サヨナラゲーム

sayonara game

サヨナラゲーム
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神115
  • 萌×265
  • 萌21
  • 中立8
  • しゅみじゃない2

227

レビュー数
22
得点
906
評価数
211
平均
4.3 / 5
神率
54.5%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
サヨナラゲーム
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784403665349

あらすじ

高校時代の後輩・要祐に妹の家庭教師を頼むことになった有村。
はじめは無愛想な要祐を苦手に思っていたが、彼が自分を好きだと気づいて……?

表題作サヨナラゲーム

有村郁央 24歳 元野球部の先輩・サラリーマン
伊藤要祐 元野球部の後輩・大学4年生→リーマン

その他の収録作品

  • call.0(描き下ろし)
  • 蜜月期(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下おまけ漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数22

再読萌え…

初めて読んでからだいぶ時間がたち、高校野球見たり、今ディアプラスで連載中のスピンオフ作品読んだりしてたら、また読み返したくなって再読しました。そして、前に読んだ時よりいい!と思ってしまったのでした。前回は、要祐(受)が高校時代から何年か越しで憧れ焦がれる有村(攻)の魅力があんまりわからなかったし、青春って恥ずかしいなぁ~と思ったのですが、再読したら、ど直球の王道なのに全然チープな感じがしない、丁寧に選ばれた言葉、しっかりと構築された世界観が極上の”キュン”を演出していることに気づきました。その性格や存在感でチヤホヤされてきたノンケの有村が、今まで経験したことのない感情に振り回され、不器用で健気な後輩・要祐(無自覚にエロかったりする)に落ちる過程に説得力があります。周囲の人物(妹や同僚や後輩)もきっちり描かれていて興味が持てるし、二人が手探りでおそるおそる関係を深める展開がワクワクさせてくれます♪

1

恋のはじまり

郁央の妹の家庭教師を引き受けた要祐。

憧れ続けた野球部の先輩、郁央を
不器用ながら慕い、
思い続ける要祐の視線
ウブ?なモジモジに萌えですが

うまく要祐の気持ちが郁央に伝わらず、
もどかしく、さみしくもなる

本気で好きになること
本当の自分の気持ち
要祐の存在の大切さに気付き
あらためて要祐を追いかけ、抱きしめたときから
郁央のココロが走りだす!

そもそもモテ男の郁央ですので
なんでしょうか、セリフがいろいろエロで刺さります。

初めての時も
「いずれここも感じるようにしてやる・・・」に
思わず、グフっと笑ってしまった。

思いが通じ合った二人は、ナカナカに濃厚であり
奥手のようで大胆な要祐に、再び萌え!

攻め受け共にイケメンで
ストーリーもキュン
エロもほどよく充実

是非に一度、読んでみて下さい

続巻「チェンジワールド」へと、お話はつづきます。

0

大人の「恋愛初心者」

あとがきにあるように、「恋愛初心者丸出し」の二人。イケメンで優しくて人気者で、「太陽のような」郁央にずっと憧れていた要祐。
この二人が付き合ってからの「チェンジワールド」を先に読んでしまったのですが、やっぱりこちらから読むべきだったなぁ〜と軽く反省。もちろん「チェンジワールド」だけでも成立している物語なのですが、二人の築いてきた「時の重さ」は知っておくべきだったな、と。
郁央はモテるので、これまで気さくに女性と付き合ってきた。告られて何となく「可愛い」し、「いい子」だからと。「好きだといってくれる人が好き。」だから気づかない、自分の気持ちも。相手の気持ちも。
「知らなかったんだよ、誰かを本気で好きになるってこと」
わぁわぁ泣きながら言う、妹の奈々ちゃんの言葉にもらい泣き必至。奈々ちゃん、本当に良い子‼︎
後に「チェンジワールド」にて、要祐も言ってますが、郁央の家族は本当に温かいんですよね。だから郁央も「太陽みたい」な優しい人に育ったんだと思います。
元々は野球少年で「情熱をかけること」を知っている郁央。妹の奈々ちゃんは語ります…、野球に打ち込んでいたのと同じくらいの情熱を注げる特別な、そんな恋をして欲しいと。
忘れていたかもしれない熱い想いを自分の内に認めたとき、郁央は初めての恋に気づく。
…彼にとっての初恋になるんですよね。もちろん、受けである要祐視点もあるのですが、続巻の「チェンジワールド」と共に攻め視点をも丁寧に描いた作品だと思います。

