サヨナラゲーム

sayonara game

サヨナラゲーム
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神138
  • 萌×269
  • 萌26
  • 中立9
  • しゅみじゃない3

216

レビュー数
26
得点
1053
評価数
245
平均
4.3 / 5
神率
56.3%
著者
南月ゆう 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
サヨナラゲーム
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784403665349

あらすじ

高校時代の後輩・要祐に妹の家庭教師を頼むことになった有村。
はじめは無愛想な要祐を苦手に思っていたが、彼が自分を好きだと気づいて……?

表題作サヨナラゲーム

有村郁央 24歳 元野球部の先輩・サラリーマン
伊藤要祐 元野球部の後輩・大学4年生→リーマン

その他の収録作品

  • call.0(描き下ろし)
  • 蜜月期(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下おまけ漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数26

大好き過ぎて悶えます。

この作品と続編の『チェンジワールド』が、南月さんの作品で一番好きです。
初恋を貫いた後輩君と、初めて本気の恋をした先輩さんの純愛に、何度読んでもキュンキュンしまくります。

最初は、後輩君の想いに答える感じで軽く付き合うので、愛情の深さの違いに、後輩君が可哀想になります。
でも、別れを告げられてからの先輩さんの狼狽えっぷりやウダウダぶりが、やっと気持ちが追い付いたんだなぁと。

それまでがすれ違ってただけに、復縁した後の2人の甘々ぶりやエロエロぶりに、ニヤニヤが止まらないのは言うまでもありません。

ほんと、皆さんにオススメしたいシリーズです!

0

2人の表情がイイ

 受けの要祐の一途さ、ふとした時に見せる照れ顔がとにかく可愛かったです。これは同性でもきゅんとせざるを得ないですね。高校時代に一度救われた思い出を大切に大切に持ち続けた結果、最終的に憧れの先輩だった有村と結ばれた要祐。彼の健気な想いが報われたのは本当に嬉しかったです。

 割と早い段階で2人はくっつくものの、今まで自分から追いかけるような熱い恋愛をしたことのない有村はいろんな場面で鈍感で、読者にとってはもどかしい展開になることが何度かあります。もちろん有村に悪気があるわけではないのですが、無意識のうちに彼は誰かと恋人でい続けられることへの限界を常に考えてしまっているような印象を受けました。そういう人いますよね。でも、要祐に抱く自分の好意がどんどん真剣なものに変わっていることをちゃんと自覚して、妹の喝も受け入れ、文字通り要祐を追いかけた有村に、恋をすること本来の楽しさを改めて教えてもらったような気がします。

0

純愛ですね

まずマンガって感じ絵が好みでないと手に取りにくくないですか?
その点でいえば絵が綺麗でイケメンがすごくイケメンで大好きです。

ストーリーとしては男女の恋愛ならば王道なのかな?
BLならではの葛藤がありますが有村先輩の男らしさで吹っ飛びます。
要祐とにかくとにかく一途でかわいい。
しかも性格ひかえめなスパダリ。
有村先輩も男前。
出てくる人がみんな性格がいい。
いやな思いを全くせず、どきどきします。

要祐控えめなのにエロいところがまたいいです。

1

切ない!先輩×後輩の恋愛

「何度も読みたくなる最高の作品」

この一言に尽きます!
(以下ネタバレあり)
.
.
.
まず『サヨナラゲーム』というタイトル。
有村先輩が高校時代野球部で、9回裏ツーアウトでサヨナラ勝ちしたことからきたっぽい…納得です。

その後輩である要祐は、かつてあらぬ噂から部内での居場所を失っていた。
そんななか助けてくれたのが有村先輩でした!
そりゃあ惚れるわ……
これがきっかけで先輩に好意を寄せるんですが、先輩は男が好きなわけじゃないから他の人と幸せになってください…てな感じで切ない感じになります。

