋も気になり、聞き出すために連行w

ベッドの上で向かい合ってお互い正座の絵面w
しかも、どちらがタチネコの役割が確認せずとも分かってらっしゃるようでw
経験がないだけあってそれぞれネット知識で挑む所が初々しい。
(必需品もネット購入w未成年でも恥ずかしがらずに買える便利な世の中だ)

描き下ろしは結構頼めばやってくれる古屋の範囲を調べる花本だったがさすがに搾乳プレイは駄目だったという内容。
ただこれ、読み手側の妄想をザワつかせるわ!!
なんだ搾乳プレイって!どこで搾乳す……………_oΛ

◆気侭にくちづけてどうぞ
四人コタツで麻雀ってのが大学生らしい。
タイトル通り気侭なのでキスに色気もそっけもない。
意思気づけかな?

麻雀友達四人中二人は付き合っているようで、まぁ感化された訳ではないとは思いますが奈良(攻め?)から小樽(受け?)に「俺らも(チュー)やってみいひん?」とされてしまう。
…奈良軽すぎ…そりゃ小樽に伝わらんわ。

2話に渡って描かれていますが…2話なのに…2話なのにエロなしはキツいわ…orz
アナログで人生ゲームやってる所じゃないぞ!


コユキちゃんみたいな子は幸せになーれ☆( ^-^)ノ∠※。.:*:・'

レトロな表紙と素材、タイトルから落語とかが舞台のBLか?と、思っていましたが全然違いました。

地味なコユキちゃん(受け)に非通知で掛かってきた痴漢電話。声に「好きかも」と言われちょっと楽しかったかも…と思う。

それから頻繁に掛かって来るようになったようだが、着歴に痴漢痴漢母痴漢痴漢痴漢…の羅列w
間に母ってwww
ってか、いつの間に番号交換・登録までしてたんかいw

バイト中個人インカムから「…コユキちゃんだよね?」思わずトイレに駆け込んだがドアの前にいたのはエリマネ太田(攻め)。

さて、後編。流れるように付き合っているコユキと太田。
何処で崩れるのかと思って読み進めるが太田、コユキLOVEで全くブレない!
大人の男スゲー!
もう変な嫉妬とかもなく、ただ猫っ可愛がりって感じ。

…で、何処読んでも太田がコユキを知って番号を調べたのか、切っ掛けから出会いまで全て偶然だったのか、コユキもその辺疑問に思わなかったのかが最後ま描かれていなかった。
描き下ろしも二人のケーキ食ってヤるっつーラブラブで終わってしまった…。

あ、短編集に細かな設定を求めちゃイカンよね。
あんまり追求するとテーマが「痴漢」だけだったのに、「病み」とか「ストーカー」まで入って来ちゃうから(*´∀`)ノシ止め止め。

◆酒と泪と男と男
タイトル、キャラの名前、雰囲気、鏡張りのラブホw
昭和っぽい?…あ、裏テーマが昭和歌謡か。
元カレを忘れられない受けが新しい男にアプローチされる話。

…若いってイイネ。強引な所が格好いいわ。
ただ、ゆで玉子みたいなマスターが作ったバナナカクテル(時価)の印象強すぎwww

◆ウルトラミラクルハッピーエンド
昨日世にも奇◯な物語見た所だったから、次の映像化はこれですね!

◆ピント
金木犀の香り大好きです。ちょうど今の時期ですね。
香りはその時のシーンと結び付きやすいそうで。

あくまでも私事ですが学校のトイレの横にあったので金木犀=トイレを思い出します。(でも良い香りで好き)
なのでトイレ=臭い=金木犀のイメージする人もいたかも。
金木犀が強い香りなので苦手な人もいるかもね。

体臭が気になるお年頃。
この頃はそういう時期、体質とか変わる時期なんだよ~。
そんな時に皆の前で「これさあキンモクセイのにおいじゃん? オレさあこのにおい好きなんだよね」って、フォローして貰った上に、「キンモクセイって雨が降るとにおいしないのしってた?」

うわー!スゲー告白!!
これは堕ちる。
何だろ、自分のコンプレックスを逆に好きって言われたらそりゃー堕ちるわ////

このあとのキスシーンのページ、良かった。

◆気になる花村
担当さんと同じで化け物とは言わないが、妖怪かと思った。
…同じか…。

◆ツイてる男
アパートの壁穴から見えた松崎のオナニー。
何度か覗いていてある日、向こうから指がズボッ!!