ところで! 想い通じてからの。二人のエチシーンですが、これがエロい‼︎ 郁央がモテてモテて女性との経験が豊富というのも分かりますが、あまりにも手練れで…。乳首舐めながら「いずれここも感じるようにしてやるから。」もはやオヤジ攻めのようになってしまってます!ヤダ、こんな25歳‼︎
それからの「先輩命令」発動‼︎ 要祐もおとなしそうな顔して、脚拡げたり、跨ったりと、めちゃくちゃはしたないです‼︎(興奮‼︎)
描き下ろしの「蜜月期」も同じく…。
「月がすごく綺麗で…」は、かの有名な「…好きです」と、同義語なので。スイッチ入って大変なことになっています。まぁ、蜜月期ですからね♡

0

とても普通の、本気の恋の始まり!

色々な所での高評価に釣られて購入。
読んでみたら、そらもうきゅんきゅんですよ!

なんというか、定番の時代劇みたいな感じで、
幸せからどん底……からの逆転ホームラン‼︎‼︎
本作の場合、助けてくれる暴れん坊将軍は意外な人でしたが!

初めは戸惑いなく、今までの恋愛と同じように、
流れのままに要祐との恋愛を受け入れる有村。
そしてそれを喜びながらも、敏感に気付いてしまう要祐。
この辺のすれ違いが、要祐目線だと実に切ない!
引っかかる人は、有村のこの無意識の残酷さがつらいのかも。

でも、その後の有村の心情が変化していく過程が、
もどかしくも初々しいv
初恋だねぇと。

ありがちな
『好きになったら仕方ない!だって勃っちゃうんだもん!』的な即物的な感じではなく、
(決して悪いと言っているわけではなく、そういうのも好物ですvvv)
丁寧に心の機微が描かれていてもどかしい展開ですが、そこがこの作品の魅力。
まぁ、最後は充分即物的な展開ですが……v

あとがきにもあるように、この時点では有村はまだまだ初恋の入り口。
続編もあるので、今後の展開ももちろん追いかけます!

評価は、この先が気になる感じで、殆ど神に近い「萌×2」!

0

前半の有村はどうも…

高校の野球部の先輩と二つ下の後輩の再会と野球部時代のお話です。

うーん、有村の人の良さ故の残酷さが辛かったです。好意は確かにあるのですが、自分が要祐でも辛いだろうなあと思いました。
有村のこうすれば喜ぶだろうとか気遣いとかが善意でしかないような部分もあって、要祐が別れを切り出すのも本当に可哀想でした。

そこからの有村は良かったです。
女の子と付き合うより必死で追いかけて逃がさない!って感じや妹にも嫉妬したり。

やっと捕まえてからの要祐の可愛いこと!いや今までも一途で健気ですごく可愛かったのですが。
有村も要祐の周りの人に要祐が好かれないか心配したり束縛系を見せたり、絶倫だったり。

まだシリーズで続きがあるようですね。

お互いの将来を考えられるようになって仲良く付き合って欲しいなあ。イチャイチャももっと見たかったなあ。

1

ノンケと付き合うということ。

野球部の先輩後輩だった郁央と要祐。
郁央は要祐のことはほとんど覚えていませんでしたが、要祐は高校の頃、事実ではない噂が流れ、部内ではぶかれそうになったときに郁央に助けてもらい、その時から郁央に憧れ、好意を抱いていました。