とにかく買うのを迷ってる方はぜひ!!!
続編で『チェンジワールド(上)』、『チェンジワールド(下)』もありますよ~٩(ˊᗜˋ*)و

2

再読萌え…

初めて読んでからだいぶ時間がたち、高校野球見たり、今ディアプラスで連載中のスピンオフ作品読んだりしてたら、また読み返したくなって再読しました。そして、前に読んだ時よりいい!と思ってしまったのでした。前回は、要祐(受)が高校時代から何年か越しで憧れ焦がれる有村(攻)の魅力があんまりわからなかったし、青春って恥ずかしいなぁ~と思ったのですが、再読したら、ど直球の王道なのに全然チープな感じがしない、丁寧に選ばれた言葉、しっかりと構築された世界観が極上の”キュン”を演出していることに気づきました。その性格や存在感でチヤホヤされてきたノンケの有村が、今まで経験したことのない感情に振り回され、不器用で健気な後輩・要祐(無自覚にエロかったりする)に落ちる過程に説得力があります。周囲の人物(妹や同僚や後輩)もきっちり描かれていて興味が持てるし、二人が手探りでおそるおそる関係を深める展開がワクワクさせてくれます♪

2

恋のはじまり

郁央の妹の家庭教師を引き受けた要祐。

憧れ続けた野球部の先輩、郁央を
不器用ながら慕い、
思い続ける要祐の視線
ウブ?なモジモジに萌えですが

うまく要祐の気持ちが郁央に伝わらず、
もどかしく、さみしくもなる

本気で好きになること
本当の自分の気持ち
要祐の存在の大切さに気付き
あらためて要祐を追いかけ、抱きしめたときから
郁央のココロが走りだす!

そもそもモテ男の郁央ですので
なんでしょうか、セリフがいろいろエロで刺さります。

初めての時も
「いずれここも感じるようにしてやる・・・」に
思わず、グフっと笑ってしまった。

思いが通じ合った二人は、ナカナカに濃厚であり
奥手のようで大胆な要祐に、再び萌え!

攻め受け共にイケメンで
ストーリーもキュン
エロもほどよく充実

是非に一度、読んでみて下さい

続巻「チェンジワールド」へと、お話はつづきます。

0

大人の「恋愛初心者」

あとがきにあるように、「恋愛初心者丸出し」の二人。イケメンで優しくて人気者で、「太陽のような」郁央にずっと憧れていた要祐。
この二人が付き合ってからの「チェンジワールド」を先に読んでしまったのですが、やっぱりこちらから読むべきだったなぁ〜と軽く反省。もちろん「チェンジワールド」だけでも成立している物語なのですが、二人の築いてきた「時の重さ」は知っておくべきだったな、と。
郁央はモテるので、これまで気さくに女性と付き合ってきた。告られて何となく「可愛い」し、「いい子」だからと。「好きだといってくれる人が好き。」だから気づかない、自分の気持ちも。相手の気持ちも。
「知らなかったんだよ、誰かを本気で好きになるってこと」
わぁわぁ泣きながら言う、妹の奈々ちゃんの言葉にもらい泣き必至。奈々ちゃん、本当に良い子‼︎
後に「チェンジワールド」にて、要祐も言ってますが、郁央の家族は本当に温かいんですよね。だから郁央も「太陽みたい」な優しい人に育ったんだと思います。
元々は野球少年で「情熱をかけること」を知っている郁央。妹の奈々ちゃんは語ります…、野球に打ち込んでいたのと同じくらいの情熱を注げる特別な、そんな恋をして欲しいと。
忘れていたかもしれない熱い想いを自分の内に認めたとき、郁央は初めての恋に気づく。
…彼にとっての初恋になるんですよね。もちろん、受けである要祐視点もあるのですが、続巻の「チェンジワールド」と共に攻め視点をも丁寧に描いた作品だと思います。

