ここまるさんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性ここまるさん

レビュー数22

ポイント数249

今年度60位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

ケンカップル好きにはたまらないかと。。

初読み作家さんです。
以前から人気のある作家さんとの事で作品もお名前も知っていたのですが‥なんとなく読んでこなかったんですね‥。
今作はオメガバースとの事でオメガバース好きとしましてはむんずと手に取り!初めて読ませて頂きました。
絵柄が綺麗で読みやすくて良かったです!
とっても上手な作家さんたったんですね!
攻めくんもイケメンで好みでした!♡

オメガバースの設定としては‥
第二性差別があったのは今は昔‥。
αとΩもその人の個性やスペックの違いくらいの受け止め方でしょうか?‥、
他のオメガバース作品で苦労されている住人さん達が羨ましがってこぞってお引っ越ししたくなるんじゃないかって感じのオメガバース設定にしては数少ないとっても平和な世界です。

オメガバースって何ぞや?って人でも社会人、リーマン、スーツ萌え。
(攻めのスーツ姿が絶品です!!)
ケンカップル、ツンデレ好きの方なら普通に面白く読めると思います。

オメガバースの細かい要素的なものは薄いのですが、でもそこは作家さんのクオリティの高さでしょうかしっかりがっつりオメガバースの激しいトコロは描かれているのでオメガバース好きも普通に楽しめます!

明るく楽しいオメガバースです。
オメガバースはなんとなく暗くてドロドロしたイメージが強いからと苦手な方がいらしたら是非このお話からっと!おすすめです!
オメガバースのイメージが変わる作品です!

正統派かつ究極のオメガバース

前作の「アンチアルファ」が非常に面白く主人公の二人も素晴らしかったので続編に小躍り♪

でも表紙絵をみて(あれ‥なんか違う‥(˙˙*)?)スピンオフですと!
_| ̄|○ガックシ・・
でも、アダルトの方で彼らの続編もあるとの事で小躍り♪♪♪。

相変わらず‥めちゃくちゃ好きな絵柄ではないんですよ。
裸も前作同様美しくなくて苦手です‥(T_T)
も〜!類次くん?だっけ?
αの攻めの子は欲望満たす為に番のΩ監禁して殺しかけちゃうっていう‥病的で目の下くまっぽいし‥
そそられるイケメンではない!

でもね〜。誠実なんですよ。
第2性に翻弄されながらも必死で普通の人間であろうと贖ってるんですよ。
また。登場人物はほぼエリート!Ωもしかり、オメガバースではΩは身体を売るしか生きるすべがなく男娼なんていう設定が多いんですがこの作品はそれがなくΩが肉体だけを武器にしないお話が良い。

運命の番を医学的にセッティング?して頂ける進化した社会、運命の番は簡単に出会えるという設定。

表面では平等をうたいながらも根強く残るα主体の思想に囚われΩを見下す人々。
胸糞悪くなるなかで、正義は勝つ的なとってもスッキリする!ラスト。

オメガバースという仮想世界ではあるけれど、リアルに現代の人種差別問題に類似する。

この展開は人間心理を良く理解して読み手の意識をがっつり掴む!
もちろん、絵柄やストーリーに好き嫌いはあり好みは分かれるとはおもいますが、数々のオメガバースを読んできて、ここまで良く考えられ完成された世界観のオメガバースはなかなかないと思います。
苦手な絵柄だろうがなんだろうがこのブレないストーリー展開に気がつくとどんどん引き込まれていつの間にかどの登場人物も好きになっている‥
特別、ひねった設定でもない、比較的素直なオメガバース。それなのに面白い‥。
先のお話はストーリー展開が少し早いので残念なところもありますが、どうせくっつくと分かっているのを理性がどうとか社会性がどうとかっと、うじうじくどくど長引かせるよりはいいかな!っと思います。
決断が早いのも自立しているΩだからこそ!
このΩの強さが良い!

それからアンチアルファからの二人。
もう揺るがない絆の強さがたまらなくいい!
カースト的な思考が強いエリート社会のなかで、既に噛むと云う番の意味をなさなくなったのにあえて項を噛む事を選ぶ二人。
そこにはもう、常にΩに影を落とすオメガバースではなく、第二性があるその世界を受け入れ楽しむかのような二人‥
礼さんの強さと美しさ、悠仁さんがちょ〜イケメン!
お互いを認め合うこの二人は大好きです。

ああ‥続編が読めて幸せでした。

ハンカチ必須!