郁央の妹の奈々の家庭教師だった松(2人と同じ野球部で要祐とタメ)の代打で要祐が有村家にやってきて物語ははじまります。

色々あって2人は付き合うことになるのですが、付き合って幸せなはずなのに読むたびに胸が痛かったです。
郁央は要祐を本当に好きかわからないまま付き合ってる。要祐もまた、郁央が自分のことを好きになるはずがない、同情から付き合ってくれてると思ってるので、そりゃらうまくいかないですよ。

すれ違いながらもお互いの気持ちに気づき、最後はハッピーエンドで終わります。
これも、奈々ちゃんのおかげ。
自分も要祐が好きなのに、お兄ちゃんと好きだった要祐の恋を応援できる、いい妹です。

4

はぁー、ラブストーリーだーーー!

続編『チェンジワールド』の前に読み返してます。
普段からBがつくラブストーリーを読んでるのに「はぁー、ラブストーリーだーーー!」と、読むたびに恋する切なさに浸ってしまうのがこの作品。

リーマンの郁央は、妹の家庭教師になった要祐が野球部の後輩だったと聞いても思い出せない。しかも要祐は不愛想でかわいくない…
でも要祐は野球部でハブにされそうだった時に救ってくれた郁央のことを、会わなくなって5年経った今でも心の支えにしている超絶健気くんで、不愛想に見えたのは緊張していたから。
要祐は言いたいことを言えないクールでおとなしいタイプなのに、郁央の言動だけは素直に反応しちゃうのが一生懸命でかわいい!
本人は先輩の側に少しの間でも居れたら嬉しいって無自覚なんだけど、完全ノンケの郁央をほだしちゃうほど、要祐のいじましさパワーは強力で、郁央視点で描かれてることもあってキュンキュンさせられっぱなしです!

郁央が要祐の手を離せなくて付き合うことになった二人。
その後が描かれているのもこの作品の好きなところです。

二人とも男と付き合うのは初めてだから、友達付き合いみたいで、なかなか恋人らしくできない。しかも仕事でのすれ違いの後、要祐の女性との恋愛ネタを知ってしまって…
要祐は二人の未来が想像できなくて、郁央の気持ちは「好意の返報性(受けた好意を無意識のうちに好意で返そうとする)」だと指摘して、郁央の未来のために身を引いてしまう。サヨナラを言う要祐の笑顔に胸がしめつけられます…

それなりにモテてきた郁央が落ち込んだ日々を過ごしたり、嫉妬したり、本気だからこそみっともなるところがグッときます。
そして本気で要祐を取り戻そうとする、要祐のひたむきな想いが届いて返ってきた奇跡みたいな瞬間!
「はぁー、ラブストーリーだーーー!」

その後の恋人らしい時間も、描き下ろし「蜜月期」も、恋してるからこそのみっともなさと萌え死にしそうなひたむきさが詰まってて、もう「ごちそうさま」って感じです。
しかもこの二人のさらにその後が続編『チェンジワールド』で読めるなんて嬉しくってしかたないです♪

1

ピュアでエロいBLをお探しの方には、是非ともお勧めしたい作品!

 南月ゆう先生の作品の共通する、優しい世界観が好きです。中でもこの作品は、一番大好きな作品です。

 妹の家庭教師をしてくれている高校の時の後輩が、自分に好意を寄せていることに気付き、その一途さに絆されて付き合うことにしたのですが…、というお話です。先輩後輩の再会ラブというありがちなストーリーですが、他の同じような設定の作品と比べて、私にとっては、より心に残る物語でした。そう思う要因として、いくつか私の萌えポイントを挙げさせて頂きます。