えっ?指が入るほどデカイ穴だったの?
えっ?そんなデカイ穴に気が付かなかったの??

オチを知って小さい穴に指が通った理由も納得したが…ん?松崎はオナニーしに部屋に戻って来てたのか?という新たな疑問が…。

オチはありがちでした。

絵柄が個性的。だけど流やコマ割りがしっかりしています。
キャラも皆可愛らしく、好感が持てるので何度も読み直したくなる作品と言うのも分かる。
今風の中性的な男の子、スラリとした手足、くびれたウエスト、細マッチョなんかが好きな人は合わないかもしれません。

性格ひんまがったゲゲゲ鬼◯郎ヘアーでなにが悪い

15冊目のコミックおめでとうございます!!(*≧∀≦*)
からり先生はツンデレオンリーじゃないかってくらい、そのキャラで描き続けておられるので、好物な私は作家買いさせて頂いております。

15冊かぁ…私の本棚に1.2.3.4…13……?
腐人再発者のコンプリートまではあと2冊足りんかった…(..)

先にレビューされた弥七様の仰る通り、花浦(受け)は本人が言っているだけでクズではないです。
金借りて踏み倒す・女遊びが激しい・酒やギャンブルに溺れる(DKだからNGですが…)・かといって虐めやSNSで誹謗中傷もしていない。
とにかく人様に一切、迷惑掛けていない。
(なんか、スマホから「ニャー」と鳴くゲームはやっているようだがw)

何処がクズなんだ??

…えー…あえて言うなら、ネクラ・マイナス思考・自己評価低い・コミュ障辺り?

小学生の弟に夕飯作ってるって…なんて出来た兄だ…。
テストが赤点だらけの所を見ると勉強は出来ないようだが…何故ここまでひねくれた?と思っていたら…いたね、黒幕が。

弟の求。コイツが洗脳してんじゃねーか?
「僕の兄に友達はいません」
「なぜなら兄はクズなので」

初対面の都築(攻め)にハキハキと言ってしまう辺りがもうね…。

だけど、後半に「弟にクズって言われた…!」って言っていたから面と向かって言われたのはこれが最初?
もしかして親の日頃の態度が兄を無意識洗脳クズ扱いしているのかな?

都築みたいな一途いいね!
キャラ的にワンコほどベタベタではないけど何言われてもへこたれないし、嬉しいことは顔赤くしながらちゃんと言葉で伝えるし。
単刀直入で行動派なのも素晴らしい!
どんどん告知してヤってくれ!

都築がクラスで友達と話しながら花浦とのLINEのやり取りは萌えた!
からり先生は少女漫画みたいに泣きながら叫んで告白とか現実離れしたシチュはなく、(後から恥ずかしくて死ぬわ…)ちょっとキュンとする台詞とか入れてくるから好きだなぁ。

コミュ障にはグサッとくる「もらおうともかえそうともしなければ関係は始まらないんだよ」とか、「それはお前を使い甲斐のある便利な道具って認めただけだぞ」に対して「そういう打算ができる奴は友達くらい作れる」

二つ目深すぎて怖ぇ…。

電車で寝過ごしてしまい終点まで行ってしまった花浦。
お金もなく、取り合えず弟に連絡し朝を待つことに。
海と夜空を眺めながら修学旅行で見た同じ光景と都築との事を思い出していた。「あの時の方が星がよく見えたな」
弟から連絡を貰った都築が同じことを言って現れた。

