siotaさんのマイページ

レビューした作品

女性siotaさん

レビュー数0

ポイント数2

今年度1391位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

期待した分がっかり。

最初の印象はとてもよかったです。
初めて会った敵国の王様に恋をして、報われないと思っていたけどハッピーエンド、的な展開だと思ったのです。
なのに、なんでか王様が死んでるし。そのときは「おーい、ヒーローに死なれちゃヒロイン幸せになれないじゃーん」なんて思ったのです……。でも、ディリヤの葛藤があんまり伝わってこなくって、微妙な気持ちになりました。
何より思ったのが、なんで勝手にヒーローが死んでんだっ!!、ってことですね。
まぁ、でも何もしゃべらないヒーローもヒーローですけど。

エロいのに綺麗。これはもう罪ですよ。悶絶死してしまいそう。

3巻目に突入して、お話の行き先がどこに行くのか、よくわからなくなってきた感じがして
わくわく感が減ってきました。


黒瀬くんのフ○ラだのア○ルプラグだのと、エロがすごいですね。
こんなにエロいのに、綺麗な感じは残っていて絵は良かったです。
黒瀬くんは “腹黒”、“ムッツリ” 、“隠れS” というタグに加えて、“言葉攻め” のタグも必要そうだなと思いました。


でもエロが加速しすぎていて、潔癖症はどうした?というツッコミを入れたいです。
全然潔癖症の治療にはなってないし、むしろそれを利用した黒瀬くんに依存させられてる感じ。

でも見方を変えてみると、カウンセリングがそっちのけになってるのは確かですけど、
“カウンセラー(仕事) と 恋(プライベート) を公私混同するほど口説いてる” と思うとちょっと納得。


城谷さんの過去が少し見えましたが、個人的な感想はひたすら「かわいいなぁ」しか出てきません。

それと、手袋をはめる黒瀬くんが、思わず息を飲むほどエロかったです。

無自覚城谷さんに苦労する黒瀬くんが見てみたい!

まだまだかわいい感じの萌えですが、一気に距離が近くなってそれで終わり、なんじゃなくて
徐々にいろんな気持ちが増えていくようなところが好きです。


黒瀬くんのちょっと大きいシャツを着てるから、見えてしまうシーンは印象的でした。
その後のお姫様抱っこ、めちゃくちゃ萌えました。城谷さんめっちゃかわいい!!
あ、黒瀬くんもかっこよかったです。さっとお姫様抱っこできる人って、かっこいいですよね。
すごくあこがれます。一度してみたいなぁ。


黒瀬君、思いのほかムッツリなんでしょうか。なんとなくそんな感じがしました。
ムッツリは好きでいいんだけど、黒瀬くんSですよね。Sよりヘタレのほうが好きなんですよね。残念。

城谷さんは、きっと無自覚で鈍感なんでしょうね。恋愛において。
私の勝手な想像では人の好意に鈍い人だと思います。でもかかわりにくい人だから人が集まらないのかなぁと。


これからは無自覚城谷さんに、Sっ気あふれる(私にはそう見えます。)黒瀬くんが苦労する見てみたいです。
たぶん苦労してるんだろうと思いますけど、なんかそれがあんまり伝わってない感じがするんですよね。

潔癖症について考えてみた。

なんだか人気になってるみたいだなぁとおもって読んでみたのですが、
内容も少なく感じたし、萌えも足りません。

でも、潔癖症の話は今までに詠んだこともなくて、だけど身近で、とても読みやすかったです。
私もそれっぽいところがあるので、いつもよりいろんなことを思いながら読んだ気がします。

でも、黒瀬さんとの関係を社長に話してないのは謎ですね。
借りが増えるみたいで言いにくいのかもしれないですけど、社長は別にそれを悪いとはいわないと思います。
社長も三上も、みんな城谷さんのこと大切だと思ってるような気がしたので、みんな悪くいわないと思うんですよね。

私は、たとえ黒瀬さんが城谷さんのことを恋愛感情で好きじゃなくても、相手のことを知ったらそれだけ相手にあったお返しができると思います。
だから別に今借りが増えても気にすることじゃないと私は思いますけどね。

これでも病んでないの?