ところで! 想い通じてからの。二人のエチシーンですが、これがエロい‼︎ 郁央がモテてモテて女性との経験が豊富というのも分かりますが、あまりにも手練れで…。乳首舐めながら「いずれここも感じるようにしてやるから。」もはやオヤジ攻めのようになってしまってます!ヤダ、こんな25歳‼︎
それからの「先輩命令」発動‼︎ 要祐もおとなしそうな顔して、脚拡げたり、跨ったりと、めちゃくちゃはしたないです‼︎(興奮‼︎)
描き下ろしの「蜜月期」も同じく…。
「月がすごく綺麗で…」は、かの有名な「…好きです」と、同義語なので。スイッチ入って大変なことになっています。まぁ、蜜月期ですからね♡

1

とても普通の、本気の恋の始まり!

色々な所での高評価に釣られて購入。
読んでみたら、そらもうきゅんきゅんですよ!

なんというか、定番の時代劇みたいな感じで、
幸せからどん底……からの逆転ホームラン‼︎‼︎
本作の場合、助けてくれる暴れん坊将軍は意外な人でしたが!

初めは戸惑いなく、今までの恋愛と同じように、
流れのままに要祐との恋愛を受け入れる有村。
そしてそれを喜びながらも、敏感に気付いてしまう要祐。
この辺のすれ違いが、要祐目線だと実に切ない!
引っかかる人は、有村のこの無意識の残酷さがつらいのかも。

でも、その後の有村の心情が変化していく過程が、
もどかしくも初々しいv
初恋だねぇと。

ありがちな
『好きになったら仕方ない!だって勃っちゃうんだもん!』的な即物的な感じではなく、
(決して悪いと言っているわけではなく、そういうのも好物ですvvv)
丁寧に心の機微が描かれていてもどかしい展開ですが、そこがこの作品の魅力。
まぁ、最後は充分即物的な展開ですが……v

あとがきにもあるように、この時点では有村はまだまだ初恋の入り口。
続編もあるので、今後の展開ももちろん追いかけます!

評価は、この先が気になる感じで、殆ど神に近い「萌×2」!

0

前半の有村はどうも…

高校の野球部の先輩と二つ下の後輩の再会と野球部時代のお話です。

うーん、有村の人の良さ故の残酷さが辛かったです。好意は確かにあるのですが、自分が要祐でも辛いだろうなあと思いました。
有村のこうすれば喜ぶだろうとか気遣いとかが善意でしかないような部分もあって、要祐が別れを切り出すのも本当に可哀想でした。

そこからの有村は良かったです。
女の子と付き合うより必死で追いかけて逃がさない!って感じや妹にも嫉妬したり。

やっと捕まえてからの要祐の可愛いこと!いや今までも一途で健気ですごく可愛かったのですが。
有村も要祐の周りの人に要祐が好かれないか心配したり束縛系を見せたり、絶倫だったり。

まだシリーズで続きがあるようですね。

お互いの将来を考えられるようになって仲良く付き合って欲しいなあ。イチャイチャももっと見たかったなあ。

1

ノンケと付き合うということ。

野球部の先輩後輩だった郁央と要祐。
郁央は要祐のことはほとんど覚えていませんでしたが、要祐は高校の頃、事実ではない噂が流れ、部内ではぶかれそうになったときに郁央に助けてもらい、その時から郁央に憧れ、好意を抱いていました。

郁央の妹の奈々の家庭教師だった松(2人と同じ野球部で要祐とタメ)の代打で要祐が有村家にやってきて物語ははじまります。

色々あって2人は付き合うことになるのですが、付き合って幸せなはずなのに読むたびに胸が痛かったです。
郁央は要祐を本当に好きかわからないまま付き合ってる。要祐もまた、郁央が自分のことを好きになるはずがない、同情から付き合ってくれてると思ってるので、そりゃらうまくいかないですよ。

すれ違いながらもお互いの気持ちに気づき、最後はハッピーエンドで終わります。
これも、奈々ちゃんのおかげ。
自分も要祐が好きなのに、お兄ちゃんと好きだった要祐の恋を応援できる、いい妹です。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