人と繋がる上で同じもので共感・考え・更に相手の事を想えるなら尚更だよねー。
最後なんてヤれて良かったー!じゃなくて、お互いの想うことが同じで嬉しいって事が確認出来て良かった////だから。(いや、ヤることはヤったけど)

描き下ろしは小学生の時、都築が花浦を好きになった切っ掛けが描かれています。
理系VS文系って所かしら?
この頃からずっと一途に花浦の事を想っていたイケメンリア充都築はスゲーわ。
しかも花浦は分かるが都築もドーテーって…。美味しすぎるだろ!!ありがとうございますありがとうございますorz

私も性格ひんまがっているので、萌えるとかキュン☆とかほっとんど皆無なのですが、からり先生の作品は結構ツボに入る。
どの作品もツンの奴は何気に可愛いし、その相手は見放さないで受け止めてくれるし。
浮気や女に走る事もないから私的に楽しく読めます。

今更ながら今回の表紙は可愛いです(*´∀`)

溺れたい彼 コミック

唯野 

あんまり鼻血出るなら病院行った方がいいんじゃね?

大体新刊購入しても中々読まず、レジ袋&シュリンク付きのままクローゼットにボーン!
…購入してしまえばいつでも読める!という満足感で安心してしまう性格なので…orz
只でさえレビュー書くのだって遅いのに…。
続きものは先が気になるから完結するまでクローゼットで手を付けず眠らせておくので1巻完結、短編集は有り難い!

ちるちる様のインタビュー読んで興味津々!
それでも購入から10日くらいでやっとシュリンク開封。

変態妄想いいね!
誰も傷付かない、何でも(妄想だから)OK!スゲーえげつないエロい事しても私が喜ぶだけw

設楽(攻め)は田路(受け)の体液を舐める妄想が止まらない。

友達から鼻血の出やすい田路に誕プレ(冷却タオル)を貰う。
私なら箱ティッシュ5Pやるわ。机の横に引っ掻けられるBOXカバーも付けたる。

設楽が熱を出した時、妄想と現実の区別が付かなくなっており、のぼせて鼻血の出た田路に舐め襲い…自分で言っておいて何だが…なんだ?舐め襲いってw

田路が辞めてほしい事を伝えても変な方向からの答えで引かない。グイグイ来ます。
「キスしたい」を「唾液の交換」と言う所が…もうね…。

キスが上手くなったらなんて言ってしまい、一度身を引いて携帯で検索する設楽。

…で、終わり…えーーー!!!
短編好きな私でもここで終わりはあり得んよ!

◆結んで開いて
坂巻(攻め)がノンケなのを知っていて告白した朝比奈(受け)。
付き合う事にはなったが、朝比奈は坂巻を目隠し・縛らないと興奮しないらしい。

その理由が「身体 汚ないとこまで使うから」
…………Σ(゜Д゜;)あぁ!ですよね!そうですよね!!
地味に衝撃走った!
もう、BL脳で麻痺っているから…慣れって怖いわぁ。

後半は媚薬なんてお薬が出てきますが、漫画では素晴らしく効果抜群ですね☆
…実際本当に効くのか?と検索してもビミョーで良く解らず…まぁ、BL自体がファンタジー☆ですから。

◆ネバーランドエンド
攻めが受けをただただ開発していく話。
なので、ずーーーっとひたすら身体イジってます。
案の定開発がテーマだった。

◆密約
話の入りがオナってる所からだったので表紙で触手!?(自分苦手です…)と解ってもついつい読んでしまいました。
触手テーマにしてはまだソフトだったのではないかとw

◆Full with you
大学生、食費削ってでもバンドに勤しむ。
片や親の後を継いだ定食屋。
同い年だけどお互いの今居る場所が少し違う。

BL置いといて、ちょっとした大人と子ども、学生と社会人の狭間にいる考え方のズレ(?)みたいな。

この作品、ある意味スゲェ。
なんと、キスはもちろん触れる事すらありません。
描き下ろしにさえ、キスもありません。
が、遠回しのプロポーズありますw
清いです。清すぎます!