幸田先生の作品‥ほんのり切なく心をぎゅうっと掴まれそれでいて優しくてほんわか温かい癒やし系のお話を描かれるのでとても人気がありますね( ◜◡◝ )私も好きで全作品読ませて頂いております。
特にHelloがお気に入りです!
以前、絵柄は少し線が多くて雑な感じがするので比較的お話重視!だったんですが‥今作は線も少なく絵がスッキリしてきて更に読みやすくなって、お話も最高で‥私のなかでHelloを越えるお気に入りとなりました!
オバサンなんで‥涙腺弱いんです。
中盤辺りからもうウルウル泣けてしまってハンカチが離せませんでした‥( ;ᯅ; )

特に飛び抜けたストーリーではないかもしれませんが、どのシーンも情景がとてもいい!
ドラマ化しても良いと思うくらい!
純粋でまだ子供の悠くんですが‥真っ直ぐに旗彦くんを思う気持ちはとてもしっかりしていてある意味強く男らしい!
イケメンでクールな大人の旗彦さんですが、心根のやさしい分本当は色々傷付いていて孤独を抱えてるいる寂しがりやです。
とても好感のもてるキャラで、どちらか一方の視点からでなくふたりの気持ちや考えが交互にとても丁寧に描かれているのでお話に引込まれ、感情移入してしまい、本当に思いが通じ合うシーンにはぐっともっていかれました‥
故にうわ〜っ泣けるよ!!

ラストが2人が帰省し親族とのわだかまりも溶けてと穏便に事がすんだようで‥そこが駆け足なのが少し残念。
2人が恋人と云うことは伝えたのか否か‥。
流石に親族さんたちも2人の関係が分かったら大騒ぎになるのでは!?
それでもどんな反対に合おうとも悠くんがズバッと!言って納得させてしまうと思いますが‥多分大人の責任だと頭を下げる旗彦さんを庇うんです!!
やばいっ!妄想が膨らみます。

いいお話だよ‥二人のスイートホームもっと読みたいよ。
先生もこの2人はもっと描きたいとおしゃってました。

描いてください!マジで!

ちょっと小休止かな。。

祝!6巻発売!
待ってました!って感じでした。
基本、昔から本編だけ読めればいいってヒトなのですが‥興奮して特装版買っちゃいましたよ‥Σ(゚∀゚ノ)ノ
どんだけ楽しみにしてんだか‥。

オバサン、若い子のお話はもう感情移入が難しくて読み切るのが大変なんですけど(;o;)
この作品は夏生くんとチカくんが惹かれ合い、お互いを思い合って成長していく姿から目が離せません!
市川先生の作品はキャピキャピしたノリでなく落ち着いて淡々と流れるようにお話が進むので年齢が高くてもとても興味深く、楽しんで読めると思います( ◜◡◝ )♡

さて、今作は6巻なかなかの長編となってまいりました。
夏生くんもチカくんも両思いから揺るがない信頼へと気持ちが結ばれて2人をみるとほっこりします。

でもストーリーからしますと主人公達が結ばれてしまうとエピソードも難しくなりますよね。
甘々にするかうじうじ拗らせるか‥当て馬や意味深なライバルを登場させるか‥如何に飽きさせずにお話を展開させるか長編になればなるほど2人だけでお話を綴っていくのは困難になりますね。
恋愛要素の強いBLというジャンルで長編を描かれている作家様方、改めて凄いわ〜っと思います!

今作は特に何か大きな出来事がある訳でもなく、2人の事より取り巻く人達のストーリーが主になっておりましたので少しばかり2人が足りない‥(T_T)って感じだったのですが、それでも流石、市川先生!ムネ熱の見せ場はありました。
相変わらずあまり感情を表に出さないチカくんの心の内の熱い想い!チャラそうに思える夏生くんは一途にチカくんを想い、支え、心の底から大事にしている‥2人のシーンは毎回グッときますね!

今作は少しばかり小休止かなっと思います。

何か新しい登場人物も出てくるようですし、チカくんの決意も気になるところです。
次回が益々!楽しみです!!

最高のプロポーズ!