 まず、攻めについては、一見誰からも好かれる人当たりのいいイケメンなのに、恋愛面においては希薄さのようなものを感じます。チャライ感じではないですが、これまでモテ人生まっしぐらで24歳まで来るとこうなるのかという(笑)。それが受けの健気さに絆され、徐々に恋愛にハマッていく過程で、狭量で嫉妬深い側面がじわじわ表に出てくるのが、絶妙な匙加減でよいです。
 受けについては、攻めとは真逆で、第一印象は無愛想で、仮にも高校の部活の先輩に対する態度としては、あまりにも礼儀が成ってない。それが回を追うごとに健気さや一途さが小出しにされて、攻めの心情とリンクするように読者も受けの可愛さにメロメロになっていく、というパターンでした。
 そして今作品の一番意外性のあるところは、何と当て馬が攻めの妹!この娘も受けと同じくらい健気で可愛くて、ちゃんと一所懸命恋しているところが、好感が持てます。書き下ろしで妹の小話も付けて下さっていましたが、全ての読者が、妹さんの幸せを願ったことと思います。

 南月先生の作品は絵とストーリーが好きなので、エロ方面は期待してないのですが、私の印象では、今回の作品は先生至上、一番エロかったような気がします。何より、受けの要祐が初めてにも関わらずエロ過ぎました(笑)。
 そんなわけで、ピュアでエロいBLをお探しの方には、是非ともお勧めしたい作品です!!

0

一途が一番

 最近再び多くなってきたような気がする、片思い、健気のピュアストーリー。
やっぱり、結局ここに戻ってくる。BLってこれだよなぁ。と久し振りにきゅんとしました。先輩をずっと好きだったなんて、泣けるよ……。
 はっ。感想ばかりでも仕様がないですね!
 まず、絵がきれいです。繊細な線、感情を宿す印象的な瞳。受けの後輩がまぁ可愛いです。絵とコマ割りで感情を伝えるタイプの漫画で、非常に好印象です。そしてもう一つ良かったのは、女のキャラ(妹)が嫌みでなく、感じが良いことです。割にストーリーに入って来ますが、不思議と苛々しません。気持ちの触れ合いとお互いへの想いがストーリーの中心にあって展開していく、丁寧なラブストーリーで好感触でした。
 ですが、漫画としての完成度はやや低めです。全部のページが大切にされており、そこは素晴らしいのですが、だからこそ、ここぞという盛り上がりに欠けます。だらだらとした印象を持ってしまうのが勿体ない。受けに比べて攻めの人物造形が浅いのも残念なところです。攻めの魅力が、攻め視点だから余計かも知れませんが、伝わりにくく、もっと攻めの無神経さに振り回される受けの心情を描き出して欲しかった。それか、受けの心情をもっと分かりにくくして、攻めと読者の一体感を出し、もっとはらはらさせて欲しかった。
でも、よかった。きゅんとさせて頂きました。今後が楽しみな漫画家さんです。注目してます。
 

1

一見無愛想だけどすんごく健気で一途な後輩がいいっ!!

先輩×後輩のCPで
・後輩が先輩に片思い 後輩(受け)が健気だけどクール
という設定ものが読みたくて調べたところ、こちらの作品が良さそうだったので読みました。

他にも似たような設定の他作者さんの作品もいくつか読みましたけど、
こちらの「サヨナラゲーム」が一番満足度が高かった。

健気くんなんですよ、後輩が。
普段はクールで結構何を考えているかわからない感じなのに、先輩の話がでると表情がつい変わってしまう。
久しぶりに会った先輩がかっこよすぎて直視できない。(先輩には無愛想なやつと思われてしまう)
先輩への思いを一生懸命隠そうとしてるんだけど、好きすぎて隠しきれていない。
普段クールな子の感情が揺れ動くさまが見事に描かれていて そこが大満足ポイントでした。

最初は先輩の妹が当て馬かと思ったんですけど、とってもいい子でした。

先輩は途中、後輩から別れを切り出されて、何も言い返せずそのまま・・・・
「さよなら、先輩」と言ったときの後輩の笑顔。
どんな思いで必死に笑顔を作ったんだか・・・(涙)
先輩の大馬鹿もの!!と思ったんですが
モテる男だった故の恋愛下手だったなんて・・・
そこに気づいてからは、直球でぶつかっていっていい男でした。
雨降って地固まる的な感じで良かった。

最後の描き下ろしでは、妹曰く「恋愛にハマるとダメな男」になっている先輩が見られて大満足です。


3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