絵も上手いし、テーマがあってのストーリーの割りには無理もなく面白かったです。
ただ、どの話も終わり方がはしょりすぎ。切りすぎ。
全部の話の描き下ろしがあるけど、その分と本編をくっつけて丁度良いくらい。

それで更に描き下ろしが付いていたら更に良かった!それが勿体ない!

カバー下のそれぞれの手は雰囲気が良いです。

最後良ければ…まぁ良いんじゃね?最後まで好きなキャラはいなかったけど。

前回しゅみじゃないに付けたので書くのが億劫です…。

来週の日曜に映画の試写会のハガキを貰った弓弦。
芹生を誘ったところ、答えを濁す…。

芹生の中では規則正しく決まったかのように付き合う相手は1週間って固定している。
お試しでもなんでもない。
想う人(一応紫乃になるかな)がいる時点で付き合う人最初からだめじゃね?
ってか、友達として弓弦と試写会行けばいいのに、何故?

芹生の家に行くが絵に書いたような豪邸執事付き。
お屋敷特有の階段から降りてくる紫乃。
ここは日本ですか?w

紫乃と初めて接触しますが…弓弦ストレスダメージ。耐えられず逃走w
羨ましいよなぁ、発言・行動の自由人って。

夏生(芹生兄)に「冬至とられちゃった」
この発言こえーよ。
まず、お前のじゃないし、夏生兄…普段から紫乃と芹生の関係が不安じゃないか?

次の日弓道部先輩に「例のウィークリーな彼女だぁ?」言われムッとする芹生。
え?その設定君が作ったんじゃね?

弓弦に「うち来ます?」と誘うが即答で「行かない」そりゃそーだ。
毎日帰る家にいつも紫乃がいると思うと不機嫌になるし、行くなんてありえんわ。

芹生くんは…顔が良い、家金持ち、寄ってくる女の子は絶えない…相手の事考える必要ないね。

あと私、弓弦の疑問と同じこと考えました。
別れた後、悪く言う子誰もいない。
弓弦は解ったらしいが、私は全然解らない…。

気分良くしてくれるなら尚更続けたいって思うだろうし、むしろ「あんなにしてくれたのに!」ってなりそう。
現に何人かはその後も携帯に掛けて来てる訳だし。(でも電話に出ない芹生)

あまりにもあっさりしている女の子たちも、うーん…なんかねー。
ここの登場人物には本当に好きっていう感情は設定されていないんですか?

中には一人くらい1週間しかないんだから!と、貢がせまくり!迫りまくり!とかっていなかったんですかね?

弓弦も試写会のハガキ破ってしまうし…。
あー、こう言うのを潔いとか思えないから。
自分で入手したものならともかく、人様から頂いたものを無駄にするってあり得ないから。

ただ、最後の雰囲気は良かったかな。
1週間の最後に「好きになれなかった 別れよう」言われるはずの台詞を言われなかった。

「俺とつきあってよ 芹生」



セブンデイズを読んで1週間ってこんなに長いものだったのかと困惑してしまう作品だった。
歳も歳だから、1週間なんて早い早い。
また今週始まったよぉ、月一の作業奉仕またかよぉ…なんての繰り返しなのに。

充実した時間とか、時は金なりとか、そんな事を考えてしまう感想でした。

完読は出来ましたが感想書くために読めば読むほど…うーん…。

私だけではないと思…う…。

花のみぞ知るや、テンカウントから流れて来たら、まぁハードル上がるし、絵柄も変わっているしで、評価も変わってきそう…。(ちなみに私はテンカウント未読者です。)