鶴亀先生の作品は特に特質した登場人物でもなく、リアリティのある日常にBLを上手く絡ませ、何しろほんわかあったかいお話を描かれるので好きです( ◜◡◝ )

今作も先生の作品ならハズレないかなっと思い予約購入しました。

皆さまのレビューにあるように確かにしんどい‥とても疲れる‥。
浩国くんの会社ほどブラックではなくても‥普通に社会人してれば仕事に追われ自分は何の為に生きてんだろう‥なんて思った経験のある人は多々いると思います。
浩国くんというキャラは現代を生きる人間にはズキズキと胸に刺さります。
けれど甲斐くんがたまらない癒やしを与えてくれるんですよ。
その存在に浩国くんも助けられている‥。
でもマイペースでひょうひょうとあまり気持ちを表に出さない甲斐くんも色々辛い事を抱えて生きてきて、
その変わらない表情の裏に寂しさや甘えたがりの心を浩国くんは感じ取って受け入れたんですね〜。
お互いがこの人でなければと支え合う、人生の一部のような唯一無二の存在になっていったんですね。

鶴亀先生のお話は両思いになるまでゆっくりじっくりと描かれるのでとても自然に2人が惹かれ合っていく気持ちが感じとれます。
なのでラストの気持ちが通じ合うシーンは本当に感動に包まれます。
良かった!最高のプロポーズ!
どうか幸せに!


すっ素晴らしい!!、、

オメガバースα×Ω大好物です!!
作品はあれこれ色々数あれど‥
久々にキター!!ヽ(^◇^*)/って感じのめちゃくちゃツボりました!!

黒髪、寡黙攻好きなのですが、日高さん!カッコイイです!
たまりません!(///▽///)(鼻血)
帝王のようなαだけど、決して理不尽な俺様ではなく。
受の吉田先生も、真面目で誠実で頑張り屋さんの素敵なΩさんです!

プライベートなところと教師としてのお仕事もバランス良く織り込めれていたし‥
オメガバースの設定も無駄なく生かされていたし‥
でも、Ωが酷く虐げるられるようなドロドロした描写はないので比較的ライトで読み易いです。

背景は種族差別を失くそうと常識ある社会を作ろうとしている世界ですが、まだまだΩを下等としてみる考えが根強く残る社会‥何だか現代社会の差別問題にもに通じるものがありますのでお話に引き込まれ易いかと思います。

この作品では今までになかったマーキングというタトゥーのような存在が新しくとても面白かったです!

序盤、早々にHに突入して、セフレになっちゃうんで‥これはまた無理やりのエロ過多オメガバかっ!とちょっと凹んだんですけど二人が惹かれていく過程を読み進めるうちに、この作品には特に「運命の番」設定は出て来ませんがそれまで無反応だった2人がいきなりって事は本能でも結ばれる関係だったのではと思います。

とにかく、何にも執着出来なかった攻と、過去にトラウマを抱える受。
そんな二人が距離を縮めて両思いになる‥ストーリーとしては王道かもですが‥二人のキャラや周りの生徒たちも素敵なので最後まで飽きる事なくじっくりと読めました。

というか、これは続きが読みたいです。
くっついてこれからってところで終わってしまった感じ‥。
両思いになって多分、吉田先生は教師を続けられるだろうし、それを見守る寡黙なくせに吉田先生にべったりな日高さん。多分塩対応のツンデレな吉田先生‥。
学校生活とプライベート。
この二人の甘々な生活は最高です。

真面目に続篇希望します!!

ひたすら尊い‥

上下巻まとめレビューです。

金井桂さん、好きです!
前作も、もうどのシーンもキラキラしていて頼くん、三倉さんも眩しくてキュン死寸前でございました。

今回も安定の美しさ!
頼くんはホントにイイコで可愛いし
三倉さんはスーツ姿が堪らないイケメンだし、今作はイケオジも出てきてひたすら眼福でした!
金井桂さんの描くキャラは皆、正統派で好感度高い通り越してもう清くて尊い‥。
少し不器用だけど真面目で真っ直ぐに生きる子達ばかりなので気持ち良く読めます。

ということで感想は総じて神なのですが、敢えて残念だった事が‥
ちょっと全編通してHシーンが多すぎかな‥。
事が終わる度にHに突入‥
私が勝手に神聖化しちゃってるんですが、やっぱりキラキラ尊い2人なので逆に多いと生々しくなってしまって‥(><)
それに三倉さんは頼くんを気遣いめちゃめちゃ大切にしてるのが良かったので‥頼くん、病み上がりの千秋楽で‥流石に休ませてあげて~って感じになってしまいました(^^;
頼くん若いから大丈夫なんだろうけど‥。
後、今回は頼くんが舞台でのスキルをあげていく‥お話としてはとても引き込まれて良かったですが、アイドルとしての頼くんは最後にちょこっとだけ!そういえばグループだった!
メンバーがいるのも忘れてたぞ!
なのでもう少しアイドルとして活動してる頼くんも見たかったな。

でも、前作からの流れで各メンバーのスピンオフだらけになったら追っかけるの大変だわ~(>_<")
っと思ったりしたので頼くんと三倉さんをたっぷり読めて良かったです!
公私ともブレずに固い絆で結ばれた2人にうるうる( ノД`)…です。

好きでお気に入りのお話の分もっともっとと残念な事ばかり書いちゃいましたが‥
お話は面白いし、絵は綺麗だしイチオシの作品です!