これを知ったのが『ひとりじめマイヒーロー』のアニメ化で、あぁどうせアニメ見るならその前の話は読んどこうかなーって思って読みました。
でもまぁ、続編みたいなやつだけど、アニメ化するぐらいのマンガ描いてる人だからきっと素晴らしいだろうと思いました。

で、読んでみたら かなりのこじらせBLでしたね。
それはもう病んでるレベルで。病んでないけど。
ちょっと予想外でびっくりでした。

ボーイフレンドくんには悪いですけど、せめてもうちょっと余裕を持って欲しかったですね。
あと、色々と用意してたんでしょうか?
想定してる感じがしなかったのですが心配です。
常に準備万端だったらそれはそれで引きますけど。

私はマイヒーロー派です。こじらせてないほうが好きです。
これからの二人とお兄さんに期待します。

やばい。この本には見えない萌えが住んでいる!

なんでか、すっごくハマった。
最初読んだときも、そんなに感動もしなかったのに、なぜか読み返したくなる作品。
気がつけば思い出していて、読み返したくなる。そんな作品でした。

◆花と嵐と其のココロエ(前編・後編)
→表題作。表紙の、顎掴まれてる方がマナブです。掴んでるほうが攻め。

◆ネコと仔犬と其のココロエ(前編・後編)
→マナブの親友と、マナブの兄(ビッチ、マナブの学校の保健医)のカプ。

◆ヒメの事情と其のココロエ
(ぜひ読んでほしいので何も書きません。)

◆その後の事情と其のココロエ
マナブと兄が話してる...だけ。

個人的には、三組目のカプ、ヒメの事情と其のココロエ に出てくるが一番かわいいなと思いました。
最後の、その後の事情と其のココロエ で照れてるのがなんともかわいい。
かわいいけど屋上でエロいコトはあんまりお勧めしません。ヤるのはもっと嫌ですねー。

保健室のベッドにローション仕込んでおくとか、めっちゃ面白いなと思いました。
おにいさん、確信犯なんですね。弟もゲイにして、自分の行動を正当化したいんでしょうか...ww

それに、お兄さんあんなに豪語してたのに意外とあっさり落ちて、
それなのに威張ってるのは面白くてかわいかったです。
でもDTなのにテクニシャンとかありえないなーと思いました。

登場人物がほぼほぼくっついてくのも非現実的な感じでしたが、大変萌えました。

ちょっとこじらせ系なのに好きだ

回想の、高校のころの別れ方見てなんだこいつサイテーと思ったんですけど、違ったんですね。

指輪用意しときながらあんな振り方して、文転してまで同じ大学行って……
愛が重いです。でも好きあってるのでアリかなと思いました。
でも、大学で彼女作ってたらどうするんだろ。ただのストーカーになりますよね。トホホ

ふみちゃんが出てきたけど普通に可愛く、ただの当て馬で終わらなかったことに拍手を送りたい。
なんかマジメとか言われそうだけど、ああやって言えるのって素晴らしいと思う。

ほんとはちょっと萌えたけどエロもほしい。

優しくて可愛い、タイトルの印象通りの作品でした。

内職だけでそんなに稼げるのかなーとか展開に無理あり感は多数あるものの、
ほのぼのほんわかな雰囲気は良かったです。

みなさんが言うとおり、うさぎの被り物の理由が“人見知り”だけというのは残念でしたし、
もっとイチャイチャしほしいと思いました。

最後のほうの、玄関のピンポーンで起きたとき、
うさぎの被り物だけかぶって出てこうとしたときはホント笑えました。
顔だけ隠れてればいいのかwwでもそれはヘンタイだ。

人気があるからと読んでみたけど、物足りない感じがしました。
期待しすぎなのかな。。。逆に読む前より空腹な感じ。

かわいすぎかよwけしからんもっとやれ

忍に絆されてしまう古谷が素晴らしくかわいかったです。

最初は忍がかわいそうな感じだったんですけど。
忍はあまり感情表現をしないんですね。ふつーに攻めるかと思ってました。
かと思ったら言うところはしっかりと言うんですね、忍サン。

でも姉を味方につけて縛るなんてちょっとやりすぎですよね。
そしてそれを買収されて請け負ってしまう姉も姉で。。。

ちょっとズレてるのも含めて好きになってくれる相手がいるのは幸せだなぁと思いました。

Renta!の無料連載で読みました。

徳永さん(受け)が終始かわいかったです。高梨(攻め)もイケメン(性格も)でよかったです。

だってお前はノンケだから気の迷いだと足踏みしてしまう徳永さんに、
「オレはあんたを好きだって言ってんです」と高梨が言うシーンはよかったです。
イケメンを感じました。

一線を超えるときはかなり強引で、もっと優しくしてほしいとか、次の日が休みの日がいいとか、
いろいろ思いましたけど、徳永さんの性格を考えると、高梨がそれくらい強引でいてくれたほうがいいのか、と思ってしまいました。

ポイントとか溜まれば次も買おうかなと思ってしまいました。