それは置いといてタイトル、設定、ストーリーの流れなど上手だなぁと思いながら読ませて頂きました。
たださ…キャラに魅力が無い…。
高校生なのに誰一人良い意味での子供らしさ、愛らしさがないと言うか…憎めない可愛らしさもなく、変なところが大人っぽくてちょいちょいそれぞれのキャラにイラッっとする。

自分本当は小池ちゃんみたいなサバサバした格好いい女の子、好きなはずなんだけどなぁ…全然好きになれなかった。

全体的に映画になっただけの事はある。
流れがキレイだもん。
芹生のお金持ち設定もストーリーをキレイにする一つだね。
でもそれだけ。

紫乃の存在にはかなりイラッとする。
夏生(芹生の兄)の存在がストッパーになっているけど、それでもさ…。

芹生「一度付き合った子とは連絡とらない」その後は携帯の番号を消して「知らない番号は出ないから」
その後タイミング良く、紫乃から電話掛かってきてそれに出る芹生。
弓弦「好きだって女の番号はサクっと消してそれで自分の好きな女の番号はちゃっかりのこしてんのってどうなの?」

見事な自分勝手。しかも芹生さんったら、束縛されたいそーなんですって。ハハッ(・∀・)

1回目読んだときは萌~中立くらいだったけど、感想書くために読み直したら皆可愛いげなーい…。

考えてみれば1週間で何が分かるん?おぼっちゃんの暇潰しの遊びって所でしょうか?
…さて、DKノンケ女の子としか付き合った事の無い者同士、次の巻でどうなるのでしょうか?

DKノンケ同士なんだよな…(2回目…)( ̄ー ̄)

突然当たり前のように弟出てきて誰オマ?になった。

早速飛鳥の元婚約者が出てきます。
うん、まったく同情できん!

颯斗は同情して元婚約者に飛鳥を会わせますが、去り際に飛鳥が颯斗に「優しくしてその気になった貴方を 最後に捨てて終わる」と言われ雨の中で泣き崩れる。

なかなかの病み方ですね。

高熱出して寝込んでいると目の前に飛鳥が!
夢だと思い素直に甘えて、ヤります。
…えっ!?(゜д゜)
今は病気の方で病んでるのにイイんかい?…ちょっとラリってる?

泣きながら「このままずっと夢の中にいたい」は可愛かった。
…が、女取っ替え引っ替えだった奴はメルヘン乙女系に仕上がりました。

風邪も治って大学に行くと声を掛けてきた女、彼氏と喧嘩で憂さ晴らしで誘ってくる→ヤり目的。
その後飛鳥とトイレでヤっているのを知っている男二人が脅してくる→ヤり目的…何だこの大学!?

飛鳥が割って入り、どっかの部屋でヤり完了w
とうとうお互いが想い合えてちょっと安心した。

裸エプロン(パンツのみ着用)で食事を作る颯斗…(・_・)
その格好のまま食事を済ませる颯斗…(・_・)
言うまでもなく、食事後ヤっ…。
風呂上がりは彼シャツで登場…またするんでしょうね…。
この回はエロの回です。

颯斗はまだ元婚約者の事が引っ掛かっていて悪夢にうなされる日もある。
偶然飛鳥が元婚約者と親しげに話しているところに出会してしまい、「結婚するんです」と告げられる。
思わず逃げ出すが…もちろん勘違いっす。

飛鳥の前ではスンゲー素直なのに、まだ回りから言われると上巻の1話目に逆戻り。
慌てて付き合っていることを全否定。

おまっ…学習しよろよ…。

…と思っていたら飛鳥に変な噂が立たないための否定だった。
あぁ、良かったー。
そこまで馬鹿ではなかったのね。

ちょっとした一言で病み突入して泣きまくったり、それでも好きで好きで…だんだん病みと不憫が交互に襲って来た感じでした。
さすがに裏切られた!刺してやる!…みたいな病みではなさそうだけど、依存体質とはいえ、ラブデレで尽くしまくりだから飛鳥、大切にしてあげて下さい。