とってもいいお話だった~!

初読み作家さんでした!
ホントにまだまだ知らない作家さんが沢山いらっしゃいます!

ストーカーとか書いてあるけど違うよ~!ハートフルだよーって事で読んでみる事に!

序盤は確かになんだか怪しい攻めくんだし、恋愛へと発展したのは実は小さい頃に出会った出来事からなんていうのは結構なあるある話なので‥ストーリー的には特別惹かれるという事はないと思いますが‥

とにかくキャラの良さです!
みんな本当にいい子たちで、家族の良さが詰まっています!

おばさんはこういう話にめっちゃ弱いんで‥
ミキくんは若いのに家族のために一生懸命頑張ってて、そして司くんの前で素直に涙を流す、その表情がとても良かった!!思わずうるうる‥。
司くんはめっちゃ男気のある男前だし!!ストーカーなんてキャラ説明はまあ、サブタイトルの煽り的なものだと思いますが、そんなふうに本作を煽らなくても、そのままハートフル家族BLで良いのではないかと思います。

もっとこの家族の事読みたいな~って思えるほどとても穏やかな購読感でした!!
いいお話だったよ!!

こんないいお話を描く作家さんなんですね!既存の作品も良さそうなので遡って読んでみようと思います!

表紙裏に泣く

オメガバースα×Ωが大好物です。
とはいえ全てを購入というわけではありません。
初読み作家さんで、すみません存じてもおりませんでしたが‥表紙絵の美しさに一目惚れして購入!
主従ものも好きですし、少し時代ものの感じ、耳障りの良いタイトル。

絵柄も綺麗で読みやすいものでした。
以上期待が大きすぎたかもで‥残念な感想になってしまうのですが‥

キャラはホントに嫌いではないんですが、あっさり綺麗な分なんとなく現代ぽくて時代背景がブレてしまった。
表紙の古びた感じが良かったので、どうせなら異国、大正ロマンぽく、ノスタルジックな雰囲気や執事っぽい外観がもう少し欲しかったです。

ストーリーはオメガバース設定が上手く生かされていました。
Ωが虐げられてαが有利の世界観そのままですが、描写等ライトなので初心者さまも抵抗なく読めるかとおもいます。
展開はやや駆け足であれ?って感じでラストです。
ちょっとばかり不完全燃焼の思いをかかえつつ‥読み終わり表紙をめくってみますと4コマ漫画がいくつか‥。
ラスト前の逸話が‥
それを読むと納得!‥そして微笑ましく、涙を誘う!ウ~ン!正直、ここが一番いいお話でした。
これが本編に盛り込まれていたら‥全然感動が違っていたと思います。

ページ数の関係かもですが、これがコマ漫画でなんて、ひたすらもったいない!が最大の感想( ´-`)。
まあ、本の裏表紙を読むのは買った人の特権なので‥よろしければぜひ!

子育てものにめっぽう弱い‥

オメガバースα×Ωものが大好物です。
今回もまた新しい!
オメガバースとスピリチュアルの融合ですか!
私は結構信じる方なんですよ!
前世とか生まれ変わりとか‥
臓器移植をされた方が急に食べ物の趣味が変わったり、人生観が変わったり不思議に思って調べてみると臓器提供者の生前がそれと一緒だったとか良くそんな体験も伺いますので、こういう事ってホントにあっても不思議じゃないのでは?っと思ってしまいます。
BLはファンタジー!特にオメガバースは想像力の賜物!なんて思っている私なので、逆にこのお話はリアルに感じてしまったりして‥イマイチ違和感‥だったんですけど(それは本当に私個人の感じ方なので)

とはいえ、ハートフルな家族もの健気な子供が出てくると涙腺崩壊‥。

弱い立場たけど必死で頑張るΩ
約束された地位にいながら何振り構わず、愛するものを守ろうと頑張るα。
とても良いおはなしでした♡